朝曇 の俳句

朝曇 の俳句

朝曇 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22814026/


朝曇 補遺

じいと鳴く蝉それきりの朝ぐもり 能村登四郎
なみつるるこれの鵜籠に朝ぐもり 飯田蛇笏 春蘭
はたらきに行くは皆ゆき朝ぐもり 能村登四郎
ふるづけに刻む生姜や朝ぐもり 鈴木真砂女 卯浪
わが泣けば鴉が嗤ふ朝ぐもり 鈴木真砂女 夏帯
アイリスの黄ははなやかや朝曇 山口青邨
刃がはなつ鱗しぶきや朝曇 鷲谷七菜子 天鼓
前やまきはやか朝曇さへ青を帯び 中村草田男
前向ける雀は白し朝ぐもり 中村草田男
呉と越をへだつ太湖の朝ぐもり 鷹羽狩行
地に居りし蝉が木に鳴く朝ぐもり 水原秋櫻子 霜林
夕立のくるけはひして朝ぐもり 右城暮石 句集外 昭和九年
女の掌にロザリオ萎えて朝曇り 上田五千石『田園』補遺
寝不足の一あくびして朝曇 星野立子
捕虫網持つ子がはやも朝曇 上野泰 春潮
旅の金すでにも乏し朝曇り 小林康治 四季貧窮
日の在り処よぎりし鳩や朝ぐもり 石田波郷
朝ぐもり唖の病者は何思ふ 角川源義
朝ぐもり四國三郎ひんがしす 岡井省二 夏炉
朝ぐもり小諸の町を虚子庵へ 山口青邨
朝ぐもり昔は家に火種ひとつ 三橋敏雄
朝ぐもり海岸日傘ひとつひらく 相生垣瓜人 微茫集
朝ぐもり海盤車の形に南瓜咲く 百合山羽公 寒雁
朝ぐもり淫楽呆けの貌山で来 日野草城
朝ぐもり無吟の青き蝉ひとつ 水原秋櫻子 餘生
朝ぐもり芸する峡の日本犬 中村草田男
朝ぐもり触れると死んだふりする虫で 種田山頭火 自画像 落穂集
朝曇*えりつくろひの音とどく 石田勝彦 雙杵
朝曇しめやかにかくるはたきかな 中村汀女
朝曇するどく晴れぬバスの窓 日野草城
朝曇り墓前の土のうるほひぬ 飯田蛇笏 白嶽
朝曇り引佐細江といふところ 高野素十
朝曇り旅人一人土佐を去る 高野素十
朝曇り蝉音すくなくなりにけり 大野林火 早桃 太白集
朝曇るひややかに座敷口 松村蒼石 寒鶯抄
朝曇る蓮田を過ぎて北京を辞す 金子兜太
朝曇善とごとくに蕗は濡れ 下村槐太 天涯
朝曇墓群覚むること遅く 下村槐太 天涯
朝曇山鳩似合ひ啼きにけり 星野立子
朝曇懐れぬやうに生きる母 山田みづえ 木語
朝曇楽土さがしに毛虫行く 百合山羽公 樂土
朝曇洞の積石亡者めく 角川源義
朝曇炎の色残る骨拾ふ 岡本眸
朝曇烈しくゴオゴリをほめ黙る 渡邊白泉
朝曇隈なく晴れぬ小鮎釣 河東碧梧桐
朝曇雀十羽のどれが母 野澤節子 八朶集
木蓮のはつきり白し朝曇 日野草城
枝移る毛蟲の列や朝ぐもり 石田波郷
棒杭のあたまは平ラ朝曇 三橋敏雄
椎の蔭揚羽ぞゆける朝ぐもり 藤田湘子 途上
櫛の歯の一本欠けし朝ぐもり 鈴木真砂女 都鳥
水牛にやはらかきむち朝曇 有馬朗人 非稀
水郷や波の子たたぬ朝ぐもり 阿波野青畝
河はモネの彩得つつあり朝ぐもり 林翔 和紙
海猫のこゑ女のこゑや朝曇 雨滴集 星野麥丘人
湖の国の青花摘の朝ぐもり 大野林火 飛花集 昭和四十八年
照りそめし楓の空の朝曇 石田波郷
爪色のこころもとなき朝曇 飯田龍太
玉虫の枝うつりとぶ朝ぐもり 山口青邨
産院の沈丁ことに朝曇り 飯田蛇笏 雪峡
白薔薇おもおもしくも朝ぐもり 飯田蛇笏 白嶽
白蚊帳に覚めて佗び居つ朝曇 日野草城
皮となる牛乳のおもてや朝ぐもり 日野草城
真菰川そよぎ息めて朝曇り 松村蒼石 雁
稿継ぎて片手パン焼く朝ぐもり 秋元不死男
空海の顎なりけり朝ぐもり 岡井省二 猩々
笹餅の笹剥ぐ越の朝ぐもり 上田五千石 琥珀
糸杉に墓三百や朝ぐもり 雨滴集 星野麥丘人
紅生姜紅が飯染む朝ぐもり 能村登四郎
老い母の違和はすべなし朝ぐもり 相馬遷子 山河
肩広き金亀虫とぶ朝曇 山口誓子
若木ばかりの林がかもす朝曇 能村登四郎
草稿に朱を入れ励む朝ぐもり 上田五千石『風景』補遺
葭切のをちの鋭声や朝ぐもり 水原秋櫻子 葛飾
蕗の傘三人を容れぬ朝曇 水原秋櫻子 晩華
蟹どれも生きてゐるなり朝ぐもり 鈴木真砂女 卯浪
軒雀飛ばずさわげり朝ぐもり 相馬遷子 山国
逆剃の上目使ひや朝曇 佐藤鬼房
酒臭きわれは瓜なり朝ぐもり 三橋敏雄
青年の法体匂ふ朝ぐもり 岡本眸
青田より光湧き出づ朝曇 相馬遷子 山河
鰻池に藁ういてゐる朝ぐもり 桂信子 緑夜

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 06:10 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング