はまなす の俳句

はまなす の俳句


はまなす の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22805009/


はまなす 補遺

*はまなすに僅かの日ざし急爆音 佐藤鬼房
*はまなすに幾度行を共にせし 高野素十
*はまなすに白波寄するかぎりなし 山口青邨
*はまなすのたとへば夜の黒眸美女(マラゲーニア) 佐藤鬼房
*はまなすのひと恋しげに百人浜 鷹羽狩行
*はまなすの一叢夜を濃くしたる 佐藤鬼房
*はまなすの傷める花に鰊臭 能村登四郎
*はまなすの匂ひに淫しゐたりけり 飯島晴子
*はまなすの古江細江に加賀言葉 前田普羅 能登蒼し
*はまなすの吹きしぼらるる大輪よ 山口青邨
*はまなすの尖る莟に砂きよら 山口青邨
*はまなすの枯れにつづける一墓域 木村蕪城 寒泉
*はまなすの棘ためらはず髪挿しけり 山田みづえ 木語
*はまなすの白きを咲かす紙漉場 松崎鉄之介
*はまなすの砂丘縮まる傘のうち 古舘曹人 能登の蛙
*はまなすの花の香水鄙びたり 山口青邨
*はまなすの花ひとつとて花の園 角川源義
*はまなすの芽ぶきの沖のはがれ寄る 岡井省二 明野
*はまなすの風に光を加へけり 松崎鉄之介
*はまなすやあはれ江差の鴎島 石塚友二 磊[カイ]集
*はまなすやオホーツクの海重波す 角川源義
*はまなすや人地にありて地を惜しむ 中村草田男
*はまなすや夕潮ながら碁盤波 上田五千石『琥珀』補遺
*はまなすや宵に相寄る峰と月 古舘曹人 樹下石上
*はまなすや小便小僧砂まみれ 佐藤鬼房
*はまなすや樺太までを海の皺 飴山實 辛酉小雪
*はまなすや灯台を日に二つ見て 鷹羽狩行
*はまなすや裏口に立つ見知らぬ子 中村苑子
*はまなすや離ればなれに墓標立つ 母国拾遺
*はまなすや靴を小脇の声透る 佐藤鬼房
*はまなす赤し滞留長き口シヤ船 松崎鉄之介
はまなすが沈む湖底へ青の層 加藤秋邨
はまなすに凧をつなげば花うごく 加藤秋邨
はまなすに己が愁ひをもてあます 鈴木真砂女 夏帯
はまなすに水平線の今しるし 清崎敏郎
はまなすに汐高鳴れば昏るゝかな 鈴木真砂女 夏帯
はまなすに礁透く潮の幾尋ぞ 水原秋櫻子 帰心
はまなすに船の漂流いつか見し 阿波野青畝
はまなすのかをりは遠き薔薇のかをり 中村草田男
はまなすのこの紅とかすべにさしゆび 山口青邨
はまなすの実がくれなゐといふ旅情後藤比奈夫
はまなすの実にひびくもの秋の海 加藤秋邨
はまなすの実に秋寒の風こもり 能村登四郎
はまなすの散るを促すのこぎり草 斎藤玄 雁道
はまなすの数珠のくれなゐ魂迎ヘ 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
はまなすの砂丘の果を作る海 稲畑汀子
はまなすの香水といふ波音も 山口青邨
はまなすは暗き花とぞ沖の風 松村蒼石 雪
はまなすは棘も露けき一砂丘 水原秋櫻子 晩華
はまなすやきのふより濃き空の色 深見けん二
はまなすやサィ口に下りし湖の鳶 水原秋櫻子 晩華
はまなすや今も沖には未来あり 中村草田男
はまなすや多端の葉叢花秀づ 中村草田男
はまなすや季節風吹き鍛へたる 阿波野青畝
はまなすや断崖夕日に夕応へ 中村草田男
はまなすや樺太までを海の皺 飴山實
はまなすや波こまごまと与謝の海 鷹羽狩行
はまなすや涙の重き子買船 平畑静塔
はまなすや石狩河口水平ら 高浜年尾
はまなすや砂丘にたたかい砂丘に墓 古沢太穂 捲かるる鴎
はまなすや細き汽笛の斜里線は 松崎鉄之介
はまなすや親潮と知る海のいろ 及川貞 榧の實
はまなすや遊子立つとき濤激す 阿波野青畝
はまなすや鯛を寄せくる沖津波 水原秋櫻子 帰心
はまなすや黄塵やメモせし頁 加藤秋邨
はまなすを噛めば酸かりし何を恋ふ 加藤秋邨
はまなす折りくるる共産党員の月日 古沢太穂 捲かるる鴎
はまなす群生過去も未来もわれになし 鈴木真砂女 夏帯
墓ここも囲ふ*はまなす南限界 木村蕪城 寒泉
家はまなす塩田小屋の荒れに添ふ 角川源義
家はまなす鰊大尽夢に来む 角川源義
島泊り*はまなすの香に寝落ちけり 松崎鉄之介
弁当の絵のはまなすも花ざかり 後藤比奈夫
指ふれてはまなすを愛づ海荒き 山口青邨
日輪は跳ぶはまなすの巖頭に 古舘曹人 砂の音
朝澄んではまなす色をつくしけり 寒食 星野麥丘人
海青き*はまなすの花香水に 山口青邨
渺茫と歩をはまなすの中よりす 古舘曹人 能登の蛙
濤屏風寄せては倒れ*はまなすに 山口青邨
燈台の陰はまなすの香を高む 古舘曹人 能登の蛙
盆近くはまなすの実の赤きこと 大野林火 月魄集 昭和五十四年
石狩のはまなす花瓣欠け易し 高浜年尾
花咲く木はまなすに並み荒柏 中村草田男
連絡船出でゆく*はまなすに繊き雨 山口青邨
野の花のはまなす濃きに旅ゆけり 山口誓子
風強うしてはまなすに佇ち難し 清崎敏郎
香水の*はまなすの花籠に摘む 山口青邨
髪乱れ風の*はまなすわれに憑く 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 11:39 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26115130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング