夕凪 の俳句

夕凪 の俳句

夕凪 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22813853/



夕凪 補遺

あたゝかや横雲見ゆる海の夕凪 村山故郷
ただ汗のとき長崎の夕凪ぞ 森澄雄
どこからとなく声のあつまる夕凪時 能村登四郎
冬草のいちじるしくて夕凪ぎぬ 日野草城
夕凪ぎといふしづかなる深き燃え 能村登四郎
夕凪ぎといふしづかにも深き燃え 能村登四郎
夕凪にやはらかな輪を生み泳ぐ 能村登四郎
夕凪にわれは嘴もちてをり 飯島晴子
夕凪に坐せり丹後の宮津なる 右城暮石 句集外 昭和六十二年
夕凪に浦曲とけゆく千々岩湾 能村登四郎
夕凪に礁の白き波消ゆる 右城暮石 句集外 昭和六十二年
夕凪に菩提樹の実の飛行せり 永田耕衣
夕凪のおもさ病者が死を待つとき 松村蒼石 雪
夕凪のブイを取り合ふ鳶鴎 右城暮石 虻峠
夕凪の垣沿ひに尨犬毛を垂れて 下村槐太 天涯
夕凪の後の厚靄三分粥 佐藤鬼房
夕凪の旅館ひとりをもてあます 右城暮石 句集外 昭和三十九年
夕凪の村に填められ帰り来ず 佐藤鬼房
夕凪の松眼の前に荒々し 右城暮石 句集外 昭和三十五年
夕凪の海を硬しと見てゐたり 岡本眸
夕凪の湖より低き花菜道 橋閒石 雪
夕凪の濡れ髪(げ)誰かが来り去り 佐藤鬼房
夕凪の瀬尻は水の性つよし 飯田龍太
夕凪の猿となりて頭もつ 岡井省二 前後
夕凪の胸乳にねばる波の音 佐藤鬼房
夕凪の遂に女類となるを得ず 永田耕衣
夕凪の雲美しく寒の果て 原石鼎 花影以後
夕凪はしづか帰山の僧一列 松村蒼石 雪
夕凪はわが播州も長崎も 森澄雄
夕凪やぽつんぽつんと壱岐の牛 阿波野青畝
夕凪やまどかに浮ける大海月 日野草城
夕凪やルルドに礼し漁仕舞 能村登四郎
夕凪や三日月見ゆる船の窓 正岡子規 三日月
夕凪や使はねば水流れ過ぐ 永田耕衣
夕凪や家ごとに出て竹床几 森澄雄
夕凪や旅の小荷物手にさげて 村山故郷
夕凪や母とありにし真桑瓜 森澄雄
夕凪や流れも浅き高瀬川 鈴木真砂女 夏帯
夕凪や浜蜻蛉につつまれて 臼田亜郎 定本亜浪句集
夕凪や独語ひとつに砂うごく 岸田稚魚 筍流し
夕凪や金星はなほ出しぶりて 鷹羽狩行
夕凪や釣舟去れば涼み舟 杉田久女
夕凪や風帆(フォンファン)十九までかぞへ 鷹羽狩行
夕凪や鯒がぺたりと桶の底 飯田龍太
夕凪を詫び遠来の客迎ふ(尾道八句) 鷹羽狩行
小鰺売り来て夕凪のこともいふ 能村登四郎
島山の葛の夕凪来りけり 松本たかし
怠惰また身を守るすべか夕凪す 草間時彦 中年
春の高臺北の浮雲夕凪す 飯田蛇笏 家郷の霧
橘中佐立つ夕凪に身を赤らめて 能村登四郎
海士町 夕凪 老婆ばかりの総出涼み 伊丹三樹彦
満潮の海夕凪の海となる 右城暮石 句集外 昭和四十八年
漁夫を見ずただに夕凪夏泊 佐藤鬼房
瀬戸の海の夕凪にをり同志にて 草間時彦 中年
燕初めて見し夕凪や酒座に侍す 種田山頭火 自画像 層雲集
玄海灘大夕凪といふもあり 岸田稚魚 紅葉山
神の眼あり夕凪に村黙すとき 能村登四郎
神楽師を訪ふ夕凪のひとり舟 能村登四郎
祷りの時は夕凪どきよ善丁谷 能村登四郎
空梅雨の夕凪ぐ漁家の竃火かな 西島麦南 人音
莚織る音夕凪を誘ひけり 能村登四郎
藺草焚き夕凪どきを又燃ゆる 能村登四郎
錦鯉の背すじ透りて夕凪す 松村蒼石 雁

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 06:42 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング