三伏 の俳句

三伏 の俳句

三伏 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818510/



三伏 補遺

三伏の堰づくろひの真葛刈る 木村蕪城 寒泉
三伏の夜深き山の目覚めゐる 飯田龍太
三伏の天むらさきに潭碧し 富安風生
三伏の小屋を塗りつぶす白ペンキ 日野草城
三伏の山の端にある寺か村か 岡井省二 夏炉
三伏の幾野を越えて昆布の地 飯田龍太
三伏の慈姑沢瀉いづれぞや 岡井省二 前後
三伏の旅路に濤の音も愁ふ 飯田蛇笏 山響集
三伏の月の小ささや焼ケ嶽 飯田蛇笏 山廬集
三伏の月の穢に鳴く荒鵜かな 飯田蛇笏 霊芝
三伏の木の前にある何の穴 岡井省二 前後
三伏の杉間の天を艶と見る 富安風生
三伏の榧の樹林に入りゐたり 岡井省二 鯛の鯛
三伏の残照の川なに跳ねし 飴山實 辛酉小雪
三伏の湯たぎることを知らす笛 上田五千石『風景』補遺
三伏の湯浴みわが身の塵が浮き 山口誓子
三伏の牛の肝臓を焼いて食ふ 日野草城
三伏の犀を都としてゐたり 岡井省二 鯨と犀
三伏の犀見てゐたり笑ひだす 岡井省二 明野
三伏の珈琲好きも病むうちや 石川桂郎 高蘆
三伏の白雲を置きて浅間山 村山故郷
三伏の笹掴まんと阿修羅の手 廣瀬直人
三伏の絵馬の蛇吐く炎かな 有馬朗人 非稀
三伏の蕗を放てる水あをし 飴山實 次の花
三伏の藪の雨見る机なり 岡井省二 前後
三伏の蜂やわが家に入りびたり 百合山羽公 寒雁
三伏の赤子はよしや泣くこゑも 森澄雄
三伏の鏡の中の廊下かな 岡井省二 猩々
三伏の闇はるかより露のこゑ 飯田龍太
三伏の首さしのべて鳰遊ぶ 松崎鉄之介
三伏の鶏肌が立つ死病 佐藤鬼房
三伏やくがねのほとけ夕かげり 上田五千石『天路』補遺
三伏やこぼれて赤き崖の土 鷹羽狩行
三伏やのれんを入れてよりの客 鈴木真砂女 紫木蓮
三伏やひそと身を折りまげ祈る 阿波野青畝
三伏やひそめしこゑを夜更けまで 森澄雄
三伏や一夜ごろ寝の病ひの身 村山故郷
三伏や七十の母生きて病む 相馬遷子 雪嶺
三伏や地卵売りの老婆来ず 佐藤鬼房
三伏や家にゐて食ふにぎり飯 村山故郷
三伏や弱火を知らぬ中華鍋 鷹羽狩行
三伏や提げて重たき油鍋 鈴木真砂女 夕螢
三伏や昼の浄瑠璃ラヂオより 日野草城
三伏や昼をまどろむ籐寝椅子 日野草城
三伏や江差松前海平ら 鈴木真砂女 居待月
三伏や決議書に判べた~と 日野草城
三伏や病む師励ましはげまされ 伊丹三樹彦
三伏や癌ふたたびの胸の傷 村山故郷
三伏や発してはるか己がこゑ 岸田稚魚
三伏や行のごとくに嗽ぎ 上田五千石『琥珀』補遺
三伏や見ゆる一眼大切に 日野草城
三伏や貞潔にして硬肥り 日野草城
三伏や飼つてゐるごと鼠啼く 鈴木真砂女 紫木蓮
三伏をこえたる樗並木かな 飯田龍太
三伏を流れて笛吹川といふ 森澄雄
三伏を破れかぶれに勤めける 山田みづえ 木語
中伏といふおんじきの冬瓜汁 岡井省二 五劫集
十三束三伏の矢も枯れの時 能村登四郎
天上大風三伏の花芭蕉 岡井省二 鯛の鯛
料紙しづかに三伏の机かな 岡井省二 猩々
末伏やトンボ鉛筆削らねば 亭午 星野麥丘人
百谷を沈めて白し初伏の日 富安風生
遠きほど初伏の花の澄む暮天 飯田龍太
雪渓の初伏夜雨の音すなり 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 06:49 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング