凌霄花 の俳句

凌霄花 の俳句

凌霄花 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800894/



凌霄花 補遺

あしたより天の灼けつゝ凌霄花 百合山羽公 春園
おんばしら見むと凌霄咲き昇る 林翔
くろぐろと夜空なだるる凌霄花 岡本眸
この庵の尼の住まへる凌霄花 森澄雄
その子ずけずけ亡父を語るのうぜんかずら 金子兜太
ながあめの切れ目に鬱と凌霄花 佐藤鬼房
のうぜんかづら垣越えて旭の早し 大野林火 冬青集 雨夜抄
のうぜんのかさりかさりと風の月 下村槐太 天涯
のうぜんのもと踊り子の待ち合はす 大野林火 潺潺集 昭和四十年
のうぜんの吹かれて花をおとしけり 百合山羽公 春園
のうぜんの散る日の山の平かな 星野麥丘人
のうぜんの花の蔓より蟻のみち 百合山羽公 春園
のうぜんの花をいたゞき蝉涼し 百合山羽公 春園
のうぜんやけふ荒海の一とたひら 森澄雄
のうぜんや塔婆のごとく風垣立つ 角川源義
のうぜんや服薬暗く身に残り 岡本眸
のうぜんや真白き函の地震計 日野草城
のうぜんや道尋ぬるに煙草買ふ 森澄雄
のうぜんや遺りし者ら顔洗ふ 岡本眸
のうぜんや釘のとび出す塀の裏 古舘曹人 砂の音
ほふしぜみ凌霄かつら花を盡くす 百合山羽公 春園
むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子
わが馬にしばしの陽射しのうぜんかずら 金子兜太
凌霄に井戸替すみし夕日影 西島麦南 人音
凌霄のかづらをかむり咲きにけり 後藤夜半 翠黛
凌霄の光に堪へぬ眼を洗ふ 橋閒石 雪
凌霄の花と羽抜けし鵜の貌と 百合山羽公 春園
凌霄の花に蝉鳴く真昼哉 正岡子規 凌霄花
凌霄の花の封印鉄の門 上田五千石『田園』補遺
凌霄の花凌霄の花の蟻 後藤夜半 底紅
凌霄の花落ちて魚棲まぬ水 橋閒石 雪
凌霄の落花に蕾まじりたる 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
凌霄の蟻を落して風過ぎぬ 稲畑汀子
凌霄の高きより垂れ御師の家 能村登四郎
凌霄の鳥の巣ひひなかへりけむ 山口青邨
凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
凌霄やからまる縁の小傾城 正岡子規 凌霄花
凌霄や一つる垂れし花かつら 正岡子規 凌霄花
凌霄や刻を待たずに山の雨 岸田稚魚
凌霄や小銭欲しくて煙草買ふ 森澄雄
凌霄や暗き窓より人の顔 岸田稚魚 紅葉山
凌霄や朝の千曲へ虻唸る 森澄雄
凌霄や温泉の宿の裏二階 正岡子規 凌霄花
凌霄や煉瓦造りの共うつり 正岡子規 凌霄花
凌霄花したたか浴びし朝雫 能村登四郎
凌霄花に夕日まだあり水を打つ 星野立子
凌霄花に沈みて上るはね釣瓶 星野立子
凌霄花に蝉のたよむら隣りたる 百合山羽公 春園
凌霄花に鵜川もあつき日をあげぬ 百合山羽公 春園
凌霄花の咲き垂れし門父母います 加藤秋邨
凌霄花の朱に散り浮く草むらに 杉田久女
凌霄花の灼土に花のおびたゞし 百合山羽公 春園
凌霄花の窓より灼くる街のみち 百合山羽公 春園
凌霄花の落ちてかかるや松の上 山口青邨
凌霄花や思ひのいつか丈となり 鷹羽狩行
凌霄花や旦の蝉の啼きいづる 百合山羽公 春園
凌霄花咲いてゐたりしどこなりしや 安住敦
凌霄落花人を馘りたりしこと 日野草城
名も知らぬ木に凌霄のさかり哉 正岡子規 凌霄花
噴井あり凌霄花これを暗くせり 富安風生
塞の神のうぜんの花うちかぶり 飴山實 次の花
塵とりに凌霄の花と塵すこし 高野素十
夕立やのうぜんかつらたちさわぎ 百合山羽公 春園
夭逝の蕩児なりけり凌霄花 佐藤鬼房
子鴉に凌霄花日ごと咲きのぼり 松村蒼石 寒鶯抄
家毎に凌霄咲ける温泉かな 正岡子規 凌霄花
寧んぜば老いむよ雨の凌霄花 岡本眸
廃屋と見えて凌霄の残り花 能村登四郎
手の切れるやうな朝来て凌霄花 能村登四郎
旅に遭ふ岬のまつり凌霄花 能村登四郎
松高き限りを凌霄咲きのぼる 橋本多佳子
櫛のみね光らせ農婦のうぜんに 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
武家屋敷の臆病窓に凌霄花 松崎鉄之介
湖のへに凌霄かづら咲きのぼる 角川源義
滝水を引きのうぜんの花咲かす 右城暮石 虻峠
百日紅となりにのうぜんかづらいま 篠原梵 年々去来の花 中空
笠雲の岩木間近に凌霄花 佐藤鬼房
花殖えてきて凌霄の燃え雫 能村登四郎
蔓枯れて姫凌霄の忘らるる 後藤比奈夫
藪裾の凌霄花は日をたかぶらす 角川源義
蜩といまのうぜんの遊び蔓 大野林火 方円集 昭和五十二年
蝉取の凌霄の花おとしゆく 高屋窓秋
蟻地獄のうぜんかつら花垂りぬ 百合山羽公 春園
見し夢の数ほど落ちてのうぜん花 石田勝彦 秋興
踊り子の少年少女のうぜんかずら 金子兜太
車窓いまのうぜんに燃ゆ野川も過き 大野林火 雪華 昭和三十四年
遠く見ゆ草山日照る凌霄花 松崎鉄之介
雨のなき空へのうぜん咲きのぼる 長谷川素逝 暦日
雨夜の空のうぜんかづら咲きのぼり 大野林火 海門 昭和七年以前
風の凌霄ここの覧(み)きれいな岩木山 中村草田男
風の凌霄楽の終曲高まりつつ 野澤節子 未明音
風の凌霄見し眼をつむり昼寝せり 野澤節子 未明音
鵜の宿の凌霄かつら晨の日に 百合山羽公 春園

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 11:30 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26115116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング