泳ぎ その1

泳ぎ その1

*さよりの子泳ぐ三日の船だまり 山内美津男
あがり来る泳ぎ子海をそびらにす 森重昭
あそびゐし女の童も寒泳ぎ 五十嵐播水 播水句集
あめんぼのくづれず泳ぐ秋日かな 渡邊水巴 富士
あらぬ方日がな泳ぎて金魚玉 関戸一正
いきほひの出て真直ぐに蛇泳ぐ 日原 傳
いくたびも日を見て沖へ泳ぐかな 辻美奈子
いつよりの蒼き淵なり蛇泳ぐ 久保純夫 熊野集 以後
いまひとり泳がば魚となり果てむ 殿村莵絲子 花寂び 以後
いろいろな泳ぎ方してプールにひとり 波多野爽波(1923-91)
うなぎの日うなぎの文字が町泳ぐ 斉藤すず子
うらがへり日輪まぶしみつつ泳ぐ 加藤睫子(未央)
おかこひに泳ぎの人のつとひけり 泳ぎ 正岡子規
おのがための手拙踊か亀泳ぐ 香西照雄 対話
おのが身にをはらぬ戦曳き泳ぐ 山本つぼみ
おほつぶの雨に泳げり金魚草 高島信一
お玉杓子はうれしさ怺えきれぬように泳ぐ 橋本夢道 無禮なる妻抄
かぶ洗ふ亀の子たはし泳ぎけり 大澤夏虫
からだ中ゆすり泳げる紅葉鮒 両角竹舟郎
ががんぼの泳いでゐたり本の部屋 中拓夫
きりたてり泳後の胸その下の崖 友岡子郷 遠方
くちびるを先立て来たり遠泳子 能村登四郎 枯野の沖
こつそりと泳ぎて唇のむらさきに 品川鈴子
このわたを泳がせてゐる海鼠かな 矢島渚男 延年
この村の神代の淵に泳ぎの子 大峯あきら 鳥道
こんなにもさびしいと知る立泳ぎ 大牧広「某日」
さきがけて泳ぐ太陽青筑波 原裕 葦牙
さざなみの光の中を鴨泳ぐ 早川秀子
さんま食いたしされどさんまは空を泳ぐ 橋本夢道 無禮なる妻抄
しいらしいら青き砦として泳ぐ 高桑婦美子
しなやかに鋼なり蛸泳ぐとき 三浦ミヨ子
しんぞの象で泳ぐめだかかな 大沢輝一
すいと虫はなてば萱を泳ぎける 田島 秩父
すかし見る月に泳げる一人あり 西山泊雲 泊雲句集
すずしさやつられた亀のそら泳ぎ 正岡子規
すゝしさやつられた亀のそら泳き 涼し 正岡子規
ずいぶんと泳いだつもり本人は 高澤良一 寒暑
それでもついつい目指す禁泳区 櫂未知子 貴族
たしかめて又泳がせし囮鮎 深見けん二
たそがれへ立ち泳ぎして魚宿す 坪内稔典
たち泳ぎして友情を深うせり 中尾寿美子(1914-89)
たましひのいたるところに泳ぎつく 松澤昭 面白
たまには銀河で泳いでいるよ空飛ぶ法王 夏石番矢
ともづなにあまの子ならぶおよき哉 泳ぎ 正岡子規
とも綱に蜑の子ならぶ泳ぎかな 正岡子規「子規句集」
どの椰子に倚りても見ゆ夫沖へ泳ぐ 平井さち子 完流
どの鯉も泳ぎどの木も緑立つ 山田麦車
なんばんの葉垂れにふれて泳ぎ道 鈴鹿野風呂 浜木綿
にんげんに少し疲れて泳ぐかな 木内怜子
ぬれ髪を木陰にさばくおよぎ哉 泳ぎ 正岡子規
のうのうと髯のオジサン泳ぎけり 高澤良一 燕音
ばらばらに目高が泳ぐ無用の日 荒金敏子
ひた泳ぐ自由は少し塩辛い 櫂未知子(1960-)
ひとり泳げば水母とて淋しからむ 後藤比奈夫
ひと知れず淵に泳ぎてたかぶれり 高井北杜
ひょうきん者ねずみ泳ぎのネズミフグ 高澤良一 燕音
ひらひらと少年泳ぐ麦嵐 山上樹実雄
ひらひらと森を泳いで捕虫網 山田弘子 初期作品
ふつつかな魚のまちがひそらを泳ぎ 渡辺白泉
ふどし結ふことが愉しや泳ぎの子 軽部烏頭子「灯虫」
ふるさとの川は冷えいて泳ぐ子なし 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
ふるさとを離るるまでを泳ぎをる 石田玄祥
まだ泳ぎ足りない水着干す夜空 山田光子
まだ泳ぐこゑが門辺に星まつり 馬場移公子
まだ泳ぐ積りの水着買ひにけり 鈴木淑子
まつさおのべらきしきしと泳ぎ出す 三井絹枝
まんぼうの泳ぎつつ寝る夏の月 杉岡節子
まんぼうはまんぼう泳ぎ春隣 高澤良一 燕音
みくまのの正月を蛇泳ぐなり 茨木和生 三輪崎
みずくらげ波に反発して泳げり 高澤良一 素抱
むしけらのはしくれの蛭泳ぎだす 辻田克巳
むつ泳ぐ干潟の照りに堪へかねて 下村ひろし 西陲集
むらさきに松魚泳がし宵の酒 高澤良一 素抱
めだかのように泳ぐ古傷ひじき煮る 坪内稔典
もう眠らう泳ぎ疲れた子のやうに 櫂未知子 貴族
やはらかくかたきくちなは泳ぎけり 中田剛 珠樹以後
ゆあみゐし若人淵に泳ぎいづ 木津柳芽 白鷺抄
ゆき渡る田水に螻蛄の泳ぎ出づ 五藤俳子
よき浪が来て海牛を泳がしむ 高澤良一 ももすずめ
よく泳ぐ烏賊に銀の目十二月 神尾久美子
よしきりに泳ぐ濁りがひろがれる 原田種茅 径
わがたましひ赤*えいとなり泳ぐかな 飯島晴子
わが庭の風に泳げる金魚草 一木緋佐子(ランブル)
われをよぶ父よあかるく蛭と泳ぐ 飯島晴子
われ泳ぐ下にテーブルサンゴ礁 高澤良一 ねずみのこまくら
わんこそば食べ大雪に泳ぎけり 小島健 木の実
わんこ蕎麦食べ大雪に泳ぎけり 小島健
アザラシの立泳ぎつつ鯵丸呑み 上原瑞子 『燈台草』
イルカ群泳鉄鋼凍つる街の端に 諸角せつ子
エメラルドグリーンの帯へ泳ぎだす 寺澤慶信
オーバーの裏には泳ぐ児をかくす 対馬康子 吾亦紅
クリオネの立泳ぎなる天使かな 黒澤慶子
クロールの長男に負け母泳ぐ 稲畑汀子
コスモスを泳がす風の弧を描き 高澤良一 素抱
コスモスを立ち泳ぎして一輪車 伊藤杜夫
シャガールのあをの透明遠泳す 石寒太 炎環
タオルの紺泳ぎし体固く閉づ 中嶋秀子
チョウチョウウヲ吻吻云うて泳ぐなり 高澤良一 さざなみやつこ
ニ-チェのあとの夕暮泳ぎおり 高澤晶子
ニーチェのあとの夕暮泳ぎおり 高澤晶子 復活
パンツ脱ぐ遠き少年泳ぐのか 山口誓子(1901-94)
ヒロシマの忌や群衆の泳ぎの声 鈴木六林男 第三突堤
ヒロシマ忌泳ぎし素足地を濡らす 鈴木六林男 第三突堤
ピラニアの餌の金魚のよく泳ぐ 鈴木鷹夫 春の門
プールサイドに梔子の花載せ泳ぐ 能村登四郎 枯野の沖
ベビーバスのアトムと泳ぐ目高かな 岡田久慧
ペリカンの餌の寒鮒の泳ぐなり 日野草城
マタニティドレスを泳ぐ螢かな 瀬間陽子
マテニティドレスを泳ぐ蛍かな 瀬間 陽子
リラ咲いて窓の裸身の泳ぐらし 林 壮俊
レマン湖を泳ぐ太陽直と率き 石寒太 翔
一すぢの光を曳きて蛇泳ぐ 牧野春駒
一と泳ぎして来し人と合流す 稲畑 汀子
一子あげて秋日うらうら鯉泳ぐ 中山純子 沙羅
一枚の衣を脱ぎ急ぐ泳ぎの児 右城暮石 声と声
一泳ぎしてくればしたし葭簾小屋 川島彷徨子 榛の木
一泳ぎして草刈の帰りけり 太田土男
一泳ぎせり鍼灸の待ち時間 茨木和生 三輪崎
一湾のきらめきが追ふ遠泳子 鎌倉佐弓 潤
一生を泳ぎつづける鮪かな 星野恒彦
一生一日として泳ぎおる奥羽の海 安井浩司 乾坤
一秒を縮めて泳ぎ切りし息 吉田 麗子
一艇の裸乗せたり寒泳ぎ 松村蒼石 露
万緑や泳ぐすがたの病臥身 稚魚
三人の子等を視界に母泳ぐ 稲畑汀子
三味線を弾く二階ある泳ぎかな 増田龍雨 龍雨句集
三面は落花の窓や背に泳ぐ 中戸川朝人 尋声
下り簗外れたる稚魚の群れ泳ぐ 大塚とめ子
不知火はころがり*えいの大游泳 下田明子
世紀末チェホフの女泳ぎだす 高澤晶子 純愛
両生類となるまで子らの泳ぎけり 岩岡中正(ホトトギス)
丹波太郎聳てる青瀬に子の泳ぐ 土田祈久男 『素心』
主命一切眼をつりあげて泳ぐ犬 成田千空 地霊
乙なもの大海馬の立ち泳ぎ 高澤良一 ぱらりとせ
九十九湾島の子泳ぐ赤ふどし 三谷道子
九十九里泳ぎて鰯みすぼらし 萩原麦草 麦嵐
亀の子のすつかり浮いてから泳ぐ 高田正子
亀の子の手足ちぐはぐ泳ぎ来る 広瀬美保(玉藻)
亀の子の泳ぐ水輪のひろがらず 竹内留村
亀の子を放てば泳ぐ祭かな 田村了咲
亀泳ぐ手足ばらばらの涼しさよ 鈴木貞雄
二人して泳ぎて二人してあがる 仲村青彦
五六人沖の満月へと泳ぐ 中村苑子
亡霊三昧/亡霊と/花を泳ぎて 高原耕治
人あまた泳がせて海笑ひけり 鈴木真砂女「都鳥」
人の世を泳ぎそこねて麦こがし 淵脇 護
人参の花を近くに朝泳ぐ 大井雅人 龍岡村
今年竹泳げる蔓にとびつかれ 西山泊雲 泊雲
今日の漁場指して海女らの泳ぎゆく 高橋伯子
仰向き泳ぐ煩悩世界見えざれば 土田祈久男 『素心』
仰向けに夜のプールに泳ぎをり 森重昭
体内を鱶が泳いで春暮れる 坪内稔典
保安艇泊つる漁港に競泳す 宮武寒々 朱卓
俳諧の仲間の蝌蚪の泳ぎをり 村越化石
停年の一年前の立泳ぎ 高澤良一 燕音
元日の川を鼠が泳ぎきる 高桑冬陽
元日の鯉を苞より泳がする 小川原嘘帥
元朝の泳者ぞ潜く浪の音 石川桂郎 四温
兄妹のあひのこ二人泳ぐのみ 京極杞陽
兄妹の合の子二人泳ぐのみ 京極杞陽 くくたち上巻
先へ先へ波の曲線蛇泳ぐ 寺井治(南風)
光りきし人水に入り泳ぎけり 徳永山冬子
児の泳ぎ人無き島を往きかへる 佐野まもる 海郷
児を抱いて泳げり波の間の揺藍 子郷
八重潮へ太鼓打ち込む初泳ぎ 岩崎芳子
六つほどの子が泳ぐゆゑ水輪かな 中村草田男「長子]
共に泳ぐ幻の鱶僕のやうに 三橋敏雄「まぼろしの鱶」
内海に鱶泳ぐ日の蒲団干し 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
冬の蟇川にはなてば泳ぎけり 飯田蛇笏(1885-1962)
冷雨の村見え壜透明な立ち泳ぎ 有村王志
冷麦の箸を歯で割く泳ぎきて 中拓夫 愛鷹
処女たちびらびらと立ち泳ぎ 江里昭彦 ラディカル・マザー・コンプレックス
出水後の蘆色もどる泳ぎかな 中村汀女「汀女句集」
出目金の泳ぐこの世の透明度 室岡純子
列正し遠泳了へしとも見えず 山口波津女 良人
初夏の白きシーツを泳ぎ切る 仁平勝 東京物語
初島の礁かげの子も泳ぎけり 萩原麦草 麦嵐
初嵐舟より逃げし蛸泳ぐ 小川軽舟
初泳ぎせし老守れや大焚火 石川桂郎 四温
初鴨の余所見をしては泳ぐかな 藤田あけ烏
初鴨の泳ぎ廻つてをりにけり 三村純也
加茂川も七條泳ぐことゆるす 竹中碧水史
勝者なく寒中水泳終りけり 伊藤通明
北海は海豹泳ぐときむらさき 富澤赤黄男
十津川に泳ぎ育ちて海知らず 小川一瓢
十津川の淵立ち泳ぐ子がひとり 茨木和生
南蛮へ幾夜か夢を泳ぐなり 高柳重信
原電の潮と知りゐて人泳ぐ 福永鳴風「杉と泰山木」
厳島水母のなかを父泳ぐ 江里昭彦 ラディカル・マザー・コンプレックス
口に目に飛び込む雨や競泳す 小川背泳子
口紅をひきて泳ぎし顔つくる 百合山羽公 寒雁
吊られたる鉄骨泳ぐ厄日かな 川崎慶子
向井流の幕をくぐりて泳ぎけり 野村喜舟
君が代やまだ泳ぎつかない兵がいる 暉峻康瑞
君何か貫くごとく泳ぎけり 藺草慶子
吹雪く闇除雪夫の灯の泳ぐ見ゆ 石橋辰之助 山暦
吾は教師遠き泳ぎを目でつなぐ 友岡子郷 遠方
吾子泳ぐ赤き踵をかいま見せ 嘴朋子
告白を始める息をして泳ぐ 対馬康子 愛国
呪縛解けしごと寒明の鯉泳ぐ 山口超心鬼
味噌摺にすゞ敷鮴(ごり)の泳ぎかな 服部嵐雪
命洗ふ人等泳ぎに賭事に 吉良比呂武
嘴を突出し鴨の早泳ぎ 中根英詩
四十路なり泳ぎて重し黒髪も 吉野義子
四肢透けて長男次男泳ぎ伴れ 山本歩禅
回帰許されざるごとく泳ぎだす 千代田葛彦 旅人木
回廊へ河豚泳ぎくる巌島 鈴木厚子
囮鮎泳がせてゆく渕青く 山口梅太郎
囲む卓白き豆腐を泳がせぬ 林原耒井 蜩
土くれの乱礁の間螻蛄泳ぐ 石田波郷
堀泳ぐ金魚花火や岡崎城 牧野一古
塔の影岐けて鳰の子泳ぎ来る 高木幹基
塩鯖の泳ぐ日向だ、君にやる 坪内稔典
墓掘が見下す沖へ泳ぎいづ 萩原麦草 麦嵐
墨いろの魚が泳ぎて夏木立 伊藤 敬子
夏の浜泳ぎを知らぬ体がじゃま 大高翔
夏安居の鯉は明るく泳ぐかな 島田たみ子
夏露む能登を左に夕泳ぎ 文挟夫佐恵 黄 瀬
夕映えに向つて泳ぐ一人かも 文挟夫佐恵 黄 瀬
夕汐の明るさ呼びあいて泳ぐなり 荻原井泉水
夕河鹿乙女これより泳がんとす 木村蕪城 一位
夕泳ぎゐるはいつものをのこかな 小杉余子 余子句選
夕澄みて飯蛸泳ぐ舟のうち 堀口星眠 火山灰の道
夕砂が泳ぎづかれの足さらふ 林原耒井 蜩
夕立に大きなみみず泳ぎけり 小島健 木の実
多摩川を泳ぎ切つたる母子星 小林静子
夜のプールひそと泳げば子も降り来 及川貞
夜は泳ぐ栄螺ときくにあはれなり 山田箕好
夜を来て水泳クラブ短水路 鈴木栄子
夜光虫身に鏤めて泳ぎたし 右城暮石(1899-1995)
夜泳ぎのひそかに憩ふ巌かな 大橋櫻坡子 雨月
夜泳ぎや蹤きくるもののあるごとく 鷹羽狩行
夜泳ぐ砂に女を残し置き 吉田汀史
夜鷹啼き檜山の雲を月泳ぐ 角川源義
大いなる乳房を沈め泳ぎだす 鈴木六林男 悪霊
大いなる息吸ひ込んで泳者跳ぶ 柴田奈美
大寒の室内プールにて泳ぐ 村井信子
大小の油目泳ぐ鯨汁 上村占魚 『一火』
大川や流されながら人泳ぐ 泳ぎ 正岡子規
大川や鴨川踊の灯が泳ぐ 中村美治
大水槽に鮫泳ぎゐる晩夏なり 辻美奈子
大濤に打ちのめされて泳ぎかな 楠目橙黄子 橙圃
大脳に金魚の泳ぐ新学期 いそべ恒基
大蘇鉄月下にゆるく鯉泳ぎ 田川飛旅子 花文字
大西洋の泳ぎ見てゐる旅ごころ 鳥居おさむ
大鯉の押し泳ぎけり梅雨の水 原石鼎
天井も魚拓泳がせ夏終る 野村多賀子
天使魚の泳ぎつかれて藻にしづむ 服部静江
天日に農婦聳えて螻蛄泳ぐ 石田波郷
太刀魚の立泳直鉛の世 熊谷愛子
太陽の眩しさ砕きては泳ぐ 山田弘子 こぶし坂
太陽の虜となりて遠泳す 渡辺 恭子
太陽を沖に泳ぎて独り占む 伊藤ちあき
夭折に遅れし体泳ぐなり 原雅子(梟)
夭折や泳ぎつく手のつめたさに 中田剛 珠樹以後
女すぐをさなき眉目となり泳ぐ 後藤夜半
女川(おながわ)の優しき波に泳ぎけり 高澤良一 寒暑
妻泳ぐ夫の視界の外へ出でず 黛 執
姉棄てて弟泳ぐ土用波 坪内稔典
子と泳ぎをれども怨府胸を退かず 下村槐太 天涯
子には子の航路あるらむ泳ぎゆく 都筑智子
子ら泳ぐ川は砂漠に消ゆる川 木暮剛平「飛天」
子をかかへ泳ぎ教ふる露天風呂 稲垣光子 『絵付筆』
子を抱いて川に泳ぐや原爆忌 林徹
子寝かせし手足ひらきて夜泳ぐ 中山純子
子寝かせし手足をひらき夜泳ぐ 中山純子 沙羅
子離れのさびしき軽鳧が泳ぎをり 安住敦
孑孑といふ字きくきく立泳ぐ 牧百合子
孑孑の礼を尽くせる泳ぎぶり 野中亮介(馬酔木)
完泳の子等蒼天に立ちあがる 落合水尾
定年にあと半年の泳ぎかな 池田秀水
宵月に船頭泳く揚場かな 尾崎紅葉
家持の之子乎の海に吾子泳ぐ 茶木喜代一
家鴨の子池に泳がせ涼みけり 大場白水郎 散木集
寒き江に顔を浮べて魚泳ぐ 西東三鬼
寒の内釣り来し鮒の泳ぐかな 小澤碧童 碧童句集
寒ゆるび「鯛やきくん」も泳ぐなり 樋笠文
寒中水泳初陣のととのひて 井上弘美
寒村の湯槽大の男も泳ぐべく 幸田露伴 竹芝集
寒泳ぎはじまる水に東山 五十嵐播水 播水句集
寒鮒を泳がせもして商へる 村中美代
寒鯉のまなじりあげて喪を泳ぐ 松本照子
寒鯉の泳ぎ畢せし影なるや 鳥居おさむ




寝泳ぎに夕日の長さ空に母 友岡子郷 遠方
対岸といふものありて蛇泳ぐ 後藤比奈夫 金泥
小気味よく流されて居り遠泳子 今瀬剛一
少女の手落花の空へ泳ぎたる 野沢節子 八朶集
少女選手泳ぎつきいま死角にゐる 竹中宏 句集未収録
少年となりふるさとの川泳ぐ 蔦三郎
少年の狗尾草を泳ぎくる 永方裕子
少年の眦赤し泳ぎ来て 黒田櫻の園
少年の馳けて泳ぎの身を乾かす 右城暮石 上下
少年泳ぎ赤子が笑う 運河の家 伊丹公子 山珊瑚
少年泳ぐ記憶の野川花は黄に 大井雅人 龍岡村
尻あげて泳ぎ吉野の川に育つ 橋本多佳子
尻立てゝ泳ぎ流るゝ田亀かな 浅原鴨石
尾を揉んで泳ぎも足らぬ金魚かな 安斎櫻[カイ]子
山かげり来し山川に泳ぐ声 右城暮石 上下
山に日の落ちて草刈泳ぐかな 銀漢 吉岡禅寺洞
山の池にひとり泳ぐ子膽太き 泳ぎ 正岡子規
山女釣来てはプールに泳ぎ出づ 石橋辰之助 山暦
山川に泳ぐ少年身を流し 茨木和生 木の國
山川に痩身透けて泳ぐなり 木村蕪城「一位」
山川の中に泳ぎの人間漬 平畑静塔
山百合を捧げて泳ぎ来る子あり 富安風生「十三夜」
山羊は樹下に少年湖に泳ぎ出づ 梅原黄鶴子
山間の水に彩曳き鴛鴦泳ぐ 沢田美代子
岩魚焼く泳ぐ形に串刺して 神蔵器
岸にうつ泳ぎの波や大夕焼 飯田蛇笏 山廬集
岸の人泳ぎ呆けたる子に手上げ 高濱年尾 年尾句集
岸壁に澄む日太刀魚立ち泳ぎ 小島國夫
峯雪を目ざす観海流泳者 右城暮石
島の子の立泳ぎして祈りをり 野中亮介
崖昇る気流に鷹の立泳ぐ 高井北杜
川に落ち泳ぎ出したり冬蝗 山本絢子
川の日が山へしりぞき泳ぐ声 右城暮石 上下
川中にあたまそろへておよぎ哉 泳ぎ 正岡子規
川泳ぎ蝶もただよふ真似をして 香西照雄 素心
巣立鳥親にしたがひ泳ぎけり 滝沢伊代次
巣離れのそよそよ泳ぐもののあり 藤田あけ烏 赤松
師門遠く藻に泳ぐ子や麦の秋 飯田蛇笏 山廬集
帰省すや泳げる児等の顔知らず 松藤夏山 夏山句集
帰省子のすぐ泳ぎ子にまぎれけり 朝倉 和江
帰路遠し泳ぎし髪をまた括る 津田清子 礼 拝
干蒲團九皋を雲泳ぎけり 廣江八重櫻
平和祭真中の川を子が泳ぐ 鈴木貞雄
年輪は片寄るが常泳ぐ水輪 香西照雄 対話
幾何を泳がば鯉の涅槃かな 齋藤玄 『雁道』
幾許を泳がば鯉の涅槃かな 斎藤玄 雁道
影踏めばふいに泳ぎし鯉のぼり 桑山撫子
後衛の泳ぎ生徒の波をかぶり 友岡子郷 遠方
忘れられ闇夜に泳ぐ鯉幟 大森玲子
忘れんと泳ぎ来し眼の蒼を帯ぶや 川口重美
忽と来て初日の波へ泳ぎ入る 飯塚樹美子
思ひつくことたちまちに蝌蚪泳ぐ 汀女
急流切る泳法正しからねども 津田清子 礼 拝
愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子「途上」
愛犬と泳ぎ少年休暇果つ 矢谷美つ枝
慈姑咲く畦に泳ぎの波よする 亀井糸游
慰霊の日礎の池に亀泳ぐ 山城久良光
我が泳ぎ身より滴るもの乏し 右城暮石 上下
或日海底にあかえいとなり泳がんかな 尾村馬人
戦袍裕かなり秋雲は野を泳ぐ 久米正雄 返り花
手負猪追ひ込められてダム泳ぐ 恩田鹿火子
打水や芝垣泳ぐものゝ蔓 西山泊雲 泊雲句集
押流すうしほに笑ひ泳ぎけり 河野静雲 閻魔
掘られたる泥鰌は桶に泳ぎけり 青木月斗
掘り落とす大蓮泳ぐしぐさせり 今瀬剛一
探鳥に倦み島の子と泳ぎ出す 下谷行人
揚げ舟の少しの蔭にたたずみ泳がぬ 梅林句屑 喜谷六花
揚揚塔けさ鯉のぼり泳がせて 樋笠文
支那海の大夕映に泳ぎをり 千代田葛彦 旅人木
斜泳ぎしながら顔が昏るるなり 中里麦外
新涼の甕に描かれし魚泳ぐ 川本臥風
日陰なし蛇の泳いでゆく先も 高畑浩平
旧陸軍の湖宿 額へ魚泳ぐ 伊丹公子 ドリアンの棘
明日海へゆく夕焼に泳ぐ真似 鈴木鷹夫 渚通り
星を数えてオーロラと私は泳ぐ 林 恒子
映画のように四万十川で泳いでいるよ 峠 素子
春の蛇盲いて百済へ泳ぐなり 星永文夫
春の鯉喰はむにしとど泳ぎけり 齋藤玄 『雁道』
春の鯉水よりすこし先泳ぐ 仲村青彦
春暁の雨の続きに鱶泳ぐ 坪内稔典
春水や重なり泳ぐ鯉の数 楠目橙黄子 橙圃
春節の赤から赤を泳ぎゆく 川崎美知子
昼の海昏し泳げるもの包み 原裕 葦牙
時雨来て生洲の*えいの泳ぎ居る 高木晴子 晴居
暁の鐘兄妹いまも蛇泳ぎ 柿本多映
暖かやおたまじやくしの高泳ぎ 松藤夏山 夏山句集
暗かりし/母を/泳ぎて/盲ひのまま 高柳重信
暗かりし母を泳ぎて盲ひのまま 高柳重信
暗闇の目玉濡らさず泳ぐなり 鈴木六林男
暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男
暗闇の眼玉濡らさず泳ぐなり 鈴木六林男(1919-)
更けし夜のオリオン泳ぐ花の上 五十嵐播水
月光 草も木も青い藻の深海を泳ごう 荻原井泉水
服のまま泳ぎ着く有明の月 五島高資
朝凪の潮のぬくさを泳ぎかな 岡本圭岳
朝市や樽に泳ぎて黒鯛の鰭 篠田麦子
朝月に高名ならぬ蝌蚪泳ぐ 秋元不死男
木の実に根生えそめ蝌蚪は泳ぎそむ 香西照雄 素心
木の末に櫓見えけり水練場 泳ぎ 正岡子規
末の子の泳げるつもり浮輪つけ 稲畑汀子
本流は冷え冷えと泳ぐ人すくなき 川島彷徨子 榛の木
杖の尖洗へば泳ぐ蛭二匹 高浜虚子
束の間を生きてゐるらし立泳 松山足羽
来いと言ふ父のもとまで泳ぎけり 小栗しづゑ
来客にすててこの腰泳がせて 高澤良一 石鏡
林火忌の泳ぎを知らぬ沖遠し 八牧美喜子
柩形のプールに母を泳がしむ 齋藤愼爾
柿に見よと弟浅瀬に泳く哉 尾崎紅葉
桃の葉や父にとどきし泳ぎの手 宇佐美魚目 天地存問
案山子みな風に泳がせオルゴール 鈴木蚊都夫
桜桃の沖の父親立ち泳ぐ 坪内稔典
桜桃忌首上げ泳ぐ魚増えて 栗林千津
桜鯛うかうか網の中泳ぐ 長生青影
桶引いて遅れ泳ぎの稽古海女 斎田鳳子
森深く泳ぎて白し梅雨の蝶 白岩三郎
機械工海ぶきっちょにたたく泳ぎ 細谷源二 鐵
死を前にすでに盲ひや耳泳がせ 高柳重信
残雪や泳ぐほっけや沖天に 上林 裕
母国語を泳ぎ歩いて 帰国の春 伊丹公子 山珊瑚
母愉し泳ぎの背に児を浮かせ 西村公鳳
水ありて魚を泳がすさくら季 野澤節子 『八朶集』
水といふ象形文字や立ち泳ぎ 高田たづ子
水に摶たれて白き緋鯉の泳ぎけり 長谷川かな女 雨 月
水よりも雲に泳ぎを教へられ 鎌倉佐弓 潤
水中に我が足小さき泳かな 西山泊雲 泊雲句集
水中に白きししむら闘士泳ぐ 田川飛旅子 花文字
水位胸までは泳ぐ形で歩くなり 鈴木栄子
水堰きてあひる泳がす黍の風 稲垣きくの 牡 丹
水底の見ゆるさびしさ泳ぎをり 仙田洋子 橋のあなたに
水抱けば水の逃げゆく立泳 辻美奈子
水楢の瑞のみどりに身の泳ぐ 文挟夫佐恵 遠い橋
水槽に落ちし百足虫の立ち泳ぐ 植松千英子
水泳き鷺もからすとかはり行 泳ぎ 正岡子規
水泳に太郎二郎を誘ひけり 寺田寅彦
水泳に灼けて女の産毛消ゆ 辻田克巳
水泳の足の切り傷オキシフル 高澤良一 鳩信
水涸れや蝦の泳ぎのすきとほり 良太
水潮の涅槃の海に泳ぎゐる 茨木和生 三輪崎
水盤の水に泳がす金魚草 中嶋秀子
水禽の鳴きつゝ泳ぐ花篝 野村泊月
水練の人や溺れし飛ぶ鴎 安斎桜[カイ]子
水練の師は敷草のすゞみ哉 炭 太祇 太祇句選
水練の揃ひの褌(こん)を昔かな 三橋敏雄 巡禮
水練や馬乗り入るゝ師範役 鈴木芋村
水練児むかしのわれと帽似たり 百合山羽公 寒雁
水踏んでゐるさびしさの立泳ぎ 能村登四郎「易水」
水飯の一粒立ちて泳ぐなり 石嶌岳
水馬そは定型に泳ぐのみ 宇多喜代子
水馬泳ぎ出したる早さかな 成瀬正とし 星月夜
水鳥の夜を泳がねば凍りつく 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
氷解くる藻に泳ぐ魚もなかりけり 楠目橙黄子 橙圃
汐蒼く人流れしと泳ぎけり 前田普羅
汐蒼く人流れじと泳ぎけり 前田普羅「普羅句集」
汗のてのひらを泳がす無言劇 行方克巳
汝螻蛄よ泳ぎ潜り飛べど愚か 福田蓼汀 秋風挽歌
沖つ岩鵜がゐて泳ぎつかれたり 佐野良太 樫
沖に出て泳ぐ黒髪かと思ふ 山口誓子
沖の巨船へ泳ぐに胸の厚さ足る 和田悟朗
沖へ向き泳ぐ飛沫の微々たるよ 津田清子 二人称
沖泳ぐいじめられつ子いじめつ子 大木あまり 雲の塔
沖遠く泳ぎて夏の終はりけり 冨田みのる
沼出でし流速を超え蛇泳ぐ 平井さち子 鷹日和
泉やさし旅果ての掌は泳がせて 小林康治 玄霜
泉水になじまぬ蝌蚪も泳ぐなり 樋笠文
法着寺横丁に河豚泳ぎをり 粟津松彩子
泳いでも泳いでも空鯉のぼり 尾田けい子
泳がざる汐臭き身やひとり寝ね 殿村莵絲子 花寂び 以後
泳がざる身がしほたると妻のいふ 筑紫磐井 婆伽梵
泳がしむ子の蹠よ去りし妻よ 槐太
泳がせて佐久の鯉売る年の市 塩谷はつ枝
泳がむとすすむ乳房の浪隠る 山口誓子「青女」
泳ぎあがりし巌大きくて巌肌 中塚一碧樓
泳ぎきし子の濡れ髪や朝の弥撒 築城 京
泳ぎきし胸の十字架をまづ拭ふ 朝倉和江
泳ぎきし頬ぺかぺかと蓖麻の径 石原舟月 山鵲
泳ぎきし髪をしぼりて妻若し 福永耕二
泳ぎきつてゴーグルあげる笑顔かな 芝波田和江
泳ぎきつて母嘆かしむ喜寿の父 津野美都江 『ひなげし』
泳ぎきて少年の臍緊りたる 久保美智子
泳ぎきて閑かなりけり沖の岩 前田普羅 能登蒼し
泳ぎくる彼を一途な水と思ふ 辻美奈子
泳ぎけり非情の水を好しとして 相生垣瓜人 明治草抄
泳ぎしあと指輪の裏に水たまる 田川飛旅子
泳ぎし瞳もつとも濡れて少女達 鈴木鷹夫 渚通り
泳ぎし腕水平に伸べ光走り 香西照雄 素心
泳ぎし髪洗ふ遠杉も日焼いろ 中拓夫 愛鷹
泳ぎたい目刺しにされて泳げない 田邊香代子
泳ぎたくない子がひとり砂遊び 山田弘子 こぶし坂
泳ぎたしからだを檻とおもふとき 正木ゆう子(1952-)
泳ぎたる疲れは遠き島のいろ 友岡子郷 春隣
泳ぎだし老醜いつか失せてゐし 小川かん紅
泳ぎつく高さがありて鯉幟 豊田淳応
泳ぎつく魚の白さよ今朝の秋 中川宋淵
泳ぎつつうしろに迫る櫓音あり 及川貞
泳ぎつつふと溺れたし鰯雲 能村登四郎 枯野の沖
泳ぎつつ夢を見むとてうらがへる 大屋達治 絵詞
泳ぎつつ水に孤独になつてゆく 粟津松彩子
泳ぎつつ湯壷を更ふる葛の花 岡田貞峰
泳ぎつつ湯壺を更ふる葛の花 岡田 貞峰
泳ぎつつ舌に廻るや水の海 三橋敏雄
泳ぎながら見る燈籠を焼く焔 田中裕明 山信
泳ぎの少年島に上れば島で光る 大串章 朝の舟
泳ぎの真似をしつつ誘ひに寄つて来る 篠原梵 雨
泳ぎの頭めぐらして海の冥さよ 千代田葛彦 旅人木
泳ぎゆくあまたの国のさみしい岸 対馬康子 純情
泳ぎより上りし母の子を抱く 粟津松彩子
泳ぎより帰りてナイフフォークの音 楠節子
泳ぎより歩行に移るその境 山口誓子(1901-94)
泳ぎより立つとき腕を翼とす 大屋達治 龍宮
泳ぎゐし夢はその先までゆかず 鎌倉佐弓 潤
泳ぎゐてとほき波音に恍惚す 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
泳ぎゐるかんばせかたきをとめかな 日野草城
泳ぎゐる身をふりやめし鯒沈む 細見しゆこう
泳ぎをりここが茂吉の最上川 森田峠 避暑散歩
泳ぎをりこゝが茂吉の最上川 森田峠 避暑散歩

以上
by 575fudemakase | 2016-08-21 16:22 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26126539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング