蒲の穂 の俳句

蒲の穂 の俳句

蒲の穂 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275727/



蒲の穂 補遺

さざなみをしたがへ蒲の穂の毛槍 鷹羽狩行
アパートの壁が落ちさう蒲の花 佐藤鬼房
一月の蒲の穂ばかりしたはれて 岡井省二 有時
兎かなし蒲の穂絮の甲斐もなく 杉田久女
大いなる蒲の穂わたの通るなり 高野素十
救ひやうなし蒲の穂のこの枯れざまは 桂信子 草影
旅四日蒲の穂を幾度か見し 高野素十
濠ふかき蒲の穂に日のしらじらし 橋閒石 朱明
焦臭きまで林立の 蒲の穂ぞ 伊丹三樹彦
秋晴や蒲の穂絮の稀にとぶ 清崎敏郎
蒲の穂が白き煙を噴き上げる 山口誓子
蒲の穂ぞ 石棺仏と色通う 伊丹三樹彦
蒲の穂に 仏恋期の三樹彦来 伊丹三樹彦
蒲の穂に 付け火したきは暴れ神 伊丹三樹彦
蒲の穂に星がとびつく昔々 佐藤鬼房
蒲の穂に水の消息見ゆるかな 後藤比奈夫
蒲の穂に河童出て寝る月夜かな 上村占魚 鮎
蒲の穂に火をともしあふ狐かな 西島麦南 人音
蒲の穂に竝びてものを言ひにけり 岡井省二 前後
蒲の穂の 立つも失せるも 即今今 伊丹三樹彦
蒲の穂のつんつん沼は日のさかり 林翔
蒲の穂の吹かれて盆の過ぎにけり 清崎敏郎
蒲の穂の夜を日についで秋の風 飯田龍太
蒲の穂の御用提灯勢揃ひ 鷹羽狩行
蒲の穂の手触り誰も知るまいに 飯島晴子
蒲の穂の欝金の雨のふりはじむ 岡井省二 山色
蒲の穂の群立ち不老沢といふ 高浜年尾
蒲の穂の頭振り癖 吹雪癖 伊丹三樹彦
蒲の穂の風筋に日のなだれをり 角川源義
蒲の穂の飛び赴いて行方かな 松本たかし
蒲の穂の飛ぶを仰げば昼の月 松本たかし
蒲の穂の飛ぶを眺めて憩はばや 松本たかし
蒲の穂は剪るべくなりぬ盆の前 水原秋櫻子 秋苑
蒲の穂や醜い家鴨など居らぬ 佐藤鬼房
蒲の穂や雨のかぶさる山羽前 森澄雄
蒲の穂を過ぎてあるくは寂しけれ 岡井省二 有時
蒲の花うすうす見えて梅雨終る 松村蒼石 雪
警棒の色か 形か 蒲の穂は 伊丹三樹彦
雑魚として蒲の穂絮を敷くべかり 佐藤鬼房
霊薬摂つて蒲の穂絮にくるまれよ 中村草田男

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 02:29 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング