青胡桃 の俳句

青胡桃 の俳句

青胡桃 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22802290/


青胡桃 補遺

かたまりて恃もしきかな青胡桃 富安風生
ルーベンス満喫ふとる青胡桃 林翔 和紙
一茶より北斎の径青胡桃(長野県柏原) 細見綾子
一閃の雷火のなかに青胡桃 阿波野青畝
三条の町や屋根覆ふ青胡桃 山口青邨
仮りの世の仮りの色して青胡桃 能村登四郎
信濃いま雄時房なす青胡桃 能村登四郎
友の家訪ふに水跳び青胡桃 石田勝彦 雙杵
咋日より今日影ひろげ青胡桃 中村汀女
哭きつつ消えし老人青胡桃 西東三鬼
大枝の飛び六方や青胡桃 山田みづえ まるめろ
子に遠しとは思はねど青胡桃 中村汀女
山の子の捨てしを珍の青胡桃 能村登四郎
山の子の泣声磊落青胡桃 中村草田男
山の雲通へばさわぐ青胡桃 山口青邨
山国の朝日は颯と青胡桃 藤田湘子 てんてん
山雲の捲いて日洩らす青胡桃 上田五千石『天路』補遺
川の瀬が曲り片寄る青胡桃 右城暮石 句集外 昭和三十年
教師が伝へし恋の名詩や青胡桃 中村草田男
文覚像隆々たりし青胡桃 能村登四郎
星もその奥に顛上の青胡桃 大野林火 飛花集 昭和四十五年
晴れし日は葉にかくれがち青胡桃 高野素十
暁闇の甕のひとつに青胡桃 飯田龍太
木曾馬に山坂ばかり青胡桃 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
村の道家疎になれば青胡桃 中村草田男
梅雨の霧青胡桃よりはれゆけり(長野県柏原二句) 細見綾子
梢垂れ二つ三つ四つ青胡桃 阿波野青畝
樹の下にしばし旅人青胡桃 森澄雄
水に声あり青胡桃くぐるとき 上田五千石 森林
汝の金の産毛妬しや青胡桃 富安風生
沢音は常をいそぎ音青胡桃 上田五千石 風景
流水に夕焼こごる青胡桃 相馬遷子 雪嶺
清流を乱射す斜陽青胡桃 飯田蛇笏 家郷の霧
濁流に打ち上げられし青胡桃(奥多摩) 細見綾子
炎昼の雲きそひたつ青胡桃 飯田蛇笏 雪峡
爪立ちてはたと齢や青胡桃 岡本眸
甲斐駒をあのき仰ぐに青胡桃 松崎鉄之介
石をもてたたき落せし青胡桃 細見綾子
窓に見ゆ霧の流るる青胡桃 山口青邨
蛞蝓のはかなき西日青胡桃 飯田蛇笏 椿花集
道ばたに土蔵潰えて青胡桃 富安風生
酒飲んで男は話す青胡桃 廣瀬直人
雨さつと来て去る淋漓青胡桃 山口青邨
青胡桃このまま眠りさうな椅子 岡本眸
青胡桃しづけさよどみなく流れ 飯田龍太
青胡桃しなのの空のかたさかな 上田五千石 田園
青胡桃ひろへり墓地の土つきしを 橋本多佳子
青胡桃まさに仔馬の目の大きさ 中村草田男
青胡桃みちのくは樹でつながるよ 平畑静塔
青胡桃テラステラスによべの雨 林翔 和紙
青胡桃一樹もて家おほひけり 松崎鉄之介
青胡桃地にぬくもりて拾はるる 橋本多佳子
青胡桃垂るる窓辺にまた泊つる 山口青邨
青胡桃垂れ川の名の雫石 古舘曹人 砂の音
青胡桃垂れ手がとどく僧の墓 山口青邨
青胡桃夕照り遊ぶ寺の奥 角川源義
青胡桃夜は山間ひの天の星 右城暮石 句集外 昭和三十六年
青胡桃山のあはひに雲沈め 岸田稚魚
青胡桃手製梯子は桟多く 中村草田男
青胡桃未生以前の風の音 岸田稚魚 紅葉山
青胡桃村家入口向きむきに 中村草田男
青胡桃染む御仏豊頬にましませば 山口青邨
青胡桃栗鼠が夕闇はひ出でて 松崎鉄之介
青胡桃流水の音はつねに力 大野林火 雪華 昭和三十九年
青胡桃踏みくだきみし跡があり 清崎敏郎
青胡桃遠にも一村ちりこぼれ 中村草田男
青胡桃遠野路あまた神仏 松崎鉄之介
青胡桃雲にちかぢか学ぶ子等 中村草田男
青胡桃青の一途や死者の道 加藤秋邨
青胡桃頭に垂れもして塩の道 阿波野青畝
青胡桃風こそばゆく過ぐるかな 鷲谷七菜子 花寂び
青胡桃高原に置き汽車下る 松崎鉄之介
髪の根の朝は聡くて青胡桃 岡本眸

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 01:56 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング