土用 の俳句

土用 の俳句

土用 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275833/


土用 補遺

あらゝかに掃くや土用の古畳 日野草城
いかなるかたちに土用の歩みくる 岡井省二 夏炉
うつそりと土用蜆の乾きそめ 石田勝彦 雙杵
おかめ笹濡らし朝の雨土用入 山口青邨
くちなはの夜も歩ける土用かな 相生垣瓜人 明治草抄
くるぶしに触れたる木賊土用入 藤田湘子 てんてん
このあたり珊瑚艶なり土用凪 阿波野青畝
さびさびと土用の蜆汁啜る 佐藤鬼房
さまざまの匂ひに昏るる土用丑 桂信子 花影
ちかぢかと土用干潟の鳶の顔 石田勝彦 雙杵
ちゆと吸へば土用蜆もちゆと応ふ 藤田湘子 てんてん
でゝ虫の草に籠りて土用かな 村上鬼城
どこもかしこも不在で結局の土用波 橋閒石 風景
なまぐさを避けて土用の小酒盛 藤田湘子 神楽
のこのこと鼠出て来し土用かな 鈴木真砂女 紫木蓮
のどしめす土用太郎の昼の酒 松崎鉄之介
ひる日なか大風吹ける土用かな 鈴木真砂女 夏帯
ほろほろと朝雨こぼす土用哉 正岡子規 土用
まなかひに横川を見たり土用あい 岡井省二 有時
わが背に艾の燃ゆる土用かな 日野草城
わぎもこのはだのつめたき土用かな 日野草城
ルンペンに土用鰻香風まかせ 平畑静塔
一の樟二の樟土用亥の日かな 雨滴集 星野麥丘人
一俵の備長炭や土用丑 阿波野青畝
一挙手も一投足も土用かな 相生垣瓜人 負暄
世の土用知らぬ木曽路の行脚哉 正岡子規 土用
世の土用知らぬ行脚の木曽路哉 正岡子規 土用
人影のかたまつて出る土用丑 桂信子 初夏
今出川御門の土用雀かな 燕雀 星野麥丘人
俳諧の毒を畏み土用入 藤田湘子 てんてん
凝りしもの疼きにかはる土用あい 能村登四郎
南京の人とのりあふ土用哉 正岡子規 土用
吟行に力つけむと土用餅 松崎鉄之介
呟くに人が応へて土用なり 岡井省二 明野
土ごもりこほろぎ啼ける土用かな 下村槐太 天涯
土浴びの雀穴を深くす土用入 山口青邨
土用とははらからの陽のとどくこと 岡井省二 有時
土用ながあめ草もひたせと朝寝する 大野林火 冬青集 雨夜抄
土用なり土の恐れもあるべきか 相生垣瓜人 明治草
土用にもめげたり梅雨にめげし後 相生垣瓜人 明治草
土用に入て雨あり米価乱高下 正岡子規 土用
土用に入りて雨あり米の上るべく 正岡子規 土用
土用の日巻きこめし霧の匂かな 渡邊水巴 白日
土用の父よ冷しビールの味如何に 日野草城
土用の餅搗き妻も子も新し 平畑静塔
土用一郎二郎目つぶりやりすごす 岸田稚魚 筍流し
土用丑鰻巻といへば南禅寺 水原秋櫻子 蘆雁
土用入こくりごぼりと鰻筒 百合山羽公 樂土以後
土用入とよ浅草に遊べる日 石塚友二 玉縄以後
土用入りはらわた苦き小魚食ぶ 細見綾子
土用入焼印押しし饅頭食ぶ 細見綾子
土用太郎一日熱き茶でとほす 石川桂郎 高蘆
土用太郎二郎遺しの荒梅雨や 百合山羽公 樂土以後
土用太郎動くともなき蜆舟 佐藤鬼房
土用星洋に珊瑚のもゆるらん 原石鼎 花影以後
土用曇り妻のお薬師詣りかな 村山故郷
土用次郎国分つ山かがやけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
土用瀾釣る黒鯛すきてみえにけり 飯田蛇笏 心像
土用粥梅干一つもて足れり 阿波野青畝
土用過ぎ腓返りもひとやすみ 燕雀 星野麥丘人
土用雀吹上げらるる波の方 山田みづえ 忘
土用風ありと覚えて雲の白さ 右城暮石 句集外 昭和十三年
土用餅朝から深い風が吹く 飯島晴子
土用鮎朝比奈川に太りけり 百合山羽公 樂土以後
土用鰻店ぢゆう水を流しをり 阿波野青畝
土用鰻息子を呼んで食はせけり 草間時彦
土用鰻養生に倦む日ありにけり 村山故郷
夜の雨や暁晴れて土用の入 正岡子規 土用
女郎花滝白く土用明けにけり 渡邊水巴 富士
子を離す話や土用せまりけり 石橋秀野
子燕にやがて土用の過ぎにけり 松村蒼石 寒鶯抄
客の傍われは大字を書く土用 山口誓子
家ぢゆうが仏間の暗さ土用干し 鷹羽狩行
山の鯉土用がくれもあをあをと 岡井省二 鹿野
川水をさかさまに土用風が吹く 右城暮石 句集外 昭和十年
幸というか土用の梅をわずかに干し 古沢太穂 三十代
手を握る間もなく逝きし土用かな 深見けん二
招かれて古江見てをり土用丑 水原秋櫻子 殉教
日輪を雲に封じて土用入 上田五千石『琥珀』補遺
旺んなる食慾土用雀らは 石塚友二 磊[カイ]集
星凍る銀明水や土用の入 正岡子規 土用
暮るる海みな見てをりぬ秋土用 星野麥丘人
朝の土しめりはずめり土用明 相馬遷子 雪嶺
木枕にわれ目の見ゆる土用哉 正岡子規 土用
村医者の洋服着たる土用哉 正岡子規 土用
松島に風のさかりの土用哉 正岡子規 土用
松島の松見に行かん土用の入 正岡子規 土用
柿の実の青くて細き土用哉 正岡子規 土用。
椀ごしの熱さよ土用蜆汁 鷹羽狩行
楡の木のこぼれ雀も土用かな 星野麥丘人
槻たかく鳳蝶上る土用明け 飯田蛇笏 家郷の霧
樹の瘤に見惚るゝ土用三日かな 上田五千石『森林』補遺
欅まづ衰へ見せて土用過ぐ 石塚友二 磊[カイ]集
母に声かける土用の草の中 廣瀬直人
水亭の一椀土用蜆かな 阿波野青畝
水引の土用の條の既に濃し 相生垣瓜人 負暄
水栓の締をきりゝと土用戊夜 上田五千石『森林』補遺
波除けにねずみかくるゝ土用かな 鈴木真砂女 卯浪
海空に額ひとつ現れ土用凪 岡井省二 鯛の鯛
涌き立つや土用の空の阿波太郎 正岡子規 土用
深草の土用の月の赫かりし 雨滴集 星野麥丘人
湯婆踏で淡雪かむや今土用 正岡子規 土用
湯滝代りて土用湯治に婆多し 石川桂郎 高蘆
滝の水引きある藪の土用藤 右城暮石 句集外 昭和六年
漬物の胡瓜音よき土用かな 阿波野青畝
牛のゐる四肢の下濡れ土用凪 能村登四郎
男体山土用明の雲動きやまず 渡邊水巴 富士
病院より帰りて土用鰻食ふ 村山故郷
目鏡研ぐ土用三郎の海女二人 阿波野青畝
真首断崖土用白波悲々と暮れ 野見山朱鳥 荊冠
眼薬をくらきに置きて土用あい 能村登四郎
石が曇れば土用秋風樹の間より 臼田亜郎 定本亜浪句集
石積んで石を余さず土用凪 廣瀬直人
石麿源内茂吉の土用うなぎかな 百合山羽公 樂土以後
秋風よ来れ土用も半なり 相生垣瓜人 負暄
稲妻をさして水ゆく土用かな 渡邊水巴 白日
笹刈つて土用太郎の蚕神 廣瀬直人
築地宮川土用丑の日迎へけり 鈴木真砂女 居待月
篠長けて皮そり反る土用かな 阿波野青畝
老人を土用太郎が苛めり 相生垣瓜人 負暄
老友が坐る土用の古畳 日野草城
老牧夫土用の丑の日の町へ 飯田龍太
茫茫となりし土用の頭かな 相生垣瓜人 負暄
草の葉の黄色勝なる土用哉 正岡子規 土用
萩、土用なかばの風にまずさく 荻原井泉水
蒲焼の土用も過ぎて帰りけり 正岡子規 土用
蝸牛石に成りたき土用かな 阿波野青畝
貧相な薔薇の咲きたる土用かな 鈴木真砂女 生簀籠
身幅だけ開けてつらねし土用干し 鷹羽狩行
遣り過す土用鰻といふものも 石塚友二 曠日
遺児兄弟ゆきて口笛興る土用 渡邊白泉
酒を断つ土用の入や氷餅 正岡子規 氷餅
銭亀を畦に拾ひし土用凪 能村登四郎
間をおいてあつまる老女土用藤 飯島晴子
雨なしの土用居籠るばかりにて 星野麥丘人
雲浮ぶ土用茸の笠のいろ 飯田龍太
顔を一枚はがす女や土用波 平井照敏 猫町
飲良のしらじらしかる土用かな 相生垣瓜人 明治草
養鰻といひて土用の雲映す 後藤比奈夫
餡甘し甚だ甘し土用餅 高野素十
香典を託し託され土用中 鷹羽狩行
鳥の眼の花に真近き土用かな 廣瀬直人
鴫焼の味噌の熱きも土用かな 鈴木真砂女 夕螢
鶏鳴のまつしぐらなる土用かな 古舘曹人 樹下石上
黒谷や土用の朝の花売女 燕雀 星野麥丘人

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 15:36 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26112874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング