朝焼 の俳句

朝焼 の俳句

朝焼 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22814025/


朝焼 補遺

おほうみは朝焼したり朝寝かな 山口青邨
ただ黒き十字架朝焼雀らよ 橋本多佳子
たてがみの森の朝焼割木跳ね 橋閒石 卯
どろりと朝焼 地球儀から噴水 三橋鷹女
また眠りたれば朝焼すでになし 下村槐太 天涯
初夏の卓朝焼けのして桐咲けり 飯田蛇笏 霊芝
夕焼けて朝焼けて田の出穂の日日 長谷川素逝 村
大蜘蛛しづかに網張れり朝焼の中 種田山頭火 自画像 層雲集
子も秋へ朝焼雲は母が見て 細見綾子
子雀に朝焼さめて光さす 佐藤鬼房
寒流に朝焼けの蘭川鴉 飯田蛇笏 椿花集
帯なす朝焼黒人霊歌は女声高し 金子兜太
幟立つ八ケ岳の古雪朝焼けて 相馬遷子 山国
広島の原爆忌なり朝焼けて 石塚友二 玉縄抄
愛欲るや黄の朝焼に犬佇てり 金子兜太
書燈いつも船は夕焼また朝焼 山口誓子
朝焼けてただただきのふよりも勢ふ 三橋敏雄
朝焼けのして鉄塔に冬瀬鳴る 飯田蛇笏 雪峡
朝焼けのなおも濃くなる 舟遊歌 伊丹三樹彦
朝焼けの土やはらかき逢瀬かな 伊丹三樹彦
朝焼けの雪山負へる町を過ぐ 篠原梵 年々去来の花 雨
朝焼け漁夫の 半裸まぶしい 妻との旅 伊丹三樹彦
朝焼に染まる間あらず水泡消ゆ 橋閒石 朱明
朝焼に現はれし海女坂下る 橋閒石 雪
朝焼に胸毛衰ふ雀かな 石橋秀野
朝焼に通風筒は並立てる 山口誓子
朝焼に鉄軌を打てりわれを打つ 西東三鬼
朝焼のうつくしさおわかれする 種田山頭火 草木塔
朝焼のほしいまゝなり浪の秀も 日野草城
朝焼の屏風のごとくうつくしく 山口青邨
朝焼の山も女人も彫り深し 佐藤鬼房
朝焼の峡凪ぎわたる秋つばめ 飯田龍太
朝焼の帯短しや鹿島立 山口青邨
朝焼の汀艇庫より草刈られ 石川桂郎 含羞
朝焼の汚れた雲を洗濯する 富澤赤黄男
朝焼の海つかのまや鳳作忌 燕雀 星野麥丘人
朝焼の玉葱どさと置いて去る 佐藤鬼房
朝焼の草木に遠く鷹ありし 飯田龍太
朝焼の軌条聚れり陸橋下 石川桂郎 含羞
朝焼の里芋畑の上に少し 山口青邨
朝焼ほのか藪ひたす水のあふれ落つ 種田山頭火 自画像 層雲集
朝焼やたてがみ如(な)して屋根の藪 香西照雄
朝焼やたてがみ如して尾根の藪 香西照雄 対話
朝焼やファックス沖縄より届く 星野麥丘人 2002年
朝焼や今日あることに白菊に 中村汀女
朝焼や唐草がくれ拍車鳴る 橋閒石 荒栲
朝焼や太き煙筒汽笛をならす 山口誓子
朝焼や杳かに過ぎしものの声 山田みづえ 忘
朝焼や波の奪ひし鴉の餌 鈴木真砂女 卯浪
朝焼や片手しぼりのマスク干す 岡本眸
朝焼や聖マリヤの鐘かすか 山口誓子
朝焼夕焼食べるものがない 種田山頭火 草木塔
朝焼雨ふる大根まかう 種田山頭火 草木塔
本ひらきながき朝焼に身を托す 大野林火 早桃 太白集
椰子の丘朝焼しるき日日なりき 金子兜太
檜谷いま覚めし色に朝焼す 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
水爆記事山羊の乳房が朝焼けに 飴山實 おりいぶ
氷海の朝焼けきびし狐舎の春 飯田蛇笏 山響集
煤煙急ぎ雲はしづかに朝焼けぬ 石田波郷
熔岩は太古のごとく朝焼けぬ 渡邊白泉
牛乳煮るやラヂオの小鳥朝焼に 石橋秀野
白靴に朝焼けのして蘇鉄園 飯田蛇笏 霊芝
白馬ばかり朝焼けゐるよ雪野果て 角川源義
秋深くなりて無気味な朝焼す 臼田亜郎 定本亜浪句集
空は朝焼トマトの紅はまだうすく 山口青邨
竹の奥なほ青竹の朝焼けて 加藤秋邨
糞少しして朝焼の砂丘に出づ 岸田稚魚 筍流し
能登瓦ばかりなりけり朝焼けて 能村登四郎
荒海や島なく日の辺朝焼けす 中村草田男
蛞蝓梅雨の朝焼そこにをり 森澄雄
貨物船油流しつつ朝焼くる 橋本多佳子
赤ん坊が手をあげ眠りゐて朝焼 安住敦
連立ちて朝焼負へり桑摘女 藤田湘子 途上
鉄塔下茄子朝焼けに咲きそめぬ 飯田蛇笏 霊芝
食べるものもなくなつた今日の朝焼 種田山頭火 自画像 落穂集
鳩雀愛満つごとし朝焼けて 小林康治 玄霜

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 06:34 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング