茗荷の子 の俳句

茗荷の子 の俳句

茗荷の子 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23167427/




茗荷の子 補遺


いつよりか冥府通信茗荷の子 佐藤鬼房
かなかなやまだ出てをりし茗荷の子 石田波郷
両手にも溢れて庭の茗荷の子 石塚友二 玉縄以後
今前を一寸思わんや茗荷汁 永田耕衣
厨暗し籠の目微光に茗荷の子 山口青邨
句をやめむは生絶つごとし茗荷の子 下村槐太 天涯
姉がりに来て妻たのし茗荷汁 下村槐太 光背
家族いま人形の如し茗荷汁 永田耕衣
新豆腐茗荷の子には事欠かず 安住敦
昔日は捨反古ならず茗荷汁 上田五千石 天路
書斎より見て茗荷の子採りに出づ 安住敦
朝は涼しい茗荷の子 種田山頭火 草木塔
煤が煤むすび長けたり茗荷汁 石川桂郎 含羞
畑の子の手にのせてくる茗荷の子 飴山實 花浴び
祝はるゝ一椀はこれ茗荷汁 高野素十
秋雨や温泉の香のつきし茗荷汁 川端茅舎
老が歯のきれ味ゆかし茗荷の子 正岡子規 茗荷の子
職棄ててよりの歳月茗荷汁 安住敦
胸閉ぢて混り食ふなり茗荷汁 石塚友二 方寸虚実
茗がよりかしこきふりや茗がの子 正岡子規 茗荷の子
茗荷の子そちにもこちにも山妻に 山口青邨
茗荷の子瘠せたり天地暑くして 山口青邨
茗荷の子白く花咲き露けしや 山口青邨
茗荷の子踏みし匂ひや蹤ききたる 加藤秋邨
茗荷よりかしこさうなり茗荷の子 正岡子規 茗荷の子
茗荷汁さてはからだが忘られぬ 永田耕衣
茗荷汁つめたうなりて澄みにけり 村上鬼城
茗荷汁にうつりて淋し已が顔 村上鬼城
茗荷汁ほろりと苦し風の暮 日野草城
茗荷汁一ト□諾と申しけり 阿波野青畝
茗荷汁前の世の河まだ渡る 永田耕衣
茗荷汁如何なる道を外したる 永田耕衣
茗荷汁沈金彫が冴えにけり 阿波野青畝
蕗の薹のわすれかたみや茗荷の子 正岡子規 茗荷
裏畑にゆくは茗荷の子をとると 山口青邨
迎へたる蟷螂の子や茗荷の子 相生垣瓜人 負暄
金色に茗荷汁澄む地球かな 永田耕衣
青紫蘇にも茗荷の子にも恩多し 安住敦
飛弾より電話茗荷汁喰べをれば 細見綾子
飾箕に飾りたりけり茗荷の子 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 02:38 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング