線香花火 の花火

線香花火 の花火

線香花火 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22805266/


線香花火 補遺

かくれ里わが手花火を門火とす 平畑静塔
さういへば鼠花火のやうな奴 鷹羽狩行
すぐ逃げろてふ手花火に一寸興 後藤比奈夫
ひとり燃やす鼠花火の砂走り 山田みづえ 忘
何もかも線香花火の昔かな 岡本眸
吾子にせかれ手花火垂らす父と知れよ 楠本憲吉 孤客
夕涼み線香花火の匂ひかな 正岡子規 納涼
庭石に線香花火のよべの屑 高野素十
怖がつてゐても手花火又したく 稲畑汀子
戦前を鼠花火はくるしめり 三橋敏雄
手で持つなてふ手花火の売られゐし 後藤比奈夫
手花火が照す野末のかぎりなり 斎藤玄 狩眼
手花火と手筒花火と大ちがひ 後藤比奈夫
手花火に二人子の影しなひをり 原裕 葦牙
手花火に妹がかひなの照さるゝ 山口誓子
手花火に少女と沙弥と照らさるる 後藤比奈夫
手花火に恐れし嬰もいま笑まふ 森澄雄
手花火に月下の闇を集めたる 野見山朱鳥 幻日
手花火に水際立ちて庭の松 高田風人子
手花火に照らされてゐる浴衣哉 右城暮石 句集外 昭和六年
手花火に若やぐ声を立てしあと 鷲谷七菜子 黄炎
手花火に青く燃えたる虚空かな 上野泰
手花火のうなじ青かりまなかひに 伊丹三樹彦
手花火のこだま折折霧の宿 金子兜太
手花火のこぼす火の色水の色 後藤夜半 底紅
手花火のしだるる金糸銀糸かな 鷹羽狩行
手花火のしだれ柳となりて消ぬ 三橋鷹女
手花火のそこに消えたる夜を更かし 後藤夜半 底紅
手花火のにほひのこれる袂かな 森澄雄
手花火のほを*つぐまなと思ひけり 飯田蛇笏 霊芝
手花火の命終の火をふりまはす 上田五千石『琥珀』補遺
手花火の声ききわけつ旅了る 加藤秋邨
手花火の子らに洗車の水たまり 岡本眸
手花火の明るさなれば振りかへる 細谷源二 鐵
手花火の束の朱金に暁鴉 飯田龍太
手花火の殻滲まする朝の芝 石川桂郎 四温
手花火の火は水にして迸る 山口誓子
手花火の煙に犬もむせて馳く 右城暮石 句集外 昭和四十四年
手花火の煙もうもうと田をわたる 飴山實
手花火の煙もう~と田をわたる 飴山實 辛酉小雪
手花火の終の一本持たせくれし 飯島晴子
手花火の起承転結なく了る 伊藤白潮
手花火の香の沁むばかり夜の秋 中村汀女
手花火の高さは浜草の高さ 岡本眸
手花火やはしりやめたる蟻ひとつ 加藤秋邨
手花火や一粒の麦死なずして 津田清子
手花火や幼ら二人客として 石塚友二 玉縄抄
手花火や忘るべかりし人よ顔 石塚友二 方寸虚実
手花火や母には見ゆる吾が行方 山田みづえ 木語
手花火や母もゐたりき父もゐて 平井照敏
手花火や火種子のありし煙草盆 福田蓼汀 山火
手花火をあそびて湖水大盥 平畑静塔
手花火をこぼるる色を怖がりて 後藤比奈夫
手花火をたゝかはしゐる舞妓かな 百合山羽公 春園
手花火をめでたきことの宝前に 山口青邨
手花火を命継ぐ如燃やすなり 石田波郷
手花火を抓まむ手がすぐ替りけり 阿波野青畝
手花火を栞に雨月物語 相生垣瓜人 微茫集
手花火を買ふも一夜の興なりし 高浜年尾
敗戦記念日の手花火の垂れ玉よ 三橋敏雄
栄華ひととき線香花火にもありし 上田五千石『琥珀』補遺
母の目の涼しき線香花火哉 右城暮石 句集外 昭和十年
水無月と別るる線香花火かな 中村汀女
波郷アルバム繰るや手花火明滅す 石塚友二 磊[カイ]集
濡縁に佇てば線香花火欲し 石塚友二 磊[カイ]集
無より咲く線香花火の火の華は 山口誓子
病めば遠し子の手花火の声も香も 楠本憲吉 孤客
病人に見せる手花火点しけり 安住敦
軒下の雨の手花火すぐ終る 岡本眸
遊船の手花火水に散華せり 山口誓子
金魚買はん線香花火買はんかな 星野立子
釣荵と花火線香と画きたる 正岡子規 釣荵
闇はてなし手花火ひとり咲かせつつ 鷲谷七菜子 銃身
雨なりしやと手花火の片手出し 鷹羽狩行
風を圍ふ線香花火の端居哉 正岡子規 花火
鼠花火という陰湿な火が走り 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 01:41 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング