海水着 の俳句

海水着 の俳句

海水着 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22805174/


海水着 補遺

あたらしき水着の痒さ海まで駈く 能村登四郎
いまや水着水を辞せざる乙女跳ぶ 中村草田男
ぎりぎりの水着腹背全て見せ 山口誓子
しがなさや破れてはまゝの子の水着 石塚友二 光塵
すれちがふ水着少女に樹の匂ひ 加藤秋邨
その水着一握にして絹ざはり 能村登四郎
たわやめの水着の外の手足かな 日野草城
なま~と緋の濡れてゐる水着かな 日野草城
イヴよりもあらはならずや紐水着 鷹羽狩行
カンナの前濡れし水着を提げ通る 岡本眸
中年の家わすれねど海水着 飯田蛇笏 家郷の霧
乳いまだ太らぬ少女海水着 日野草城
乳欲しき児につれなしや海水着 日野草城
何の意ぞ水着の妻が夢に出て 星野麥丘人
冠載す水着緊れる女王に 山口誓子
喪の庭に干され幼き海水着 岡本眸
大凪や乳房驕れる海水着 日野草城
姉妹の雀斑わかちて海水帽 鷹羽狩行
年頃の紺の水着の似合ひけり 清崎敏郎
幼な児に着せし水着のセパレーツ 右城暮石 句集外 昭和四十八年
日の烈しさ黒き水着に白き妹 日野草城
曲り易し水着を着たる妻の脚 草間時彦 中年
松林に身弱の水着黒く睡る 秋元不死男
椅子にふかく水着のままに熟睡せる 大野林火 冬雁 昭和二十一年
水着たちを見返る 家長の眼でもある 伊丹三樹彦
水着つかの間朝霧休む奥部落 飯田龍太
水着ではないといふだけロビーに居 後藤比奈夫
水着に替ふ少女の服の一握り 右城暮石 上下
水着の儘岬へ行きいま帰り来る 山口誓子
水着の娘あるひは砂に横坐り 清崎敏郎
水着の娘足探りして岩伝ひ 清崎敏郎
水着はだか連中はみな胴長 平畑静塔
水着まだ濡らさずにゐる人の妻 鷹羽狩行
水着ショー男穢れてみられけり 草間時彦 中年
水着シヨーなど終りまで見てしまふ 能村登四郎
水着売場にむらがる少女脛長し 草間時彦 中年
水着子と夜の踏切に対ひ合ふ 岡本眸
水着少女のこゑ水死体の上を過ぐ 岸田稚魚 負け犬
水着少女のひろらな股間濤ひかる 岸田稚魚 負け犬
水着干す実生の松に雫して 阿波野青畝
水着濃く波打際を騎りゆける 相生垣瓜人 微茫集
水着着て己を意識し通しに 右城暮石 虻峠
水着着て肌のよろこび息づける 能村登四郎
水着着て食堂街に入りびたる 右城暮石 句集外 昭和四十二年
水着著てきて木蔭あり一書あり 後藤比奈夫
水着著て高き踵の靴をはく 後藤比奈夫
水着被し男女相乗りバイク走す 山口誓子
泳がざる前に水着の写真撮る 右城暮石 句集外 昭和四十年
海から誕生光る水着に肉つまり 西東三鬼
海を歩く水着の濡るゝところまで 上田五千石『田園』補遺
海水着エッキスがけにサングラス 高田風人子
海水着男女が影をさしかはす 山口誓子
海水着被たるに何を吾に恥づ 山口誓子
濡れ水着みづから覗く濡れ乳房 山口誓子
父と子の水着あゆめり逗子銀座 草間時彦 中年
父母に叱られさうな水着買ふ 後藤比奈夫
牛の斜視突切る赤き水着のまま 橋閒石 無刻
珊瑚樹下俳一族に水着過ぐ 飯田龍太
疲れ寝の一家の水着夜を躍る 伊丹三樹彦
監視哨遠日に赤き水着追ふ 岸田稚魚 負け犬
紙袋より絢爛の水着出す 藤田湘子
紺褪せし五月の水着女学生 草間時彦 中年
老いづまの泳ぐに水着かなしめり 三橋鷹女
脚長く水着のをとめたもとほる 日野草城
行き違ふ水着の男女かな 清崎敏郎
裾長の浴衣の裡に水着処女 山口誓子
貧しさの水着の水に濡れてをり 上野泰 春潮
透けてゐるものを水着の上にまとふ 後藤比奈夫
闊歩せり肌に喰ひ込む水着にて 右城暮石 天水
雀斑濃し海水帽の紐緊めて 鷹羽狩行
雨が降つても槍が降つても水着 後藤比奈夫
飼鴉見るや水着の目が裂けて 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 08:41 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング