秋近し の俳句

秋近し の俳句

秋近し

あさがほや蔓に花なき秋どなり 室生犀星 魚眠洞發句集
おのづから秋を待つ句の詠めしかな 久保田万太郎 流寓抄以後
わが一人行水了へつ秋隣 露月句集 石井露月
亡き妻を心に抱き秋を待つ 井上兎径子
仲見世の提灯ゆらり秋を待つ 野口 聖
六甲に雲ひとひらや秋隣 谷迪子
切手など買ひ足しおかねば秋隣 高澤良一 寒暑
原宿と越すさき聞きぬ秋隣 久保田万太郎 流寓抄以後
垣ずりにゆく灯明るし秋隣 金尾梅の門 古志の歌
夕べ遊ぶこどもの声や秋隣 増田龍雨 龍雨句集
妹とまたも仮寓や秋どなり 吉武月二郎句集
室内の調度に目のゆく秋隣 高澤良一 寒暑
山水のつまづく音や秋隣 石田勝彦
帚木に一樹のかたち秋隣 斎藤玄
庭先を猫歩み居り秋隣る 内田百間
手にとる本手にとらぬ本秋隣 高澤良一 寒暑
木喰に膝詰めてゐる秋隣 下田稔
松が根に小草花さく秋隣 秋近し 正岡子規
松風や紅提灯も秋どなり 芥川龍之介
松風や紅提灯も秋隣(鵠沼谷崎潤一郎幽棲、七年) 芥川龍之介 我鬼句抄
此上は比叡の座主の秋を待つ
池ありて鯉すむと聞けり秋隣 久保田万太郎 流寓抄以後
泊船や誰かはなひる秋隣 東洋城千句
涼しさの腹にとほりて秋ちかし 涼し 正岡子規
渋柿の渋の抜け去る秋を待つ 大谷句佛 我は我
燈台に灯すこゝろや秋隣り 飯田蛇笏
白ちりめん機音波音秋隣る 土田祈久男 『素心』
白楊の梢つぶやくに似て秋隣 加藤楸邨
矢印に少し引力秋隣 町山直由
秋ちかき心の寄や四畳半 芭蕉 (元禄七年六月廿一日大津木節庵にて)
秋ちかく隠亡昼をねむりけり 麦南
秋を待つ佛具一つを買ひ足して 野見山ひふみ
秋を待つ行燈はるや宿の妻 高田蝶衣「青垣山」
秋隣そののち久し夏休 高橋睦郎
秋隣る柴の籬や種胡瓜 今成無事庵
秋隣沮池の鷺草を鉢に愛づ 内藤吐天 鳴海抄
秋隣美御前悪王子 高橋睦郎「遊行」
竹の幹秋ちかき日ざし辷りけり 室生犀星 魚眠洞發句集
箒木に一樹のかたち秋隣 斎藤玄 雁道
米借りて背負ひ帰るや秋隣 松本長
綺羅星を噴く死火山や秋隣 岡田貞峰
老を呼ぶ鳩も吹かれな秋隣 水田正秀
腹うすく仰臥つづけり秋隣 石田波郷
苔づける百日紅や秋どなり 芥川龍之介
草庵の壁に利鎌や秋隣 飯田蛇笏「山廬集」
薬壜の口のひかりて秋隣 佐藤美恵子
軒影に日のうつろいや秋隣 小田一美
過ぎしこと水に流して秋を待つ 南雲糸虫
野の果の空井戸のぞく秋隣 橋石 和栲
鉢の葦ふときもかしぎ秋隣 木津柳芽
風の値を硝子に聞けよ秋隣 高橋睦郎 稽古
飯びつに又乗る猫や秋隣 増田龍雨 龍雨句集
飯櫃にまたのる猫や秋隣 龍雨
鶏の寝言聞きけり秋隣 窪田英治

秋近し 補遺

でで虫や椎のさざめく秋隣 森澄雄
ゆふべゆふべひぐらし鳴いて秋近し 正岡子規 秋近し
ゆふべゆふべ何やら啼いて秋近し 正岡子規 秋近し
一夜さは物も思ふて秋近し 正岡子規 秋近し
佛心の竹にも見えし秋隣 森澄雄
墓松に玉虫とるや秋近く 飯田蛇笏 山廬集
売り値待つ繭の主や秋近き 河東碧梧桐
夜咄や浦の笘屋の秋近き 正岡子規 秋近し
天神に祭ある日や秋近し 村山故郷
山水のつまづく音や秋隣 石田勝彦 百千
山里や秋を隣に麦をこぐ 正岡子規 秋近し
岐阜提灯ともして秋を待つこころ 三橋鷹女
星の空も秋近き風呂水流す音 種田山頭火 自画像 層雲集
朝顔の一日一日にあき近し 正岡子規 秋近し
朝顔の朝々咲て秋近し 正岡子規 秋近し
松が根に小草花さく秋隣 正岡子規 秋近し
桁丈といふも着のみや秋近し 石塚友二 光塵
漁夫も亦婚約せるや秋を待つ 山口誓子
燈台に灯すこころや秋隣 飯田蛇笏 山廬集
白楊(どろ)の梢つぶやくに似て秋隣 加藤秋邨
秋を待つ歌舞伎の馬の脚二人 有馬朗人 立志
秋近きてすりに凭るや月二つ 飯田蛇笏 山廬集
秋近き世をなりはひの似顔絵師 三橋鷹女
秋近き小蜥蜴走すや時の波 中村草田男
秋近き窓のながめや小富士松 正岡子規 秋近し
秋近き雲の流れを簾越しかな 臼田亜郎 定本亜浪句集
秋近き風の中行く五湖めぐり 高浜年尾
秋近き風鈴となりねむられぬ 三橋鷹女
秋近く朝顔の花開きけり 正岡子規 秋近し
秋近く桔梗は咲てしまひけり 正岡子規 秋近し
秋近しとんばう蛻けて橋柱 村上鬼城
秋近しタベの汐に光りなく 鈴木真砂女
秋近し七夕恋ふる小傾城 正岡子規 秋近し
秋近し土間の日ひさること二寸 村上鬼城
秋近し夕ベの汐に光りなく 鈴木真砂女 生簀籠
秋近し岬の青嶺に潮ひびく 村山故郷
秋近し旅びとは泣くものなりや 富澤赤黄男
秋近し朝顔の花二ツ咲く 正岡子規 秋近し
秋近し桔梗を契る別れ哉 正岡子規 秋近し
秋近し熟睡の国に入りしより 斎藤玄 雁道
秋近し石ごもり鳴る水聴けば 上村占魚
秋隣る硯のさきの松の幹 岡井省二 五劫集
箒木に一樹のかたち秋隣 斎藤玄 雁道
老人の働きをりし秋隣 岸田稚魚 紅葉山
耳鳴も樹皮の乾きも秋隣 橋閒石 卯
茶を熱う淹れかへて秋近みかも 上田五千石『琥珀』補遺
草庵の壁に利鎌や秋隣 飯田蛇笏 霊芝
菊の句を選びて菊の秋を待つ 鷹羽狩行
軒の梨虫くひとなりて秋近し 村山故郷
野の果の空井戸のぞく秋隣 橋閒石 和栲
鏡見てゐるや遊女の秋近き 正岡子規 秋近し

秋近し 続補遺

はかなしや蝉さへ秋を待ものを 桜井梅室
又越む菊の長坂秋ちかし 支考
変化めく雲や一夜の秋ちかし 浪化
旅の秋隣の人にまぶられて 土芳
昼がほの赤みに人も秋ちかし 夏目成美
秋ちかき事もわかれのひとつかな 路青
秋ちかき影をあはれむかゞみかな 井上士朗
秋ちかき星の光や膳の上 除風
秋ちかき梢をつもる野鳥哉 寂芝
秋ちかき瘧とならば一葉かな 支考
秋ちかき雲のさはぎや笹の音 魯九
秋ちかくなるや古家のやどり草 鈴木道彦
秋ちかく松茸ゆかし千載山 桃隣
秋ちかしほたる引行浪の文 土芳
秋ちかし明日も御意得む真桑瓜 林紅
秋ちかし苗代あとの稲のたけ 〔ブン〕村
秋ちかし蚊屋の釣手にむしの声 毛〔ガン〕
老を呼鳩も吹れな秋隣 正秀
荻に行も萩にとまるも秋ちかし

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 17:27 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26115894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング