ボート の俳句

ボート の俳句

ボート の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800956/

【参考】
ボートレース (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23772916/


ボート 補遺

さようなら夏 湖上ボートの 白い軌跡 伊丹三樹彦
ついてくる鷲鳥にボートつひに勝つ 山口青邨
つつじ紅白少年のボート少女のボート 富安風生
ひとの死処ここかボートを漕ぎて過ぐ 山口誓子
ひと死にて温き海ボートより触る 山口誓子
アベックのボート鵞鳥を従へて 山口青邨
キヤンプより漕ぎ出したるボートかな 山口青邨
ボートにて湖来し大工チャペル建つる 中村草田男
ボートのあふりうけて家鴨の無辜の胸 津田清子 礼拝
ボートの櫂入ると出づると滑らかに 山口誓子
ボートの腹真赤に塗るは愉快ならむ 西東三鬼
ボートひとつ富士へ漕ぎ出す冬芒 百合山羽公 故園
ボート同じ男女同じ春の河濁り 西東三鬼
ボート屋の歩板女にふと長し 後藤比奈夫
ボート押出すときも少女はガムを噛む 富安風生
ボート暮るる家を恋はざる乙女等に 中村草田男
ボート繋がれギイギイと自己嫌悪 津田清子
ボート裏返す最後の一滴まで 山口誓子
ボート通る海の大いに凹むところ 山口誓子
事なくて救命ボート雪を享く 津田清子 礼拝
伏せて乾すボート飛び越ゆ草の絮 中村汀女
住吉や揺れのゆるきは恋ボート 佐藤鬼房
何に急く赤牛ボートより見えて 原裕 葦牙
公園の街燈灯るボートかな 清崎敏郎
冬の湖ボートの形にボート積み 鷹羽狩行
冬湖岸ボート転倒して眠る 上田五千石『田園』補遺
土堤に乾しボートの腹を赤く塗る 西東三鬼
少女書を読みをりボート漕がしつつ 上野泰 春潮
少年のすがるボートの覆る 右城暮石 句集外 昭和四十三年
山の日に膚をさらしてボート漕ぐ 清崎敏郎
断崖を赤壁としてボート漕ぐ 有馬朗人 母国
春昼を漕ぐ底透くや海のボート 右城暮石 声と声
春風やすぐに似合ひてボート漕ぐ 星野立子
死の灰や恋のボートの尻沈み 西東三鬼
母乗りしボートおしやり春の水 星野立子
水著きてボートは真白旗は赤 星野立子
波一つこえてボートの出てゆきぬ 波多野爽波 鋪道の花
渡御を待つ暴走ボート往き来して 右城暮石 上下
漕ぎ出せしボートの霧に紛れたる 清崎敏郎
片の捨靴ボートのごとし犬ふぐり 秋元不死男
独り漕ぐボートは岸の子にいさまし 星野立子
秋晴やエプロンのまゝボート漕ぐ 清崎敏郎
翠岱をボートの水に市民の日 石塚友二 方寸虚実
臭い河波蹴つたボートで ハンカチ振る 伊丹三樹彦
色あせしボートの腹や水ぬるむ 石橋秀野
藤棚の花を了へたるボート漕ぐ 清崎敏郎
西日に舵手まみれて海のボート漕ぐ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
貸ボートきれいに繋ぎ年暮るる 山口青邨
遡る花の小川のボートかな 正岡子規 花
避暑の娘に馬よボートよピンポンよ 稲畑汀子
鵜川とて市民共有ボート漕ぐ 百合山羽公 寒雁
黒猫が伝ふ秋風のボートの腹 橋閒石 無刻

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 08:30 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング