睡蓮 の俳句

睡蓮 の俳句

睡蓮 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22805309/



睡蓮 補遺

*かやに寝てまた睡蓮の閉づる夢 赤尾兜子 稚年記
おたまじやくし睡蓮の葉に乗ることも 細見綾子
すはと立つ睡蓮に風とびうつり 阿波野青畝
たまたまの人語なつかし 紅睡蓮 伊丹三樹彦
どうしよう時が流れる未草 佐藤鬼房
のつぴきならぬ水位睡蓮の葉を敷きつめ 津田清子 礼拝
まくらやみモネの睡蓮ただ一花 赤尾兜子 歳華集
まばたきや睡蓮へ馬首立てられて 中村草田男
わが立てば池はモネの睡蓮となる 山口青邨
アテルイはわが誇なり未草 佐藤鬼房
ネクタイをとり睡蓮に気をゆるす 古舘曹人 砂の音
ブルーサファイア選ってる 睡蓮撮った日は 伊丹三樹彦
世に非ぬみそぎの雨の 紅睡蓮 伊丹三樹彦
今生の末遠からず 紅睡蓮 伊丹三樹彦
僧籠り 在家は雨の睡蓮を 伊丹三樹彦
入江あれば睡蓮夢を見つつあり 山口青邨
切味よし卵で作る白睡蓮 香西照雄 素心
咲きつぎて睡蓮沼の名に恥ぢず 鷹羽狩行
墨染の蝶に睡蓮浄土かな 後藤比奈夫
夏帽新しく睡蓮に昼の風あり 尾崎放哉 大正時代
夕されば睡蓮紅を濃くし閉づ 山口青邨
大沼の端をとほりぬ未草 山口青邨
大鯉のけむりと消えぬ緋睡蓮 鷲谷七菜子 天鼓
宵に舞姫を 朝に睡蓮を 伊丹三樹彦
山の池底なしと聞く未草 稲畑汀子
山祗と覚め睡蓮の白つぼみ 古沢太穂 火雲
後山の池に二つ葉黄睡蓮 飯田蛇笏 椿花集
日盛を来て会ふモネの睡蓮に 後藤比奈夫
星明り 睡蓮は閉じ 沙羅は散り 伊丹三樹彦
月光りつ睡蓮しぼむ秋のくれ 渡邊水巴 富士
未草 名立たる巌に 名立たる書 伊丹三樹彦
未草 未の刻の まくれない 伊丹三樹彦
未草 未以前の 以後の 刻 伊丹三樹彦
未草 水鶏は浮葉踏み外さず 伊丹三樹彦
未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子
未草孔雀のたたむごと畳みぬ 阿波野青畝
本降りとなってしまいぬ 紅睡蓮 伊丹三樹彦
気休めの分銅めいて烏瓜 佐藤鬼房
水から少年 身丈を凌ぐ睡蓮抱き 伊丹三樹彦
水神に 腰巻(ドウティ)奪られて 睡蓮得て 伊丹三樹彦
池めぐり睡蓮の座に近づかず 鷹羽狩行
池心への泳ぎ 睡蓮捧げんと 伊丹三樹彦
池見れば睡蓮赤くいくさ来む 山口青邨
没落や睡蓮の甕地より生え 鷹羽狩行
沼ふかき睡蓮は死と表裏して 古舘曹人 能登の蛙
泉邸の睡蓮ねむるときに来し 阿波野青畝
涸沼や日の睡蓮の泥眼 角川源義
狼藉のもの睡蓮の芽を蹴り摧く 山口青邨
産土や睡蓮の黄の極淡く 飯島晴子
白靴に場の睡蓮夕焼けぬ 飯田蛇笏 霊芝
百越えていて ひといろの 紅睡蓮 伊丹三樹彦
眼中に睡蓮の趺坐匂ふかな 秋元不死男
睡蓮が大花ひらく山の池 平畑静塔
睡蓮が閉ぢ金星の出るけはひ 鷹羽狩行
睡蓮そよげり袈裟まとわねばまだ少年 古沢太穂 火雲
睡蓮にとどきて若き声反へる 橋閒石 朱明
睡蓮にひそみし緋鯉恋いわたる 西東三鬼
睡蓮にぴりぴり雷の駆りけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
睡蓮に一本の草添ひ映る 桂信子 花影
睡蓮に問う 雨の日のモネの起居 伊丹三樹彦
睡蓮に在り朝の餉の前と後 安住敦
睡蓮に外人の声ひゞきあへり 桂信子 月光抄
睡蓮に影の睡蓮ありてかなし 平井照敏 猫町
睡蓮に日影とて見ぬ尼一人 飯田蛇笏 山廬集
睡蓮に睡る刻来て山の影 桂信子 草影
睡蓮に胸のあたりを切らるるよ 永田耕衣
睡蓮に跼みしことは今はじめ 後藤夜半 底紅
睡蓮に跼みてゐしを妻に見らる 安住敦
睡蓮に躍るこころの水を見ず 赤尾兜子 玄玄
睡蓮に険しき人と思ひけり 飯島晴子
睡蓮に雨が明るみ且つ暗み 上村占魚
睡蓮に雨意あり胸の釦嵌む 中村草田男
睡蓮に鰐鳴りのたてつづくなり 岡井省二 大日
睡蓮に鳰の尻餅いくたびも 川端茅舎
睡蓮の 莟の中の 雨音を 伊丹三樹彦
睡蓮のいづれも浮葉したがへて 鷹羽狩行
睡蓮のいまかけつけし蕾かな 加藤秋邨
睡蓮のかげ惜別の日をはこぶ 原裕 青垣
睡蓮のかすかに揺るる風ならず 清崎敏郎
睡蓮のくれなゐもまた凛々と 山口青邨
睡蓮のここに現じぬ北斗の杓 山口青邨
睡蓮のねむり覚まさむ甕叩き 鷹羽狩行
睡蓮のはたての脛となりゆけり 岡井省二 有時
睡蓮のほとりの水の身じろがず 鷹羽狩行
睡蓮のゆふべ閉ぢてや堂の扉も 伊丹三樹彦
睡蓮のよき隔りの花の数 清崎敏郎
睡蓮の一花のために水に寄る 桂信子 晩春
睡蓮の一花一花の真昼かな 上村占魚
睡蓮の一花寸分傾かず 清崎敏郎
睡蓮の三つ四つと増ゆ まどろめば 伊丹三樹彦
睡蓮の冬沼眼とぢて花ゑがく 山口青邨
睡蓮の十ばかり咲く遠くの座 山口青邨
睡蓮の咲くあり明日に咲くありて 鷹羽狩行
睡蓮の夕とざしつつ葉の勢ふ 松本たかし
睡蓮の少し沈むは睡るらし 安住敦
睡蓮の岩にかしづく二つかな 上野泰 佐介
睡蓮の数だけの空ありにけり 岡井省二 鯛の鯛
睡蓮の明暗たつきのピアノ打つ 中村草田男
睡蓮の未だ水中の莟かな 三橋敏雄
睡蓮の未の刻や帰りなむ 中村草田男
睡蓮の残んの花に越の風 鷹羽狩行
睡蓮の水に二時の日三時の日 後藤比奈夫
睡蓮の水に行き交ふものの影 桂信子 草影
睡蓮の汀に睫長き子よ 星野立子
睡蓮の池も榕樹の木下闇 清崎敏郎
睡蓮の池を見おろす山に来し 山口青邨
睡蓮の浮葉たひらのまま黄ばみ 鷹羽狩行
睡蓮の浮葉漸く多きかな 高野素十
睡蓮の浮葉返りて雨強し 清崎敏郎
睡蓮の白いま閉づる安堵かな 野澤節子 鳳蝶
睡蓮の白貌ここに山の池 山口青邨
睡蓮の眠りに白馬過ぎゆけり 桂信子 草影
睡蓮の紅を去る人はや遠し 古舘曹人 能登の蛙
睡蓮の紅白にやや離れて黄 鷹羽狩行
睡蓮の花が坐禅を組むやうに 後藤比奈夫
睡蓮の花のをはりは水底に 加藤秋邨
睡蓮の花の吹き曲げられてをり 清崎敏郎
睡蓮の花の汀に亭の階 松本たかし
睡蓮の花へ浮葉へ山雨かな 鷹羽狩行
睡蓮の花を閉ぢ葉を重ねあひ 鷹羽狩行
睡蓮の花沈み今日のこと終へず 臼田亜郎 定本亜浪句集
睡蓮の葉があれば乗るみづすまし 山口誓子
睡蓮の葉のひしめきに花ひそむ 高浜年尾
睡蓮の葉の押さへたる水に雨意 中村草田男
睡蓮の葉裏かげろふ鳥翔たす 角川源義
睡蓮の蕾むともはや眠るとも 鷹羽狩行
睡蓮の蕾動きぬ伸び上り 高野素十
睡蓮の鉢に雨ふる静かかな 山口青邨
睡蓮の閉ざしたる色には触れず 飯島晴子
睡蓮の雨に窄みて刻は知らず 安住敦
睡蓮の黄が寂光を放ちたる 後藤比奈夫
睡蓮ひらく平安愁ひにも似たり 上田五千石『風景』補遺
睡蓮ひらく汀ちひさき風の唄 鷲谷七菜子 銃身
睡蓮ぽっつん 牛小屋裏の沼でした 伊丹三樹彦
睡蓮やまづ暮のいろ石にあり 加藤秋邨
睡蓮や十尺筧渡したり 石川桂郎 四温
睡蓮や壺中の月日澱みなく 上田五千石『田園』補遺
睡蓮や挿絵も自筆の秘冊あり 中村草田男
睡蓮や木かげくぐりきし身にちかく 大野林火 冬青集 雨夜抄
睡蓮や死ならぬもの以て肉浄めよ 中村草田男
睡蓮や水輪のこさず驟雨去り 鷹羽狩行
睡蓮や河馬のごとくに健康で 草間時彦 中年
睡蓮や目立の音に甕坐る 秋元不死男
睡蓮や金魚は水面好むもの 平畑静塔
睡蓮や雨後の洋傘巻き直し 鷹羽狩行
睡蓮や鬢に手あてて水鏡 杉田久女
睡蓮や鷺が来鷭が遊ぶ杭 村山故郷
睡蓮をもたげし水のうねりかな 鷲谷七菜子 一盞
睡蓮をわたり了せて蝶高く 高浜年尾
睡蓮を打つ黄檗の驟雨かな 細見綾子 桃は八重
睡蓮を打つ黄蘗の驟雨かな 細見綾子
睡蓮を摘まんと抜き手 ナルシスは 伊丹三樹彦
睡蓮を撮る 天恵の花芯の露 伊丹三樹彦
睡蓮明暗蝙蝠傘は巻きしまま 野澤節子 未明音
睡蓮沿ふ山路ゆきつつ文字つづる 中村草田男
睡蓮点々主情の人の背高く 中村草田男
睡蓮蕾む女のこゑの触れぬとほさ 野澤節子 未明音
神の池は料亭の池睡蓮咲き 山口青邨
紅白の供飯の睡蓮茅舎ねむれ 中村草田男
緋睡蓮虚空くらしと思ひけり 鷲谷七菜子 天鼓
老に二時睡蓮に二時来てをりぬ 後藤比奈夫
老の賜ひし杖睡蓮の花へ曳く 中村草田男
芝生踏み来て睡蓮の冬紅葉(新宿御苑にて) 細見綾子
蝶の白睡蓮の白にうちかたず 山口青邨
見てゐたる睡蓮たふる不意のこと 阿波野青畝
象たちの朝から遠見未草 金子兜太
貴妃非らざれば睡蓮の開かざる 阿波野青畝
雨の日は 雨の糸織る紅睡蓮 伊丹三樹彦
雨はじく睡蓮に寄りがたくして 古舘曹人 能登の蛙
雨宿りかとも 睡蓮を遠見とも 伊丹三樹彦
雨露と 遊びごころの 紅睡蓮 伊丹三樹彦
雷とどろ睡蓮は閉ぢ終んぬる 臼田亜郎 定本亜浪句集
静かさや睡蓮覚めし朝の雨 星野立子
鰯雲まだ咲いてゐる未草 飯田龍太
黄に徹し睡蓮森の名に恥ぢず 古舘曹人 砂の音

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 02:33 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング