蓮の俳句

蓮の俳句

蓮 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818541/


蓮 補遺

あけすけに枯茎潰ゆる蓮かな 飯田蛇笏 山廬集
あの世にて逢ふ人あまた蓮ひらく 林翔
あひびきがのろのろ歩く蓮の花 日野草城
あるときは蓮田の上に讃岐富士 富安風生
いちはつや銅蓮よべの雨溢れ 岡本眸
いちまいの蓮田恋をへだてたり 伊丹三樹彦
いと小さき蓮の浮葉の二つ三つ 清崎敏郎
いまが死にごろか白蓮花ひらく 桂信子 草影
うつかりと袖ぬれて蓮植ゑにけり 岡井省二 鯨と犀
うとうとと骨肉わけて蓮紅し 飯島晴子
おのづから鄙めく恋や野に蓮咲き 伊丹三樹彦
お城へゆく路蓮の花ま白なり 尾崎放哉 大正時代
かくれ咲くひとつの蓮や稲の花 水原秋櫻子 残鐘
かたなりに花吹きこほす蓮哉 正岡子規 蓮の花
かならずよ一つ蓮と書き残す 正岡子規 蓮
かゆいところかいてをりたる蓮の花 石田勝彦 秋興以後
くつがへる蓮の葉水を打すくひ 松本たかし
この空を倉の飛びしと蓮洗ふ 岡井省二 有時
さきいても声おとなしや蓮の風 正岡子規 蓮
ざるそばや先にたま~蓮田あり 岡井省二 猩々
しづまりて微動だもせぬ大蓮田 山口誓子
そこら少し片づきしけふ蓮活けぬ 渡邊水巴 富士
そよ風に 座る者待つ 蓮の花 伊丹三樹彦
そり返り蓮の花びら水に浮き 清崎敏郎
それは紅蓮として蓮の見るかぎり白し 荻原井泉水
だらだらと上野下れば蓮の花 正岡子規 蓮の花
ちりうけば吹かれつ蓮の花小舟 正岡子規 蓮の花
なかなかに灯らぬ町や蓮昏れて 伊丹三樹彦
はるかなる亭は脚高し蓮の花 山口青邨
ひと葉巻くほかは蓮の青畳 鷹羽狩行
ひらきゆく蓮の吐きたる虚空かな 上野泰
ひろ~と蓮生ひたる昔かな 高野素十
ふいと来て見しうれしさや蓮の花 正岡子規 蓮の花
ふいと来て見るもうれしや蓮の花 正岡子規 蓮の花
ふきかへす簾の下やはすの花 正岡子規 蓮の花
ほのほのや蓮の花咲く音す池 正岡子規 蓮の花
まかげせる蓮守の大禿頭 佐藤鬼房
むぐつちよが一つゐるらし蓮見舟 雨滴集 星野麥丘人
むすめと母と蓮の花さげてくる 種田山頭火 草木塔
むらさきに変りし蓮や魂祭 後藤夜半 翠黛
わりなしやだれが紅させし蓮の花 正岡子規 蓮の花
わりなしや薄紅させは蓮の花 正岡子規 蓮の花
アマゾン蓮撫でて海外知らずわれ 百合山羽公 樂土
モノレールはるかをゆけり蓮の上 山口青邨
一弁も欠かぬ蓮座に侍して涼し 上田五千石 天路
一歩退かば一歩に溢れ青蓮 岡本眸
一池すべて白蓮なりというその浮葉 荻原井泉水
一花一仏傾くもあり蓮の花 山口青邨
一茎に一仏 かくも蓮花溢れ 伊丹三樹彦
一蓮花得て行く 野辺の万蓮花 伊丹三樹彦
一輪の蓮田に咲けり人遠く 山口青邨
七月の蓮田に頬の隣りゐる 岡井省二 五劫集
丈凌ぐ蓮の茂みに 隠れんか 伊丹三樹彦
下からもつき出す蓮の浮は哉 正岡子規 蓮の浮葉
不忍の泥に蓮咲く旱かな 正岡子規 旱
不忍や精進料理蓮の花 正岡子規 蓮の花
世に遠く咲き遠く散り蓮の花 鷹羽狩行
世の中の朝飯前や蓮清し 正岡子規 蓮
亀の居て破れ蓮の水うごきけり 日野草城
二度跳ねて鯉のけぞりぬ蓮浮葉 渡邊水巴 富士
五陵原モザイクなせる蓮田かな 松崎鉄之介
人もなし月落ちかゝる蓮の池 正岡子規 蓮
人や知る風蓮雨蓮の夕暮 正岡子規 蓮
今頃は蓮にすわつて時鳥 正岡子規 時鳥
仲悪く仲良く蓮の露同士 後藤比奈夫
佛桑花引つこぬき鬼蓮はまだ 岡井省二 鯨と犀
保護地区の万年*泥に蓮芽ぶく 右城暮石 句集外 昭和五十五年
傾城の悟り顔なり蓮の花 正岡子規 蓮の花
僧二人ともに酔ひ居る蓮かな 原石鼎 花影
入相にすぼまる寺のはちす哉 正岡子規 蓮の花
入相の鐘につぼまる蓮哉 正岡子規 蓮の花
六月や風の蓮田も夕まぐれ 石塚友二 玉縄抄
其中に若し甘露もや蓮の露 正岡子規 蓮
利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子 秋櫻子句集
剃刀の如し蓮瓣蓮見翁 永田耕衣
剪らんとす白蓮に手の届かざる 正岡子規 白蓮
十丈の蓮開くや筆の尖 正岡子規 蓮の花
十六夜や鉢なる蓮の露こぼれ 水原秋櫻子 重陽
古寺に真白はかりの蓮哉 正岡子規 白蓮
古池のかたへ蓮咲く真菰哉 正岡子規 蓮の花
古池や蓮より外に草もなし 正岡子規 蓮
合歓咲いて蓮咲いて余呉夢見ごろ 林翔
君と見し蓮池君を見に行かむ 山口誓子
咲き残る蓮に相寄り苔の浪 石塚友二 方寸虚実
咲き進む刻をとどめず蓮の花 稲畑汀子
咲く蓮に 頭擡げず 灼け寝釈迦 伊丹三樹彦
咲く蓮に 頭進める 泳ぎ子ら 伊丹三樹彦
咲立つて小池のせまき蓮哉 正岡子規 蓮
哀れあはれ蝉が蓮田にとびまどふ 山口誓子
嘆きありゆふべ蓮田に沿ひゆけば 伊丹三樹彦
地の上にこむらししむら蓮の花 岡井省二 鯨と犀
城の窓えりの蓮を直に見る 山口誓子
墨染に蓮のうてなを染めにけり 阿波野青畝
夏帽を吹きとばしたる蓮見かな 河東碧梧桐
夕立の露ころげあふ蓮哉 正岡子規 蓮
夜の蓮に婚礼の部屋を開けはなつ 山口誓子
夜の闇にひろがる蓮の匂ひ哉 正岡子規 蓮の花
大寺の蓮の葉すべて承露盤 山口誓子
大蓮の茎に触れば木の堅さ 山口誓子
大蓮の葉の触毛物の皮の触 山口誓子
大蓮の間ベッドを浮かしけり 桂信子 草影
大蓮田吾が眼高に拡がれり 山口誓子
大蓮葉露を置くためみな窪む 山口誓子
大賀蓮花尋常に開きゐし 右城暮石 一芸
大鬼蓮釈迦も羅漢も乗る広さ 百合山羽公 樂土
天上華の許へ君去る地に蓮華 林翔
天日にさらして枯るる蓮かな 富安風生
太湖なる巨きたそがれ青蓮田 山田みづえ 手甲
子とあそぶひねもす殖ゆる蓮浮葉 中村汀女
子規の池浮葉の蓮をふたつ寄す 石川桂郎 高蘆
宗鑑の世の蓮池と聞きしより 稲畑汀子
密生の蓮の大葉の下に闇 山口誓子
富士火口肉がめくれて八蓮華 山口誓子
小さき池に蓮咲きあふれ母ありき 松村蒼石 雪
尼寺に真白ばかりの蓮哉 正岡子規 白蓮
山の日が腰をとほりぬ蓮の花 岡井省二 夏炉
山を降り来しバス蓮の平地走る 右城暮石 句集外 昭和三十四年
山寺に真白ばかりの蓮哉 正岡子規 白蓮
巻葉のび浮葉ひろがる蓮や此時 正岡子規 蓮の葉
巻葉より伸びたる蓮の蕾かな 正岡子規 蓮の花
巻葉上に高く浮葉下に広がる蓮や此時 正岡子規 蓮の葉
帝展に蓮歩をうつす契りかな 飯田蛇笏 霊芝
師の供華に蕾の蓮も添へにけり 松崎鉄之介
広葉あり巻葉浮葉と蓮どころ 鷹羽狩行
床の間に巨き飾壷池に蓮 山口青邨
廃娼区昏れ蓮田の水明り 伊丹三樹彦
廃工場人は見ざれど蓮咲けり 水原秋櫻子 霜林
弁天の石橋低し蓮の花 正岡子規 蓮の花
引きよせて剪らんとす蓮の花散ぬ 正岡子規 蓮の花
引はれば沈む蓮のうき葉かな 正岡子規 蓮の浮葉
御門主の女倶したる蓮見哉 正岡子規 蓮の花
御門主の女召さるゝ蓮見かな 正岡子規 蓮の花
惨として破れたるこの城の蓮 阿波野青畝
手のひらに蓮のごとくに露を受く 篠原梵 年々去来の花 雨
折りとりし蓮の糸のながれつつ 下村槐太 光背
折るべからずの蓮取るべからずの緋鯉哉 正岡子規 蓮の花
折蓮 水溜り しんじつ古び男の顔 伊丹三樹彦
折蓮が 寝鴨が 蓮が また鴨が 伊丹三樹彦
抽んでし一葉躍りぬ月の蓮 岡本眸
掛物は蓮池涼風ゆかりあり 山口青邨
掛軸の蓮咲きゐる青畳 岡本眸
採蓮の歌童謡に聞く日かな 河東碧梧桐
播磨野よ 蓮咲く目路に 父の墓 伊丹三樹彦
故郷がある 墓がある 咲く蓮の彼方 伊丹三樹彦
敗れそむるより枯れそむる蓮かな 清崎敏郎
新蓮の料理もいでて盆らしや 高野素十
新蓮を掘つて祝ひをするとかや 高野素十
日をかへす風のすがしく蓮咲く 角川源義
星ばかり見ないで蓮が開くから 中村苑子
昼中の堂静かなり蓮の花 正岡子規 蓮の花
昼花火おろかにあがる蓮咲けり 富安風生
暁の蓮の台に坐りたし 桂信子 草影
暁の近よりがたき蓮の白 桂信子 草影
暁や靄の中より蓮の花 正岡子規 蓮の花
曲る茎蓮の大きな葉を支ふ 山口誓子
月を湛へて錦鯉露の玉をはらひあへす蓮 正岡子規 蓮
朝の蓮鈴ひくく打ち坐禅解く 古沢太穂 捲かるる鴎
朝の雨蓮ある池を見て過る 正岡子規 蓮
朝曇る蓮田を過ぎて北京を辞す 金子兜太
朝風の引き合ふ蓮の青さかな 山田みづえ 木語
朝風やぱくりぱくりと蓮開く 正岡子規 蓮の花
朝風や相摶ちひらく蓮の花 日野草城
木曽川の恵みを受けて大蓮田 山口誓子
札所まで蓮の葉かざす 俄か雨 伊丹三樹彦
松籟もしづかなるところ蓮咲けり 水原秋櫻子 古鏡
枯るるとき最も蓮のなまめかし 橋閒石 和栲
枯れそめし鬼蓮の葉の一つ浮く 高野素十
枯色の見えゐる蓮も光の中 橋閒石 朱明
根のことは想はず蓮の華を見る 山口誓子
桃色は弁天様のはちすかな 正岡子規 蓮の花
極楽は赤い蓮に女かな 正岡子規 蓮の花
極楽や清水の中に蓮の花 正岡子規 蓮の花
橋低く蓮の浮葉の二ツ三ツ 正岡子規 蓮の浮葉
橋裏に吸ひ着いてゐる蓮広葉 松本たかし
此上にすわり給へとはすの花 正岡子規 蓮の花
此瓶に蓮や生ん濁り酒 正岡子規 濁酒
残り蓮一花やすでに霧がくれ 鷲谷七菜子 天鼓
残る暑さに生まれし蓮の小蓑虫 右城暮石 句集外 昭和六年
母すでに蓮の浮葉の寝嵩かな 鷹羽狩行
母の顔道辺の蓮の花に見き 山口青邨
比良八荒波蓮殻を打ち上ぐる 岡井省二 猩々
水なくて泥に蓮咲く旱かな 正岡子規 蓮の花
水よりも平らに蓮の浮葉かな 鷹羽狩行
水大をたのむ 蓮花と蛇身を手に 伊丹三樹彦
水攻め以後四百年の蓮芽立つ 松崎鉄之介
水晶の珠數の玉なり蓮の露 正岡子規 露
水暗し葉をぬきん出て大蓮華 杉田久女
水泡の相寄れば消ゆ蓮の花 村上鬼城
水洟や仏に咲いて銅の蓮 上田五千石 琥珀
水面に蓮の浮葉が密着す 山口誓子
氷店夜の蓮池に水零す 安住敦
池の面に 釈迦再現の 蓮の花 伊丹三樹彦
池心の蓮唯一の女妻老いそ 中村草田男
池覆う蓮の枯色 旧軍歌 伊丹三樹彦
沖つ風寄せくる白み大蓮田 能村登四郎
沼の蓮生ふると聞きて旅つづく 高野素十
沼蓮を浮葉たよりに採るとかや 高野素十
波なりにゆらるゝ蓮の浮葉哉 正岡子規 蓮の浮葉
泥水を見せぬ蓮のさかり哉 正岡子規 蓮
流れゐるものに蓮の葉盆の海 高野素十
流れ矢の蓮田へ落ちし暮色かな 日野草城
浄瑠璃に泣かされ阿波の蓮田風 藤田湘子 てんてん
浮巣あり大きな蓮の朽葉垂れ 高野素十
浮葉多く巻葉少き蓮かな 正岡子規 蓮の浮葉
海とびし機影蓮田にすすむなり 山口誓子
涼しさや上葉下葉の蓮の露 正岡子規 涼し
涼しさや葉から葉へ散る蓮の露 正岡子規 涼し
涼しさや蛙も蓮にゆられつゝ 正岡子規 涼し
涼しとも蓮の間の舟の路 桂信子 草影
源氏池平家池蓮咲きにけり 草間時彦
炎天の蓮裏返るまで吹かず 石塚友二 光塵
炎昼の*まちは太古や蓮の花 山口青邨
焔の中蓮燈籠の燃ゆるなり 橋本多佳子
焼打も時のかすみに蓮高葉 鷲谷七菜子 天鼓
煽られて蓮の葉白き裏を見す 山口誓子
父に合えるか と 蓮池を跳び歩く 伊丹三樹彦
父の忌のただむつつりや青蓮 斎藤玄 狩眼
物食らう身を蓮瓣と思うなり 永田耕衣
猶加速真白蓮の山河哉 永田耕衣
生きてゐるやうに動くや蓮の露 正岡子規 蓮
用ありて急ぐ葛飾の蓮田道 村山故郷
田にあふれ白蓮ひとつ畦に咲く 水原秋櫻子 秋苑
田の中に蓮咲けり家二つ三つ 正岡子規 蓮の花
田の面に蓮田のしろき花ひらく 水原秋櫻子 秋苑
疾く起きて水車蹈む人や田の蓮 河東碧梧桐
病僧を扶けまゐらす蓮見哉 正岡子規 蓮の花
登呂びとのありし昔の蓮ひらく 百合山羽公 故園
白う咲いてきのふけふなき蓮かな 渡邊水巴 白日
白日に蓮の香渡る広野かな 川端茅舎
白蓮にいま日の昇る寂光土 桂信子 草影
白蓮にうつりて青き灯哉 正岡子規 白蓮
白蓮のさゝみづ澄める茜雲 飯田龍太
白蓮の中に灯ともす青さ哉 正岡子規 白蓮
白蓮の満開屋根に恋雀 右城暮石 天水
白蓮の花に瑕瑾の錆の色 清崎敏郎
白蓮の花びら吹かれ飛ばんとし 清崎敏郎
白蓮の隈どりのごと月のかげ 上村占魚 鮎
白蓮の香にむせかへる小庭哉 正岡子規 白蓮
白蓮やはじけのこりて一二片 飯田蛇笏 霊芝
白蓮や浄土にものを探す風 中村草田男
白蓮や開かば露をこぼすべう 正岡子規 白蓮
白蓮や顔ならば穴開いて居る 永田耕衣
白蓮白シャツ彼我ひるがえり内灘ヘ 古沢太穂 古沢太穂句集
白過ぎてあはれ少し蓮の花 正岡子規 蓮の花
百姓の朝のたばこや蓮開く 上野泰
盆仕度蓮の葉買ひに町に行く(丹波氷上郡) 細見綾子
盆栽の蓮に向ふや夕涼 正岡子規 納涼
盆用意東京で買ふ蓮苧殼 細見綾子
盆過ぎの蓮の繚乱 無人寺 伊丹三樹彦
目が笑ひつゝくれなゐの蓮咲けり 岡井省二 猩々
眞晝彼方に鬼蓮はもう植ゑたるや 岡井省二 前後
真昼なほつつむがごとく蓮の花 山口青邨
眼中の蓮も揺れつつ夜帰る 西東三鬼
石仏の苔なす蓮華踏みたまふ 伊丹三樹彦
石橋の下に咲きけり蓮の花 正岡子規 蓮の花
石段に蓮華を刻む露涼し 山口青邨
立錐の余地なきまでに蓮浮葉 鷹羽狩行
篤信の国遅くまで蓮の花 山口誓子
紅き蓮ねむるや長き夕日さし 百合山羽公 故園
紅蓮白蓮咲き立つ雷雨の後の息 赤尾兜子 歳華集
緋目高のつゞいてゐるよ蓮の茎 原石鼎 花影
美女蹌踉の絵とあり白蓮の西安 金子兜太
耳鳴りは天上の楽蓮ひらく
聴す気はなし紅白の蓮ひらき 飯島晴子
胴まはりに空気の足りぬ白蓮よ 飯島晴子
自動車で走り通りし蓮田かな 右城暮石 虻峠
自棄(やけ)つぱちの如くに蓮田枯れつくす 能村登四郎
興亡や千万の蓮くれなゐに 山口青邨
舟行くや小鬢にさはる蓮の花 正岡子規 蓮の花
船造る大き蓮田の直ぐそこに 山口誓子
芋か蓮か畑あを~と海の方 岡井省二 鯨と犀
花満ちし蓮田を照らし電車過ぐ 鷹羽狩行
花色を吹き上げてゆく蓮の風 稲畑汀子
花蓮のただなかの舟に酒を酌む<玄武湖> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
花蓮の香も向うむきなりしかな 稲畑汀子
芹叢のところ~に蓮浮葉 高野素十
草むらに蓮池の端来てゐたり 山口青邨
草市のくさぐさの中の蓮の花 山口青邨
草市の蓮にたまる埃かな 正岡子規 草市
草市ヤ雨ニ濡レタル蓮ノ花 正岡子規 草市
荷の葉に落ちて音あり松の露 正岡子規 蓮の葉
菜の花や金蓮光る門徒寺 正岡子規 菜の花
葉に礫乗りし鬼蓮昼の星 岡井省二 鯛の鯛
葉に隠れとほして蓮の花全し 津田清子
葉裏よりおちたる蜘蛛や蓮の水 飯田蛇笏 山廬集
葛飾に住みし日古りぬ蓮浮葉 村山故郷
葭切や葭の中なる高蓮 山口青邨
葭雀蓮田に鳴けば阿波の國 岡井省二 夏炉
蓮うへる家に霍乱は来さりけり 正岡子規 霍乱
蓮きそひ咲く競輪場の裏 橋閒石 朱明
蓮さくや行水すてる水溜り 正岡子規 蓮の花
蓮そよぐ上野の嵐くるたびに 正岡子規 蓮
蓮ちるや箕輪はむかし蓮どころ 水原秋櫻子 蘆雁
蓮といふ泥中を出て淡きもの 藤田湘子
蓮に佇つや肋あらはの聖者ならで 中村草田男
蓮に座す君を描かむ人もがな 林翔
蓮に風湧けば 厨子から仏出る 伊丹三樹彦
蓮のため頒つ植田の一画を 山口誓子
蓮のつぼみ幼なく水をのぼりけり 松村蒼石 雁
蓮の中羽博つものある良夜かな 水原秋櫻子 葛飾
蓮の殻十ばかり見てをかしさよ 岡井省二 前後
蓮の紅白を左右にし 藻刈舟 伊丹三樹彦
蓮の花さくや淋しき停車場 正岡子規 蓮の花
蓮の花とらんと向けし舳かな 高野素十
蓮の花はらりと散るを見とどけし 清崎敏郎
蓮の花三輪にして池狭し 正岡子規 蓮の花
蓮の花千万も咲き雷魚棲み 山口青邨
蓮の花咲きしを風の神隠し 鷹羽狩行
蓮の花地声の人の通りけり 桂信子 草影
蓮の花崩れんとしてとどまれる 清崎敏郎
蓮の花白し鈎鼻もて愛せし 津田清子 礼拝
蓮の花百千遠き花近き花 山口青邨
蓮の花虚を囲ふ三四弁 山口青邨
蓮の花開きて風に揉まれゐし 右城暮石 句集外 昭和四十九年
蓮の茎黄色くおどおどとゐるか 飯島晴子
蓮の葉いきれの畦を通りけり(霞ケ浦四句) 鷹羽狩行
蓮の葉が白裏返す浸水地 右城暮石 句集外 昭和三十二年
蓮の葉が青田に立てり大師の国 山口誓子
蓮の葉が風に傾ぎて立ち直る 山口誓子
蓮の葉と芋の葉同じ高さなり 山口誓子
蓮の葉にうまくのつたる蛙哉 正岡子規 蓮の葉
蓮の葉にかくれんとする灯涼し 山口青邨
蓮の葉にかさみて多き盆供かな 飯田蛇笏 霊芝
蓮の葉の 我慢の極の 雨露落す 伊丹三樹彦
蓮の葉のうてなの露は動く珠 山口誓子
蓮の葉のくらき葉の花には月照り 荻原井泉水
蓮の葉のごわごわさはる原爆忌 平畑静塔
蓮の葉のひるがへりては花を見す 山口青邨
蓮の葉の台に円がなるくぼみ 山口誓子
蓮の葉の土橋にのりて大いさよ 星野立子
蓮の葉の大盃をなし傘をなし 清崎敏郎
蓮の葉の揺れるとき葉の総て揺れ 山口誓子
蓮の葉の浮きしところにところを得 鷹羽狩行
蓮の葉の翻りがち 人心も 伊丹三樹彦
蓮の葉の表裏打ち合ふ風の通路 津田清子 礼拝
蓮の葉の露は金剛不壊の珠 山口誓子
蓮の葉の露干るころを郵便夫 飴山實 辛酉小雪
蓮の葉は頭にかぶれ草の市 石田勝彦 秋興
蓮の葉も芋の葉もすぐひるがへる 山口誓子
蓮の葉や水を離れんとして今日も暮る 村上鬼城
蓮の葉や波定まりて二三枚 村上鬼城
蓮の葉を敷きつめること数十畳 鷹羽狩行
蓮の葉を水に浮かせて身は没す 桂信子 草影
蓮の葉押しわけて出て咲いた花の朝だ 尾崎放哉 小豆島時代
蓮の露ころかる度にふとりけり 正岡子規 蓮
蓮の露しづかに今日をしまひたし 古舘曹人 能登の蛙
蓮の露めでたきやうであはれ也 正岡子規 蓮
蓮の題即ち飾る支那美人 山口青邨
蓮の香や舟つなぐ背戸の山かつら 正岡子規 蓮の花
蓮は実に鶴丸城址風ばかり 石塚友二 玉縄抄
蓮ひらきそめし逆光線の池 後藤比奈夫
蓮ひらく人を待つ気になつてをり 燕雀 星野麥丘人
蓮ほのぼの戸いまだあけず湖心亭 正岡子規 蓮の花
蓮を見て来て再びや弥陀の前 山口青邨
蓮を見る鉄に噛まれし手を吊りて 佐藤鬼房
蓮一つ魁咲ける田を植うる 有馬朗人 母国拾遺
蓮切て牛の背にのる童哉 正岡子規 蓮
蓮咲いて 風 その上を その下を 伊丹三樹彦
蓮咲いて百ヶ日とはなりにけり 正岡子規 蓮の花
蓮咲くや旭まだ頬に暑からず 杉田久女
蓮咲くや頬辺の天のおろおろと 永田耕衣
蓮咲けり支那工学舎華美に古り 佐藤鬼房
蓮守に迷路は無きや日闌けゐて 佐藤鬼房
蓮広葉仏に露の珠捧ぐ 山口誓子
蓮広葉芭蕉広葉も今朝の秋 松本たかし
蓮弁の崩れてゐるは此の世なり 山口誓子
蓮持て人中行きぬ尼一人 正岡子規 蓮の花
蓮散華して沈めない 水面の蒼 伊丹三樹彦
蓮散華浮かべるに我慌てけり 永田耕衣
蓮散華美しきものまた壊る 橋本多佳子
蓮料理乙女ごころは沈みがち 飯島晴子
蓮池にめつたなかぶり振りにけり 岡井省二 前後
蓮池に雨繁くなる慈雨愛雨 山口誓子
蓮池の 葉渡り水鶏を 憎しとも 伊丹三樹彦
蓮池のところをかへて翻り 上野泰 佐介
蓮池のみるかげもなく氷雨ふる 上村占魚 鮎
蓮池の前に涼めり作男 高野素十
蓮池の洲の円陣の 濡れ鵜に風 伊丹三樹彦
蓮池の浮葉水こす五月雨 正岡子規 五月雨
蓮池や蛭游ぎいでゝ深き水 河東碧梧桐
蓮池より入日の道へ這ひ上る 西東三鬼
蓮池をおほへる昼の風厚し 松村蒼石 雁
蓮池を一とめぐりせしことも旅 高野素十
蓮沼の沖べの赭き停車場 佐藤鬼房
蓮浮葉失ふものもなく満ちし 中村汀女
蓮濠やすでに日当る人通り 飯田蛇笏 山廬集
蓮瓣や神の顔剃る人現れぬ 永田耕衣
蓮田から露店支へし霧の棒 飴山實
蓮田から露店支へし露の棒 飴山實 少長集
蓮田の蕾とまがふ巻葉かな 鷹羽狩行
蓮田の遠くを低く鴨渡る 清崎敏郎
蓮田も芋の畑も獺祭忌 相生垣瓜人 負暄
蓮田やひとうなだれて来かかりし 伊丹三樹彦
蓮田や町田にてまだ花咲かぬ 山口誓子
蓮田より日にふくれたるふとん見ゆ 細見綾子
蓮田風起ちて形代ながしかな 石田波郷
蓮白し頭叩いて呉れに来る 飯島晴子
蓮真青な夕焼を保母帰る 飯田龍太
蓮破る雨に力の加はりて 阿波野青畝
蓮舟を流す 乗る日を念いつつ 伊丹三樹彦
蓮花紅白ぼつそりと乳房ありけり 飯島晴子
蓮若葉雨のかたまりのびちぢみ 加藤秋邨
蓮蓮(レンレン)ト泥咲カスナリ暁暗忌 永田耕衣
蓮見舟えりの潰えを路とする 山口誓子
蓮見船は蓮に隠れて翡翠飛ぶ 正岡子規 蓮
蓮見茶屋ドーンと遠き音は何 波多野爽波
蓮見茶屋箪笥の鐶に手紙さし 星野立子
蓮開く一鈍音を放送す 相生垣瓜人 明治草
蓮開く音聞く人か朝まだき 正岡子規 蓮の花
蓮青し蟻逃れても逃れても 岡本眸
蕾稚し筆のごとくに蓮の花 山口青邨
蚊帳吊るが見ゆ夕風の大蓮田 松村蒼石 雪
蛙出て蓮の安否尋ねけり 正岡子規 蛙
蜻蛉や蓮の莟に一つつゝ 正岡子規 蓮の花
蠅遅々と供華の白蓮渉りけり 日野草城
行き戻りては蓮浮葉吹かれをり 清崎敏郎
行水をすてる小池や蓮の花 正岡子規 蓮の花
衣擦の音して蓮の開くちふ 相生垣瓜人 明治草
補陀落渡海の船底板の蓮の花(那須) 細見綾子
西むいてさいたのもあり蓮の花 正岡子規 蓮の花
西子湖の蓮の葉ことごとく大破 鷹羽狩行
覚束な遊女が後世の蓮の数 正岡子規 蓮
記にありし蓮池といふものも無し 高野素十
豆よりも細き灯や蓮の亭 正岡子規 蓮
赤城嶺に朝の雲居り蓮ひらく 水原秋櫻子 浮葉抄
跼まれば蓮がくれなり日の下に 石田波郷
身に入むや臺破るゝ蓮の風 正岡子規 身に入む
辛酒や村一番の蓮が咲き 平畑静塔
途上に梅 桜 果てには蓮の花 伊丹三樹彦
遅れ蓮こぞる宗治無念の地 上田五千石『琥珀』補遺
遅月のかげを艫にひく蓮見舟 飯田蛇笏 白嶽
道遠し吹かるるからに蓮白く 橋閒石 卯
遠き世の如く遠くに蓮の華 山口誓子
重なるといふこと覚え蓮浮葉 後藤比奈夫
野の蓮咲けり娼家の裏見えて 伊丹三樹彦
野外劇南風の蓮池音たてず 藤田湘子 途上
鈍行列車ときどき加賀の蓮田かな 山田みづえ まるめろ
銅蓮と異なる生の大蓮葉 山口誓子
長かれと水の下にて蓮を剪る 正岡子規 蓮の花
門前の老婆利を貪るや蓮の花 正岡子規 蓮の花
闇の中たゞ一輪の蓮を見る 山口青邨
雑草に生え残りたる蓮の花 右城暮石 句集外 昭和七年
難として全き真白蓮かな 永田耕衣
雨脚の光一瞬白蓮 桂信子 草影
雨許す蓮の浮葉のひろごりに 亭午 星野麥丘人
霧の中蓮咲き烏のはばたきも 山口青邨
霧の中蓮田の空を小鴨とぶ 右城暮石 句集外 昭和八年
露まみれ喜ぶ野性蓮は弾く 香西照雄 素心
露章は弦の名手その塚蓮咲いて 山口青邨
靄深き朝や蓮田の中を行く 正岡子規 蓮
青すだれ乳繰るそとの蓮のうてな 三橋敏雄
青蓮が銅蓮に見え仏も見ゆ 山口誓子
青蓮の圧倒へ目を張りづめに 岡本眸
青蓮は敷きて弁財天ゐます 山口青邨
青蓮をはや夕闇のくぐりそむ 山口青邨
青蓮を翻しつつかぜ林泉に湧く 伊丹三樹彦
音立てて夕焼退けり青蓮 岡本眸
風に起きる蓮の浮葉の大いさよ 原石鼎 花影
風の蓮広し荒海さながらに 阿波野青畝
風の蓮紅にまさりし白蕾 野澤節子 飛泉
風の蓮餘命の母の胸の艶ン 小林康治 玄霜
風波をおくりて深き蓮の水 飯田蛇笏 霊芝
首無地蔵キリストあやす蓮の花 山口青邨
駅裏に旧知の蓮田金沢へ(能登へ) 細見綾子
鬼蓮に乗りて菱採る夢を見し 後藤比奈夫
鬼蓮の互ひの陣を譲らざる 鷹羽狩行
鬼蓮の直径一尋づつ静か 阿波野青畝
鰒で死んで蓮の臺に生ればや 正岡子規 河豚
鰻田の蓮田となりて枯れにけり 松崎鉄之介
鴨の子の面白がりて蓮の中 正岡子規 子鴨
麩によらで鯉泳ぎ去る蓮の昼 正岡子規 蓮
黒谷の松や蓮さく朝嵐 河東碧梧桐

以上
by 575fudemakase | 2016-08-20 10:08 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26123060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング