原爆忌 の俳句

原爆忌 の俳句

原爆忌 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/24764772/



原爆忌 補遺

いまはいま向日葵見つむ原爆忌 山口青邨
なめらかに河なめらかに広島忌 雙杵
ふりむきし顔思ひ出す広島忌 花影
ぼろぼろの松毬風鈴原爆忌 山口青邨
まさしくけふ原爆忌「インディアン嘘つかない」
わが国にかなしき行事原爆忌 山口青邨
アロハシャツ刺して朝日や原爆忌 百合山羽公 寒雁
ビルを退けた 黄疸の群 原爆忌 伊丹三樹彦
ペンとる身の 汗の薄味 原爆忌 伊丹三樹彦
ラジオより濁声政治原爆忌 伊丹三樹彦
一房のぶどう浸せり原爆忌 原裕 葦牙
二つ目の原爆の日も過ぎにけり 三橋敏雄
全能母に縋れど天燃え原爆忌
十字路を叩く盲杖 長崎忌 伊丹三樹彦
半日にからぶ仏飯原爆忌 鷹羽狩行
原爆の日の拡声器沖へ向く 西東三鬼
原爆の日の病む手足洗ひをり 石川桂郎 含羞
原爆忌いま地に接吻してはならぬ 中村草田男
原爆忌こころに出でぬ旅一歩 石塚友二 磊[カイ]集
原爆忌の夕空「血池の上澄み」ぞ 香西照雄 対話
原爆忌の日面を跳ぶ烏猫 佐藤鬼房
原爆忌の空を草田男翔るなり 林翔
原爆忌へ一歩つまづく炎天下 小林康治 玄霜
原爆忌わが胃切らるる刹那はも 神楽
原爆忌人は孤ならず地に祈る 飯田蛇笏 家郷の霧
原爆忌使徒のごとくに身灼きをり 小林康治 玄霜
原爆忌即丸山定夫忌なり修す
原爆忌夜は蛾があまた死にに来る 林翔
原爆忌子供が肌を摶ち合ふ音 岸田稚魚 筍流し
原爆忌巣箱守つて静かな樹 秋元不死男
原爆忌強火もて茄子焼きにけり 鈴木真砂女 居待月
原爆忌放熱つづく夜の蘇鉄 鷹羽狩行
原爆忌母の信も十全ならざりき 中村草田男
原爆忌水を呼びゐる夜の畠 岸田稚魚 負け犬
原爆忌汗とめどなく頭は冷えて 未明音
原爆忌継はぎズボンはやりけり 安住敦
原爆忌髑髏面なる事務怪物 中村草田男
台風は東へ曲げて原爆忌 百合山羽公 樂土以後
喘ぐために 原爆忌のデモ 那覇からもだ 伊丹三樹彦
墨の絵となりゆく松や原爆忌 原裕 青垣
夜を通す荷役原爆忌の海に 佐藤鬼房
子を抱き上ぐ脚やや開き広島忌 岡本眸
岳人の残す石文字原爆忌 平畑静塔
左の手が真熱発す原爆忌 赤尾兜子 蛇
布袋草は膨らむ緑原爆忌 佐藤鬼房
帆といふ帆沖にあつめて原爆忌 鷹羽狩行
帷子は涼しけれども原爆忌 後藤比奈夫
広島の原爆忌なり朝焼けて 石塚友二 玉縄抄
広島忌騒がしきまで蝶の群れ 原裕 葦牙
当番が香奠あつめ原爆忌 石田波郷
徳山に兵たし日よ原爆忌 高田風人子
患者らに白炎の空平和祭 佐藤鬼房
教堂に純白の壁原爆忌 飴山實 おりいぶ
日が重い岩に裸寝長崎忌 古沢太穂 火雲
暑くともなほ暑くとも原爆忌 山田みづえ 草譜
柳影さんばら 広島忌また 長崎忌 伊丹三樹彦
汗粒の 鼻が出ばつて 原爆忌 伊丹三樹彦
河にくる四ツ目の海月原爆忌 秋元不死男
河童碑を残す日射しや広島忌 石川桂郎 四温
洗面の水いたはらず原爆忌 上田五千石『琥珀』補遺
流氷の基地いま無人ぞ原爆忌 香西照雄 素心
濡れ藻敷き坐る裸子原爆忌 佐藤鬼房
火を焚けば火はいづこにも原爆忌 鷹羽狩行
焼却炉に物投げ入れて原爆忌 鈴木真砂女 夕螢
焼夷弾筒向日葵を挿す原爆忌 山口青邨
牛洗ふ角をつらねて広島忌 原裕 葦牙
病むものの海老寝ばかりや原爆忌 佐藤鬼房
紅蜀葵の日へ張る花びらの平和祭 古沢太穂 火雲
絵日記に幼な手の藍原爆忌 佐藤鬼房
聖母子像よ数なき母子の原爆忌
舌やれば口辺鹹し原爆忌 伊丹三樹彦
蓮の葉のごわごわさはる原爆忌 平畑静塔
蕣のあさがほいろや原爆忌 燕雀 星野麥丘人
虹彩の歪みて暑き原爆忌 佐藤鬼房
蟻の列のはるかな一端原爆忌 加藤秋邨
身体髪膚皮膚黄がゆゑの原爆忌
進水の船あり原爆忌の海は 石塚友二 曠日
鐘鳴つて大空にある長崎忌 平井照敏
長崎忌目の中に青ばかりの日 平井照敏
雀しきりに砂を浴び原爆忌 鷹羽狩行
電工のいちにち高し原爆忌 秋元不死男
青かげり澄む原爆忌の恋人たち 佐藤鬼房
青年は登山具鎧ひ原爆忌 百合山羽公 寒雁
風鈴の音は剣のごと原爆忌 山口青邨
黒き蝶滑空過ぎぬ原爆忌 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-08-17 17:31 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26115903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング