空蝉 の俳句

空蝉 の俳句

空蝉 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/24742716/


空蝉 補遺

さかしまに残る力や蝉のから 正岡子規 蝉の殻
せみのからわつて見たれは雫哉 正岡子規 蝉の殻
その軽み空蝉こそはいみじけれ 相生垣瓜人 明治草
ながらひて目も空蝉のさらしもの 平畑静塔
ぬけがらの君うつせみのうつゝなや 正岡子規 蝉の殻
のけぞりに空蝉すがる青柚かな 阿波野青畝
ふきもせぬ風に落ちけり蝉のから 正岡子規 蝉の殻
仏の裾夕焼に毀れざる空蝉 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
光るは仏壇 空蝉囲いの故郷である 伊丹三樹彦
十二月空蝉振れば玉の音 秋元不死男
古池やさかさに浮ふ蝉のから 正岡子規 蝉の殻
呪咀の白い札咲く森の空蝉 蹴る 伊丹三樹彦
地上一尺に空蝉幽かなり 百合山羽公 寒雁
夢にも喉に空蝉の肢かかりをり 飯島晴子
女の手に空蝉くだけゆきにけり 西東三鬼
子のいのち眇たり空蝉葉にすがる 山口誓子
少女の掌のくぼ ひっそり 飴色空蝉のせ 伊丹三樹彦
年越えむ空蝉のあり越えしめむ 相生垣瓜人 負暄
拾ひたる空蝉指にすがりつく 橋本多佳子
掌の秋の空蝉遺り処なし 飯島晴子
松蝉の殻を見つけつ水分へ 飴山實 花浴び
死の家や空蝉幹につよき爪 能村登四郎
母の忌の空蝉を母と思ひ初めし 中村苑子
水引に居る空蝉をあはれめり 相生垣瓜人 負暄
汝等まろき脂ぎつたる空蝉よ 中村草田男
淋しさにころげて見るや蝉の殻 正岡子規 蝉の殻
無為にしてひがな空蝉もてあそぶ 川端茅舎
熊油法師空蝉尻細り 百合山羽公 樂土
生害石空蝉すがりかなしけれ 山口青邨
睨まれて閻魔の堂の蝉の殻 正岡子規 蝉の殻
石の上の熊蝉の殻消えゐたる 加藤秋邨
神垣に空蝉あまた見て処女 飯島晴子
禅寺の空蝉すがる干蒲団(平林寺) 細見綾子
秋立つやほろりと落ちし蝉の殻 正岡子規 立秋
秋風やほろりともけし蝉の殻 正岡子規 秋風
秋風やほろりと落し蝉の殻 正岡子規 秋風
空蝉が散つて疲れてならぬなり 斎藤玄 雁道
空蝉が賽銭函に鄙の宮 飯島晴子
空蝉とあふのきて死にし蝉とあり 山口誓子
空蝉として一点を見つめる眸 後藤比奈夫
空蝉として存ふといふことを 後藤比奈夫
空蝉と夏の終に会ふ哀しさ 後藤比奈夫
空蝉と手にとり見れば蝉こもる 水原秋櫻子 霜林
空蝉にこゝろ重きは何の咎 鈴木真砂女 夏帯
空蝉にさやけき声のあらむとす 相生垣瓜人 負暄
空蝉にしてこれからといふ眼もつ 後藤比奈夫
空蝉にしばらくありし雷神 齋藤玄 飛雪
空蝉にしをるる様のあらむとす 相生垣瓜人 明治草
空蝉にすでに落葉の二三枚 大野林火 冬雁 昭和二十二年
空蝉にはやさしかくる眉なりけり 岡井省二 五劫集
空蝉にまさをき天の透きにけり 百合山羽公 春園
空蝉に呆け雷とどきけり 下村槐太 光背
空蝉に敗戦の日の真澄照り 上田五千石 風景
空蝉に肉残り居る山河かな 永田耕衣 葱室
空蝉に舌を探しぬ湖ゆれぬ 岡井省二 夏炉
空蝉に跼みても御墓ひくかりき 能村登四郎
空蝉に雨水たまり透きとほる 篠原梵 年々去来の花 雨
空蝉のああ効(かい)疲れ鼎の如し 永田耕衣
空蝉のかなたこなたも古来かな 永田耕衣
空蝉のからくれないに砕けたり 橋閒石 和栲
空蝉のすがれる庵のはしらかな 川端茅舎
空蝉のとなりの木より鳴きはじむ 鷹羽狩行
空蝉のなほ苦しみを負ふかたち 鷹羽狩行
空蝉のほどの軽さにあこがるる 能村登四郎
空蝉のまこと碧きを見たらずや 岡井省二 五劫集
空蝉のまなこは泡の如くあり 野見山朱鳥 曼珠沙華
空蝉の一太刀浴びし背中かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
空蝉の人を怖れてゐる高さ 後藤比奈夫
空蝉の僧形を蹴る山河かな  永田耕衣
空蝉の口のあたりの泥かわく 山口青邨
空蝉の声上げて背破れしや 後藤比奈夫
空蝉の掌にあるいまをいま歎く 中村苑子
空蝉の柱のもとの端居かな 百合山羽公 春園
空蝉の毀(め)げて居るなり春の暮 永田耕衣
空蝉の泥は払つてやりたかり 後藤比奈夫
空蝉の涙の如き眼かな 上野泰
空蝉の温泉窗に遠く午下り 飯田蛇笏 椿花集
空蝉の無害三昧響くなり 永田耕衣
空蝉の爪のとどける物の裏 後藤比奈夫
空蝉の爪のなかなか縋るなる 富安風生
空蝉の生きて歩きぬ誰も知らず 三橋鷹女
空蝉の目の見るものをおそれけり 平井照敏 天上大風
空蝉の着く木々闇をまとひ来る 原裕 葦牙
空蝉の精妙なるも驚異なり 相生垣瓜人 明治草
空蝉の背の白きもの臍の緒か 鷹羽狩行
空蝉の背の裂目はもチャックなし 安住敦
空蝉の背より胸腔覗かるる 山口誓子
空蝉の背割れの内へくぼみをり 能村登四郎
空蝉の脚の確かさ眼の確かさ 後藤比奈夫
空蝉の苦悶の爪と見たりけり 能村登四郎
空蝉の身内にも露宿りける 野見山朱鳥 曼珠沙華
空蝉の鎧兜の泥まみれ 鷹羽狩行
空蝉の阿鼻叫喚や京の果 飴山實 花浴び
空蝉の阿鼻叫喚や巌島 飴山實 花浴び
空蝉の頻にありて蛇は木に 下村槐太 天涯
空蝉もとばばやの空藍屋敷 平畑静塔
空蝉も墓も夏草隠りかな 小林康治 玄霜
空蝉も拡大鏡も子に大事 中村汀女
空蝉やいづこにか酒溢れたる 永田耕衣 葱室
空蝉やこの身ひとつに苦を集め 鈴木真砂女 卯浪
空蝉やひるがへる葉にとりついて 高野素十
空蝉や家をめぐりて水の音 岸田稚魚 筍流し
空蝉や潰えて墓のわかちなし 石川桂郎 高蘆
空蝉や直哉の在りしその壁に 阿波野青畝
空蝉や芙蓉落ちたる音閑か 渡邊水巴 富士
空蝉や葦吹く風も父祖の郷 石塚友二 光塵
空蝉や迷あらたなる川も在る 永田耕衣
空蝉や遁げつ坂逼ふおのが影 石塚友二 方寸虚実
空蝉をあつめじつくり老いゆくと 飯島晴子
空蝉をおしろい匂ふ抽斗に 波多野爽波
空蝉をかがみ拾へり高畑(奈良二句) 細見綾子
空蝉をとらんとおとす泉かな 飯田蛇笏 霊芝
空蝉をとらんと落す泉かな 飯田蛇笏 山廬集
空蝉をのせてすなほな掌 後藤比奈夫
空蝉をひろふ流人の墓ほとり 大野林火 海門 昭和十一年
空蝉を九鼎と為す展墓哉 永田耕衣
空蝉を九鼎と為す民家かな 永田耕衣
空蝉を供えたりけり九鼎に(註*九鼎=中国戦国時代の王位の象徴・青銅器) 永田耕衣
空蝉を出して来るなり高めにぞ 永田耕衣
空蝉を卓上に置き人惜しむ(西垣脩さん突如として長逝さる) 細見綾子
空蝉を妹が手にせり欲しと思ふ 山口誓子
空蝉を得たる辺りに返しけり 相生垣瓜人 明治草
空蝉を愛し人間にも飽かず 富安風生
空蝉を手提に拾ひ一人旅(奈良二句) 細見綾子
空蝉を拾い跡見る見損かな 永田耕衣
空蝉を拾へば笑ひ天よりす 藤田湘子 てんてん
空蝉を拾へり蝉の鳴ける樹下 鷹羽狩行
空蝉を指に縋らせ寂び乙女 三橋鷹女
空蝉を救ふ小爪も剥がさずて 平畑静塔
空蝉を残して鳴きしのみの生 鷹羽狩行
空蝉を置きてピアノに土こぼす 鷹羽狩行
空蝉を蒐めたる手や若からず 山田みづえ 木語
空蝉を風の中にていつくしむ 山口誓子
空蝉を飛ばしかずかず盆の道 斎藤玄 雁道
空蝉を食卓に置く山故郷(丹波にて) 細見綾子
空蝉ハ 果シテ 風ノ 呪文トナレリ 富澤赤黄男
空蝉冷ゆ谷間紅きビニール紐縺れ 赤尾兜子 歳華集
葭の風空蝉水へ落ちにける 水原秋櫻子 秋苑
蝉の殻拾ふも捨つもふたつ指 佐藤鬼房
蝉の殻見るにも女科つくる 右城暮石 天水
蝉声に乗じて蝉の殻拾ふ 鷹羽狩行
蝉声の真只中の空蝉よ 三橋鷹女
街空のチヤイム空蝉雨溜めて 木村蕪城 寒泉
襖しめて空蝉を吹きくらすかな 飯島晴子
足六つ不足もなしに蝉の殻 正岡子規 蝉の殻
躓ける恰好のまま蝉の殻 後藤夜半 底紅
遅筆わが手に空蝉の誇らしげ 秋元不死男
遠弟子に空蝉ひとつ天ふらす 能村登四郎
風の黍空蝉一つ落しけり 水原秋櫻子 餘生
食卓のペン皿におく空蝉を 細見綾子
鳴きしざりつつ空蝉とならぶ蝉 西東三鬼

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 07:34 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング