海月 の俳句

海月 の俳句

海月 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22804983/



海月 補遺

あいなめは釣れて海月は流れけり 後藤比奈夫
うつくしき海月浮きたり春の海 正岡子規 春の海
かぞへきれぬ海月ぞさむく明けきたる 加藤秋邨
くつがへる秋の海月となりにけり 石田勝彦 百千
このあたり海月も絶えて昼寝舟 百合山羽公 春園
つんざく造船音水母傘つかふ 鷹羽狩行
なりゆきの傘です幽霊水母です 岡井省二 鯨と犀
にはかなる雨の水輪に海月かな 石田勝彦 雙杵
ひとり泳げば水母とて淋しからむ 後藤比奈夫
ぽかぽかと海月の笠や海凹む 阿波野青畝
よよと出づ水母卵か夏卵 百合山羽公 樂土
わが旅の舷の水母をさし覗く 山口誓子
スクリュー掻く水母自力を失ふまで 山口誓子
ハム買ひに海月の中を漕ぎいでぬ 下村槐太 光背
一身のあまたの水母なりしかな 岡井省二 鯛の鯛
万灯の水母のごとくゆれすすむ 山口青邨
二三枚水母が泳ぎ海ゆらぐ 後藤比奈夫
傘すぼめ傘ひらき海月去りてゆく 山口青邨
傾きて海月力泳しづみゆく 山口青邨
冷房にゐて水母めく吾が影よ 草間時彦 中年
北海の清き渚に花水母 山口誓子
取り逃がし掴み崩して海月取 正岡子規 海月
君を隔つ水母夥しき訣別 山口誓子
夏の天飛べば浮雲水母なり 山口誓子
夕日いろに海月船宿の裾へ寄る 大野林火 飛花集 昭和四十六年
夕潮にほかり~と海月かな 日野草城
夜もなほ海月と軍靴たゞよへり 有馬朗人 母国
妻にも未来雪を吸いとる水母の海 金子兜太
婆々の留守海月にやならん心太 正岡子規 心太
子と共に砂上の水母海に抛げる 金子兜太
子規の顔はいつてをりし水母かな 岡井省二 鯨と犀
岸壁に傘破れたる水母見て 鷹羽狩行
川口に水母集まる昼の月 鈴木真砂女 紫木蓮
巨花のごとき水母や若き海昏れて 能村登四郎
帰るさの配流の島に海月寄す 松崎鉄之介
幼き時天と見たりし水母かな 岡井省二 鯛の鯛
幽霊水母おん~と何か嗄ぐ 岡井省二 猩々
忽然の命をかざし海月透く 古舘曹人 能登の蛙
悲しくて冬の水母に杖をやる 山口誓子
打鋲音だるい水母へやつぎばや 鷹羽狩行
春の闇いつまで海月目をすぐる 加藤秋邨
春寒のぶつかりあへる海月かな 加藤秋邨
春愁やくらりと海月くつがへる 加藤秋邨
月出でゝ波靜まりぬ伊豆の海 正岡子規 月の出
有剌鉄線灼けて海月は夢のごとし 加藤秋邨
死は死として 海月の浮遊なお続く 伊丹三樹彦
毛糸編むまだ水母なす形にて 右城暮石 上下
水に漬つた新聞紙なり水母なす 金子兜太
水母から便りありたる薄暑かな 橋閒石 微光
水母が浮いては浮いては出舟出てゆく 中川一碧樓
水母にもなりたく人も捨てがたく 藤田湘子 神楽
水母にもまま気迷ひのことあらむ 上田五千石『琥珀』補遺
水母また浮いてくるなり月あれば 星野麥丘人 2004年
水母より西へ行かむと思ひしのみ 藤田湘子
水母刺す海へどの窓も男女の影 橋閒石 荒栲
水母浮く言葉のごとく透きとほり 能村登四郎
水母漂ふ残照いつも沖にあり 鷲谷七菜子 銃身
永き日を海月ふうわりふうわりと 正岡子規 日永
汐干潟海月がさして泣く女 正岡子規 汐干狩
沈みゆく海月みづいろとなりて消ゆ 山口青邨
沈璧の浮み出でたる水母かな 日野草城
河にくる四ツ目の海月原爆忌 秋元不死男
波のほをつきあげつきあげ海月行く 阿波野青畝
波ゆきて波ゆきて寄る海月かな 高野素十
海に還す水母の傷は海が医す 津田清子 礼拝
海月けふ身げら~と笑ひけり 岡井省二 猩々
海月とり暮れおそき帆を巻きにけり 飯田蛇笏 山廬集
海月に股螫されし青春の日をおもふ 能村登四郎
海月より小烏賊ははやくながれ過ぎ 加藤秋邨
海月らと肉月へんがうようよす 岡井省二 大日
海月浮き残念石の沈みけり 阿波野青畝
海月漂ふ松の芯より雨くだり 加藤秋邨
海月群れ七夕の潮なほ暮れず 水原秋櫻子 霜林
海月群れ海のよごれの風起さず 松崎鉄之介
海透きて水母の内部器管模糊 津田清子 礼拝
潮透けてそれが海月と分るまで 稲畑汀子
灯に向いてなみだのやうな水母を噛む 三橋鷹女
熔岩原や水母の如く日傘行く 角川源義
牙白き巷漂う水母人 橋閒石
牙白き巷漂よう水母人 橋閒石 風景
玄海の凪にもなれて水母殖ゆ 能村登四郎
白濁の脳天のある水母かな 上野泰
百度踏むそのうち紅き水母なと 飯島晴子
目送の海月みるみる沈みゆく 上村占魚
秋の水母の眼色に似てふかし 細谷源二 砂金帯
秋潮の暗きに紅き海月棲む 松本たかし
秋潮の辛さ海月にわかるらし 後藤比奈夫
翼船のしぶき収まる海月かな 阿波野青畝
考へを止めて水母のごとく生く 上田五千石 風景
舷燈は水母の*かおをみて燻ゆる 富澤赤黄男
落し水母の白髪のきはまりぬ 永田耕衣
蕩尽すむかし水母の呉れし夢 藤田湘子 神楽
蚊帳青し水母にもにてちちぶさは 富澤赤黄男
血に匹敵する水母の液砂に沁む 津田清子 礼拝
裏返るさびしさ海月くり返す 能村登四郎
解纜す水母の百花くつがへし 鷹羽狩行
記憶喪失水母の傘の中の海 津田清子 礼拝
訣れ来て舷の水母のなほ尽きず 山口誓子
赤汐もまぬがれざりし海月かな 阿波野青畝
透いて見ゆ水母の四つの密室が 山口誓子
透きとほること美しき水母かな 鷹羽狩行
道行の水母か傘を傾けて 鷹羽狩行
遠流びと仕分けの浜の海月かな 角川源義
雛殿に海月の笠を参らせん 正岡子規 雛
雪の湾幾千の海月ながれたり 加藤秋邨
青潮に海月深空に昼の月 富安風生
駘蕩や裏返るまで海月見て 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 08:45 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26111995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング