炎昼 の俳句

炎昼 の俳句

炎昼 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22802275/


炎昼 補遺

さをしかの耳のさとさよ夏の昼 伊丹三樹彦
しづかにて恐し炎昼の癩の群 草間時彦 中年
すれ違ひざま炎昼の弱法師 伊藤白潮
みじろぎもせず炎昼の深ねむり 野見山朱鳥 愁絶
一音もなき炎昼の昼寝覚む 右城暮石 句集外 昭和四十一年
古風な櫛しつかと挿してゆく炎昼 鷲谷七菜子 銃身
喪の家に竈火熾れる夏の昼 伊丹三樹彦
夏の昼といふまさびしき刻ありぬ 安住敦
夏の昼オルガンの音は勢ぞろひ 中村草田男
太梁に炎昼怖ろし蔵二階 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
女の身炎昼に影なくし立つ 野澤節子 未明音
寝て覚めて炎昼何の音も無し 三橋鷹女
巌群の乾きてくらし朱夏の昼 大野林火 早桃 太白集
日本人のごと炎昼尾長こゑひそむ 岸田稚魚 負け犬
朱のポスト炎昼の犬舌を垂る 角川源義
松は松の 竹は竹の匂いして 炎昼 伊丹三樹彦
楪の大樹の前の夏の昼 岡井省二 夏炉
濤かぶる炎昼の岩鵜を翔たす 橋閒石 無刻
炎昼いま東京中の一時うつ 加藤秋邨
炎昼にあそぶ漁師の眼ひそめ 平畑静塔
炎昼の*まちは太古や蓮の花 山口青邨
炎昼のいづこも巌が海劃る 大野林火 冬雁 昭和二十二年
炎昼のいのちつぐべき物の音 石橋秀野
炎昼のうしろ手つけば敷居あり 岡本眸
炎昼のきはみの櫛を洗ひけり 岡本眸
炎昼のきはみ女の尻うちてぞ 岸田稚魚 筍流し
炎昼のここに岬つき友は亡し 古沢太穂 古沢太穂句集
炎昼のこもれば病むと異ならず 大野林火 青水輪 昭和二十四年
炎昼のはるかに雨戸くられおり 飴山實 おりいぶ
炎昼のひかりの果ての磧 廣瀬直人 帰路
炎昼のふくらみすぎし旅鞄 飯田蛇笏 雪峡
炎昼のマツチ黒煙噴きて燃ゆ 松崎鉄之介
炎昼の人に飢ゑたる壁鏡 岡本眸
炎昼の光の中に浮び臥す 野見山朱鳥 愁絶
炎昼の刻まもりしは吾のみか 相馬遷子 山河
炎昼の割目のやうに沖の舟 廣瀬直人
炎昼の壁摩り来たる印度牛 阿波野青畝
炎昼の奈落地下鉄全燈点け 上田五千石『田園』補遺
炎昼の女体のふかさはかられず 加藤秋邨
炎昼の山重なりてうすうすと 山口青邨
炎昼の川の真しぶき合戦碑 鷲谷七菜子 一盞
炎昼の松は大蛇となりにけり 石田勝彦 雙杵
炎昼の歯のなきくらさわが口に 大野林火 青水輪 昭和二十四年
炎昼の港泊船ただ白く 山口青邨
炎昼の火事の炎の聳えけり 加藤秋邨
炎昼の物しゆくしゆくと煮えいたり 橋閒石 微光
炎昼の白きひかりに島ひそと 上村占魚
炎昼の眼窩をくらく逢ひにゆく 岸田稚魚 筍流し
炎昼の砥石のくぼみ開田村 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
炎昼の笛吹川へ田水落つ 廣瀬直人 帰路
炎昼の胎児ゆすりつ友来る 野澤節子 鳳蝶
炎昼の航陸上のつづきかと 右城暮石 句集外 昭和五十三年
炎昼の蝶の低さに車椅子 岡本眸
炎昼の軒塞ぎたる乳房かな 永田耕衣 物質
炎昼の逢瀬後頭に砲鳴れり 伊丹三樹彦
炎昼の闇なす土間の大水甕 能村登四郎
炎昼の雲きそひたつ青胡桃 飯田蛇笏 雪峡
炎昼の音なきわざに針仕事 岡本眸
炎昼の魚むしり食ふ石切場 有馬朗人 母国
炎昼の麻痺の顔々相似たり 草間時彦 中年
炎昼へ製氷の角をどり出る 秋元不死男
炎昼も地に垢面の眠りこけ 伊丹三樹彦
炎昼やとぼしけれども蔵書あり 山口誓子
炎昼やわれにさびしき兵のさが 角川源義
炎昼や傑作一人体の滅 永田耕衣 物質
炎昼や天馬として飛べ飾馬 山口青邨
炎昼や妻へのたより懐に 角川源義
炎昼や師を売る銀貨三十枚 野見山朱鳥 愁絶
炎昼や日照る石また昃る石 伊丹三樹彦
炎昼や死を伝へむと巷に佇つ 角川源義
炎昼や法師に父母をゆだねたり 角川源義
炎昼や畳掃く音すぐ離れ 廣瀬直人 帰路
炎昼や白鷺妻とくちづけす 角川源義
炎昼や虚に耐ふるべく黒髪あり 野澤節子 未明音
炎昼や身ほとりの木はむらさきに 下村槐太 天涯
炎昼や逢ひてこころに友失ふ 野澤節子 未明音
炎昼や餌を欲る鷺の嘴みがく 角川源義
炎昼をこもり賜ひし朱筆かな 草間時彦 櫻山
炎昼をどこまで鎖引き摺つて 中村苑子
炎昼を佇ちてあがなふ米すこし 鷲谷七菜子 黄炎
炎昼を睡りて息の濁りけり 草間時彦 櫻山
炎昼を雨戸半閉め 臥暮し母 伊丹三樹彦
炎昼玻璃ごし白く寂しく熔接焔 加藤秋邨
狂ひ声して炎昼の貨車長し 鷲谷七菜子 銃身
癩家族炎昼に眼をひらき住む 平畑静塔
白く淡し炎昼の癩患者たち 草間時彦 中年
盲者の眼炎昼の地へもの問ふがに 伊丹三樹彦
眉すこし剃る炎昼のこととして 岡本眸
腰湯して音も立てずに夏の昼 村山故郷
集め焼く供華炎昼に炎を持たず 岡本眸
髪に蜂触れし炎昼の憤り 野澤節子 未明音
鬣を不思議と思ふ炎昼なり 伊丹三樹彦
鹿跳ねて炎昼くらき影生まる 原裕 葦牙

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 06:15 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング