祇園祭 の俳句

祇園祭 の俳句

祇園祭 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22802300/



祇園祭 補遺

うでぬきの紅濃なりける鉾の稚子 後藤夜半 翠黛
ぎしぎしと船鉾軋む陸行きて 山口誓子
ここはふるさと鉾の灯が顔照らし会ふ 村山故郷
この辻を回せば祇園祭すむ 後藤比奈夫
さいはての鉾の哀歓尽しけり 能村登四郎
どよめきのいづくともなく鉾祭 桂信子「草影」以後
はるかより威を見せ薙刀鉾来たり 能村登四郎
ばつてらを祇園囃子の町の中 森澄雄
べんがら館に飾る菊水の鉾粽 村山故郷
ゆくもまたかへるも祇園囃子の中 橋本多佳子
ゆるやかにときの過ぎゆく宵飾 古舘曹人 樹下石上
わが鉾の句碑が白朮の縄の先 後藤比奈夫
カシオペヤ天鉾を立つ御遷宮 山口誓子
七條に立ちてかすかに祇園囃子 山口誓子
人形に倣ふといへど鉾の稚子 後藤夜半 翠黛
人形の鉾にゆらめくいさみ哉 正岡子規 祗園会
傘鉾のどどと傾く祭かな 阿波野青畝
入相のなり行く上を鉾の児 正岡子規 祗園会
削氷や鉾に乗る子にかしづきぬ 河東碧梧桐
南北の夜の通風に祇園囃子 山口誓子
右傾して左傾して鉾吾へ来る 山口誓子
地を歩く鉾の高きにゐし人等 山口誓子
地車止り祇園囃子のとどこほる 橋本多佳子
大茜鉾町に顔さらしけり 岡井省二 猩々
太鼓の音とびだす祇園囃子より 橋本多佳子
宵も暑くて低空に鉾立てり 山口誓子
宵山や町の名古きまま残り 村山故郷
山鉾の名の十二三なら言へて 後藤比奈夫
巫女袴菊水鉾と読まれたる 後藤比奈夫
揺れゆれて鉾来るおのが高さ持し 山口誓子
日は西に鉾解く辻を通りけり 村山故郷
晴姿とは組立てし鉾のこと 後藤比奈夫
月鉾に上りたる子は月の御子 後藤比奈夫
月鉾に夜は白雲の傅きて 後藤比奈夫
月鉾に夜空は雨を降らしけり 鈴木真砂女 居待月
月鉾の月がかたむく鉾廻し 能村登四郎
月鉾の月天にあり川床座敷 山口誓子
月鉾や傘鉾かけて虹の橋 正岡子規 祗園会
月鉾や空に賑ふ乙鳥 正岡子規 祗園会
木の車輪にて鉾通る電車通 山口誓子
東山回して鉾を回しけり 後藤比奈夫
柊家の幔幕の辺に鉾の衆 村山故郷
次の鉾現るるまでの夏霞 能村登四郎
歌膝をして人形の曳ける鉾 後藤比奈夫
殿りの船鉾が囃し過ぎにけり 村山故郷
洛中のいづこにゐても祇園囃子 山口誓子
炎天の眼に漲りて鉾の紅 橋本多佳子
男らの顔天降り鉾解體す 岡井省二 鯨と犀
町角を曲るに鉾の自由利かず 山口誓子
病むわれに祇園会遠し故郷遠し 村山故郷
白炎天鉾の切尖深く許し 橋本多佳子
眼前の鉾の絢爛過ぎゆくもの 橋本多佳子
着て臥せば病衣なりけり鉾浴衣 石田波郷
祇園会のちかづく笹の青さかな 鷲谷七菜子 一盞
祇園会の日なりき神去り給ひぬ 村山故郷
祇園会やとほ濁りせる京の空 飴山實 句集外
祇園会や万燈たてゝ草の中 村上鬼城
祇園会や京へ上るといひしころ 桂信子 花影
祇園会や衝立に透く塔ひとつ 鷹羽狩行
祇園囃子の遠音や旅を悲しまず 鈴木真砂女 夏帯
稚子すでに上りし鉾の日傘 後藤夜半 翠黛
笛のこゑ鉾を解体せし後も 山口誓子
笠鉾に手舞に人輪とよみつゝ 石塚友二 方寸虚実
紫の賊かの几帳祇園祭 山口誓子
舟鉾の螺鈿の梶があらはれぬ 平畑静塔
船鉾が今過ぎゆくよ君が門 村山故郷
船鉾が帰る町家に接岸して 山口誓子
船鉾が行く船楼の軋みつつ 山口誓子
船鉾のあとは最後の空間にて 山口誓子
船鉾の沖の見立ては東山 能村登四郎
船鉾の舳先を北へ仮の泊 山口誓子
船鉾の車輪も撤し動かざる 山口誓子
船鉾の黒塗の舵水を切る 山口誓子
船鉾は浮船梶は浮梶にて 山口誓子
船鉾は船体細く波を切る 山口誓子
見物左衛門鉾よ山よと目くるめく 能村登四郎
賜ひけり遠きふるさとの鉾粽 村山故郷
軒下にひしめく顔や鉾粽 村山故郷
遥か下手に船鉾も解かれをる 山口誓子
鉾うごき出す遠景に東山 村山故郷
鉾つづくといへど遥かに遅れたり 山口誓子
鉾にゐて稚児の眼あらぬ方を見る 山口誓子
鉾のこと話す仕草も京の人 稲畑汀子
鉾の灯に袂沾ふ宵宮かな 村山故郷
鉾の稚児帝のごとく抱かれけり 古舘曹人 樹下石上
鉾の稚児袖あげ舞ひて衣裳勝ち 橋本多佳子
鉾の稚児馥郁として過ぎにけり 能村登四郎
鉾は遠けれど鉦の音聞ゆる距離 山口誓子
鉾への階 とんとん 笛を脇差に 伊丹三樹彦
鉾をひく牛もいたわるまつり哉 正岡子規 祭
鉾をひく牛をいたわるまつり哉 正岡子規 祭
鉾下りし白面稚児と迎への母 山口誓子
鉾下りて来る笛袋腰に挿し 山口誓子
鉾下りて歩み来れる稚児に会ふ 山口誓子
鉾並ぶ四条通りや朝の雨 正岡子規 祗園会
鉾囃しつつ東す稚児の舞 村山故郷
鉾廻すために四辻働ける 後藤比奈夫
鉾曲る前輪ぎぎと梃子を噛み 橋本多佳子
鉾曳といふ人形に初見得 後藤比奈夫
鉾町の雨に人肌熱うして 波多野爽波
鉾粽京美人の前に落下せり 村山故郷
鉾聳ゆ夜が衆人衆人に 古舘曹人 能登の蛙
鉾行くや四条老舗の軒暖簾 村山故郷
鉾進む車輪磨滅しそそくれて 山口誓子
鉾過ぎし炎天架線工夫吊り 橋本多佳子
鉾頭暗き夜空にしづまれり 山口誓子
銀行の金文字祇園祭の栄 山口誓子
高鉾に揺れつつ笛を吹きやめず 山口誓子
鯉山の飛沫か汗か鉾の衆 能村登四郎
鱧料理食べる目算鉾を見て 鈴木真砂女 居待月

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 05:32 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング