病葉 の俳句

病葉 の俳句

病葉 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22804920/


病葉 補遺

とりあへず病葉の柄を手に廻し 飯島晴子
どこまでも桜病葉ふむ道ぞ 山口青邨
なき跡に散るわくら葉を見る日哉 高桑闌更
へげ櫛に似て病葉の黄ばみ落つ 右城暮石 句集外 昭和十一年
よく見ればどこか病葉なりしかな 稲畑汀子
わくら葉にたま~赤し梅の宮 露川
わくら葉に人かげ透ぬ須磨簾 桜井梅室
わくら葉に立や屏風の木地のふち 荷兮
わくら葉に跼みしままの思ひごと 岡本眸
わくら葉の紅濃く人をぬかづかす 岡本眸
わくら葉の肩に散りくと苔に彳つ 伊丹三樹彦
わくら葉の落る間宿る太山哉 松岡青蘿
わくら葉を指にひろへり長やまひ 日野草城
万緑に堪へざる病葉と思ふ 岡本眸
予科練の桜並木の病葉よ(雄翔館) 鷹羽狩行
傷兵に街はことなし病葉など 加藤秋邨
内庭の眺め病葉二三枚 後藤比奈夫
北上川は赤川やなぎ病葉舞ひ 山口青邨
吹きまろぶ病葉あそぶ檜皮屋根 阿波野青畝
咲きいそぐ夕顔や病葉もまた 松村蒼石 雁
女の手背の病葉を取り呉るる 右城暮石 虻峠
川魚を料る水捨つわくら葉に 細見綾子
思ひがけなき葉も染めて病葉は 右城暮石 句集外 昭和十年
柳病葉川に散りつつ小料理屋 山口青邨
櫨の木の火の病葉を舟の上 石田勝彦 雙杵
水行場黄の病葉の二三枚 右城暮石 天水
流れゆく胡桃病葉梅雨の川 山口青邨
流水に胡桃病葉のりにけり 清崎敏郎
滝壺の水病葉を弄ぶ 右城暮石 散歩圏
病葉といはれゐる葉の裏衣 後藤比奈夫
病葉と散るその影と地に合ひぬ 橋閒石 雪
病葉にわが靴なんぞ鳴りひびく 大野林火 冬青集 雨夜抄
病葉に寄り来ては散る渕の魚 右城暮石 句集外 昭和五十五年
病葉に絶えぬふすべの煙かな 阿波野青畝
病葉に雨の高まり来てはやむ 右城暮石 句集外 昭和十八年
病葉のこれぞまことにかくれみの 星野立子
病葉のはなやぎ落つる墓の上 村山故郷
病葉のはら~とはら~と散る 星野立子
病葉のひとつの音の前後かな 阿波野青畝
病葉のふりつむ径は神馬寮 百合山羽公 春園
病葉のほそきが落つる早さかな 阿波野青畝
病葉の上に病葉一日過ぐ 桂信子「草影」以後
病葉の乗りたる水の走りけり 石田勝彦 秋興以後
病葉の散るとてかへる山家かな 前田普羅 普羅句集
病葉の泛べる水のきらりとす 清崎敏郎
病葉の渦にのりゆく迅さかな 石橋秀野
病葉の立てたる音をもて一偈 後藤比奈夫
病葉の身に触る時国家を去れり 大野林火 月魄集 昭和五十五年
病葉はからくれなゐに病めりけり 阿波野青畝
病葉もたのしきものに打水す 右城暮石 句集外 昭和九年
病葉も落ちぬ月日も過ぎてゆく 高野素十
病葉や学問に古る白浴衣 原石鼎 花影
病葉や淫祠なりとて毀たるゝ 日野草城
病葉や百姓の顔突出して 飯島晴子
病葉や石にも地にも去年のやう 前田普羅 普羅句集
病葉や老病死生常なれど 福田蓼汀 秋風挽歌
病葉や芭蕉は道の花摘まず 平畑静塔
病葉や荊棘の道他ならざる 石塚友二 方寸虚実
病葉や銃後てふ語の仮睡めく 秋元不死男
病葉や鋼のごとく光る海 飴山實 おりいぶ
病葉をおとしおとして梅古木 山口青邨
病葉を掃くに健康なる手足 後藤比奈夫
病葉を焚く火の小さく夕ごころ 大野林火 月魄集 昭和五十四年
病葉を蔵して大樹おとろへず 阿波野青畝
病葉散る寂光ふるき墓ばかり 村山故郷
突然に病葉雲の峰よぎり 上野泰 佐介
色失せて病葉白し霧に散る 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
雨のごと降る病葉の館かな 杉田久女
雨蛙病葉色をしてゐたり 右城暮石 句集外 昭和五十九年
駒つなぎざくらと言はむ病葉黄 山口青邨
高きより落つ病葉の低き誘ふ 大野林火 月魄集 昭和五十四年

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 17:23 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26115887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング