走馬燈 の俳句

走馬燈 の俳句

走馬燈 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22841888/


走馬燈 補遺

いよゝ秋の油足さうよ走馬燈 渡邊水巴 白日
うしろより妻の夜話し走馬灯 村山故郷
おなじ絵の売れのこりゐる走馬燈 後藤夜半 翠黛
からくりは貝一枚よ走馬燈 阿波野青畝
ころぶして語るも久し走馬燈 杉田久女
ちんばの馬百万遍も走馬灯 山口青邨
ひとりゐてしばらく泣きぬ走馬灯 村山故郷
ひんがしの日に照らされて走馬燈 山口誓子
へろへろと走馬燈の游魚かな 後藤夜半 翠黛
わが死後やかくて夜更けの走馬燈 橋本多佳子
ラマ教の僧に会はばや走馬燈 阿波野青畝
世の如く人は人追ひ走馬灯 上野泰
人の世の影ばかりなり走馬灯 山口青邨
借なくて貸なす一語走馬燈 石川桂郎 高蘆
前進の一途あるのみ走馬燈 阿波野青畝
北の町に身寄り訪ねぬ走馬灯 村山故郷
吊る前の生のにほひや走馬燈 藤田湘子 神楽
同し事を走馬燈のまはりけり 正岡子規 走馬燈
同じ事を廻燈籠のまはりけり 正岡子規 走馬燈
土に置く佃の火なり走馬燈 古舘曹人 砂の音
夕懈き静臥のあとの走馬燈 石田波郷
夜に訪ふことはめづらし走馬燈 星野立子
夜雨光り降る走馬灯ともさぬに 大野林火 雪華 昭和四十年
婚以後のこと走馬灯ほのぬくく 鷹羽狩行
常臥してわが生涯も走馬燈 森澄雄
影を売るごと走馬灯売る男 有馬朗人 母国
昔も今も手古奈の秘事走馬燈 石塚友二 方寸虚実
月を追ひ日輪廻り走馬灯 上野泰
松風にふやけてはやし走馬燈 原石鼎 花影
水もれの甕をあわれむ走馬燈 橋閒石 荒栲
水上署端艇あやつる走馬燈 山口誓子
水滴のやうに蝋涙走馬燈 阿波野青畝
洪いなる川は濁れり走馬燈 古舘曹人 砂の音
浜泊り三日のあとに走馬灯 大野林火 雪華 昭和四十年
海底に余燼なほ見ゆ走馬燈 山口誓子
消えぎはの明るさにあり走馬灯 鷹羽狩行
消えんとて海のかぐろき走馬燈 山口誓子
涼しさのさびし走馬燈火をつがん 渡邊水巴 白日
深海に赤き魚すめり走馬燈 山口誓子
激流に魚介押さるる走馬燈 阿波野青畝
火を入れて明るむまでの走馬灯 鷹羽狩行
火を入れて草の匂ひの走馬灯 鷹羽狩行
火を消して寂寞の白走馬燈 能村登四郎
灯を入れし走馬燈を厨より 高野素十
燈を入れて今宵もたのし走馬燈 杉田久女
病み痩せて長き手足や走馬燈 石田波郷
盆灯籠回りても人戻り来ず 後藤比奈夫
相知らぬ時永かりき走馬燈 上田五千石『琥珀』補遺
紅い父青い母走馬灯かこむ 鷹羽狩行
紅き帆の練習船の走馬燈 山口誓子
舳のかるき舟に男女や走馬燈 山口誓子
船体の透き間だらけの走馬燈 山口誓子
蒼海のものくれなゐに走馬灯 鷹羽狩行
薄葉に鉤裂き一つ走馬燈 阿波野青畝
虚子茂吉虚子茂吉わが走馬灯 高田風人子
蛇撃って戻りし昼の走馬燈 橋閒石
蛇撃つて戻りし昼の走馬燈 橋閒石 卯
蛾の影もついてまはるや走馬燈 百合山羽公 春園
裏側をゆくとき遅し走馬燈 橋閒石 和栲
裏方の電気コードや走馬燈 百合山羽公 樂土
裾ほのと見えて売るなり走馬燈 草間時彦 中年
西空を青く残して走馬灯 鷹羽狩行
赤き蟹横這ひ急ぐ走馬燈 福田蓼汀 山火
走馬灯おろかに七曜めぐり来る 角川源義
走馬灯しづかな暮しありにけり 安住敦
走馬灯つまづき勝ちに回りけり 安住敦
走馬灯ひとこそ知らね回りゐし 安住敦
走馬灯去るものをしも追ひにけり 安住敦
走馬灯夜霽(あが)りの坂に人ながる 角川源義
走馬灯母恩といへる暗さにて 鷹羽狩行
走馬灯白木の骨に昼を痩す 大野林火 雪華 昭和四十年
走馬灯簷端の闇とたゝかへり 日野草城
走馬燈いずれは水を渡るべく 橋閒石 和栲
走馬燈いつか消えゐて軒ふけし 杉田久女
走馬燈おのれ淋しく止りけり 後藤夜半 底紅
走馬燈おろかなる絵のうつくしき 大野林火 海門 昭和十年
走馬燈しづかに待てばめぐりけり 大野林火 海門 昭和十年
走馬燈つるして屋うち熱もてり 橋閒石 朱明
走馬燈ながるゝごとく人老ゆる 西島麦南 人音
走馬燈に木の間の月や子等は寝し 杉田久女
走馬燈ひとのグラスの赤き酒 亭午 星野麥丘人
走馬燈へだてなければ話なし 富安風生
走馬燈まはりはじめて唾をのむ 篠原梵 年々去来の花 中空
走馬燈俄の雨にはづしけり 杉田久女
走馬燈女いつかは捨てられて 鈴木真砂女 夕螢
走馬燈廻る昔の速さもて 後藤比奈夫
走馬燈彼方に森が蟠踞して 山田みづえ 手甲
走馬燈我にもよき日めぐり来る 星野立子
走馬燈文を地に描き跼み売る 福田蓼汀 秋風挽歌
走馬燈昼のからくり凪にまはる 橋本多佳子
走馬燈暗きあたりに亡母のこゑ 山田みづえ 草譜
走馬燈死にゆくふたり舟を漕ぐ 山口誓子
走馬燈海草郡の海を描く 山口誓子
走馬燈消えてしばらく廻りけり 村上鬼城
走馬燈火を入れて世を忘じけり 能村登四郎
走馬燈灯して売れりわれも買ふ 杉田久女
走馬燈燕と蜻蛉速同じ 山口誓子
走馬燈看護婦呼びて灯を入るる 石田波郷
走馬燈競馬の馬を走らせる 山口誓子
走馬燈船の上にも海を描く 山口誓子
走馬燈虚子桃邑と廻るなり 深見けん二
走馬燈言葉すくなに商へり 福田蓼汀 山火
走馬燈青女房の燃やしぬる 山口誓子
走馬燈青水無月のとある夜の 山口誓子
走馬燈風の盆まで廻しけり 百合山羽公 樂土
走馬燈飛行機が又回り来る 山口誓子
追ひかける女のあはれ走馬灯 飴山實 句集外
雨の夜の子伴れのともす走馬燈 大野林火 月魄集 昭和五十四年
青海のめらめらと燃ゆ走馬燈 山口誓子
青潮の流れ著き走馬燈 山口誓子
静止せるあり絵違ひの走馬燈 伊藤白潮
風にふつと消え走馬燈とどまらず 福田蓼汀 秋風挽歌
風吹て廻り燈籠の浮世かな 正岡子規 走馬燈
馬見えぬ白昼かなし走馬燈 阿波野青畝
鯛にやや遅れて平目走馬灯 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 05:55 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング