熱帯夜 の俳句

熱帯夜 の俳句

熱帯夜

かなぶんの第一弾の熱帯夜 百合山羽公
ことごとく水となりゆく熱帯夜 久保純夫「光悦」
はだけても腹は冷やさず熱帯夜 高澤良一 暮津
ふくらはぎ重ねて淋し熱帯夜 横山白虹
まつくらな中に階段熱帯夜 吉田汀史「一切」
キリストの顔の復元熱帯夜 山田めぐみ
グッピーを百匹数へ熱帯夜 奥沢なか子
サスペンスドラマのつづく熱帯夜 長田等
ビールまづ女に注ぐ熱帯夜 寺岡捷子
一卓を旅に囲みし熱帯夜 篠崎代士子
中天に赤き月あり熱帯夜 川崎ヒデ子
二夜連続戦争ドラマ熱帯夜 高澤良一 暮津
付添の固きベツトや熱帯夜 神田道子
反転々白むには間の熱帯夜 及川 貞
吐く息の捨て所なき熱帯夜 原田紫野「道」
妻は鰤わたしは平目熱帯夜 高澤良一 暮津
手と足と分からなくなる熱帯夜 五島高資「雷光」
掌にあばら鎮め商旅の熱帯夜 大西やすし
掻きむしる髪の乏しき熱帯夜 亀田虎童子「両端」
木星が彗星を飲む熱帯夜 有馬朗人
枕辺に医学書増ゆる熱帯夜 中野るみ子
樹に眠る蝉一点の熱帯夜 対馬康子 愛国
水槽の魚を照明熱帯夜 長田等
泣き声は一つにあらず熱帯夜 畠田 天
浴みても贅肉多し熱帯夜 殿村菟絲子 『晩緑』
潜水艦のごとく眠りぬ熱帯夜 森須 蘭
熱帯夜きのふ蛇みて妻病みし 斉藤夏風
熱帯夜しかけのように米とぎに 山崎愛子
熱帯夜しやうことなしに北枕 佐々木久子
熱帯夜だつたおまへは眠れたか 佐塚半三
熱帯夜はと覚め夢のもうこりごり 高澤良一 石鏡
熱帯夜を朦朧と来て絵金の町 たむらちせい
熱帯夜一服つけんと起き出しぬ 高澤良一 寒暑
熱帯夜万年筆のインク漏れ 柴田奈美
熱帯夜伸びきっている脳の襞 菅谷豊治
熱帯夜兎が三羽二羽一羽 武田香津子(小熊座)
熱帯夜刃物のにほひ嗅ぐ猫や 大塚千光史
熱帯夜効かぬくすりを呑んでみる 田川ひろし
熱帯夜北斗の柄杓傾くも 田中秋郎
熱帯夜厨にだれか音のする 田守千鶴子
熱帯夜天使のやうな冷気来し 小関桂子
熱帯夜天降る駱駝と異邦人 白石司子
熱帯夜犬がかりりと器噛む 阿部みち子
熱帯夜窓下に鳩のくぐもり鳴く 横山白虹
熱帯夜絵付のかひな包み寝る 稲垣光子 『絵付筆』
熱帯夜肩で息するなまこ壁 新川敏夫
熱帯夜赤子怒りて泣きとほす 下田昭
熱帯夜鎮ひきずる音のして 内田美紗 魚眼石
石段の影訪ね来る熱帯夜 高野ムツオ 雲雀の血
窓明り皆煌々と熱帯夜 関口美子
考えること諦めて熱帯夜 二見宏子
胎の児のしやつくり続く熱帯夜 室石由紀子
蛇皮線を鳴らし古酒飲む熱帯夜 堀古蝶
見飽きたる顔が隣に熱帯夜 加藤早記子
軒ふかく天体を置く熱帯夜 正木ゆう子 悠
透きとほるものばかり飲み熱帯夜 村田緑星子
零時過ぎ人語道ゆく熱帯夜 富岡掬池路
顕わなる巌を憶え熱帯夜 大西淳二
風つれて島のロックの熱帯夜 山口八叡
馬が歯を鳴らしてゐたり熱帯夜 永野佐和
魚拓より画鋲はねとぶ熱帯夜 岡地蝶児「俳句作法入門」
鳩の背を撫でゐし夢よ熱帯夜 横山白虹

熱帯夜 補遺

かなぶんの第一弾の熱帯夜 百合山羽公 樂土以後
団扇ひらひらつかひつ曰く熱帯夜 阿波野青畝
捩じりし身よじり返して熱帯夜 能村登四郎
木星が彗星を飲む熱帯夜 有馬朗人 立志
汗夜ごと片半身に熱帯夜 山口青邨
熱帯夜いつ目覚めても我がゐて 能村登四郎
熱帯夜その帳をば下ろしけり 相生垣瓜人 負暄
熱帯夜一夜をのがれ山の宿 山口青邨
熱帯夜団扇の骨の呟ける 百合山羽公 樂土
熱帯夜寝ねて海彼に遊べとや 相生垣瓜人 負暄
真夏日 熱帯夜も冷え冷え 脳天は 伊丹三樹彦
露骨言葉に男いきいき熱帯夜 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 06:18 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング