水中花 の俳句

水中花 の俳句

水中花 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23170850/


水中花 補遺

あたらしき水の館の水中花 鷹羽狩行
ありし日思ふ酒中花椿愛せし人村山故郷
ある日妻ぽとんと沈め水中花 山口青邨
いつはりもいたはりのうち水中花 鷹羽狩行
うつくしき水をこぼしぬ水中花 山口青邨
おもむろに咲きあつけなき水中花 鷹羽狩行
お針子として年老いて水中花 藤田湘子 神楽
ちよつと手伝ひて咲かせし水中花 後藤比奈夫
ひげもじやの顔はわが顔水中花 山口青邨
ひとかどの蕾をつけて水中花 鷹羽狩行
ひとつ咲く酒中花はわが恋椿 石田波郷
アチヤコ死ぬ浪花はさみし水中花 阿波野青畝
アパートの昼の密室水中花 右城暮石 虻峠
一つ咲く酒中花はこれ波郷の花 村山故郷
一瓣にして酒中花のまぎれなし 石田勝彦 秋興
二日酔めく明け方の水中花 能村登四郎
働かぬ日のなきてのひら水中花 鷹羽狩行
咲きあふれ牡丹なるや水中花 富安風生
咲ききそふみやびは知らず水中花 上田五千石『天路』補遺
咲きつきて灯に片よりぬ水中花 渡邊水巴 白日
夜が嫌ひなりしと思ふ水中花 後藤比奈夫
夜の深さ水の深さに水中花 鷹羽狩行
夢にのみ母ありて褪せし水中花 能村登四郎
明治は存し大正は夢水中花 百合山羽公 寒雁
月さすや沈みてありし水中花 前田普羅 普羅句集
朝光と灯火あかり水中花 山口青邨
東京のいまが日盛り水中花 高野素十
東京の今日の一日水中花 高野素十
枕頭に咲くも灯のいろ水中花 鷲谷七菜子 黄炎
死を問へば生きてゐるなり水中花 高屋窓秋
水せまくして絢爛と水中花 鷹羽狩行
水中花おきてしづかや老夫婦 山口青邨
水中花かへりみざれば濁るなり 山田みづえ 手甲
水中花さびしきかやや傾けり 村山故郷
水中花すでに衰兆みせしかな 安住敦
水中花だけが机辺を飾るなり 村山故郷
水中花だんだんに目が嶮しくなる 岸田稚魚
水中花にも花了りたきこころ 後藤比奈夫
水中花ひとりの部屋は昏れはやし 山田みづえ 忘
水中花ひらきおくれておもむろに 百合山羽公 春園
水中花シェードを洩るる灯に咲ける 山口青邨
水中花亭午の水に開きけり 後藤夜半 底紅
水中花原色をとこらの夢と 三橋鷹女
水中花培ふごとく水を替ふ 石田波郷
水中花夜々咲く国をやがて去る 有馬朗人 母国
水中花大きく咲かせ夫もたず 鷲谷七菜子 銃身
水中花夫れ掌中の花ならず 上田五千石『琥珀』補遺
水中花富良野焦がるる色にかな 後藤比奈夫
水中花必死や弥陀のコップ透き 三橋鷹女
水中花書架紊るるにまかせけり 安住敦
水中花残花といへる時に見る 能村登四郎
水中花水の面突き上げゐる如し 高浜年尾
水中花水より指を手にもどす 古舘曹人 樹下石上
水中花眠ればすぐに深寝入り 能村登四郎
水中花綺麗に嘘をつきにけり 安住敦
水中花舞櫛の花と美しく 山口青邨
水中花萍よりもあはれなり 渡邊水巴 白日
水中花蕾といふをともなはず 上田五千石 琥珀
水中花詠へりし子が離婚さる 下村槐太 天涯
水中花誰か死ぬかもしれぬ夜も 有馬朗人 母国
水中花身一つ宥め宥め生く 中村苑子
水中花遠き悼みの中にひらく 上田五千石『風景』補遺
水中花飾りて未婚ぐらしにて 右城暮石 句集外 昭和四十七年
泡を上げはじめ水中花の地獄 鷹羽狩行
泡一つ抱いてはなさぬ水中花 富安風生
男手の針あやふしや水中花 石川桂郎 四温
病人に一人の時間水中花 稲畑汀子
病気見舞の水中花包まする 石川桂郎 四温
血の滲みたる水中花棄てられつ 能村登四郎
表情を抑へゐる水水中花 後藤比奈夫
透きとほる水の空間水中花 高浜年尾
酒中花の用意は別に水中花 後藤比奈夫
雨の中訪ね来し家の水中花 後藤比奈夫
風の日の家にこもれば水中花 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 05:18 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング