プール の俳句

プール の俳句

プール の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22804719/



プール 補遺

いろいろな泳ぎ方してプールにひとり 波多野爽波
かの嬰児父とプールの辺にゐたり 山口誓子
けふの旗を下す彩雲プールの上 山口誓子
ししむら固し五月プールの中学生 草間時彦 中年
しろばえとプール一日北に駛す 山口誓子
とべら垣プールの声は遮れず 後藤比奈夫
どつと嗤ふ声をプールの天に聞けり 山口誓子
ふれあひプール水くさく触れ合へる 平畑静塔
われもプールに明治生れの裸写す 秋元不死男
スタンドの一脚欠けて初プール 百合山羽公 寒雁
セザンヌの夫人プールの岸歩む 平畑静塔
ピストルがプールの硬き面にひびき 山口誓子
プールから音楽 不眠の家鴨浮き 伊丹三樹彦
プールにきて最年長の裸写す 秋元不死男
プールにて水の大なる恩を享く 山口誓子
プールには陰無し天の真下なる 山口誓子
プールに水充たすもつとも深きより 岡本眸
プールの中に尖塔影を衝き入るる 山口誓子
プールの夜箱根足柄雷わたる 山口誓子
プールの底掃く片側に水残る 岡本眸
プールの燈取れず大蛾の浮きゐたり 山口誓子
プールの辺肋稚く歩み寄る 山口誓子
プールより上れば虻のまつはり来 清崎敏郎
プールより出て耳朶大き少年なり 能村登四郎
プールより自然の海は色劣る 山口誓子
プールより門をブルーに塗りたくる 平畑静塔
プール出て身を拭ふ黙したるままに 山口誓子
プール園文字通り飛び入りの蝶 平畑静塔
プール園浮輪に王子さまを乗せ 平畑静塔
プール夜は煌煌休暇畢るなり 山口誓子
プール揺れ水底の線鎮まらず 山口誓子
プール涸れ屋上の如し北風吹き 秋元不死男
プール涸れ跳躍台を恐くする 秋元不死男
プール深し掃除の子等のどの背より 岡本眸
プール開きまへの水深青揚羽 百合山羽公 寒雁
プール陽を浴びてはたはた飛べるのみ 右城暮石 句集外 昭和三十三年
プール鹹からず貝殻も雲丹もなし 平畑静塔
ライターをつけてプールに未だ濡れず 平畑静塔
何か建つらしく冬来るプール際 岡本眸
俯向きてプールの数字水に映る 山口誓子
四肢駆けてプールの辺のとどろける 山口誓子
声もなく夜のプールを泳ぎ切る 中村汀女
夜のプールひそと泳げば子も下り来 及川貞 夕焼
夜の辻のにほひてどこかプールあり 能村登四郎
夜風いま過ぎつつあらむプール満ち 廣瀬直人 帰路
天高きこの日ホテルはプール干し 鈴木真砂女 紫木蓮
子の鼻血プールに交り水となる 赤尾兜子 歳華集
山川をなすを入らしむ青プール 平畑静塔
常夏のプール裸兵に泡立ちぬ 伊丹三樹彦
底碧く塗り学校のプール浅し 山口誓子
彩日傘プールの監視塔に挿す 山口誓子
拡声器プールに低き私語をする 山口誓子
明水に緑雨止んだり初プール 百合山羽公 寒雁
晴天の幹するすると冬のプール 廣瀬直人 帰路
村営のプール青嶺の水満たす 右城暮石 一芸
来る雁にプールの縁の白さあり 岡本眸
梅天を割って太陽新プール 百合山羽公 寒雁
梅雨明けぬ市営プールの一帯も 百合山羽公 故園
森のプール滝の広場もウエルカム 後藤比奈夫
槿花一朝咲きてプールは青丹よし 平畑静塔
樅の鴉にプール開きの破れこだま 飯田龍太
水と立木の 会話はじまり プールに冬 伊丹三樹彦
水はりしプールの木影揺れやまず 清崎敏郎
水は無しプールの底を碧く塗り 山口誓子
水底に白線引かれプール満つ 山口誓子
泳ぐ子と静かな親の森のプール 金子兜太
海べりにプール正しき矩形なす 山口誓子
満水のプールの縦の縦がよし 山口誓子
濡れぬ椅子一脚もなきプールの夜 阿波野青畝
爆音や夜はプールに水補ふ 津田清子 礼拝
爪染めし足がプールの水に透く 後藤比奈夫
父へ手を上げる プールでならいまも 伊丹三樹彦
狐の嫁入りふたりのプールに水をさす 平畑静塔
病者指を涵すプールを愛しみて 山口誓子
眠る木に肉色の窓プール冷え 飯田龍太
碧プール向うに無眼定の海 山口誓子
秋すでに洗ふプールの階乾き 岡本眸
競泳のときもプールを風駆けり 山口誓子
範泳あざやか行きどころなきプールの波 津田清子 礼拝
縦長のプール眺むるところに立つ 山口誓子
若き厨夫一眼プールを羨しめり 山口誓子
荒れる海陸に損傷のプールを置き 金子兜太
裸燈眩しきプールのまわり冬の町 金子兜太
誰も居ずプールの水が揺れてゐる 山口誓子
迎春の意なるやプール水湛へ 山口誓子
釣上げて雪片となるプール鱒 平畑静塔
鉄梯はプールに沈み直ぐ尽きぬる 山口誓子
錆びるまで灼けてプールに鬼の番 平畑静塔
陽を呼びて集る柿にプール見え 飯田龍太
青すすき市民プールの忍返 平畑静塔
青緑のプールを出でて歩み去る 山口誓子
音消えてプールの水のなほ注ぐ 岡本眸
風波のプールを残し苑閉ざす 津田清子 礼拝
風生れてプール落着く注水後 岡本眸
風駆けりプール激湍とぞなれる 山口誓子
高き灯の照らすプールの潮青き 日野草城

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 08:35 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング