土用浪 の俳句

土用浪 の俳句

土用浪

うちうみに土用波なし子河豚釣る 下村槐太 光背
うつむいて草は一日刈る土用浪の海に近く 橋本夢道
おほぜいできてしづかなり土用波 田中裕明
かぎりある視力のうちの土用浪 山口波津女 良人
かのときのかの岩いかに土用波 中杉隆世
くりかへし海を鍛へる土用波 津田清子
くろがねの面の風の土用波 石原八束 空の渚
この濱や雲ばかりなる土用浪 原石鼎
ちぎれたるてんぐさ鏤めし土用波 篠原梵 雨
つつ立ちてゆがみゆく顔土用波 西東三鬼
つばくららどこまで揚る土用波 三好達治 路上百句
にんじんの花よごれゐて土用波 細見綾子
にんじんの花汚れゐて土用浪 細見綾子
むくげ閉づ垣の向ふの土用波 大石昌代 『清見潟』
アラジンの影絵終わりて土用波 安藤つねお
サンフランシスコ対岸の土用波 矢島渚男 延年
サーフィンを空に突きあげ土用波 福本天心
メロン割る子に土用波くり返す 萩原麦草 麦嵐
九十九里一線に寄す土用波 土田祈久男(濱)
二つある万年床や土用波 岸本尚毅 舜
人参の花よごれゐて土用波 細見綾子
佐渡見えて土用波の穂波を截る 沢木欣一「雪白」
再びは遇ふなき別れ土用波 冨田みのる
切株のわれらを呼べり土用波 徳弘純 麦のほとり
勇魚ふくはるかなりけり土用波 三好達治 路上百句
向ひ来る真っ暗がりの土用浪 橋本遊子
土用波あまたの棺跳ぶごとし 須並一衛(白露)
土用波うねりに壱岐を乗せにけり 阿波野青畝
土用波うねりはじめの息ひそか 保坂敏子
土用波かぶりし岩は滝をなし 松藤夏山 夏山句集
土用波きこえてくらき芥子畠 石原舟月 山鵲
土用波くるよ子の丈父の丈 辻田克巳
土用波ことば光りて父の遺言 北光星
土用波すくえば海の色消えぬ 青木千秋
土用波ただ千日手くりかへす 田川飛旅子 『薄荷』
土用波どいつもこいつも膝を抱く 坪内稔典
土用波にいどむ体を斜に構へ 鈴木真砂女
土用波のうしろに声のあるごとし 高井北杜「高井北杜全句集」
土用波の裏は日あたりつつ奔る 加藤楸邨
土用波はるかに高しみえて来て 久保田万太郎 流寓抄
土用波ひやゝかに蚊帳垂れにけり 金尾梅の門 古志の歌
土用波へ腹の底より牛の声 西東三鬼
土用波ましぐらに来る父の国 伊藤白潮
土用波また初めよりやり直す 秋田裕弘
土用波ものの始まる暗さあり 手塚順
土用波わが晩学の灯は岬に 植田郁一
土用波わが立つ崖は進むなり 目追(めさく)秩父
土用波トラックも又孤影なり 軽部烏頭子
土用波一つ乗り越ゆ男の血 鈴木真砂女
土用波一角崩れ総崩れ 本井英
土用波不死男の訃報もう間近か 平井照敏 天上大風
土用波中空もたゞ岩盛る 中村草田男「火の島」
土用波力ゆるめず湾に入り 松尾佳子
土用波喰つて艀船の着きにけり 松藤夏山 夏山句集
土用波地ひびき干飯少しばかり 西東三鬼
土用波夏もやゝなる岬かな 尾崎迷堂 孤輪
土用波夕日の力まだのこる 櫻井博道「海上」
土用波大王崎に滝すだれ 鈴鹿野風呂
土用波天うつ舟にわが乗りし 山口青邨
土用波寄するや荘の裏梯子 久米正雄 返り花
土用波巌根を過ぐるそのうねり 佐野青陽人 天の川
土用波引きざまにまた礁を呑む 佐野青陽人 天の川
土用波心ゆるさば攫はれむ 野上照子
土用波戸板一枚上げにけり 川崎展宏
土用波掌ひらひらと死後も見ゆ 永田耕一郎
土用波摶ち去り温泉壷たぎちゐる 山口草堂
土用波断崖はからつぽの太鼓 白田喜代子
土用波星座の果てにきこえけり 金尾梅の門 古志の歌
土用波暮るる寂しさときに澄み 加藤楸邨
土用波来むかふいまを斜めなり 井沢正江 一身
土用波杭打ち込んで馬つなぐ 村上しゅら
土用波松八方に地を踏まへ 井本洋子
土用波根付若布をうち揚ぐる 高澤良一 素抱
土用波沖見えぬまで立ちにけり 松藤夏山 夏山句集
土用波波の裏より手が挙り 高澤良一 鳩信
土用波海よりも吾つかれ果て 山口波津女
土用波海豚の芸も休ませて 瀧春一
土用波涯の上より降り来る葉 長谷川かな女 花 季
土用波畳に立てば見ゆるかな 岩田由美「夏安」
土用波真昼のことの渚かな 尾崎迷堂 孤輪
土用波砂丘くれゆく洲を抱く 及川貞 榧の實
土用波磯山蔭に鶏遊ぶ 福田蓼汀 山火
土用波神島模糊として確か 加古 宗也
土用波胸の十字架炎々と 加藤知世子
土用波舟小屋に舟はみだして 加藤憲曠
土用波起重機鉄の鎖垂れ 二又淳子
土用波青芝越えてしぶき来る 佐野青陽人 天の川
土用波馬乗り入れて遊びをり 長谷川櫂 虚空
土用浪あまたの柩跳ぶごとし 須並一衛
土用浪うねりそこねるものあらず 高澤良一 燕音
土用浪の大王岬に叫びたし 鈴鹿野風呂 浜木綿
土用浪の断崖喉に声溜めて 高井北杜
土用浪の裏は日あたりつつ奔る 加藤楸邨
土用浪まきつくしたる巌かな 長谷川春草
土用浪一つ大きく勇魚(いさな)いろ 高澤良一 燕音
土用浪大砲打ちに沖の岩 鈴鹿野風呂 浜木綿
土用浪改札口は風富めり 伊藤京子
土用浪暫し泡沫漂はせ 高澤良一 寒暑
土用浪浴後食後の日をのこし 木津柳芽 白鷺抄
土用浪海よりも吾つかれ果て 山口波津女 良人
土用浪玄界灘に壱岐沈む 高崎小雨城
土用浪砂丘駱駝を友とせず 百合山羽公 寒雁
土用浪紺青の夜を追ふごとし 松永晩羊原
土用浪胸の十字架炎々と 加藤知世子 黄 炎
土用浪能登をかしげて通りけり 前田普羅 能登蒼し
土用浪銚子の町にきこへけり 野村喜舟 小石川
売店に林檎ぬくもる土用浪 田川飛旅子 花文字
夕富士に力抜きたる土用波 星野椿
夕雲のうつろひ険し土用浪 武田鶯塘「鶯塘集」
大わだに立つ虹の根や土用波 佐野青陽人 天の川
大岩を流れ落ちるや土用浪 大峯あきら 宇宙塵
大島ヨネの霊感くるふ土用波 中烏健二(1953-)
大物はうしろより来る土用波 築城百々平
大磯はすたれし避暑地土用浪 松本たかし
姉棄てて弟泳ぐ土用波 坪内稔典
安房上総岬重ねて土用波 鈴木真砂女
少年がドラムをたたく土用波 武田さち子
山吹の狂ひ花あり土用浪 高浜虚子
山浦や夕長うして土用波 井本農一
岩牡蠣を大きく育て土用波 深見けん二 日月
巌の鵜の飛ばむとかまふ土用波 西形佐太郎 『てんご』
布哇やがて神域たらん土用浪 渡邊水巴 富士
底うねりしてたしかにも土用波 石塚友二 光塵
引くときも力蓄へ土用波 武田澄江
当直や丘の彼方の土用波 松藤夏山 夏山句集
心中の屍つゝむや土用浪 高浜虚子
患いは身にいくたびぞ土用波 江里昭彦
抜け殼のパジャマ今日から土用波 中嶋いづる
抜手切りたし折角の土用波 後藤比奈夫
押上げてなほ押しあぐる土用波 島倉みつる(欅)
新聞紙畳にふかれ土用波 桂信子 遠い橋
日輪をころがしてをり土用波 高橋笛美
朝市のうしろ輪島の土用浪 舘野翔鶴
松一本伐られ土用波さわぐ 窪田丈耳
柵に倚ればデッキのごとし土用浪 山口波津女 良人
核持たぬ国ひたひたと土用波 大塚千光史
樹に蜥蜴地を震はせて土用浪 大野林火
死にしふりして蟹あはれ土用浪 原石鼎
水槽のをこぜが恋ふる土用波 和田祥子
浜歩きゐるは海女らし土用波 下村梅子
浜草に及び居りけり土用波 松藤夏山 夏山句集
海の紺白く剥ぎつつ土用波 瀧春一「瀧春一全句集」
海めくれ出して生まるる土用浪 高澤良一 燕音
海猫の島おぼるるばかり土用波 伊藤 孝一
淋しさは船一つ居る土用浪 原石鼎
湧く星の粒大いなり土用波 藤田湘子 春祭
燈台の娘は花園に土用浪 飯田蛇笏 春蘭
父の脚抱きて立つ児や土用波 菅原和子
父知らぬ子と見て立てり土用波 冨田みのる
牛の糶立つ土用波岸をうつ 山口青邨
物売りの荷を砂におく土用波 桂信子
男らの腹出っ張って土用波 坪内稔典
百萬の霊のせてくる土用波 中勘助
砂に立つ足根こそぎに土用波 辻美奈子
祠ある小島かくれし土用波 高橋二三子
空瓶のぬくもり浚ふ土用波 桂信子 遠い橋
立上る土用波より鵜現れ 橋本鶏二
耳底とおもふあたりの土用波 田中裕明 花間一壺
茎さしてガラス瓶透く土用波 桂信子 遠い橋
草刈のたつた一人や土用浪 大峯あきら 宇宙塵
蓬髪の乞食にあひぬ土用浪 原石鼎
蕗すこし生ひし垣根や土用浪 大峯あきら
蝶抛り上ぐ積丹の土用波 吉田 明
表より裏より島の土用浪 谷口三居
補陀洛は地ひびきすなり土用浪 阿波野青畝
裸寝の身を打つてをり土用浪 森澄雄
見るかぎり砂の色なり土用波 岩田由美 夏安
貝殻は海の脱け殻土用波 樋口久兵
赤松の幹に日の射し土用波 澤本三乗
赤鬼の如き異人や土用波 久米正雄 返り花
近づかむために陸あり土用波 三橋敏雄「疊の上」
鎌倉やこぞつて来たる土用波 中拓夫
電線の雀すぐ翔つ土用波 田中青濤
電話して土用の浪の様子聞く 高木晴子 花 季
青年の膕くらし土用波 松村武雄
鬼の面沖へ放れば土用波 安達美那子
鵜の岩に鵜のをらぬなり土用浪 楠目橙黄子 橙圃
黒人がタイヤ燃やせり土用浪 沢木欣一 沖縄吟遊集

土用浪 補遺

うちうみに土用波なし子河豚釣る 下村槐太 光背
うねりうねりて稀には砕け土用波 能村登四郎
くりかへし海を鍛へる土用波 津田清子
この浜や雲ばかりなる土用波 原石鼎 花影
ちぎれたるてんぐさ鏤めし土用波 篠原梵 年々去来の花 雨
つつ立ちてゆがみゆく顔土用波 西東三鬼
どこもかしこも不在で結局の土用波 橋閒石
ふるさとの海こそよけれ土用波 鈴木真砂女 夏帯
サントスの港の今日は土用浪 高野素十
トンネルを百も越え来ぬ土用波 山口青邨
一帆なき沖青きより土用波 野澤節子 花季
乳牛の足どよもして土用波 右城暮石 虻峠
人を焼く無人の島と土用波 山口青邨
人参の花よごれゐて土用波 細見綾子
仁右衛門島攻めあぐねたり土用波 鈴木真砂女 紫木蓮
土用波うつや伍長の奥津城に 山口青邨
土用波に挑む体を斜に構へ 鈴木真砂女 紫木蓮
土用波へ腹の底より牛の声 西東三鬼
土用波一つ乗り越ゆ男の血 鈴木真砂女 都鳥
土用波不死男の訃報もう間近か 平井照敏 天上大風
土用波中空もただ岩盛る 中村草田男
土用波十に一つの小波かな 鈴木真砂女 紫木蓮
土用波固くとざせる壕舎の扉 大野林火 早桃 太白集
土用波地ひびき干飯少しばかり 西東三鬼
土用波天うつ舟にわが乗りし 山口青邨
土用波小さき浦曲をどよもせる 篠原梵 年々去来の花 皿
土用波岩山谺われに落つ 中村草田男
土用波岩門岩窟声たてる 中村草田男
土用波崩るるが見え静かなり 橋閒石 卯
土用波帆船瓶にをさまりて 桂信子 花影
土用波後部座席に嫌な奴ら 金子兜太
土用波悍馬となりて御しがたし 鈴木真砂女 都鳥
土用波房総東線通過駅 鈴木真砂女 紫木蓮
土用波折れて鬣揃へけり 鈴木真砂女 都鳥
土用波散る鶏毛に血のにじみ 能村登四郎
土用波木枕じみし家そこばく 中村草田男
土用波浜屋のともし消ゆことなし 大野林火 海門 昭和七年
土用波白緑と映え土佐涼し 阿波野青畝
土用波砂丘くれゆく洲を抱く 及川貞 榧の實
土用波磯山蔭に鶏遊ぶ 福田蓼汀 山火
土用波見てゐて欠伸貰ひけり 鈴木真砂女 紫木蓮
土用浪うねりに壱岐を乗せにけり 阿波野青畝
土用浪に乗るさざなみのつぶやきよ 三橋敏雄
土用浪の裏は日あたりつつ奔る 加藤秋邨
土用浪砂丘駱駝を友とせず 百合山羽公 寒雁
土用浪聞くほかはなし望夫石 阿波野青畝
土用浪能登をかしげて通りけり 前田普羅 能登蒼し
土用浪舳を行くごとく岬山ヘ 鷹羽狩行
大湾の呑吐の船や土用浪 日野草城
安房上総岬重ねて土用波 鈴木真砂女 都鳥
岩窟の岩門のしきゐ土用波 中村草田男
島人は凪といへども土用波 阿波野青畝
布哇やがて神域たらん土用浪 渡邊水巴 富士
幽冥の中しらじらと土用波 能村登四郎
底うねりしてたしかにも土用波 石塚友二 光塵
引き返すうしろどよもす土用波 右城暮石 天水
抜手切りたし折角の土用波 後藤比奈夫
新聞紙畳にふかれ土用浪 桂信子 初夏
日本列島東海岸土用波 鈴木真砂女 紫木蓮
最上川か行きかく来て土用浪 阿波野青畝
松原をはなれし道や土用波 川端茅舎
樹にとかげ地を震はする土用波 大野林火 冬雁 昭和二十一年
死にしふりして蟹あはれ土用浪 原石鼎 花影
水もまた丘なすものや土用波 上野泰
淋しさは船一つ居る土用浪 原石鼎 花影
湧く星の粒大いなり土用波 藤田湘子
灯台を倒さんずらん土用浪 阿波野青畝
燈臺の娘は花園に土用浪 飯田蛇笏 白嶽
牛の糶立つ土用波岸をうつ 山口青邨
白光の土用浪とぶ熊野灘 阿波野青畝
碧の濃き灘通り来し土用波 山口誓子
空瓶のぬくもり浚ふ土用波 桂信子 初夏
童女亀を伴れ金の土用波 三橋鷹女
胸に扉がいくつもありて土用浪 佐藤鬼房
脱衣場に女隠れぬ土用波 鈴木真砂女 紫木蓮
蓬髪の乞食にあひぬ土用波 原石鼎 花影
薄減りの櫂をになへり土用波 平畑静塔
補陀洛は地ひびきすなり土用浪 阿波野青畝
輪煙あまたのこす出船に土用波 中村草田男
近づかむために陸あり土用波 三橋敏雄
遊び女に枝ぶりの松土用波 中村草田男
青き葉の落ちて遙かな土用浪 橋閒石 朱明
飢の日によく似た夕日土用波 能村登四郎
黒眼鏡われの見てゐる土用波 森澄雄

以上
by 575fudemakase | 2016-08-16 15:48 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26112909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング