夏の雨 の俳句

夏の雨 の俳句

夏の雨 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22813852/


夏の雨 補遺

ありがたや緑雨洗ふが如く寿 山口青邨
うちひらく傘の匂や夏の雨 日野草城
すでに夏雨したたらす日覆さへ 大野林火 早桃 太白集
なかなかに裸急がず夏の雨 正岡子規 夏の雨
ぬれぬれと幹なめらかや夏の雨 富安風生
まだ生きてゐる出来損ね海朧 佐藤鬼房
テトラポツトころがり夏の雨そそぎ 山口青邨
バッグ一つ提げて入院半夏雨 鈴木真砂女 紫木蓮
三味は街の音林泉に夏の雨 山口青邨
先を読むことの空しさ半夏雨 佐藤鬼房
医通ひの片ふところ手半夏雨 大野林火 雪華 昭和三十七年
十字架を野のものとせり夏の雨 石田勝彦 百千
半夏の雨塩竈夜景母のごと 佐藤鬼房
古芒けぶりもあへぬ緑雨かな 鷲谷七菜子 花寂び
囲ひものけふは櫛巻夏の雨 日野草城
夏の雨きらりきらりと降りはじむ 日野草城
夏の雨山毛欅の林に音起す 清崎敏郎
夏の雨御坊の雨となりにけり 岡井省二 五劫集
夏の雨牧場の柵に雀濡れ 高田風人子
夏の雨真白に降るや杉林 日野草城
夏の雨自身の無韻濡れ惚れぞ 永田耕衣
夏の雨花卉あらはなる磯家かな 飯田蛇笏 霊芝
夏の雨草井に日影残りけり 飯田蛇笏 山廬集
夏の雨赤栴檀の薬師かな 岡井省二 山色
夏雨に母が炉をたく法事かな 杉田久女
夏雨に炉辺なつかしき夕餉かな 杉田久女
夏雨の盥の雨と聞くことも 山口青邨
夏雨や川虫淵をながれ出る 飯田蛇笏 春蘭
夏雨や川蟲淵をながれ出る 飯田蛇笏 心像
夏雨や淵にまた下る合歓の蜘蛛 飯田蛇笏 山廬集
外灯を叩きてともす夜の緑雨 右城暮石 上下
夜へ継ぐ工煙の炎や半夏雨 角川源義
姥杉の樹齢や緑雨こまやかに 佐藤鬼房
存分に育ちし欅夏の雨 高田風人子
尋常に林泉濡るる夏の雨 富安風生
嵐山のおもてに夏の雨うごく 日野草城
常陸国原降れば緑雨よ煙らへり 能村登四郎
戛々とアルプの馬は夏雨に 山口青邨
明水に緑雨止んだり初プール 百合山羽公 寒雁
曲水や緑雨を弾く長柄傘 能村登四郎
朝顔の花の命や夏の雨 正岡子規 夏の雨
木々の香はまこと父の香夏の雨 鷲谷七菜子 天鼓
東山見えぬさびしさ夏の雨 日野草城
枯れて立つ木もありそれに夏の雨 山口青邨
桐ヶ谷の夏雨にぬれ吾子を焼く 飯田蛇笏 白嶽
森の道緑雨おもたく止みにけり 松村蒼石 雪
榻二つ生きて濡れをる夏の雨 富安風生
樹頭より上も緑雨として降れり 鷹羽狩行
武蔵野を傾け呑まむ夏の雨 三橋敏雄
母の忌を過ぎて緑雨に身を濡らす 細見綾子 和語
母の日を過ぎて緑雨に身を濡らす 細見綾子
温室はメロンを作る夏の雨 山口青邨
濡縁に犬上りをり夏の雨 星野立子
灯をはこぶ湯女とそよぐ樹夏の雨 飯田蛇笏 山廬集
灯をはこぶ湯女と戦ぐ樹夏の雨 飯田蛇笏 霊芝
病院の夏雨つよく花卉にふる 飯田蛇笏 白嶽
癆咳の娘がレース編む緑雨かな 西島麦南 人音
硝子戸に緑雨映れる社務所かな 右城暮石 一芸
窓閉す我が家緑雨の滴りに 右城暮石 句集外 昭和十六年
緑雨たつぷりそそぎて魚鳥供養の碑 鷲谷七菜子 一盞
緑雨なかことりともせず石工消ゆ 佐藤鬼房
緑雨よきこの湖八大龍王守る 山口青邨
緑雨濃し陸続と花終へしめて 岡本眸
老眼窩行くや無韻の夏の雨 永田耕衣
蓼科や緑雨の中を霧ながれ 上田五千石 風景
蔵六の雨に歩けり夏の雨 岡井省二 山色
負ふた子の一人ぬれけり夏の雨 正岡子規 夏の雨
逢いたさの額に一滴夏の雨 楠本憲吉 方壺集
電話かけずかかつても来ず夏の雨 鈴木真砂女 紫木蓮
靄生んで沈む小粒の緑雨 佐藤鬼房
鷲は翅構へて夏の雨に濡れ 松崎鉄之介
龍を叱す其御*(目偏+毛)や夏の雨 正岡子規 夏の雨

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 07:32 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング