トマト の俳句

トマト の俳句

トマト の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22813900/


トマト 補遺

つやつやと透くやうなトマト咬むところ 加藤秋邨
ひでりばたけの火のようなトマトのみずみずしさよ 荻原井泉水
もいでもたべても茄子がトマトがなんぼでも 種田山頭火 自画像 落穂集
もぐ蕃茄ぬくみて四方に雲むれぬ 飯田蛇笏 春蘭
アスパラ北より早生トマト南より 鈴木真砂女 夕螢
サンドウイッチにも半島の胡瓜とトマト、お弁当です 荻原井泉水
トマトなほ累々と青し鰯雲 木村蕪城 一位
トマトにはトマトの味の残暑かな 石田勝彦 秋興以後
トマトに塩いまも若子の位置われに 野澤節子 未明音
トマトもぐ背が抗ひてゐたるなり 加藤秋邨
トマトを掌に、みほとけのまへにちちははのまへに 種田山頭火 草木塔
トマトジュースは胃潰瘍色スモッグ満つ 草間時彦 中年
トマト二顆づつ白布ばかりの卓の上 林翔 和紙
トマト熟れ妻少年の語をあやつる 安住敦
トマト熟れ爛れて赤く秋暑し 山口青邨
トマト甘藍英字新聞朝の八百屋 渡邊白泉
トマト真赤みな子をつれてきょうだい寄る 古沢太穂 三十代
トマト苗伸びし練馬区畑ばかり 村山故郷
万博に巨大トマトのおどけたる 平畑静塔
下駄やトマト漂ふ海の親しさよ 津田清子 礼拝
二階より駈け来よ赤きトマト在り 角川源義
初蝶を見たりトマトだけの昼餉 細見綾子
剪る蕃茄や露にふつつりと 山口誓子
千萬の宝にたぐひ初トマト 杉田久女
台所赤くなるほどトマト置く 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
同じ木の紅蕃茄のみ暮るるなり 山口誓子
夕立晴れたトマト畑に出て食べる 種田山頭火 自画像 落穂集
好きといふ露のトマトをもてなされ 川端茅舎
妻も濡る青き蕃茄の俄雨 山口誓子
完熟のトマトの味を喜べり 右城暮石 天水
寒厨といふといへどもトマト五個 阿波野青畝
強き日がけふも照らしつ青蕃茄 山口誓子
持ち重る茄子やトマトや水見舞 星野立子
新鮮なトマト喰ふなり慾もあり 杉田久女
朝*もぎのトマト一つを袖ぬぐひ 鷹羽狩行
朝に灌ぎ夕べに肥し花トマト 杉田久女
木歩忌のトマトをのこす一品料理(アラカルト) 秋元不死男
村の秋過熟トマトの眺めさへ 飯田龍太
桃トマト小冷蔵庫なれど冷ゆ 日野草城
母美しトマトつくりに面痩せず 杉田久女
沓掛野蕗嬬恋トマト正餐に 上田五千石『琥珀』補遺
泳ぎ来て青き蕃茄を盗みけり 山口誓子
消燈後枕頭のトマト熟し初む 岸田稚魚 負け犬
港湾ここに腐れトマトと泳ぐ子供 金子兜太
潮浴みし午後はトマトにくもりけり 大野林火 冬雁 昭和二十一年
爽かやとろりとすするトマト汁 日野草城
癩夫婦西日のトマト手より手へ 石田波郷
白晝のむら雲四方に蕃茄熟る 飯田蛇笏 山響集
百姓の蕃茄食ひ去るおのが畑 山口誓子
空は朝焼トマトの紅はまだうすく 山口青邨
立枯れのトマトはトマト日は暈生み 橋閒石 朱明
累々と実をつけトマト立枯るる 右城暮石 句集外 昭和四十六年
育てたる妻をしのぎて蕃茄の木 山口誓子
花冷や茄子にトマトに季節なく 鈴木真砂女 夕螢
菜種梅雨トマト温室青みどろ 百合山羽公 寒雁
蕃茄食ひ今過ぎし駅名を忘る 加藤秋邨
處女の頬のにほふが如し熟れトマト 杉田久女
虹すでに消えぬトマトの籠を抱く 橋閒石 雪
誰彼に蕃茄を頒つこと約す 山口誓子
豆も咲き鵜宿門べの蕃茄生る 飯田蛇笏 春蘭
豚首据えた市見え トマトジュースの朝 伊丹三樹彦
踊り子にトマトのこれる畑かな 永田耕衣
降り足りし雨に育ちぬ花トマト 杉田久女
雉子鳴く下にトマトの紅ひと切れ 飯田龍太
靄の視界電柱二本青トマト 川端茅舎
青尻トマト又一菜に詩人たり 上田五千石『琥珀』補遺
頒つこと蕃茄のほとりにて約す 山口誓子
颱風のけふも終るや籠に蕃茄 山口誓子
麺麭とトマトバッハの曲からペトロの声 中村草田男

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 02:47 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26114289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング