泳ぎ その2

泳ぎ その2

泳ぎ上手のひいばばに似たるらし 松澤雅世「萌芽」
泳ぎ並ぶ夫も天与の黒髪にて 平井さち子 完流
泳ぎ了へ子の近道の中華街 橋本榮治「逆旅」
泳ぎ了へ隊伍しづかに去りゆけり 山口波津女 良人
泳ぎ人舞子の松を通り抜け 高濱年尾 年尾句集
泳ぎ児の瀬を渉るとき大手振る 原田種茅 径
泳ぎ出す亀の子鼻を反らしけり 高澤良一 ぱらりとせ
泳ぎ出づ現し身のもの月に脱ぎ 中島斌男
泳ぎ出て 漓江の底の月 掴まん 伊丹三樹彦 写俳集
泳ぎ出てあやぶみ戻る蝌蚪のあり 高橋淡路女 梶の葉
泳ぎ出て天の高きをたゞ怖る 大谷碧雲居「碧雲居句集」
泳ぎ出て薄刃のごとき蛇の水尾 平井さち子 鷹日和
泳ぎ出て衣を脱ぎし樹下暗きかな 白松達夫 『初松籟』
泳ぎ出でゝ日本遠し不二の山 久米正雄 返り花
泳ぎ出る子等に眩しき波頭 久米谷和子
泳ぎ去る水脈てふ心のこりかな 今瀬剛一
泳ぎ場とひとつ川瀬に鵜舟待つ 宮坂静生 春の鹿
泳ぎ場に人の残りや夏の月 夏の月 正岡子規
泳ぎ女(め)の葛隠るまで羞ぢらひぬ 芝不器男(1903-30)
泳ぎ女のすぐに上りし芋の秋 田中裕明 山信
泳ぎ女の胸より胸の風暮れゆく 岩田昌寿 地の塩
泳ぎ女の葛隠るまで羞ひぬ 不器男
泳ぎ女や吐息しづかに上り来て 軽部烏頭子
泳ぎ女や嘆きあふまで透きとほり 岩田昌寿 地の塩
泳ぎ子がをりて五六戸ありにけり 清崎敏郎
泳ぎ子が無花果の深き蔭怖る 内藤吐天 鳴海抄
泳ぎ子にねむき目ひらき旅暑し 大井雅人 龍岡村
泳ぎ子にのこる朝月日本海 大峯あきら 宇宙塵
泳ぎ子に乗入れて来し浦渡舟 川崎充生
泳ぎ子に夏山の雪夕澄めり 石橋辰之助 山暦
泳ぎ子に紺島山のよこたはる 加藤三七子
泳ぎ子に紺鳥山のよこたはる 加藤三七子
泳ぎ子に萩咲きそめぬ山の池 松本たかし
泳ぎ子に西日まだある河原かな 島田青峰「青峰集」
泳ぎ子に遠賀は潮を上げ来り 杉田久女
泳ぎ子に雲影走る山家かな 原 石鼎
泳ぎ子のかくもかぼそき子が一人 辻桃子
泳ぎ子のこゝまでは来ず鱚子釣る 野村親二
泳ぎ子のしぶきはや立つ桑の花 米谷静二
泳ぎ子のすこし流され葛の花 山本洋子
泳ぎ子のはや占め朝の離れ岩 渡会 昌広
泳ぎ子のひとり淋しや岩に上り 松本たかし
泳ぎ子のましらの如く崖を攀づ 皿井旭川
泳ぎ子のゆきし朝靄焼けかかる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
泳ぎ子の一掻きしては母を見る 野辺祥子 『遠野火』
泳ぎ子の五月の膚近く過ぐ 飯田龍太「百戸の谿」
泳ぎ子の今日庵寺に手習に 高濱年尾 年尾句集
泳ぎ子の去んだる岩の沈みけり 前田普羅 能登蒼し
泳ぎ子の声ほどに波高からず 小田 司
泳ぎ子の大きな聲や山の池 岡田耿陽
泳ぎ子の山雨に散るや桂川 石田あき子
泳ぎ子の投かけ衣葛の上 たかし
泳ぎ子の汽車に手を振る伊那の谷 荒田千恵子
泳ぎ子の波の向ふとなりて現る 杉本寛 『杉の実』
泳ぎ子の波の怖さをまだ知らず 坂口英子
泳ぎ子の潜れば小犬岸に鳴く 中裕
泳ぎ子の潮たれながら物捜す 高浜虚子
泳ぎ子の濡れてよぎりぬ波切町 桂 樟蹊子
泳ぎ子の熱気詰め込めり江の電は 殿村菟絲子 『樹下』
泳ぎ子の石を濡らして去りにけり 榎本好宏
泳ぎ子の萱草手折りゆきにけり 鈴木貞雄
泳ぎ子の蛇の卵を呑みにけり 河東碧梧桐
泳ぎ子の見上ぐ燈台能登の涯 杉本寛
泳ぎ子の誰が誰やら判らざる 高浜虚子
泳ぎ子へ天蓋なせり合歓の花 羽部洞然
泳ぎ子や光の中に一人づつ 松本たかし
泳ぎ子や泳ぎ馴れたる古杭ゼ 小杉余子 余子句選
泳ぎ子や潮にごりたる噴火湾 大橋櫻坡子 雨月
泳ぎ子よ大臣などになる勿れ 津田清子
泳ぎ子よ岸辺翳なす夕餉どき 林翔 和紙
泳ぎ子を待つ煮あづきの沸々と 能村登四郎
泳ぎ子を海に見つめる母の根 津田清子 二人称
泳ぎ子を警め通る草刈女 清崎敏郎「安房上総」
泳ぎ子等波の力を持ち歩く 殿村菟絲子 『牡丹』
泳ぎ宿西日あたれる碁盤かな 五十嵐播水 播水句集
泳ぎ寄る眼に舷の迅かりき 片山桃史 北方兵團
泳ぎ寄る蛭むずがゆくなつてきし 門岡肥雲
泳ぎ来し人の熱気とすれ違ふ 能村登四郎
泳ぎ来し子どもに遥かなるにほひ 飯田晴(魚座)
泳ぎ来し手にひとすぢの昆布さげ 飯塚 秀城
泳ぎ来し蛇流木に顎托す 太田 嗟
泳ぎ来し身に熱き犬つきまとふ 内藤吐天 鳴海抄
泳ぎ来し身の素直なり白タオル 櫛原希伊子
泳ぎ来し髪をしぼりて妻若し 福永耕二
泳ぎ来し髪を掴んで滴らす 西村和子「夏帽子」
泳ぎ来し黒髪を解き放ちけり 澤村信男
泳ぎ来て二人で濡らす石の上 三浦美穂(天塚)
泳ぎ来て果実のやうな言葉投ぐ 黛まどか
泳ぎ来て空青きことばかり言ふ 明隅礼子
泳ぎ来て鈎はづし呉れし生徒かな 比叡 野村泊月
泳ぎ来て青年の声透きとほる 河野南畦
泳ぎ来て髪にとどむる夜光虫 黒坂紫陽子
泳ぎ来て髪にとどめし夜光虫 黒坂紫陽子
泳ぎ来て髪にとゞめし夜光虫 黒坂紫陽子
泳ぎ来る亀を亀見て日の永し 高澤良一 宿好
泳ぎ来る鯉にさゞなみ凍るかも 渡邊水巴 富士
泳ぎ海女観てゐてさびし潮木焚 河野南畦 湖の森
泳ぎ疲れて岬に憩ういさきかな 堀之内長一
泳ぎ疲れのうつゝに生るゝ松の星 林原耒井 蜩
泳ぎ着き水尾一行を詩となせる 中原道夫
泳ぎ着く蛇の一途や向ふ岸 星野椿
泳ぎ終え子は大海を滴らす 対馬康子 吾亦紅
泳ぎ終へしわが脂浮く中の姉 大屋達治(1952-)
泳ぎ終へし髪をかかへて女来る 今瀬剛一
泳ぎ終ヘプールの水を脱ぎにけり 新保笑子
泳ぎ足りし少年松の根を愛す 河野南畦 『風の岬』
泳ぎ道木槿漸く花を終ふ 鈴鹿野風呂 浜木綿
泳ぐかなからくれなゐの形代と 夏石番矢
泳ぐかなやさしき子供産むために 攝津幸彦「與野情話」
泳ぐかな息のある間の落椿 増田まさみ
泳ぐときかんむりを振る金魚かな 京極杞陽
泳ぐとき金輪際わがひとりかな 鈴木栄子
泳ぐべく来て泳がずや乙女客 石塚友二 光塵
泳ぐやうにもがきマラソン涅槃雪 仙田洋子 橋のあなたに
泳ぐ人あり月の波くだけをり 高濱年尾 年尾句集
泳ぐ人去らずワイキキ夕焼くる 中川聰子
泳ぐ児や口閉め眉目笑み続く 香西照雄 素心
泳ぐ友の妖しく青し春暮るゝ 渡辺水巴 白日
泳ぐ坑夫見えぬ坑帽頭にのせて 寺田京子 日の鷹
泳ぐ如く曼珠沙華原ぬけにけり 市野沢弘子
泳ぐ子が去るに海底しづみけり 萩原麦草 麦嵐
泳ぐ子と静かな親の森のプール 金子兜太「金子兜太句集」
泳ぐ子に声むきだしの山鴉 大井雅人 龍岡村
泳ぐ子のシャツたたみ置く江津の橋 林 カツ子
泳ぐ子の四肢ひらひらと甘えけり 小島健 木の実
泳ぐ子の父の眼鏡の中に澄み 本田幸信
泳ぐ寐ざまの自画像死また涼しきや 文挟夫佐恵 黄 瀬
泳ぐ寝ざまの自画像死また涼しきや 文挟夫佐恵
泳ぐ少女潜れば髪の流れけり 殿村菟絲子 『繪硝子』
泳ぐ少女髪も流れに従へり 津田清子 礼 拝
泳ぐ川見えて学童列を解く 河野南畦 『焼灼後』
泳ぐ時よるべなきさまの蛙かな 蕪村
泳ぐ淋しさ透き透きて徹らざる海に 津田清子
泳ぐ身に魚のふれしこのさみしさよ 川口重美
泳ぐ身をさびしくなればうらがへす 川口重美
泳ぐ顔にぶつかる波の高さかな 長谷川零余子
泳げても泳げなくても水著著て 稲畑汀子
泳げぬ母夫が蔑む児が蔑む 楠節子
泳げるは日本古来の草亀とよ 高澤良一 素抱
泳げる頭くらし魚獲る鳥空に 宇佐美魚目 秋収冬蔵
泳子の足裏のみの白さはや 高田蝶衣
流勢のなか田蛙の泳ぎ去る 松村蒼石 雁
流木が少年となり泳ぎ出す 長浜美智子
浜木綿の夕べ泳ぎ児見えぬなり 臼田亜浪 旅人
浮巣よりこぼれて泳ぎはじめたる 大石悦子 百花
浮草に河童恐るゝ泳ぎ哉 萍 正岡子規
浮草を押しながら蛭泳ぎをり 高野素十「初鴉」
浮鮴の浮きも泳げる春日かな 室生犀星 犀星発句集
海あれば若者不意に泳ぐなり 朝倉和江
海に浮く西瓜に泳ぎついてをり 鮫島春潮子
海に矢を放ちて始む寒泳ぎ 都合ナルミ
海を見て暮して泳ぐこともなく 丘田稔
海割れるかな父泳ぐかな母子の海 高屋窓秋
海女となるさだめの童女泳ぎをり 大島民郎
海女の子は海女の手ぶりに泳ぐなり 鈴鹿野風呂 浜木綿
海昏れて泳ぐカツプル奔放に 小川濤美子「和紙明り」
海月透け花となるまで泳ぎをり 玉城一香
海牛の泳ぎ歩きといふものす 高澤良一 ももすずめ
海豚観し少年海豚泳ぎせり 品川鈴子
海豹の泳ぐ手見ゆる春の水 磯貝碧蹄館
海野庄晴れ切る蛭の立ち泳ぎ 松本翠「先陣」
海開まへに泳ぎし青パンツ 百合山羽公 寒雁
涼しさや湖へ泳がす松の影 西村和子
淋しさの立泳ぎする秋の暮 岸本マチ子
淋しさの身を裏返し泳ぎけり 森総彦
淋しさは水を掴んで泳ぐなり 永末恵子 発色
淡水のきめにつつまれ立ち泳ぐ 篠原梵 雨
深谿や泳ぐ娘の髪水にひらき 松村多美
混浴の農婦泳げりみどりの夜 下田稔
渓流を泳ぎ耳の水ふり落とす 中拓夫 愛鷹
渓流を泳ぎ耳の水振り落す 中拓夫
渡り過ぐ雁見むと泳ぐ三田の坂 石塚友二 方寸虚実
游泳やおぼるる水のかんばしき 飯田蛇笏 山廬集
湖を切る遠泳の頭かな 茨木和生 往馬
満月や水兵永く立泳 三橋敏雄 *シャコ
満月や水兵泳ぐ立泳 三橋敏雄
満潮や海月は泳ぐこと忘れ 白井新一
漁られ馬穴にイソメ泳ぎをり 高澤良一 素抱
潮つらをへら~泳ぐ*さよりかな 桜木俊晃
潮蒼く人流れじと泳ぎけり 前田普羅 新訂普羅句集
激流に首突つ立てて蛇泳ぐ 塩川雄三
瀧壷に水の泳いでゐるところ 中嶋鬼谷
灌仏の如泳ぎ子の立ち上り 上野泰 佐介
火の山の湖に泳ぎて波たてず 緒方敬
火の島を蹴つて飛び込む遠泳子 野上 水穂
火を焚きてそれを目印夜の泳ぎ 茨木和生 木の國
火口湖のアダムに泳ぎ着きしイヴ 鷹羽狩行 平遠
火祭や金魚ひたひた泳ぎをり 石嶌岳
灰青色の海へ桃投げては泳ぐ 飴山實 『おりいぶ』
炎天の下さはやかに蛭泳ぐ 原石鼎
炎帝の下さわやかに蛭泳ぐ 原石鼎「花影」
焙炉の茶泳ぐ手つきをしてまぜぬ 長谷川かな女 雨 月
焚火して泳ぐ茫々石狩川 成田千空 地霊
煖炉過熱臓透け泳ぐ熱帯魚 内藤吐天 鳴海抄
熱帯魚いつも表を見せ泳ぐ 後藤立夫(諷詠)
熱帯魚記念切手のごと泳ぐ 木村淳一郎(諷詠)
燈台の庭に火を焚き寒泳ぎ 山本梅史
燈籠提げて人や穂草を泳ぎ来る 西山泊雲 泊雲句集
燕の子宙六尺を泳ぎつく 相馬遷子 雪嶺
父と子の泳ぐ飛沫の平行線 林 みち子
父と泳ぎし潮からき口松の枝 宇佐美魚目 天地存問
父に匿れて泳ぐ流れの底冷たし 津田清子 礼 拝
父の名を一字もらひて遠泳す 山下知津子「髪膚」
父より先に泳ぎつきたる巌愛す 上杉竜介
父子泳ぎアムール川の端笑ふ 加藤知世子
父子泳ぐ雲と真向ふさびしさは 宇佐美魚目 秋収冬蔵
父泳ぐ母は流れてほたる草 鳥居真里子
牛蛙花菜あかりを泳ぎけり 山尾玉藻
牡丹剪り湖に泳ぎてまひるかな 中田剛 珠樹
牧師やめてざんぶと泳ぎたくなりぬ 島村哉哉
特急に乗つてきたるに立泳ぎ 金子雄山
犬歯見せ寒中水泳より戻る 大石雄鬼
独立祭金魚は玻璃を占め泳ぐ 大野林火「冬雁」
王子たる背を水中に泳ぐなり 対馬康子 愛国
瓜泳ぐ昼寝の村の水汲み場 太秦女良夫
瓜盗み来て泳ぎ食ふ乞食かな 比叡 野村泊月
瓢を抱て浅瀬に泳ぎ習ふ人 泳ぎ 正岡子規
甚平の腰泳がせて地震最中 高澤良一 暮津
生存者一人沖より泳ぎ着き 三橋敏雄 まぼろしの鱶
田に入りて山椒魚の泳ぐなり 瀧澤伊代次
田を植ゑてあがるや泳ぎ着きし如 橋本多佳子
男と女海の孤独を泳ぎぬけ 三谷昭 獣身
男荒ぶ 沖に鯨を泳がせて 岸田房子
町川に鯉泳ぎをり稲の花 長谷川櫂 蓬莱
留萌の子短き夏の海泳ぐ 岡部六弥太
畝の間に立泳ぐごと新茶摘む 磯崎兼久 『孤雲』
畦に手足泳がせ憩ふ田草取 久保田月鈴子
痩身のネロが泳ぐ平衡な洗面器 星永文夫
白南風の布良の荒磯に泳ぐあり 石橋ひかる
白壁を映す外濠鴛鴦泳ぐ 高井のぶを
白日の泳ぎ子墓地をよぎりけり 西島麦南 人音
白痴少年芦の夕日にひた泳ぐ 阿部みどり女
白魚に影ありて影泳ぐなり 岡部六弥太
白魚のたましひ透けて泳ぎをり 藤岡筑邨
白魚のはらわた冥く泳ぐなり 根岸善雄
白魚の一寸先を影泳ぐ鳥羽三郎
白魚の泳ぐ皿ごと買はれゆく 塩川祐子
白魚や水へ戻さば泳ぐべし 白魚 正岡子規
白鳥の脚の浅きを泳ぎをり 嶋田一歩
百千の子を泳がせて海鹹し 津田清子
百姓の子を泳がせて見守れり 松藤夏山 夏山句集
百日紅燃えよ水泳日本に 長谷川かな女 雨 月
皮下脂肪揺りてセイウチ泳ぐなり 高澤良一 ぱらりとせ
盆の波男女ふたりが泳ぐのみ 中拓夫
盆三日泳ぎ法度の海のいろ 衣川砂生
盆波にひとりの泳ぎすぐ返す 井沢正江
監視終え夕陽の沖へ泳ぎけり 萬砂文男
目高泳ぐ貌三角に宿酔 岸風三樓
目高泳げり俳句する人空気吸えよ 豊山千蔭
真処女と来て真珠棲む海泳ぐ 八木原祐計
真葛原より少年が泳ぎ出づ 青柳志解樹
真青な水輪の芯を泳ぐかな 川村紫陽
真面目な貌の魚の群泳 寒明けの 伊丹公子 山珊瑚
眼球がまるくおさまるまで泳ぐ 中里麦外
眼鏡はづして泳ぐや浜の妻かすむ 奈良文夫
睡蓮に泳ぎ寄る蛭時澄んで 佐野良太 樫
睡蓮に身を泳がせし鼓動かな 横山 房子
睡蓮の水へ泳ぎし夜のねむり 河野南畦 『黒い夏』
睫毛みじかくて遠泳よりもどる 大石雄鬼
矢車の怠けて鯉も泳がざる 平田百合子
石投げてゐし子らも皆泳ぎだす 山口いさを
石炎えて泳ぎ児の雫垂るるなし 原田種茅 径
砂土圭干潟や泳ぐぐ堺町 立吟 選集「板東太郎」
砂山に泳がぬ妹の日傘見ゆ 日野草城
神の意にかなひし蛇の泳ぎをり 嶋田麻紀
神の旅亀ゆるやかに泳ぐなり 一志貴美子
神伝流夫の泳ぎは波立たず 及川貞
神傅流夫の泳ぎは波立たず 及川貞 夕焼
神島の産井に泳ぐ金魚かな 小林美成子
秋の海昏しちりめんじやこ泳ぎ 後藤比奈夫 めんない千鳥
秋の瀬にしばらく泳ぐ犬を持つ 殿村菟絲子 『繪硝子』
秋まつり錻力の金魚泳がせて 星野繁子
秋川に泳ぎしもののすぐ消えし 中川宋淵
秋汐に泳ぐ孤独の男あり 鈴木真砂女 夕螢
秋潮へ心泳がす捨煙草 吉田鴻司
秋草をつかみて泳ぐ子供かな 山本洋子
秋草を泳ぎて白き手足かも 岡本まち子
秋風にちりめんじゃこが泳ぎ着く 坪内稔典(1944-)
秋風へちりめんじゃこが泳ぎ着く 坪内稔典
稗抱へ田を遠泳のやうに来る 猪俣千代子 秘 色
稚金魚の動きを泳ぎとはいへず 茨木和生 木の國
空が鏡泳ぎ髪梳きととのふる 津田清子 礼 拝
空泳ぐ鯨の夢をハンモック 芹沢保
空罐やおたまじやくしの泳ぐころ 小檜山繁子
突放し突放し椰子の実と泳ぐ 敏雄
立ち泳ぎしては沖見る沖とほし 耕二
立ち泳ぐ埃と出会う秋の道 坪内稔典
立春大吉象が泳ぐといふ話 内田美紗 浦島草
立泳ぎしては沖見る沖とほし 福永耕二
立泳ぎして友情を深うせり 中尾寿美子
立泳ぐさまに分け入る花野かな 木内彰志




立泳ぐ狩を忘れし男来て 神尾久美子 桐の木以後
立泳ぐ頭と盆のもの並ぶ 鷹羽狩行 五行
立版古口むらさきに泳ぎをり 宇佐美魚目 天地存問
童女らの泳ぎ場あさし葛の花 白澤よし子
競泳のときもプールを風駆けり 山口誓子
競泳の先頭水を砕きくる 丹羽啓子
競泳の勝敗おなじ水を出て 池田秀水
競泳の勝者しづかにただよへり 小室善弘
競泳の勝者や影も水弾く 中村翠湖
競泳の無帽が先に折り返す 大森輝男「無帽」
競泳後脚さらさらとありにけり 小林貴子「北斗七星」
竿灯は大きく宙を一泳ぎ 高澤良一 寒暑
笑みわれて泳ぎをる子は女の子
箱河豚の箱かたむけて泳ぎけり 細見しゆこう
範泳あざやかゆきどころなきプールの波 津田清子
範泳あざやか行きどころなきプールの波 津田清子 礼 拝
精霊舟送りて泳ぐ暗き湾 山口超心鬼
紐切られたる早産の蝌蚪泳ぐ 茨木和生 丹生
紙漉くや水泳選手出でし家 大島民郎
紫のくらげと泳ぐ月あかり 蔵巨水
紬染む泥池にして飯匙倩泳ぐ 川端節代
紺碧にそまりたくなり泳ぎだす 和田耕三郎
終戦の人ら泳げり敗戦日 鈴木六林男
終生をまろく泳ぎて金魚玉 辻井ト童
結界に泳ぐ孑孑梵字なす 品川鈴子
絵看板潮噴く鯨が泳いじょる 高澤良一 寒暑
綿虫にふれんと宙に躯を泳がす 内藤吐天 鳴海抄
緋目高の生の喜びめく泳ぎ 山下美典(河内野)
緋鯉泳ぐくにいま若菜のくになつかし 阿部完市 春日朝歌
緑闇を泳ぐさまとも胃の腑撮る 文挟夫佐恵 雨 月
練供養軒に泳げるくもの糸 小島火山
纏ふもの無きがよろしき夜を泳ぐ 能村研三
美濃の子の蛙泳ぎや流れつつ 殿村菟絲子 『樹下』
群はなれ泳ぐ誤植の蝌蚪一つ 有馬朗人 知命
群れ泳ぐ海月に宇宙思ひけり 桜井康敞
翼伸べて雲雀は泳ぐ麦の空 太田鴻村 穂国
老友の古き泳法海に見す 百合山羽公 寒雁
老夫婦泳ぐ夫婦を木蔭より 藤田湘子 黒
耳立てて泳ぐや沖の声なき声 西東三鬼
背を見せて魚泳ぐ春の水浅し 正岡子規
背骨透くように禁漁区を泳ぐ 五島高資
胎生やしばらくけむる立泳ぎ 和泉香津子
胎蹴りし日のあり泳ぐ白蹠 品川鈴子
胸に海享けて入り行く夜の泳ぎ 右城暮石 上下
胸深く入れて水鳥沖泳ぐ 青邨
脊につきし藻の冷たさや泳ぎやむ 龍胆 長谷川かな女
脚に砂盛つて泳ぎの身を鎮む 友岡子郷 遠方
腕白のくせに泳き虫銀河澄む 西川無行
自己主張して泳ぎだす鯉幟 金堂豊子
舟生簀潮の碧に鱚泳ぐ 小林葭竹
舷に両手泳がせ海雲採り 野村五松
船渡御に泳ぎ従ふ男かな 池内たけし
船焼き捨てし/船長は/泳ぐかな 高柳重信
船焼き捨てし船長は泳ぐかな 高柳重信
船焼捨てし/船長は/泳ぐかな 高柳重信
芒原泳げないので引き返す 伊関葉子
花うぐひ泳ぐ高野の奥の院 福島せいぎ
花茣蓙に四肢泳がせて遠き海 岡本富子
苔くさい雨に唇泳ぐ挽肉器 赤尾兜子
若き妻水泳焼けの火の躰 辻田克巳
苦潮にうつそみ濡れて泳ぐなり 森川暁水(雲海)
草わかば泳ぎ切つたわ今朝の夢 朝倉晴美
草刈れば背の子が泳ぐ草の上 香西照雄 対話
草笛や泳ぎ子野路をなだれゆく 富田木歩
荒海を泳ぎ来し眼も煮凝りぬ 渡辺恭子
著船に泳ぎ寄り来る乞食かな 比叡 野村泊月
藤浪はたてひざで泳ぐ祖母の遺言 仁平勝 花盗人
藻にふれてひとり泳ぐや盆過ぎぬ 石田踏青
藻の花や人取池に泳ぐ子等 藻の花 正岡子規
藻の花をかづいて出でし泳ぎかな 虚子
虚子の忌の大浴場に泳ぐなり 辻桃子(1945-)
蚊だやしの地渋崩して泳ぎけり 茨木和生 往馬
蛇の衣泳がす風を聴く四十路 伊藤敬子
蛇口の構造に関する論考蛭泳ぐ 小澤實(1956-)
蛇泳ぎきつて流れの速さ増す 大熊輝一 土の香
蛇泳ぎつき流木の熱かりき 清水径子
蛇泳ぐあとのひかりのつづきけり 本宮哲郎
蛇泳ぐあめつちは息ひそめけり 鍵和田[ゆう]子
蛇泳ぐその一瞥に熱きもの 能村研三
蛇泳ぐその全長をたのしませ(黒部峡谷) 河野南畦 『湖の森』
蛇泳ぐ姉がもつとも笑ひけり 鳥居真里子
蛇泳ぐ水に明暗生れけり 田中菅子 『紅梅町』
蛇泳ぐ波をひきたる頭かな 高野素十
蛇泳ぐ波をひきたる首かな 高野素十
蛇泳ぐ芦間の水に*どを沈む 高濱年尾 年尾句集
蛇泳ぐ隠沼あをく反りにけり 大竹多可志
蛇穴を出て白昼を泳ぎけり 有山八洲彦
蛙銜へて蛇叢を泳ぎ消えぬ 西山泊雲 泊雲句集
蛭泳ぐ余呉湖の田螺蜷黒し 右城暮石
蛭泳ぐ曇天遠く爆破音 右城暮石 声と声
蛭泳ぐ筋金入のさびしさに 中原道夫
蜑の子や並んで泳く八九人 泳ぎ 正岡子規
蝌蚪がもう蛙泳ぎをしてゐるよ 山田弘子
蝌蚪一つ落花を押して泳ぐあり 野村泊月
蝌蚪入れて泳がすオレンヂジュースの瓶 横山白虹
蝌蚪泳ぐぶつかるまではまつすぐに 林徹
蝌蚪泳ぐ一枚二枚千枚田 鈴木鷹夫 千年
蝌蚪泳ぐ傍らの蝌蚪動かして 鈴木鷹夫 千年
蝌蚪泳ぐ円光をはやひとつづつ 藤田湘子 てんてん
蝌蚪泳ぐ愉しき未来あるごとく 新明紫明
蝌蚪生れて畝火の溝に泳ぐなり 誓子
蝌蚪群れて泳ぐ時声ある如し 今瀬剛一
蝌蚪逃ぐる足の生えたる泳ぎして 茨木和生 野迫川
蝶とぶや泳ぎたくなる水の色 岡本松浜 白菊
螻蛄がゐてわれを見向きもせず泳ぐ 風間啓二
螻蛄つゝとつゝと泳げる空はるか 海野良三「一樹」
螻蛄泳ぐ無能嘆かふこともなく 冨田みのる
蟇つるみながらに泳ぎけり 岩田由美 夏安
蟇鳴くとつられて亀の泳ぎけり 藤田湘子 てんてん
蟻泳ぎゐて水甕の夕日濃し 内藤吐天 鳴海抄
血がにじむ手で泳ぎ出た草原 尾崎放哉
裏山の幼い星よ*えい泳ぐ 坪内稔典
裏川に泳ぎ過ぎたる赤眼かな 猪俣千代子 堆 朱
裘ぬぎすてにけり寒泳ぎ 五十嵐播水 播水句集
補植する素足に蛭の泳ぎくる 木村よし子
裸体なる先生胡坐す水泳所 夏目漱石 明治三十年
西行忌車の波に杖泳ぐ 百合山羽公 寒雁
親殺し蛇泳ぎして行方も知れず 高柳重信
親泳ぐ水尾の中ゆく子鴨かな 加瀬美津子
討ち入りのごとし夜泳の海女の群れ 岩淵喜代子
訴涼のくらきへ蔓の泳ぎけり 臼田亜浪 旅人
誰からも泳ぎ上手と見られゐて 豊田いし子
豊かなる髪を濡らして泳ぎ出す 杉田一舟(廻廊)
豊年の陸よりこぼれ夜泳ぐ 加藤武生
象泳ぐ秋の出水のメコン河 松崎鉄之介
豪雪の爪跡泳ぐ秋の蝶 小出秋光
貧農の水子を喰ひに蛭泳ぐ 角川春樹
貨車黝くつながれて蝌蚪泳ぎけり 萩原麦草 麦嵐
買物へ雪の歩道を泳ぐかな 浅窪紀美子
赤腹の泳がぬときの手足かな 小原澄江
起居水のごとし冬の蚊手に泳ぐ 松村蒼石 春霰
踊る夜もくろがねの輪の水練児 百合山羽公 寒雁
踏みごたへあるかなきかに立ち泳ぎ 正木ゆう子 悠
蹌踉と来し老人の泳ぎ出す 築城百々平
身を振つて身をふつて鯒泳ぎけり 細見しゆこう
車泳ぐほどの花嵐となりし 茨木和生 丹生
軽鳧の子の老人ホームの池泳ぐ 倉田静子
輪に脱いで泳ぎ子嵐山渓谷へ 柿沼あい子
辱を得て青葦原を泳ぐかな 鳴戸奈菜
通訳のまあいを泳ぐ熱帯魚 二村典子
進化してさびしき体泳ぐなり 正木ゆう子
遊船の波うけ島の子が泳ぐ 橋本美代子
道泳の写真なつかしがりて老ゆ 後藤比奈夫 めんない千鳥
遠泳あと海ふりかへる白木槿 中拓夫
遠泳にひかりとなりて届く声 黒坂紫陽子
遠泳に耐へたる四肢を眺めけり 五十嵐播水 播水句集
遠泳に裏返りても星ばかり 今瀬剛一
遠泳のこのまま都まで行くか 太田うさぎ
遠泳のしんがりの子を祝福す 平賀 扶人
遠泳の中止の海を振り返る 岡田順子
遠泳の先着つきし砲を聞く 上村占魚 鮎
遠泳の先頭見ゆとどよめきぬ 柳俳維摩
遠泳の児等見えて来し波の綺羅 辻口静夫
遠泳の列を太鼓の撥で押す 田中春生(狩)
遠泳の子に新しき守り札 薦田伸子
遠泳の己が胸より海ひろがる 山之内志朗
遠泳の強気弱気にかはるころ 朝倉和江
遠泳の後列すでに錆びはじむ 小林 進
遠泳の指ねんごろに折りにけり 五十嵐播水 播水句集
遠泳の終りは海を曳き歩む 柴田佐知子
遠泳の落伍者陸を歩きくる 山田四十一(七曜)
遠泳の頭波間に減りもせず 品川鈴子
遠泳やおくれはじめし帽一つ 増田 富子
遠泳やその後の妻の独り立ち 大部哲也
遠泳やむかひ浪うつ二三段 飯田蛇笏 霊芝
遠泳や午後を高まる波ながら 野中亮介
遠泳や洋たゞ中の身と思ひ 尾崎迷堂 孤輪
遠泳や父を遥かにはるかにす 行方克己 知音
遠泳や舟に上がれば風の音 長谷川櫂 天球
遠泳や高波越ゆる一の列 水原秋桜子(1892-1981)
遠泳や高浪越ゆる一の列 秋櫻子
遠泳を了へし足並しづかなり 山口波津女 良人
遠泳を戻る大門の潮に乗り 品川鈴子
遠泳を見てか向日葵沖に向き 鈴木真砂女 夕螢
遠泳を迎ふる犬が水に入る 堺井浮堂
遠泳後の入江涼しき舵の音 中拓夫 愛鷹
遠泳終ふ入江涼しき舵の音 中拓夫
酸欠の紅葉の山を立ち泳ぐ 五島エミ
金の鯉泳ぎていよよ秋澄めり 影島智子
金魚孵り動けるかげの泳げるよ 原田種茅 径
金魚槽のらんちゆう最も泳ぎ下手 岩本彰子
金魚草泳ぐさまなす風雨かな 前沢青葉女
鎌研ぐや蛭泳ぎ来る遠きより 原石鼎
長子とは泳ぐ手をふることもなく 田中裕明 先生から手紙
長男と競ひ泳ぎて負けまじく 稲畑汀子 春光
開聞岳に真向ひ泳ぐ皆若し 古賀まり子 緑の野
降誕のモリアヲガヘル泳ぎ出す 藤本安騎生
陶土浸く甕に螻蛄の子泳ぎをり 井上久枝
陸を眼の前に遠泳折り返す 右城暮石 上下
陽炎の中に泳ぐ手一輪車 新井真衣
難民のユーゴの川を蛇泳ぐ 夏石番矢
雪に埋もれ泳ぐ林檎樹どの樹の声 寺田京子 日の鷹
雪の余呉琵琶湖の鴨の来て泳ぐ 西村公鳳
雪へ雪へちりめんじゃこが立ち泳ぐ 坪内稔典
雪また雷光に泳ぐ馬やら人やら 細谷源二
雪代山女湖底の村の上泳ぐ 宮津昭彦
雪晴の石投げて鯉泳がする 鈴木太郎
雲か佐渡か泳ぎの先にしづもれる 仁藤壷天(萌)
雲を背に立つ母の辺へ泳ぎつきぬ 中村草田男
雲海に月出て人魚泳ぎをり 阿部誠文
霧の中夜明けを泳ぐ音すなり 日比谷廣子
青天に葡萄の泳ぐ風迅しや 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
青嶺聳(た)つふるさとの川背で泳ぐ 大野林火(1904-84)
青嶺聳つふるさとの川背で泳ぐ 大野林火
青年の寒泳が超え銀杏の木 和知喜八 同齢
青海に額ぶつけて泳ぎ出づ 滝春一(1901-96)
青芝を蜥蜴は泳ぐやうにして 高澤良一 石鏡
青蚊帳を泳ぐ昭和の日暮かな 柿本多映
青蛇の泳ぎし水のささくれぬ 小島健 木の実
音楽の聴こえぬ夜は泳ぐなり 大竹広樹
頬に灯をため泳いでいれば遠くいる 阿部完市 絵本の空
風に身をあづけて泳ぐ枯尾花 石井 保
風は鯉よりかるいから泳ぎおよぐ 阿部完市 軽のやまめ
風塵に青萱泳ぐ隠れ村 下村ひろし 西陲集
風景にならうと泳ぐ鯉幟 関口比良男
風薫るリフトに足を泳がせて 岡崎悦子
風邪の子が空泳ぐ魚あまた書く 長谷川双魚
風邪見舞のみなよく泳ぐ金魚かな 渡辺水巴 白日
養殖の帆立眼を閉じ泳ぐ夢 岩間民子
首ひとつ据ゑて泳いでゐるらしく 石田勝彦 秋興
首振つて穀象泳ぐ合の米 小林康治 四季貧窮
首飾われに托して泳ぎ出づ 橋本美代子
駅と駅の中間海に一人泳ぐ 右城暮石 声と声
骨盤のあたりで泳ぐのは夕陽 大西泰世 世紀末の小町
高階で泳ぐ瞳に鍵をさし 八木三日女 落葉期
髪も手も身を離れたき夜を泳ぐ 今瀬剛一
髪濡るるまで泳ぎ女の歩み入る 後藤夜半
魂棚を組む山川を泳ぎ来て 神蔵 器
魚よりも光りて子等の泳ぎけり 岩岡中正
魚座生まれの爽籟を泳ぐなり 辻美奈子
鮎刺に酔ひて心の泳ぐなり 藤井彰二
鮎鮨の笹に泳ぎし姿かな 今泉貞鳳
鮠に石擲ちゐしが又泳ぐ 木村蕪城 一位
鮠泳ぐ奥の院なる水行場 瀧澤伊代次
鯉に伍し亀の泳げる仏生会 高澤良一 暮津
鯉のぼり村を沈めて泳ぎけり 佐野まさる
鯉のぼり風を待つ間の立泳ぎ 宇野直治
鯉の上を亀が泳ぎて五月かな 寺井谷子
鯉幟古び気安く泳ぎをり 柏禎
鯉幟影は離れて田に泳ぐ 渡会昌広
鯛泳ぐとも炎天の彩褪せず 原裕 葦牙
鰭嬉しさうに生簀の河豚泳ぐ 橋本美代子
鱒泳ぐバレリーナの如くかな 小川背泳子
鱒泳ぐ初秋風の水の皺 森田峠 逆瀬川以後
鱒閑に空しき岸を泳ぎけり 松瀬青々
鳥威し挿しに稲穂を泳ぎゆく 高濱年尾 年尾句集
鳧の子の一つは泳ぎ疲れたる 稲垣富子
鳰の子のおくるるに親泳ぎ寄り 中村汀女
鳰の子の並びて泳ぐ沼の景 岡本欣三
鳰の子の巣よりこぼれて泳ぎだす 高橋悦男
鳰の子の泳ぎぞめする濁りかな 鳰の子 正岡子規
鳰泳ぐ蘆原の子を呼び出して 茨木和生 往馬
鳳作忌珊瑚を舞鯛泳ぎけり 石鍋みさ代
鴨すべて東へ泳ぐ何かある 森田 峠
鴨の子の泳ぎぞめする濁り哉 子鴨 正岡子規
鴨泳ぐ家鴨ボートのあとさきを 高橋達子
鴨泳ぐ短かき澪は遊ぶ鴨 田川飛旅子 『薄荷』
鴨泳ぐ胸に日の輪をまるく掛け 上野章子
鴨泳ぐ隊伍組むまますれ違ひ 長谷川草洲
鵜は蛇の如く泳ぎて末枯るる 岸本尚毅 舜
鶴の子の泳ぐ水輪や杜若 佐野青陽人 天の川
鷭泳ぐ乱杭囲む*えり場跡 小川斉東語
麦烏賊の泳ぐともなし生簀中 田中冬二 行人
麩によらで鯉泳ぎ去る蓮の昼 蓮 正岡子規
黄海に黄河から来し魚影泳ぐ 金子兜太 黄
黒い花びらのようにお玉杓子は泳ぐもの 橋本夢道 無禮なる妻抄
黒砂の浜椰子泳ぎ子土語ばかり 河野南畦 湖の森
黒頭浮かべ泳げる漁港かな 右城暮石
黒髪を波にあづけて泳ぎ出づ 檜 紀代

以上
by 575fudemakase | 2016-08-21 16:26 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26126545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング