葎 の俳句

葎 の俳句

葎 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818767/



葎 補遺

*かや干せば葎は胸になだれけり 岸田稚魚 負け犬
いづこより月のさし居る葎哉 前田普羅 普羅句集
おしろいの花の溺るる露葎 山口青邨
がちやがちやの鳴きさざめかす葎かな 阿波野青畝
がちやがちやや壺より黒き八重葎 川端茅舎
がちやくと葎うごめく月夜かな 阿波野青畝
きゝすます梅雨の葎の雨の音 清崎敏郎
こゑ立てぬ鳥の始終を露葎 鷲谷七菜子 天鼓
さかえの方雨後の葎の夕映えて 岸田稚魚 負け犬
しくるゝや雀のさわぐ八重葎 正岡子規 時雨
しづかなる一語がひかる露葎 能村登四郎
しろじろと蔽ひて広し露葎 阿波野青畝
すれ違ひ露の葎に濡れて来し 稲畑汀子
たが塚ぞ霜に伏したる八重葎 正岡子規 霜
まんじゆしやげ盗むを許せ八重葎 平畑静塔
わがゆばり月の葎を濡しけり 日野草城
わが机辺薫風羊歯の葎より 山口青邨
一と叢の木瓜さきいでし葎かな 飯田蛇笏 山廬集
一蝶の風の低しや梅雨葎 古舘曹人 樹下石上
五月雨や築地をかくす八重葎 正岡子規 五月雨
五月雨や葎の中の古築地 正岡子規 五月雨
井戸覆う夏草 当方髭葎 伊丹三樹彦
人の世のおほ方経しか露葎 石塚友二 方寸虚実
八重葎おもひおもひに末黒かな 阿波野青畝
八重葎そよぐと見しやけさの秋 正岡子規 今朝の秋
八重葎手下養ふことをせり 飯島晴子
八重葎白露綿のごときかな 川端茅舎
八重葎荒れにし宿の紫苑哉 正岡子規 紫苑
八重葎雑草なれどひとを越す 山口誓子
八重葎離々たり天守閣いづこ 石塚友二 光塵
八重葎露こぞりたる彼岸かな 石田波郷
八重葎風なき凧の沈みけり 水原秋櫻子 殉教
凩や葎を楯に家鴨二羽 正岡子規 凩
古寺や葎の中の梅の花 正岡子規 梅
古沼や葎がくれの杜若 正岡子規 杜若
古葎美しかりし春の泥 石田波郷
否も諾もあらぬ焦土の露葎 下村槐太 天涯
吾子の身の飯粒はらふ露葎 能村登四郎
喰へさうな草の實見ゆる葎哉 正岡子規 草の実
四五寸の葎に雉の見えずなりぬ 正岡子規 雉
墓隠すがに露葎 流刑の島 伊丹三樹彦
夏葎蹄の音のふと迷ふ 廣瀬直人 帰路
夕空の秋雲映ゆる八重葎 飯田蛇笏 霊芝
夜々あやし葎の月にあそぶ我は 原石鼎 花影
夜興引や寺のうしろの葎道 正岡子規 夜興引
夫婦して月の葎を素通りす 岸田稚魚 負け犬
子を旅へ放つ日矢射す露葎 小林康治 玄霜
家に子を迎へし露の庭葎 草間時彦 中年
寂光の葎にかへる夏露一顆 加藤秋邨
寒浪のもはらに暗き葎かな 齋藤玄 飛雪
寒肥の桶ころがるや八重葎 山口青邨
小綬鶏が地走る先や露葎 石川桂郎 含羞
山吹に色深みたる八重葎 飯田龍太
山涼し葎に星の低ければ 廣瀬直人 帰路
山火事はくろき葎の上を過ぐ 平畑静塔
峡の少女に バス停までの露葎 伊丹三樹彦
左義長や葎雀も出でて来よ 村山故郷
恋猫の葎や茫と酔戻り 藤田湘子 途上
揚羽とぶ花濡れてゐる葎かな 飯田蛇笏 霊芝
旅の果葎をしぼる秋の風 小林康治 四季貧窮
日あたりてけぶりそむなり露葎 阿波野青畝
早立ちの声過ぎゆけり露葎 桂信子 草樹
明寺や葎まじりの芥子の花 正岡子規 芥子の花
春雪の降り込む葎捉へたり 岸田稚魚 筍流し
昼深き露を秘めたる葎かな 日野草城
月代や人に近づく八重葎 岸田稚魚 負け犬
月光はふところに伸び夏葎 廣瀬直人 帰路
朝夕を外に出てをりぬ露葎 森澄雄
松杉や晝の虫鳴く八重葎 正岡子規 虫
枯れ~の葎に深き夕日かな 日野草城
枯蘆の吹き凹みたる葎かな 上村占魚 鮎
毬栗のはぜかかりゐる八重葎 飯田蛇笏 春蘭
水音の葎はしる夏木立 正岡子規 夏木立
涅槃会のバサと鳥たつ八重葎 飯田龍太
涼しさや葎の中の水車 正岡子規 涼し
清水湧き葎となれる茶所の跡 右城暮石 句集外 大正十四年
焼けながら黒き実残る野の葎 正岡子規 焼野
焼跡の葎の一つ風鈴鳴る 加藤秋邨
熱の目に霜の葎のかがやくや 岸田稚魚 負け犬
燈籠見えて小徑盡たり八重葎 正岡子規 燈籠
父の忌のひとり踏み入る露葎 古沢太穂 古沢太穂句集
父訪ひ得ぬ葎のかたへ冬薔薇 森澄雄
狸ぬれて葎に歸る秋のくれ 正岡子規 秋の暮
獵の犬蘭の葎に探りけり 正岡子規 蘭
白百合の花大きさや八重葎 村上鬼城
白菊の一もとゆかし八重葎 正岡子規 菊
白菊の一もと白し八重葎 正岡子規 菊
白露や葎に誰の捨車 正岡子規 露
盆の墓葎なす野に飾りをり 村山故郷
目くばせに近づく秋や八重葎 能村登四郎
砂町に顔洗ひをり露葎 石塚友二 光塵
秋雨や蜘蛛とぢて伏す枯れ葎 原石鼎 花影
稲妻や足踏み込んだる八重葎 岸田稚魚 負け犬
突如牛葎を立てり禁泳区 能村登四郎
肘ついてそこに血が凝る露葎 能村登四郎
花火見の人現はれし葎かな 岸田稚魚
葎にも山焼の火の一雫 平畑静塔
葎枯れたれば一炬に附せしなり 阿波野青畝
葎燃ゆいま一本の大焔 高野素十
葎野分すたばからるゝも亦よしや 小林康治 四季貧窮
葛原の神や留守なる八重葎 高野素十
虫葎一つ遽かにものしづか 阿波野青畝
裏窓に葎せまれり鮎番屋 野澤節子 八朶集以後
裸の子葎に牛の色離れ 飯田龍太
裾山や蚋の飛びかふ八重葎 正岡子規 蚋
見れば染むほどに葎の青さかな 右城暮石 句集外 昭和十一年
貧窮や雪解葎も奏でをり 小林康治 玄霜
迎火や風の葎のかげによせ 川端茅舎
野分して葎の中の小菊哉 正岡子規 菊
長岡や葎の中に残る雪 正岡子規 残雪
雉の尾や葎に隠れ松に見え 正岡子規 雉
霜月も末の雨浸む菊葎 水原秋櫻子 霜林
露の玉百千萬も葎かな 川端茅舎
露は明け葎は暗し人征でたつ 加藤秋邨
露草の咲き鏤めし露葎 福田蓼汀 山火
露草の瑠璃一点や露葎 山口青邨
露葎ふれてゆく径岐れけり 稲畑汀子
露葎城はどこからでも見える 伊丹三樹彦
露葎大工現れ鉋研ぐ 伊丹三樹彦
露葎星天昏き他郷かな 上田五千石『田園』補遺
露葎眺むることを祈とす 下村槐太 天涯
露葎薙がれ婆娑たる日のにほひ 石塚友二 磊[カイ]集
露葎鴉のあそふ松少し 石田波郷
高葎打てば晴天の露はらゝ 日野草城
鶉鳴く葎の宿のしるべかな 村上鬼城

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 02:26 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング