青柿 の俳句

青柿 の俳句

青柿 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22802294/


青柿 補遺

あひびきの影の別れて青柿落つ 石川桂郎 含羞
うからみな愁しみもてり柿青く 角川源義
かはたれの鴉啼きたつ柿青く 角川源義
ころげあふ青柿ふたつバスの中 加藤秋邨
となりのをとこ牛となりの青柿の渋柿 中川一碧樓
三鬼碑打ち 転び 豆青柿つぶて 伊丹三樹彦
子を抱くや青柿栗とふりかぶり 石川桂郎 含羞
手をとりてはつ女とくぐる青柿を 及川貞 夕焼
柿青しと思ひつつ目はつむりけむ 加藤秋邨
柿青し夫呼ぶ鷺は頸をのべ 角川源義
柿青む畑の中の初一念 古舘曹人 能登の蛙
梅雨永し青柿も落ち盡くすべし 相生垣瓜人 負暄
死は切りし爪のごとしや青柿落つ 平井照敏
泣く声共に嬰児死にたり柿青し 西東三鬼
潮風に籬も朽ちて柿青し 角川源義
父の忌の青柿にしてあまた落つ 石田勝彦 雙杵
狂人に青柿いくつ落つれば済む 飯島晴子
粉噴く青柿俗の一指も触れ得ぬ人 香西照雄 対話
義民地蔵にかしづくは尼 豆青柿 伊丹三樹彦
芭蕉茂りて一青柿をつつみたり 松村蒼石 雁
落ちざりし青柿躍る颱風後 西東三鬼
裏窓を飾る青柿吾子生れし 深見けん二
裸許したまへ青柿照り蝉鳴く 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
軒に垂る青柿を折り供華とせむ 山口青邨
隠し子のごとき青柿伊豆も奥 岡本眸
雷神と女陰を祀り柿青し 金子兜太
青柿に北国の空狭く住む 橋閒石 雪
青柿に囲まれし家豆腐冷ゆ(丹波の家にて) 細見綾子
青柿に或る夜二神のはたた神 佐藤鬼房
青柿に笑とまらずいとし子等 山口誓子
青柿に罪障深き頸垂れ 清崎敏郎
青柿に道人も覚め在しけん 石橋秀野
青柿に降るやみどり子泣かしおく 齋藤玄 飛雪
青柿のかへす光のうひうひし 山口青邨
青柿のくもりに触るゝ悼み言 飯島晴子
青柿のねむれぬ夜を共にゐし 平井照敏
青柿の一枝の富に鬩ぎ合ひ 飯田龍太
青柿の一生寄捨の庵して 古舘曹人 能登の蛙
青柿の上枝に父の曠野見ゆ 佐藤鬼房
青柿の下に悲しき事をいふ 西東三鬼
青柿の中や豊年星ひかる 右城暮石 句集外 昭和二十四年
青柿の人丸神社雨の中 山田みづえ まるめろ
青柿の垂れし濠より藻刈る声 能村登四郎
青柿の堅さ女の手にすわる 西東三鬼
青柿の夜の土から猫が去る 西東三鬼
青柿の小さきを茂吉生家かな 燕雀 星野麥丘人
青柿の月日やけふも雨そそぐ 長谷川素逝 暦日
青柿の花活け水をさし過ぎぬ 飯田蛇笏 霊芝
青柿の落ちてまろばず藤村忌 星野麥丘人
青柿の落つる音する盆月夜 森澄雄
青柿の葉かげめをとの雀だち 山口青邨
青柿の薬剤撒布大がかり 右城暮石 散歩圏
青柿の青さ茶山の肥料利く 右城暮石 散歩圏
青柿の高さや女達に夜 右城暮石 句集外 昭和二十二年
青柿は宵の化粧をして暮るる 山口青邨
青柿は後れをとりて 彼岸花 伊丹三樹彦
青柿は落つる外なし燈火なし 西東三鬼
青柿も青柚も葛西善蔵忌 星野麥丘人
青柿やきのふの風呂をけふも焚く 山口青邨
青柿や丹波黒牛その仔牛 右城暮石 声と声
青柿や余生の門は田に開く 古舘曹人 能登の蛙
青柿や子ども暦の村にすたれ 上田五千石 天路
青柿や嶺より越しし人の家 角川源義
青柿や帯織りつぎて石田てつ 深見けん二
青柿や弁慶修羅の川ほとり 角川源義
青柿や病めば家居の何やかや 岡本眸
青柿や空なやましく日をこぼす 岡本眸
青柿や草焼き焦がす臭ひして 右城暮石 天水
青柿や虫葉も見えで四つ五つ 村上鬼城
青柿や飼屋の前の土掃かれ 石田勝彦 秋興
青柿をはねし雨粒文机に 山口青邨
青柿を打仰ぎをり双手垂れ 石塚友二 磊[カイ]集
青柿を踏むむらぎもの衰へに 橋閒石 無刻
青柿を踏む昼火事のあとの谷 廣瀬直人
青柿ポトポトここで生れてここを出た父の気持 荻原井泉水
青柿ポトポト板をうつておとなう 荻原井泉水
青柿垂る雑草園のものとして 山口青邨
青柿落ちて疵つかざるはなかりけり 安住敦
青蜜柑青柿くぐり紀の川ヘ 右城暮石 天水
駄菓子賣る茶店の門の柿青し 正岡子規 柿

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 01:51 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング