夏潮 の俳句

夏潮 の俳句

夏潮 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818772/


夏潮 補遺

かがり火を加へ夏潮夜目に見す 中村汀女
とても夏潮の海牛なうなう 岡井省二 鯨と犀
オホツクの夏潮に投げ煙草消え 星野立子
クナシリは見えず夏潮隔てたり 高浜年尾
一防波堤の短かき夏の潮 高野素十
七浦は七つの部落夏の潮 高野素十
剣崎はすでに夏潮澎湃と 山口青邨
喇叭鳴るよ夏潮の紋条相重なり 金子兜太
国境といはれ夏潮あるばかり 稲畑汀子
垂直に巌水平に夏の潮 後藤比奈夫
墨象のこの墨だまり青葉潮 岡井省二 鯛の鯛
夏の潮青く船首は垂直に 山口誓子
夏潮にうかべる泛子も蝦夷近し 高野素十
夏潮におせんころがしは削ぎ立てる 水原秋櫻子 岩礁
夏潮にのつと旅客機機首回す 中村汀女
夏潮にふぐりを摶たす孤島かな 秋元不死男
夏潮にほろびの小島舟虫共 西東三鬼
夏潮にアンデルセンの小さき窓 中村汀女
夏潮に六十人の海女と聞く 高野素十
夏潮に大敷見んと舟乗す 松本たかし
夏潮に正面切つて鳴る汽笛 鷹羽狩行
夏潮に海霧の生れてとぶを見る 高野素十
夏潮に穴の*うつぼの眇かな 岡井省二 鯨と犀
夏潮に紛れむ細み野母岬 能村登四郎
夏潮に虎の子渡しなす礁 上田五千石 森林
夏潮に赤間の宮は赤かつし 阿波野青畝
夏潮に連れて飛べるはかつを鳥 清崎敏郎
夏潮に道ある如く出漁す 稲畑汀子
夏潮に隠岐見えぬ日は隠岐の翳 能村登四郎
夏潮に雨は一粒づつ刺さる 後藤比奈夫
夏潮に鯨きてをりデスマスク 岡井省二 鯨と犀
夏潮のいま龍限の渦を巻く 上村占魚
夏潮の一つの岬緑かな 高野素十
夏潮の二つの桶を肩にかけ 橋本多佳子
夏潮の吾は海馬か海老か 岡井省二 大日
夏潮の川の如くに流るゝと 高野素十
夏潮の末黄濁す鉱業所 能村登四郎
夏潮の次の任務へ発つランチ 高浜年尾
夏潮の流れ見てをり又いつか 星野立子
夏潮の滾ち真白くはや舳のゆれ 橋本多佳子
夏潮の紺ぞ匂へる大鎧 水原秋櫻子 残鐘
夏潮の紺照る膝に旅信書く 上村占魚
夏潮の色のつめたき佐渡ヶ島 後藤比奈夫
夏潮の跡の浦とも思ふなり 高野素十
夏潮の逆潮寿永滅しぬ 阿波野青畝
夏潮の香の桟橋の端まで歩く(横浜) 細見綾子
夏潮の鵜戸神宮に陰(ほと)見す婆 金子兜太
夏潮は御裳濯川を空しうす 阿波野青畝
夏潮や弘法杭立つ岩の列 角川源義
夏潮や柵正しくて画にならず 津田清子 礼拝
夏潮や灯台光達距離の外 飯島晴子
夏潮や窟の中に昼の影 岡井省二 大日
夏潮を出てべんべんと蜑の腹 飯田蛇笏 山響集
夏潮を来て知床の鮭番屋 高浜年尾
夏潮切々名所の断崖見下ろしつつ 中村草田男
天竺に渡らむ朱夏の潮あり 岡井省二 鯛の鯛
崖下によどむ夏潮天刑か 草間時彦 中年
日照雨夏潮引きしあと光る 岡本眸
月暈をくぐりて夏の潮寄する 上村占魚
松川無罪青潮の照り黙深し 佐藤鬼房
森の鵜に春の青潮遠からず 村山故郷
横たへし櫓の刃渡りや青葉潮 鷹羽狩行
死蟹も底くぐりけり青葉潮 平井照敏 天上大風
海峡の夏潮はやし遺骨を据ゑ 加藤秋邨
海峡の青潮路にてギター弾く 山口誓子
海牛とくるぶし久し夏の潮 岡井省二 鯨と犀
海鵜の子親に似て翔け夏潮に 高浜年尾
淋代や胸元に透く青葉潮 松崎鉄之介
渦解きてより夏潮の流れ急 上村占魚
甲板の柵青潮に凭りかかる 山口誓子
男気の民話が好きの夏の潮 金子兜太
疾走の夏潮童女の面に哮(たけ)る 金子兜太
白浜にいや白く寄せ青葉潮 鷹羽狩行
石花菜の花青潮の瀬のもとに 山口誓子
竿上げてちぬの青潮船移す 石川桂郎 四温
縞なす青潮一老まじる鰹船 飴山實 おりいぶ
老かなし夏の潮のたゞ青く 高野素十
航跡を須臾に消しゆく青葉潮 鷹羽狩行
船厨の蠅青潮に向きて去る 山口誓子
船欄に寄り青潮に靴のさき 山口誓子
船繋り夏潮段をなして落つ 橋本多佳子
蛸壷の寄りざまなりき青葉潮 岡井省二 鯛の鯛
遠ち方は黒づみゐたり青葉潮 細見綾子
雲と対談青潮に胸毛まで浸し 橋閒石 風景
青潮に浮く材燐寸の軸に見ゆ 山口誓子
青潮に海月深空に昼の月 富安風生
青潮に王冠なせる捨テープ 山口誓子
青潮に石花菜の花は深けれど 山口誓子
青潮に霰溜め浮きラワン材 木村蕪城 寒泉
青潮の上翔け移り囀れり 水原秋櫻子 蓬壺
青潮の流れ著き走馬燈 山口誓子
青潮の竜宮より来しか桜鯛 村山故郷
青潮の艀の舵のさはやかに 山口誓子
青潮へ脚組みすでに詩書に倦む 伊丹三樹彦
青潮みる後ろささめく枯れの音 鷲谷七菜子 銃身
青潮を垂らし飛魚売られをり 村山故郷
青潮を断つ風雪の鼻柱 橋閒石 風景
青葉潮ごめの膕なりしかな 岡井省二 大日
青葉潮みちくる一期一会なる(広島「風」大会に打電して) 細見綾子
青葉潮和布刈の宮を押し狭め 能村登四郎
青葉潮穴禅定に臀あり 岡井省二 大日
鳶の影鷹となりゆく青葉潮 古舘曹人 樹下石上
麦一穂青潮に捨て帰るなり 藤田湘子 途上

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 07:52 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング