夏の海 の俳句

夏の海 の俳句

夏の海 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22832463/



夏の海 補遺

そりこ打て遐世ながらの夏の海 臼田亜浪 旅人 抄
よるべなく光あかるし夏の浜 山口誓子
わが立つ崖大きな影を夏海ヘ 大野林火 早桃 太白集
七十の海女達者かや夏の海 阿波野青畝
別荘や膳を向けたる夏の海 正岡子規 夏の海
北浦の海雲酢にせん夏の始 飴山實 次の花
卵皿に揺れ夏海を蝦夷へ渡る 中村草田男
只殺されまじく精夏の海を喫す 永田耕衣
夏の夜の波止若者等来て占むる 中村汀女
夏の海これより先は海の夏 桂信子「草影」以後
夏の海島かと現れて艦遠く 杉田久女
夏の海滾ち女の胸の上 伊丹三樹彦
夏の海見たき浪間に眼を移す 山口誓子
夏の海遠きは紺の平らけく 上村占魚 鮎
夏の海青けれど岬は潮曇り 村山故郷
夏海の声あつまりて句碑除幕(沢木欣一句碑、沖縄辺戸岬に建つ) 細見綾子
夏海へなだれたゝめる蜑百戸 清崎敏郎
夏海へ燈台みちの穂麦かな 飯田蛇笏 霊芝
夏海や名も平戸島高からず 上村占魚
夏海を見下して木をゆすぶれる(能登西海村、加能作次郎碑のほとり) 細見綾子
子を探しに出でてむなしく夏の浜 山口誓子
寂しきは夏の海なり足二本 永田耕衣
岬で二分け夏の海夏の海 山口誓子
島ゆ来し乳母車着く夏の波止 伊丹三樹彦
新地蔵走りまはれる夏の海 飯島晴子
晩年やまだ海のまま夏の海 永田耕衣
晩年や空気で冷える夏の海 永田耕衣
有明の海の夏の陽燃えつきしか 金子兜太
母の腕に抱かれ夏海蹴りに蹴る 伊丹三樹彦
波頭立たぬうねりも夏の海 後藤比奈夫
浅虫の湯女にあをあを夏の海 高野素十
海峡に船見ず夏の海寂れ 山口誓子
海星散開いくさ世経し夏の海 山田みづえ 草譜
漁舸かへる夏海黝ろむ波濤かな 飯田蛇笏 霊芝
短い夏海象(せいうち)固まるばかりなり 金子兜太
石伐りのたがね谺す夏の海 前田普羅 能登蒼し
船に打つ五尺の釘や夏の海 渡邊水巴 白日
船の鼠啼いて夏海霧深かりぬ 臼田亜浪 旅人 抄
衰老は水のごと来る夏の海 永田耕衣
西方は浄土か輝く夏の海 桂信子「草影」以後
遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太
長濤を以て音なし夏の海 三橋敏雄
鞭のごとく夏の海界横たへ置く 山口誓子
顔こすり睡がる子よ夏の海暮るる 山口誓子
風雲のかがやき折れて夏の海 山口青邨
餡こぼさぬ老婆の如し夏の海 永田耕衣
魚賢くてべうべうと夏の海 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 07:50 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング