夕顔 の俳句

夕顔 の俳句

夕顔 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22813865/


【参考】
夕顔の実 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22894807/



夕顔 補遺

いよよ面長夕顔を剥き暮れて 下村槐太 天涯
こころみに夕顔蒔くや雨の後 燕雀 星野麥丘人
つゆけくて夕顔の種子固まらず 松村蒼石 雁
一輪の夕顔の闇ありにけり 深見けん二
一雨去り夕顔の闇濃くなれり 松村蒼石 雁
人閉ぢこめ夕顔の実の太る雨 大野林火 雪華 昭和三十六年
佛足のごときを思ひ夕顔蒔く 藤田湘子
古簾上げ夕顔の末の花 後藤夜半 底紅
吾子立てり夕顔ひらくときのごと揺れ 篠原梵 年々去来の花 皿
咲きいそぐ夕顔や病葉もまた 松村蒼石 雁
土近き夕顔蟻を胡麻のやうに 松村蒼石 雁
夕かほのやみもの凄き裸かな 正岡子規 夕顔
夕かほの露やはだかの高筵 正岡子規 夕顔
夕かほや顔子も居らん裏長屋 正岡子規 夕顔
夕顏ノ實ニ富ヲ得シ話カナ 正岡子規 夕顔の実
夕顏ノ實ヲフクベトハ昔カナ 正岡子規 夕顔の実
夕顏ノ愚ニ及バザルフクベカナ 正岡子規 夕顔の実
夕顔と指差してより快活に 飯島晴子
夕顔にいつも誰かの気配あり 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
夕顔におのれを審く書の白さ 下村槐太 光背
夕顔におわら流しの憩ひけり 松崎鉄之介
夕顔にとられて琴の糸もなし 正岡子規 夕顔
夕顔にまぶれて白し三日の月 正岡子規 夕顔
夕顔にみつみつと夜気蒼みをり 鷲谷七菜子 銃身
夕顔にめしくふ女ふたのかな 正岡子規 夕顔
夕顔に乳ふくますはしづかなり 草間時彦 中年
夕顔に何懺悔せん粟の飯 正岡子規 夕顔
夕顔に傾きかゝる大家かな 正岡子規 夕顔
夕顔に取られて琴のつるもなし 正岡子規 夕顔
夕顔に夕飯いそぐ蚊遣哉 正岡子規 夕顔
夕顔に天の茅舎となりたまふ 下村槐太 光背
夕顔に女世帯の小家かな 正岡子規 夕顔
夕顔に女湯あみすあからさま 正岡子規 夕顔
夕顔に家内五入皆裸なり 正岡子規 夕顔
夕顔に平壤のいくさ物語れ 正岡子規 夕顔
夕顔に怒濤とどろく帰省かな 鈴木真砂女 夕螢
夕顔に手鍋さけんと契るへし 正岡子規 夕顔
夕顔に旅と名のつく硯かな 正岡子規 夕顔
夕顔に昔の小唄あはれなり 正岡子規 夕顔
夕顔に母よ短い杖ついて 三橋鷹女
夕顔に水仕もすみてたゝずめり 杉田久女
夕顔に浮世話は灯さず 富安風生
夕顔に溝川沿ひの夜風来る 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
夕顔に牛洗ひゐる娘哉 正岡子規 夕顔
夕顔に牛洗ひ居る女かな 正岡子規 夕顔
夕顔に物問ひたげの法師かな 正岡子規 夕顔
夕顔に眉つくりたる蛾の遊ぶ 後藤夜半 底紅
夕顔に石鹸握りゐたりけり 波多野爽波
夕顔に立ちてわが家の暮し見ゆ 中村汀女
夕顔に立派な声を出してゐる 飯島晴子
夕顔に舌灼くものを啜りおり 橋閒石 和栲
夕顔に蛾の襲ふこと頻りなり 高浜年尾
夕顔に行脚の僧をとゞめけり 正岡子規 夕顔
夕顔に西行も来よ宿かさん 正岡子規 夕顔
夕顔に車寄せたる垣根かな 正岡子規 夕顔
夕顔に都なまりの女かな 正岡子規 夕顔
夕顔に酒とほざかることになれ 上村占魚 鮎
夕顔に集る闇を待ちにけり 百合山羽公 樂土
夕顔に雨きらきらす闇戻る 大野林火 青水輪 昭和二十六年
夕顔に雨降つてゐる泊りかな 星野麥丘人
夕顔に顔子住みたる裏屋哉 正岡子規 夕顔
夕顔に顔子住みたる長屋哉 正岡子規 夕顔
夕顔に鶏は玉乗しかぬるよ 平畑静塔
夕顔のかつがつひらく夢幻能 伊藤白潮
夕顔のたそかれを君来ませとや 正岡子規 夕顔
夕顔のとどまりがたき花の数 中村汀女
夕顔のひらく光陰徐かなり 石田波郷
夕顔の一つの花に夫婦かな 富安風生
夕顔の下もわが家と言ひつべし 山口青邨
夕顔の二つ~に実を結び 高野素十
夕顔の匂ふ眼つむれば即ち盲ひ 橋本多佳子
夕顔の咲きては減りて月も虧け 福田蓼汀 山火
夕顔の咲きて二輪を重ねたる 深見けん二
夕顔の咲くころ島の往来あり 清崎敏郎
夕顔の嫌ひな雨が降つてをり 雨滴集 星野麥丘人
夕顔の実の垂れてをり湖の宿 森澄雄
夕顔の戸叩けば女応と呼ぶ 正岡子規 夕顔
夕顔の拳固凋みを嘆じ立つ 三橋敏雄
夕顔の晩涼謡ひ来るは誰そ 日野草城
夕顔の月にそむけるあはれさよ 山口青邨
夕顔の灌頂されし青果なる 平畑静塔
夕顔の白いむかしの箸の数 永田耕衣
夕顔の眇白(すがめじろ)なる泥場かな 永田耕衣
夕顔の簾をすかしうすき花も 山口青邨
夕顔の精の如くに現れし 稲畑汀子
夕顔の花と咲きたる憂きさだめ 富安風生
夕顔の花にいよ~風の吹く 高野素十
夕顔の花にさめたる暑哉 正岡子規 夕顔
夕顔の花の厚みを測りし指紋 篠原梵 年々去来の花 中空
夕顔の花の白さをたたみ入れ 中村汀女
夕顔の花は暮れずと思へども 中村汀女
夕顔の花を画きたる扇哉 正岡子規 夕顔
夕顔の花合はさるる五辧反り身 大野林火 方円集 昭和五十一年
夕顔の花咲き女いそがしく 山口青邨
夕顔の花咲き女溜りかな 山口青邨
夕顔の花暮れ残る籬かな 日野草城
夕顔の苗売る声や五月晴 正岡子規 五月晴
夕顔の苗買ふのみの用なりき 雨滴集 星野麥丘人
夕顔の莟ばかりの昼は憂し 後藤比奈夫
夕顔の貧に處る絲瓜の愚を守る 正岡子規 糸瓜
夕顔の露に裸の男かな 正岡子規 夕顔
夕顔の香にやすらふて美濃女 飴山實 句集外
夕顔はこれよりの花初嵐 中村汀女
夕顔は厚くゆたかに咲きいそぐ 松村蒼石 雁
夕顔は画にかいてさへあはれなり 正岡子規 夕顔
夕顔も行灯も白き夕まぐれ 山口青邨
夕顔や《老》をば被たる思佇ち 永田耕衣
夕顔やあら壁落ちて琴の腹 正岡子規 夕顔
夕顔やかかる良夜の土に咲く 松村蒼石 雁
夕顔やかつて手捲きの蓄音機 森澄雄
夕顔やどこの遊女のなれのはて 正岡子規 夕顔
夕顔やひらきかゝりて襞深く 杉田久女
夕顔や今日は言葉の多かりき 福田蓼汀 山火
夕顔や冷えゆく土間に燈が走り 松村蒼石 雁
夕顔や土魂泥魄出歩きぬ 永田耕衣
夕顔や妻のささくれ指見えて 岸田稚魚 紅葉山
夕顔や子生れしよりの妻の腰 草間時彦 中年
夕顔や客載せて来る女馬士 正岡子規 夕顔
夕顔や平壤のいくさ物語れ 正岡子規 夕顔
夕顔や揉み手に洗ふ箸の束 鈴木真砂女 居待月
夕顔や方丈記にも地震のこと 阿波野青畝
夕顔や本に挟みて置手紙 福田蓼汀 山火
夕顔や柑子の葉越し白き見ゆ 河東碧梧桐
夕顔や櫛すべりたる洗ひ髪 鷲谷七菜子 黄炎
夕顔や母を擁かんとせしが止む 岸田稚魚 筍流し
夕顔や牛を尋ぬる笛の声 正岡子規 夕顔
夕顔や簾古りたる須磨の家 正岡子規 夕顔
夕顔や老い深みゆく花明り 野澤節子 八朶集
夕顔や藪が霧生む奥会津 大野林火 方円集 昭和四十九年
夕顔や衣干されゐて誰も見えぬ 松崎鉄之介
夕顔や裏口のぞく僧一人 正岡子規 夕顔
夕顔や遂に無月の雨の音 杉田久女
夕顔や闇吹き入れる三日の月 正岡子規 夕顔
夕顔や随身誰をかいまみる 正岡子規 夕顔
夕顔や頬にはじまる肌の荒れ 鷹羽狩行
夕顔や頼まねば或る物質待つ 永田耕衣
夕顔や顔子も居らん裏借家 正岡子規 夕顔
夕顔や馬洗ひ居る武士の妻 内藤鳴雪
夕顔や髻上げて夜の暑さ 後藤夜半 底紅
夕顔を数うと屈む 細うなじ 伊丹三樹彦
夕顔を蒔くを忘れて旅に出し 高野素十
夕顔を蛾の飛びめぐる薄暮かな 杉田久女
夕顔を見に来る客もなかりけり 杉田久女
夕顔ト絲瓜殘暑ト新涼と 正岡子規 糸瓜
夕顔ノ垣根覗キソ美人禅 正岡子規 夕顔
夕顔ノ太リ過ギタリ秋ノ風 正岡子規 秋風
夕顔ノ棚に絲瓜モ下リケリ 正岡子規 糸瓜
夕顔モ絲瓜モ同ジ棚子同士 正岡子規 糸瓜
夕顔ヤ野分恐ルヽ實ノ太リ 正岡子規 野分
夕顔咲き三ケ日町の細江昏る 大野林火 雪華 昭和三十四年
夕顔授粉夕明りより花明り 大野林火 方円集 昭和五十一年
夕顔畑一劃占めて下野なり 鈴木真砂女 夕螢
天に星地に夕顔の花ひらく 大野林火 冬雁 昭和二十二年
妻も子も来て夕顔に涼みけり 正岡子規 夕顔
成佛ヤ夕顏ノ顔ヘチマノ屁 正岡子規 夕顔の実
明日のこと口には出さず夕顔に 稲畑汀子
昔日を啖らい夕顔眞白かな 永田耕衣 人生
昼顔に昼寝夕顔に夕寝す 正岡子規 昼顔
書架を負ふ子の世となりぬ白夕顔 平畑静塔
朝顔の間夕顔の間と申さばや 山口青邨
棚一ツ夕顔フクベヘチマナンド 正岡子規 夕顔の実
泥水に夕顔の花よごれけり 正岡子規 夕顔
浜夕顔いつしか黙しをりふたり 楠本憲吉 隠花植物
灯のとどく夕顔に雨かぎりなし 深見けん二
牛はまだ寝る足折らず白夕顔 平畑静塔
珍客に夕顔の實を見せ申す 正岡子規 夕顔の実
男のそりと来て夕顔の花合せ 野澤節子 八朶集
百姓の渋きしはぶき夕顔棚 細見綾子
納屋裏へ来て夕顔の花盛り 日野草城
絲瓜ブラリ夕顔ダラリ秋ノ風 正岡子規 糸瓜
老は生幽体ぞかし夕顔来 永田耕衣
老婆軽し夕顔の道飴買ひに 草間時彦 中年
背をむけてをれば夕顔咲くそこら 山口青邨
葭簀して夕顔の花騙しけり 村上鬼城
薄墨の仲に夕顔つぼみけり 橋閒石 卯
身をしぼる夕顔の蕾よ乳母よさらば 中村草田男
逍遥や垣夕顔の咲く頃に 杉田久女
遊女の夕顔の花の前に示威 山口青邨
遠回りして夕顔のひらきけり 橋閒石 和栲
鄙ノ宿夕顏汁ヲ食ハサレシ 正岡子規 夕顔の実
野分近ク夕顔ノ實ノ太リ哉 正岡子規 野分
開きあせりし夕顔の裂けてをり 能村登四郎
闇冷えて夕顔に蟻さまよへり 松村蒼石 雁
雨ノ日ヲ夕顔ノ實ノナガメカナ 正岡子規 夕顔の実
頤撫でて見る夕顔の長き実を 森澄雄
額の母夕顔ひらく闇に向き 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
風呂沸いて夕顔の闇さだまりぬ 中村汀女
馴れ馴れの夕顔の白実に白し 永田耕衣
驚クヤ夕顏落チシ夜半ノ音 正岡子規 夕顔の実
齢かすみて夕顔のあるじかな 鷲谷七菜子 花寂び

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 02:09 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング