夕焼 の俳句

夕焼 の俳句

夕焼 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22814023/


夕焼 補遺

*ささげ摘む籠を小脇に恵那夕焼 富安風生
ある眼り出羽の浮雲夕焼けて 山口誓子
いつぽんのすすきに遊ぶ夕焼雲 野見山朱鳥 愁絶
いま褪せし夕焼の門の虫しぐれ 水原秋櫻子 古鏡
うすけれど夕焼けし雲東にのみ 篠原梵 年々去来の花 雨
うつくしい夕焼けで夕飯はあるなり 種田山頭火 自画像 落穂集
うらうらと死魚流れゆく夕焼川 飯田龍太
お降りや夕焼蓮田湖となる 角川源義
かの一樹大夕焼の火刑に遭ふ 鷹羽狩行
きはまりし夕焼人のこゑ染まる 長谷川素逝 暦日
ぐんぐんと夕焼の濃くなりきたり 清崎敏郎
げんげ田の色を夕焼が奪ひけり 鈴木真砂女 卯浪
ここに大きな杏の木のあつた記憶なんども夕焼 荻原井泉水
こころ死を欲れり夕焼松の根に 三橋鷹女
こむらのみ凛々しく夕焼野良帰り 香西照雄 対話
さぶい夕焼である金銭(かね)借りにゆく 富澤赤黄男
しぐるるや夕焼たばしる河口港 角川源義
しづかなる時経て夕焼身に至る 桂信子 女身
たたなはる夕焼のみが野の富か 香西照雄 対話
たちまちに大夕焼の天くづれ 長谷川素逝 暦日
たぶの森夕焼長し海怒る(能登一の宮、折口信夫先生墓のほとり二句) 細見綾子
たむろして金の襤褸たち夕焼中 伊丹三樹彦
ちぎれつつ吹きとぶ雲も夕焼し 山口青邨
つぎつぎに雑魚釣れてゐる夕焼空 飯田龍太
はからずも夕焼濃しや軒菖蒲 藤田湘子 途上
はふられし山羊のかたちに夕焼雲 原裕 葦牙
ひとり夕焼人形市の潰れ顔 赤尾兜子 歳華集
ひとり身の人に疲れて夕焼けて 岡本眸
ほどよう御飯が炊けて夕焼ける 種田山頭火 草木塔
ぼろぼろの雲の夕焼基地海岸 佐藤鬼房
まくなぎや夕焼のこす下駄さげて 加藤秋邨
まざまざと鈴鹿野風呂の夕焼けかな 平井照敏 猫町
またもとのおのれにもどり夕焼中 飯田龍太
また一日がをはるとしてすこし夕焼けて 種田山頭火 草木塔
みすずかる信濃の夕焼青葡萄 福田蓼汀 山火
めとり唄夕焼さむく海はあり 佐藤鬼房
ゆく年や夕焼誰もかへりみず 鈴木真砂女 夏帯
よねんなく砂掘る子あり夕焼けぬ 種田山頭火 自画像 層雲集
アカシヤに夕焼雲のいなびかり 飯田蛇笏 雪峡
オホックの夕焼の日は垂れ玉よ 山口誓子
オホックの夕焼は火の楼をなす 山口誓子
カンヌ夕焼故国の山に似し山も 中村汀女
キタイスカヤのさむき夕焼煙立つ 加藤秋邨
ゴビの鶴夕焼の脚垂れて翔く 加藤秋邨
シテ島の 薔薇窓溶かす 大夕焼 伊丹三樹彦
トーチカの崩れしあとや夕焼けて 加藤秋邨
ハイネ忌の石につまづき夕焼けぬ 伊丹三樹彦
バス避けて夕焼を一家族歩く 右城暮石 句集外 昭和三十一年
ビルから夕焼逃げて浮浪の脛尖る 伊丹三樹彦
ポスト立ち居る坂道の夕焼静か 尾崎放哉 大正時代
マロニエや夕焼ながき旧市街 雨滴集 星野麥丘人
一ひらづつの雲の夕焼花芒 清崎敏郎
一机得て夕焼の端に坐しゐたる 上田五千石『森林』補遺
万噸の船内夕焼け正餐すむ 山口誓子
三人の大夕焼に額きぬ 高野素十
上げ潮の動かずなりて夕焼す 橋閒石 雪
上天の雲の永くも夕焼くる 山口誓子
下雲へ下雲へ夕焼移り去る 中村草田男
下雲を透き夕焼けし雲うかぶ 篠原梵 年々去来の花 雨
丘落葉島の夕焼長からず 村山故郷
久しの夕焼ソウル陥つ日のぬかるみ越す 古沢太穂 三十代
二十六聖人大夕焼に合掌す 能村登四郎
五つ六つ門の葵の夕焼や 細谷源二 砂金帯
亡母訪ねくるよな夕焼白芙蓉 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
人各々帰路の夕焼ことなるや 松崎鉄之介
仏の裾夕焼に毀れざる空蝉 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
仏塔に十万億土夕焼けたり 松崎鉄之介
仏壇の奥のもの見え夕焼どき 鷲谷七菜子 花寂び
伊都の国去るに玄海夕焼けたり 松崎鉄之介
俤は笑顔ばかりぞ夕焼けぬ 加藤秋邨
俯向きてみる蛞蝓の夕焼けしを 石田波郷
俳優のあかあかと立つ夕焼川 平井照敏 天上大風
元寇の海より湧きし夕焼か 鷹羽狩行
全天の夕焼高き雲も焼け 山口誓子
冷されし馬のふぐりの夕焼色 岸田稚魚 筍流し
凍てゆるみ緊り信濃は黄夕焼 福田蓼汀 秋風挽歌
凍りけり疎林に散りし夕焼も 相馬遷子 雪嶺
凩や雲裏の雲夕焼くる 臼田亜郎 定本亜浪句集
分厚い埃の奥が夕焼けブルトーザー 飴山實 おりいぶ
刈田刈原夕焼とどめし堰を置く 大野林火 青水輪 昭和二十三年
刈田刈株あつまりくらき遠ち夕焼 大野林火 青水輪 昭和二十三年
別れゆく瞳の金色に夕焼雲 角川源義
剪定の桃を夕焼の癒すなり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
包(パオ)深く夕焼の裾さし入りぬ 加藤秋邨
厠上の樹夕焼濃ゆし手を浄む 山口誓子
受難曲あれち野菊の夕焼けて 野見山朱鳥 愁絶
口中にしらうを夕焼ひろがれり 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
吊革にもたれ夕焼の長き帰路 松崎鉄之介
名月のいづる夕焼ひろごりぬ 渡邊水巴 富士
向日葵に天よりも地の夕焼くる 山口誓子
君の酔夕焼うつるかと思ふ 日野草城
吾が小さし夕焼さめてゆく原に 三橋鷹女
吾下りて夕焼くる山誰もゐず 津田清子 礼拝
告白後立木にまぎれ夕焼くる 橋閒石 卯
咄々と唇あつき 夕焼雲 富澤赤黄男
哨戒機夕焼くる向きしばし保つ 篠原梵 年々去来の花 雨
唐黍に夕焼空がこぼす雨 清崎敏郎
噴水の水のいただき夕焼に 山口青邨
噴水の激すともなし夕焼中 伊丹三樹彦
国引きの岬に底引く夕焼雲 松崎鉄之介
国振のをみなが被ぐ布夕焼 細谷源二 砂金帯
地中海夕焼も白き船も消え 中村汀女
坂に見る埠頭夕焼けてゐし晩夏 大野林火 早桃 海風抄
堰番の交代大夕焼のもと 長谷川素逝 村
墳すでに闇に入りたる夕焼かな 鷲谷七菜子 天鼓
壁に遺影カンナ夕焼はじまりぬ 大野林火 早桃 太白集
声呑むや廃墟夕焼剰すなし 小林康治 玄霜
声呑んで抱き合う石神 大夕焼 伊丹三樹彦
夕焼いまかそけきものに黐の花 飯田龍太
夕焼うつくしく今日一日はつつましく 種田山頭火 草木塔
夕焼が流れミケランジェロの橋 有馬朗人 知命
夕焼くるかの雲のもとひと待たむ 橋本多佳子
夕焼くる掛稲露をおびにけり 西島麦南 人音
夕焼くる牧神の笛買ひにけり 有馬朗人 知命
夕焼くる身や軟骨の数百片 橋閒石 朱明
夕焼けざる航跡板書も師の遺筆 香西照雄 対話
夕焼けしときにはつかに蘆の花 山口誓子
夕焼けてあめつち時を喪へる 相馬遷子 山国
夕焼けてのちも初潮早湍なす 下村槐太 天涯
夕焼けてゐずやと思ふ紫金山 加藤秋邨
夕焼けてスラムの土間も地のつづき 香西照雄 対話
夕焼けてパセリ抱ける豆コック 飯田龍太
夕焼けて一日を締め括りをり 後藤比奈夫
夕焼けて了へば蟻地獄もあらず 藤田湘子 途上
夕焼けて何もあはれや船料理 中村汀女
夕焼けて地上に生くるこゑ放つ 上田五千石『田園』補遺
夕焼けて夏到らざる嶺とてなし 飯田龍太
夕焼けて夏山已が場に聳ゆ 飯田龍太
夕焼けて天柱宝の夏嵐 飯田蛇笏 雪峡
夕焼けて天龍もたゞゆく流れ 百合山羽公 故園
夕焼けて女の顔の渡り鳥 平井照敏 猫町
夕焼けて富士遠き野に月生まる 角川源義
夕焼けて小さき雲の連れ立てる 篠原梵 年々去来の花 雨
夕焼けて山々の裾人家かな 中村汀女
夕焼けて巌に湛ふる水も染む 山口誓子
夕焼けて巌をめぐる鮠の水 飯田蛇笏 心像
夕焼けて朝焼けて田の出穂の日日 長谷川素逝 村
夕焼けて材がやはらかし鉋がけ 鷹羽狩行
夕焼けて松籟三ケ日も終ふ 大野林火 方円集 昭和五十一年
夕焼けて椎の落花に人の影 岡本眸
夕焼けて水田紫色となる 山口誓子
夕焼けて法悦に入る法師蝉 上田五千石 田園
夕焼けて流木に沖遠きかな 鷲谷七菜子 花寂び
夕焼けて涸滝すこし縺れけり 岡本眸
夕焼けて淫祠の前の蝉の穴 大野林火 雪華 昭和三十六年
夕焼けて温泉空をわたる群蜻蛉 飯田蛇笏 白嶽
夕焼けて玉の寝釈迦のうら若し 松崎鉄之介
夕焼けて甲板は物を煮る匂ひ 山口誓子
夕焼けて白根北壁凍の中 飯田龍太
夕焼けて百千の巌個に緊まる 能村登四郎
夕焼けて磔刑の主あり花圃の中 山口誓子
夕焼けて空の三日月鞍馬路 飯田蛇笏 家郷の霧
夕焼けて胸裡縞なす渚路 飯田龍太
夕焼けて舟虫声を洩らしけり 岡本眸
夕焼けて花なき谿の音ばかり 飯田龍太
夕焼けて荒磯の牛のよろこべり 富澤赤黄男
夕焼けて葭間の水を隠し得ず 山口誓子
夕焼けて蘇枋咲くさびしさに逢へり 加藤秋邨
夕焼けて街燈光り得つつあり 中村汀女
夕焼けて西の十万億土透く 山口誓子
夕焼けて護国神社の裏しづか 飯田龍太
夕焼けて透く雲あまた黍嵐 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夕焼けて遠山雲の意にそへり 飯田龍太
夕焼けて重厚の国出羽の国 山口誓子
夕焼けて長き渚を来つつあり 山口誓子
夕焼けに新聞手に手にバスを待つ 篠原梵 年々去来の花 雨
夕焼けに染まるさざなみ大晦日 廣瀬直人
夕焼けぬ一木もなし海霧の中 加藤秋邨
夕焼けのしてゐる松江あらはれぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
夕焼けの出雲の国に友一人 高野素十
夕焼けの赤き一ビル他は昏し 右城暮石 句集外 昭和二十九年
夕焼けへ綿羊を追ふ曲り枝 鷹羽狩行
夕焼けやあさきゆめみてゑひもして 平井照敏 天上大風
夕焼けを下に高野の誦経かな 鷹羽狩行
夕焼けを頭より脱ぎつつ摩天楼 鷹羽狩行
夕焼け一瞬にさめ流灯会 山口青邨
夕焼け居らんか母葬り来し墓地もかく 岡本眸
夕焼け河原の撫子に花火筒を据う 尾崎放哉 大正時代
夕焼しづかな糸瓜に棚をこしらへる 種田山頭火 自画像 落穂集
夕焼と何ある山の彼方には 山口誓子
夕焼どきの熱き湯にをりカロッサ死す 森澄雄
夕焼に 色譲りつつ あじさい園 伊丹三樹彦
夕焼にうつつの青鵐三鬼病む 佐藤鬼房
夕焼にそまり水車をふみつかれ 長谷川素逝 村
夕焼にむかひて走り少女死す 下村槐太 天涯
夕焼に出で立つあまた句を選び 山口誓子
夕焼に叫び走らん主いづこに 阿波野青畝
夕焼に向つて歩み入る如し 中村汀女
夕焼に壁のマリヤの染まりつつ 山口青邨
夕焼に外灯かぎりなく古ぶ 野澤節子 未明音
夕焼に孤独なりけりゆまりして 山口誓子
夕焼に恍惚と菜を圧してをり 能村登四郎
夕焼に支ふるこころあな危ふし 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夕焼に柵して住む煙突を出し 橋本多佳子
夕焼に油まみれの手を洗ふ 細谷源二 鐵
夕焼に海礁棋譜の如くなり 阿波野青畝
夕焼に焼岳の噴煙黄となんぬ 阿波野青畝
夕焼に聖なる柱葱坊主 山口青邨
夕焼に遺書のつたなく死ににけり 佐藤鬼房
夕焼に鎌あがる見ゆ磯田刈り 木村蕪城 寒泉
夕焼の 遥か 彼岸について語れ 富澤赤黄男
夕焼のあとのつめたき花の数 廣瀬直人
夕焼のいまはも失せぬ石の群 伊丹三樹彦
夕焼のうすれ山茶花も散りゆくか 渡邊水巴 白日
夕焼のきはみに手あぐこゑをあぐ 上田五千石 田園
夕焼のさむれど湖舟灯をつけず 阿波野青畝
夕焼のさめたる芋の葉ずれかな 清崎敏郎
夕焼のさめたる雲の残りをり 波多野爽波 鋪道の花
夕焼のさめて零落はじまれり 山口誓子
夕焼のさめゆけばはやいなびかり 山口青邨
夕焼のつばくろに酒なみなみと 飯田龍太
夕焼のなかに子を負ひし妻の叙情 安住敦
夕焼のながかりしあと鮑食ふ 森澄雄
夕焼のにじみ消えゆく植田あり 山口青邨
夕焼のはかなきことも美しく 稲畑汀子
夕焼のみなぎり出水川をなす 村山故郷
夕焼のやうな魚をさげてくる 富澤赤黄男
夕焼のやがてさめゆく蟻地獄 山口誓子
夕焼の一瞬さめし桔梗かな 深見けん二
夕焼の下に出迎母子の像 日野草城
夕焼の下を進めり猟の犬 山口誓子
夕焼の中に危ふく人の立つ 波多野爽波 鋪道の花
夕焼の中に鴬猶も澄み 川端茅舎
夕焼の中より笑ふ顔ちかづく 加藤秋邨
夕焼の中執心す油蝉 山口誓子
夕焼の中落葉舞ふ二三片 山口青邨
夕焼の今退くや竈の火 中村汀女
夕焼の吾も変幻の影曳きぬ 古舘曹人 砂の音
夕焼の噴煙凝りて飛燕落つ 水原秋櫻子 殉教
夕焼の坂の下なる店に柿 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
夕焼の大序曲今大序幕 上野泰
夕焼の大表情の下にあり 上野泰 春潮
夕焼の天の隅々うらがなし 山口誓子
夕焼の散華樹立に武将墓 角川源義
夕焼の断雲つひに岩を染めず 福田蓼汀 秋風挽歌
夕焼の方へ線路のやゝ曲る 山口誓子
夕焼の暗礁に歯を研ぐ魚族 橋閒石 無刻
夕焼の木がありしことも熱の中 加藤秋邨
夕焼の極みのはてに浅間見ゆ 阿波野青畝
夕焼の水はかたしや芦の角 山口青邨
夕焼の水飲んでゐる男女あり 飯田龍太
夕焼の池に石投ぐ女患者 右城暮石 句集外 昭和三十六年
夕焼の流れはやむる砂簾 岸田稚魚 筍流し
夕焼の湖翳作すは流れをり 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
夕焼の湯を女出てちんどんやに遭へり 石田波郷
夕焼の火山の如く今はあり 上野泰
夕焼の片より消えてゐるところ 高浜年尾
夕焼の犬よ 左を 右をゆく 富澤赤黄男
夕焼の瓦冷えびえ波をたゝみ 上村占魚 鮎
夕焼の甲板下士を誰が嘗めし 渡邊白泉
夕焼の筒のごとしや時鳥 加藤秋邨
夕焼の紅にして長かりし 高野素十
夕焼の終る江に沿ふ輪島線 能村登四郎
夕焼の肌身に迫り大根蒔く 廣瀬直人
夕焼の脚のゆききを鮨屋より 岡井省二 明野
夕焼の色空に退き石切る音 廣瀬直人 帰路
夕焼の蚕室へ帰る女達 飯田龍太
夕焼の衰へ縞を為し初めし 上野泰
夕焼の裏街にわが父を離り 三橋敏雄
夕焼の褪せしより逢ふ麦車 橋閒石 雪
夕焼の褪めてしまひて時あまり 後藤比奈夫
夕焼の褪めてしまへば明日の雲 後藤比奈夫
夕焼の褪めてだんだん四面楚歌 後藤比奈夫
夕焼の運河に微笑松葉杖 佐藤鬼房
夕焼の道高まりて運河の橋 右城暮石 句集外 昭和三十年
夕焼の金をまつげにつけてゆく 富澤赤黄男
夕焼の金盤の上水馬ゆく 山口青邨
夕焼の関の遊女に大山に 高野素十
夕焼の雲の裂けゆく 蝸牛 富澤赤黄男
夕焼の雲より駱駝あふれ来つ 加藤秋邨
夕焼の電線一筋麦の上 大野林火 早桃 太白集
夕焼の黄なればこゝろしづまりて 山口誓子
夕焼の黒くなりゆく出羽の国 山口誓子
夕焼の黒富士見ゆる米を磨ぐ 三橋敏雄
夕焼の黙人の黙山を崩し 廣瀬直人 帰路
夕焼はひろし雑草を縺れしめ 下村槐太 天涯
夕焼は映らず白きゆきのした 渡邊水巴 富士
夕焼は沖よりぞくるしぐれ雲 野澤節子 八朶集以後
夕焼は湖の毬藻にとどかんか 加藤秋邨
夕焼は膳のものをも染めにけり 富安風生
夕焼は陸にも海にも照りあまる 山口誓子
夕焼ふか~追へども去らぬ黒き鳥かな 種田山頭火 自画像 層雲集
夕焼へ下水の口のならびたる 渡邊白泉
夕焼へ叱りすぎたる子の手執り 大野林火 早桃 太白集
夕焼へ真紅の玻璃扉ひらき出づ 鷲谷七菜子 黄炎
夕焼へ群集だまり走り出す 西東三鬼
夕焼へ蝶かぎりなく飛び消ゆる 加藤秋邨
夕焼も知らでや母は只ひとり 中村汀女
夕焼やうぐひ飛出る水五寸 村上鬼城
夕焼やはや寝巻きて社宅の子 高田風人子
夕焼やひつくりかへりをる馬穴 上野泰 春潮
夕焼や働く下駄の緒はゆるく 鈴木真砂女 都鳥
夕焼や吾子の笑顔のよごれたる 日野草城
夕焼や忘れてをれば蟻の列 加藤秋邨
夕焼や思ひかへして貝拾ふ 山口誓子
夕焼や恋百姓が歌うたふ 岸田稚魚 負け犬
夕焼や根の国の湖染めながら 阿波野青畝
夕焼や梅も櫻も固けれど 中村汀女
夕焼や濡れ緊りたる海士の褌 能村登四郎
夕焼や父なきあとの母小さし 高田風人子
夕焼や若し夫在らば厨妻 鈴木真砂女 夕螢
夕焼や蟹は月夜に生むといふ 藤田湘子
夕焼や運び行く鍋煮ゆる音 香西照雄 対話
夕焼や雀のこゑの繁ならず 野澤節子 未明音
夕焼より濃き煙草火をわがものに 金子兜太
夕焼をま白き額の来りけり 山口誓子
夕焼をわかちて榛名山と湖 鷹羽狩行
夕焼を煮つめればこの桑の実に 平井照敏
夕焼を爛熟せしむ電工ゐて 山口誓子
夕焼を経し雲まろく皆眠げ 香西照雄 対話
夕焼を西に作りぬ杣仕事 平畑静塔
夕焼を見つくしてまた螢まつ 百合山羽公 故園
夕焼を見て来て夕餉青野菜 細見綾子
夕焼一筋なにに身を尽す澪標 中村草田男
夕焼中ともにをみなの髪そまり 橋本多佳子
夕焼中夏風邪骨の髄に棲み 飯田龍太
夕焼中蛇累々と壜の中 飯田龍太
夕焼光弥陀の来迎つげわたる 上田五千石 田園
夕焼噴煙灰ふる地帯の朱の家族等 金子兜太
夕焼失せ 野外映画は基督伝 伊丹三樹彦
夕焼川あはれ尽して流れけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
夕焼濃き海を航くなり口噤み 津田清子 礼拝
夕焼濃し月明きこと想はしめ 山口誓子
夕焼濃し船繋ぐ綱ふみ越えて 津田清子 礼拝
夕焼犬無慮干頭の羊追ふ 阿波野青畝
夕焼空木歩の鋭き目まばたかず 飯田龍太
夕焼空詩に鴆(ちん)毒あることも 飯田龍太
夕焼空針で突くごと星ともる 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夕焼荘厳僧院に肉煮えて 上田五千石『田園』補遺
夕焼遙か祭ゆかたの着下ろしに 中村汀女
夕焼雲たてがみひかる馬の群 大野林火 早桃 太白集
夕焼雲のうつくしければ人の恋しき 種田山頭火 草木塔
夕焼雲代田に爛れ選挙終る 相馬遷子 雪嶺
夕焼雲消ゆるを追ひて出帆す 福田蓼汀 山火
夕焼雲渦なしくらき炭坑街 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
夕焼雲蒙古襲来以後真紅 鷹羽狩行
夕焼鴉熔岩野の寂に降りられず 橋本多佳子
大き夕焼河も流れを止めてゐる 相馬遷子 山国




大夏のけふよりぞとも夕焼雲 原石鼎 花影以後
大夕焼 帰心一途の銀輪群 伊丹三樹彦
大夕焼みごと欺き了せしや 上田五千石『田園』補遺
大夕焼わが家焼きたる火の色に 鈴木真砂女 卯浪
大夕焼一天をおしひろげたる 長谷川素逝 暦日
大夕焼夜は地に貽るもの多し 飯田龍太
大夕焼学童のゐぬ街となる 大野林火 早桃 太白集
大夕焼悪寒に鳴らす歯二十枚 石橋秀野
大夕焼消えなば夫の帰るべし 石橋秀野
大夕焼而立の生身染めにけり 上田五千石『田園』補遺
大夕焼舷々摩して入港す 阿波野青畝
大夕焼視野の山巓みな踏みし 福田蓼汀 秋風挽歌
大夕焼鯛眼上に青一抹 香西照雄 対話
大年の黄の夕焼を窓の幸 三橋敏雄
大魚の尾桶に逆立つ夕焼空 飯田龍太
天と湖夕焼け近江美し国 山口誓子
天国(ぱらいそ)の夕焼を見ずや地は枯れても 水原秋櫻子 殉教
天城嶺の夕焼けわれら暗転す 鷹羽狩行
天心へ大夕焼のゆるむなし 長谷川素逝 暦日
天涯に棲むは我等よ大夕焼 上野泰
奢りながき夕焼透いて不作の田 佐藤鬼房
奥耶馬の夕焼濃くす白穂萱 能村登四郎
妻が呼ぶ声夕焼の中につよし 右城暮石 声と声
妻にわが声やはらぎて夕焼中 伊丹三樹彦
妻祷る真黄色なる夕焼に 中村草田男
子の祷りおろそかに見じ夕焼来 大野林火 冬雁 昭和二十一年
子を遠く大夕焼に合掌す 中村汀女
子供去り夕焼雀そこら跳ね 福田蓼汀 山火
孔雀の羽根が噴水になつた夕焼 富澤赤黄男
孵化間なき蛇夕焼の中に出づ 右城暮石 句集外 昭和二十七年
安南の国夕焼す薔薇とこそ 山口青邨
宍道湖の夕焼終り王を攻む 角川源義
家二つ夕焼したり牧のはて 山口青邨
富士の前夕焼及ばぬところにゐて 岸田稚魚 筍流し
富士の肩棚雲よりも夕焼濃し 篠原梵 年々去来の花 雨
寺多き京紫に夕焼けて 山口誓子
対岸に手足夕焼くるは子なり 山口誓子
対岸の町夕焼けて河港あり 山口誓子
少し酔へり物思ひをれば夕焼けぬ 種田山頭火 自画像 層雲集
山河消え日輪ひそむ霧夕焼 福田蓼汀 秋風挽歌
山町や夕焼をとどむ榧大樹 大野林火 早桃 太白集
岸にうつ泳ぎの波や大夕焼 飯田蛇笏 山廬集
崖下へ帰る夕焼頭より脱ぎ 西東三鬼
崩れんとする石垣の夕焼濃し 橋閒石 朱明
巖が根も照り透す夕焼濤にあり 水原秋櫻子 残鐘
川の幅だけ生き俺の青い夕焼 佐藤鬼房
工は火を燃し吾は夕焼につきすゝむ 細谷源二 砂金帯
帰り途だれも見ざれば夕焼けぬ 平井照敏
幽かにも活仏の座の夕焼けぬ 加藤秋邨
幾千の鼻の夕焼すさまじき 加藤秋邨
庶民の死ある度夕焼淡夕焼 香西照雄 素心
弾痕のとあるひとつが夕焼けぬ 加藤秋邨
弾着地点淡き夕焼雲流す 岸田稚魚 負け犬
影ひとつ夕焼けて来て生還せり 伊丹三樹彦
彼の丘にトラピストあり夕焼けて 高浜年尾
征きし日のかの夕焼と風呂敷と 加藤秋邨
待ちきれないでそこらまで夕焼ける空 種田山頭火 自画像 落穂集
後山の夕焼刻を落葉鳴る 飯田蛇笏 椿花集
御岳に立つ夕焼雲夜ものこる 水原秋櫻子 残鐘
心ふと下駄を履きたく夕焼けぬ 加藤秋邨
恍惚と鴉吸はるゝ夕焼雲 能村登四郎
悉く大夕焼に奏せらる 高野素十
惜命や残り葉の方夕焼けをり 角川源義
惨として大英帝国夕焼す 山口青邨
愛欲やしかし夕焼を眼に入れて 秋元不死男
我が死後もかく夕焼くる日のあらむ 高田風人子
戦は夕焼くる野に泣きて終ふ 上村占魚 鮎
手と足を大夕焼の中にして 右城暮石 句集外 昭和二十三年
手を挙ぐる天の夕焼長ければ 山口誓子
投函を思ひ夕焼の中すすむ 山口誓子
挿木舟はや夕焼けて泛びけり 飯田蛇笏 山廬集
挿木舟はや夕焼けて浮びけり 飯田蛇笏 霊芝
捨てにゆく子猫鳴くなり夕焼空 飯田龍太
揚がりてすぐ降りる雀に大夕焼 右城暮石 句集外 昭和三十四年
旅のハンカチ干す夕焼の樹の枝に 大野林火 青水輪 昭和二十三年
旅愁より淡く潮路も夕焼けたり 水原秋櫻子 残鐘
日々に見る朝焼ゆやけ波郷の地 角川源義
日本の夕焼に孔雀鳴きにけり 渡邊白泉
昼夜覚夕焼褪めし木に立たれ 加藤秋邨
昼風呂に小野子の片頬夕焼けて 前田普羅 春寒浅間山
暑を湛ふ渾天渾地夕焼けて 相馬遷子 山国
曲るたび音あらためて夕焼川 鷲谷七菜子 花寂び
書き驕るあはれ夕焼野に腹這ひ 三橋鷹女
書万巻ソドムの町は夕焼けぬ 橋閒石 朱明
書燈いつも船は夕焼また朝焼 山口誓子
月光曲をとめの膚も夕焼けぬ 日野草城
月見草雲の夕焼が地を照らす 橋本多佳子
有る眼りレール夕焼く操車場 山口誓子
朝焼夕焼食べるものがない 種田山頭火 草木塔
木のこぶの夕焼長し痕めき 細谷源二 砂金帯
木船の修理のことも夕焼けて 山口誓子
村人こぞりてお墓は盆の海の夕焼 荻原井泉水
村嬢に夕焼あせぬ苺摘 杉田久女
杣の子等あつまつて来て夕焼に 山口青邨
東に夕焼雲や萩の園 原石鼎 花影
東支那海大夕焼に口つぐむ 能村登四郎
松の木の夕焼やゝにさめゆけり 山口誓子
板のごとき夕焼空を置きてゆく 金子兜太
枇杷熟れし便り夕焼の中に読む 大野林火 冬雁 昭和二十一年
林檎剥く指も曠野の夕焼を 加藤秋邨
枯園や島の夕焼さめやすし 角川源義
枯蘆の遠きものより夕焼す 山田みづえ 手甲
柳垂り五月の夕焼にごりなき 大野林火 海門 昭和十二年
柳絮おふ家禽に空は夕焼けぬ 飯田蛇笏 春蘭
柿の実を夕焼雲にかざしみる 中村苑子
栄螺籠おのおのさげて夕焼中 飯田龍太
桃のなか別の昔が夕焼けて 中村苑子
桃の種子うづむる土の夕焼に 橋閒石 無刻
桃実るしんしんと雲夕焼けつつ 大野林火 早桃 太白集
桐一葉夕焼すでに地を離れ 岡本眸
梧桐のはや夕焼を隠し得ず 三橋鷹女
森の夕焼終る靴屋の木椅子にも 細見綾子
椅子にある身のその儘に夕焼くる 山口誓子
植ゑし田に夕焼淡くみだれたり 相馬遷子 山国
植込に夕焼ねばりビール園 百合山羽公 樂土以後
榛の梢の夕焼もすぐ終つたり 加藤秋邨
横長き夕焼太宰の山黒し 西東三鬼
横長き海の夕焼葉鶏頭 森澄雄
樺夕焼厨鳴るはわがための餉か 飯田龍太
樽前は噴煙濃ゆく夕焼す 山口青邨
橋の上のまだ夕焼けて月見草 大野林火 冬雁 昭和二十一年
檜葉にをる夕焼雀作り雨 富安風生
檻夕焼虎母子しづかな相似形 香西照雄 対話
此頃の吉野葉桜夕焼か 細見綾子 桃は八重
歩を進めがたしや天地夕焼けて 山口誓子
死程やさしく夕焼け湖を染め緻密 楠本憲吉 方壺集
死者あらずや不自由者寮夕焼けしは 大野林火 青水輪 昭和二十六年
母を恋ふ子に夕焼の峡の木木 加藤秋邨
比叡の空夕焼さむき師走かな 村山故郷
民の間に絶えし金色夕焼に 中村草田男
水に枯木が空ふかう夕焼くる 種田山頭火 草木塔
水尾のはて由布の夕焼消えむとす 水原秋櫻子 残鐘
水砧はずみ夕焼黄なりけり 阿波野青畝
水車ふむ人に夕焼かかはらず 長谷川素逝 村
水郷の大夕焼や年はゆく 山口青邨
氷うすき家夕焼けとなりゆくや 大野林火 冬青集 雨夜抄
沼は夕焼溺死の話佇ちたるまま 金子兜太
泣きあふむき夕焼の木を攀ぢのぼる 加藤秋邨
泥屋根の片夕焼や人出でず 加藤秋邨
津軽富士夕焼の雲二三片 山口青邨
流水に夕焼こごる青胡桃 相馬遷子 雪嶺
海にせり山す夕焼火山汽車早む 松崎鉄之介
海のはて夕焼けてゐる海がある 篠原梵 年々去来の花 中空
海は夕焼裘のぼる坂の町 角川源義
海までの木が点々と夕焼けぬ 加藤秋邨
海を恋ふ窓に夕焼消ゆるころ 鈴木真砂女 卯浪
海夕焼かならずここに墓映ゆる(能登一の宮、折口信夫先生墓のほとり二句) 細見綾子
渓空に夕焼けてつづく川ちどり 飯田蛇笏 春蘭
湧きゆらぐ泉が昏し大夕焼 右城暮石 句集外 昭和三十二年
満天の夕焼雲が移動せり 加藤秋邨
満潮の波をたゝまず夕焼す 鈴木真砂女 生簀籠
潦夕焼けて海に近づく道 山口誓子
濃をつくす夕焼さらに飛ぶものなく 野澤節子 未明音
濃夕焼泥田をいでず泥夫婦 橋本多佳子
点火して駈け来凹凸土の夕焼 伊丹三樹彦
点燈後鵙の夕焼なほ保つ 山口誓子
焔片々そこらにこぼし富士夕焼 山口青邨
無花果のあるところ田の夕焼濃し 右城暮石 句集外 昭和二十七年
無花果を愛し大夕焼となる 右城暮石 句集外 昭和二十三年
熔岩原や吾ら夕焼に染みやすし 津田清子 礼拝
燈籠のくろずむまでの大夕焼 大野林火 冬雁 昭和二十二年
父の地の色に夕焼け加賀の国 能村登四郎
牛・馬を洗ひしむかし夕焼川 鷹羽狩行
牡丹を 欺くまでに 夕焼雲 伊丹三樹彦
牧の牛闘牛のごとく夕焼す 山口青邨
物として我を夕焼染めにけり 永田耕衣
犀川は夕焼いろに堰き落す 能村登四郎
猫が草噛む夕焼の中に出て 右城暮石 句集外 昭和三十年
猿神の赫々たるに 大夕焼 伊丹三樹彦
現じたる夕焼浄土乱雲に 相馬遷子 雪嶺
甘藍をだく夕焼の背を愛す 飯田龍太
甜菜の山崩しゐて夕焼けぬ 加藤秋邨
生前父の長航幾度夕焼雲 中村草田男
生徒居ねば疲れあらはに夕焼けをり 林翔 和紙
用無しは 屈ませ 夕焼の網繰る島 伊丹三樹彦
田植すみ夕焼ながす雄物川 水原秋櫻子 帰心
病む胸を夕焼染むる単衣かな 村山故郷
癩学を天は賜ひて夕焼す 平畑静塔
白きビルをとめのごとし夕焼に 日野草城
白きビル今ぞ羞らふ夕焼に 日野草城
白きビル夕焼さめて蒼ざめぬ 日野草城
白き夕焼コウの翼は腹を擁く 加藤秋邨
白地着てつねなく夕焼待ちゐたり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
白秋は夕焼詩人栄螺焼く 平畑静塔
白靴に場の睡蓮夕焼けぬ 飯田蛇笏 霊芝
白魚網夕焼くるを見て泊りけり 大野林火 方円集 昭和五十三年
皮脱ぎし男竹のしめり夕焼空 鷲谷七菜子 花寂び
短かかりし夕焼を思ひ煖炉去る 加藤秋邨
石の聖母の隻腕 夕焼 焦げ臭い 伊丹三樹彦
祈るかに句を選びゐて夕焼雲 角川源義
祝ぎの如夕焼の鶴仰がるる 阿波野青畝
神信ずるまでに藁塚夕焼す 伊丹三樹彦
祭あはれ夕焼がさし月がさし 下村槐太 天涯
祭どき天の夕焼を授りて 山口誓子
種浸す予後の夕焼ながかりし 赤尾兜子 玄玄
種蒔けば天をかぎりの夕焼ぞ 大野林火 雪華 昭和四十年
稲刈の会津夕焼は泣くごと紅 森澄雄
稲妻や雲の薬袋夕焼けぬ 川端茅舎
稲田夕焼、有明の海に入る日見に行く 荻原井泉水
空壜の浮く夕焼へ飛機還れ 金子兜太
童ら跳ねてまづしき村の夕焼くる 伊丹三樹彦
端居して島の夕焼さめやらず 清崎敏郎
箸拍子夕焼柱をのぼりゆく 加藤秋邨
築港に向ふ市電の大夕焼 右城暮石 句集外 昭和二十八年
紅蜀葵ひとも夕焼けてくらくゐる 大野林火 冬青集 海門以後
細字読む夕焼もはやたのめなし 山口誓子
罐ころげ飛機片々となる夕焼 伊丹三樹彦
罪の不安夕焼の影みな森と 加藤秋邨
老の汗夕焼さめて来りけり 松村蒼石 寒鶯抄
耶蘇いつも双手ひらける 大夕焼 伊丹三樹彦
聖し夕焼漁父に指されし道たどり 上田五千石『天路』補遺
聖像に夕焼透けるはらいそう 能村登四郎
膝繃帯に飛騨の向日葵夕焼けて 赤尾兜子 歳華集
船の点燈夕焼激しき刻に先んず 山口誓子
船休む雨後夕焼の母子合唱 角川源義
船夕焼け病者の手帖文字なし 山口誓子
花の雨夕焼雲の海のぞく 角川源義
若き虚しさヨット帆ぐるみ夕焼けて 鷲谷七菜子 黄炎
若者は窓に腰かけ夕焼雲 富安風生
茨の実や大夕焼も野渡の景 飯田蛇笏 山廬集
茶の花や夕焼けてゐしひとの肩 藤田湘子 途上
茸の季にしばらく間ある夕焼空 飯田龍太
草の花記憶のほとり夕焼けて 三橋鷹女
萩は白し嵐のあとのこの夕焼 荻原井泉水
萩刈りて夕焼にじむ土となす 大野林火 月魄集 昭和五十六年
萱分けて空ばかりなる夕焼かな 大野林火 海門 昭和七年以前
萱車夕焼の裾に家あるべし 大野林火 飛花集 昭和四十六年
落潮の迅さ夕焼濃かりけり 大野林火 早桃 太白集
落葉踏むやしばし雀と夕焼けて 渡邊水巴 白日
葛飾や夕焼にくらむ水のへり 松崎鉄之介
葭簀張夕焼火事の如くなり 山口誓子
蒲団より首出してゐて夕焼けぬ 加藤秋邨
蓮根掘夕焼面をあげにけり 富安風生
蓮真青な夕焼を保母帰る 飯田龍太
藁しべの括り髪なる夕焼け馬 中村苑子
虹消えて夕焼けしたる蔬菜籠 飯田蛇笏 霊芝
蚊のこゑと活字はかなむ夕焼に 野澤節子 未明音
蚊の声の夕焼は濃くなりまさり 大野林火 早桃 太白集
蚊喰鳥諏訪口はいま夕焼中 飯田龍太
蚊帳の中まで夕焼の一人寝てゐる 種田山頭火 草木塔
蛍なき籠夕焼けて透きにけり 岡本眸
蜑の町すみのすみまで夕焼けて 清崎敏郎
蜻蛉釣に蜻蛉みな高し夕焼くる 富安風生
蝉に嗚かれ夕焼さめしひとりの顔 角川源義
蝌蚪生る絵の夕焼は横裂きに 古舘曹人 能登の蛙
蝸牛夕焼重くなりしかな 岡本眸
蟇うごく大夕焼の一隅に 加藤秋邨
蟻の列いま粛然と夕焼けぬ 川端茅舎
行々子水の夕焼けさめゆくか 大野林火 冬青集 雨夜抄
行きあはす川中島の大夕焼 飯島晴子
行水に天の夕焼したたれり 相馬遷子 雪嶺
街ひとときのしづけさのはて夕焼けし 種田山頭火 自画像 層雲集
街道の裏ははげしき夕焼田 山口誓子
衣かへ夕焼夫婦こたへ出よ 角川源義
西するも東するも夕焼けし 高野素十
西方と云はず夕焼空広し 山口誓子
見送るに夕焼まぶしきゆゑまぎる 鷲谷七菜子 黄炎
詩友等若し夕焼の前に灯を点じ 中村草田男
豊年や夕焼真赤な馬の面 森澄雄
豊旗雲 そのまま夕焼け 櫓音の湾 伊丹三樹彦
貝殻に瀬戸の夕焼ひと掬ひ(向島) 鷹羽狩行
赤と青闘つてゐる夕焼かな 波多野爽波 鋪道の花
踏む麦の夕焼けて来し寂しさよ 日野草城
身を拭けば海の夕焼美を尽す 山口誓子
軍刀重く夕焼の家を顧る 日野草城
近き青葉遠き夕焼赤子泣く 廣瀬直人 帰路
追ひかけて馬を夕焼に染めてしまふ 細谷源二 砂金帯
逆上りできたり大夕焼の中 有馬朗人 立志
過ぎて行くこれも麦秋夕焼よ 細見綾子 桃は八重
道の辺に夕焼はげしきただの土堤 山口誓子
遠き日のことのごとしや夕焼けて 加藤秋邨
避雷針の夕焼雲を立ちながめ 佐藤鬼房
都に友あり夕焼鵜追ひ越す汽車 香西照雄 対話
酒となく漠と渇せり夕焼けて 石塚友二 光塵
野は夕焼豆の花列ひそかなる 村山故郷
野分あと夕焼赤を長く引く 細見綾子
野菊折るやうちみる早瀬夕焼けて 飯田蛇笏 山廬集
金尽きて旅も久しや夕焼けぬ 加藤秋邨
金星は日の嗣子夕焼雲が褥 香西照雄 対話
金星を嵌め 夕焼のサリー雲 伊丹三樹彦
金星一つ夕焼美しきときも過ぎ 森澄雄
金箔の夕焼の空早も極め 阿波野青畝
金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし
鉄扉閉す音夕焼の川辺より 飯田龍太
銀座裏火の見櫓が夕焼けて 深見けん二
鎌をとぐ夕焼おだやかな 種田山頭火 草木塔
闇師等が欺しあひをり夕焼けつつ 加藤秋邨
陸は夕焼バルーンのこるはどこの町ぞ 中村草田男
雀ふえ夕焼浄土から風呂に 大野林火 雪華 昭和三十六年
雁帰るこの日古風に夕焼けて 中村苑子
雲はみな黒雲西の夕焼けて 山口誓子
雲裏の雲夕焼けて夏終はる 橋閒石 朱明
青夕焼神に裁かるいまを生き 上田五千石『天路』補遺
青梅にうかべる雀斑地の夕焼 松村蒼石 寒鶯抄
青麦や利根の夕焼け檐に映ゆ 村山故郷
面映えて夕焼の橋に僧と逢ふ 山口誓子
音立てて夕焼退けり青蓮 岡本眸
風岬くらし夕焼の日本海 角川源義
飛行場の果の夕焼汝は言はぬ 三橋敏雄
食べ足りて鶏ら夕焼に染み竝ぶ 野澤節子 未明音
食終へて夕焼の下に蜑びとら 山口誓子
飢える街夕焼け今日も贅極む 伊丹三樹彦
駝鳥の目より低き我夕焼空 阿波野青畝
骨の髄まで透す夕焼別れねば 楠本憲吉 孤客
高雲の夕焼淡しや雷のあと 水原秋櫻子 蓬壺
高雲や芒の花や夕焼さめ 山口誓子
鮭の身の夕焼雑草園暮るる 山口青邨
鯖火見ゆ天の夕焼とつづきつつ 水原秋櫻子 残鐘
鳥翔ける夕焼きよき彼方へと 相馬遷子 雪嶺
鳩百羽の翅音のひびく地や夕焼 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
鵙叫ぶ川の底まで夕焼けて 岡本眸
鵜が翔ける大石狩の夕焼空 飯田蛇笏 雪峡
鷺の群大夕焼と空に逢ふ 山口誓子
鷺返し来る夕焼けの濁りより 鷹羽狩行
麦の出来わろし夕焼美しく 富安風生
黄がさめて白き夕焼黍畑 山口誓子
黄の夕焼かぶさりにけり薔薇の園 山口青邨
龍骨成る木屑と河口夕焼けて 飴山實 おりいぶ

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 06:38 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング