浜木綿 の俳句

浜木綿 の俳句

浜木綿 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818971/


浜木綿 補遺

くちなはの如く浜木綿青莟 山口青邨
たとふれば天うつ濤やはまゆふ咲き 山口青邨
はまゆふにかくるるほどに妻老いぬ 山口青邨
はまゆふにまぎれし人の白日傘 山口青邨
はまゆふのあしたゆふべとなく白し 山口青邨
はまゆふの澎湃として庭のうち 山口青邨
はまゆふの莟蛇の如く梅雨に入る 山口青邨
はまゆふの葉の大波に花おぼる 山口青邨
はまゆふの葉の濤の中花を上ぐ 山口青邨
はまゆふの葉をうち重ね波としぬ 山口青邨
はまゆふはいや白し梅雨の月よりも 山口青邨
はまゆふは真夜の灯台にほはしむ 阿波野青畝
はまゆふを白波とこそ軒くらく 山口青邨
みくまのの浦の浜木綿髪に挿し(那智二句) 細見綾子
み熊野の浦の浜木綿と幾度も言ふ 細見綾子
七夕やはまゆふ白く夜の穂波 山口青邨
人麿の歌はともあれ浜おもと 右城暮石 虻峠
以前以後はまゆふに蝶まつくろ 三橋鷹女
勝浦の浜木綿とゞく七月尽 細見綾子
印度浜木綿の花の向くところほつかり月 加藤秋邨
去年今年浜木綿かばふ炭俵 細見綾子
友が辺の暮れても見ゆる浜木綿に 中村草田男
吾子留守の家の浜木綿咲き継げり 角川源義
大雨のあと浜木綿に次の花 飴山實 次の花
天打つ浪はまゆふの花こぞりては 山口青邨
少女まづ脚みづみづし浜おもと 香西照雄 対話
干烏賊に浜木綿盛り過ぎにけり 清崎敏郎
弟背負いは 浜木綿岬まで 少女 伊丹三樹彦
木下闇にも浜木綿の花を上げ 清崎敏郎
浜おもと実をつけて茎倒れたる 右城暮石 句集外 昭和五十五年
浜木綿にししむら太き女たち 後藤比奈夫
浜木綿にとぐろを巻ける命綱 清崎敏郎
浜木綿にはげしき雨や陸も海 山口青邨
浜木綿によべのキャンプをたゝみをり 清崎敏郎
浜木綿にわだつみけふは舟をみざり 大野林火 海門 昭和十四年
浜木綿に不二隠す雲下りて来ぬ 木村蕪城 寒泉
浜木綿に夜も開いてゐる氷店 清崎敏郎
浜木綿に牟婁の岩礁とこしなへ 阿波野青畝
浜木綿に風の粘れる祭あと 原裕 青垣
浜木綿のひらきをはりて月の刻 古舘曹人 砂の音
浜木綿の切先たてし蕾かな 清崎敏郎
浜木綿の咲けば濤音とどろくを 山口青邨
浜木綿の土に踏み込む富士の裾 古舘曹人 砂の音
浜木綿の夕べ泳ぎ児見えぬなり 臼田亜浪 旅人 抄
浜木綿の枯れざまの葉を垂れにけり 清崎敏郎
浜木綿の白き夜つづき星も白し 山口青邨
浜木綿の白色白光梅雨上る 山口青邨
浜木綿の簪ゆれて海青し(那智二句) 細見綾子
浜木綿の花たくましく了らむと 飯島晴子
浜木綿の花と暴風圏に入る 後藤比奈夫
浜木綿の花のほむらのたちそめし 飴山實 花浴び
浜木綿の花をのぼりて行きし蟻 細見綾子
浜木綿の花咲く島の気象台 松本たかし
浜木綿の花終る雪消ゆるごと 山口青邨
浜木綿の莟焔の如く蛇の如く 山口青邨
浜木綿の蕾や朝をつんざきて 細見綾子
浜木綿の薄暮にひらく濤の音 古舘曹人 砂の音
浜木綿はさそふ繊月わが庭に 山口青邨
浜木綿は入江の風に蕾あぐ 水原秋櫻子 残鐘
浜木綿は甲羅法師のかざす花 山口誓子
浜木綿は砂丘のなだれおしとどむ 阿波野青畝
浜木綿や兄は流れて弟も 中村苑子
浜木綿や式内の宮埼の先に 木村蕪城 寒泉
浜木綿や日暮れて湯の香町に濃き 上村占魚
浜木綿や百茎の花潮騒ぐ 山口青邨
浜木綿や砂にかたむく壜の口 鷹羽狩行
浜木綿や荒磯の天日人を灼き 下村槐太 天涯
浜木綿や落ちて飼はるる鳶の雛 水原秋櫻子 残鐘
浜木綿や鉛筆は減る霧の中 加藤秋邨
浜木綿をちりぢりこがす花火手に 赤尾兜子 歳華集
浜木綿を庭に濤音近く聞く 山口青邨
浜木綿を簾の外に雨涼し 山口青邨
浜木綿落つたかし咳く如くあり 角川源義
潮流を変へたる岬浜おもと 阿波野青畝
為朝の祠浜木綿より低く 清崎敏郎
病み抜きて浜木綿の実をもたらせる 細見綾子
百茎のはまゆふことごとく花簪 山口青邨
百茎の浜木綿に雨夏館 山口青邨
百茎の浜木綿澎湃浪音も 山口青邨
百重なす浜木綿すでに波の音 山口青邨
盆過ぎの日が浜木綿の実にさせる 清崎敏郎
石崖の浜木綿の空真青に 中村草田男
秋暑く島の浜木綿花過ぎたり 臼田亜郎 定本亜浪句集
秋風に浜木綿花をつゞくなり 清崎敏郎
貯木場にも入口に浜おもと 右城暮石 句集外 昭和五十七年
逞しき浜木綿暮れしより鯖火 阿波野青畝
遠のくものよ国生みの山も浜木綿も 金子兜太
金星のこよひかがやく浜木綿に 山口青邨
顔出して 戸毎に老婆 浜木綿咲く 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 08:54 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26112026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング