旱 の俳句

旱 の俳句

旱 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26126547/

旱 補遺

お花畑しんじつ旱知らずかな 阿波野青畝
からうじて花はくれなゐ旱萩 阿波野青畝
きびなごの酢味噌うましや旱梅雨 角川源義
こつねんとたゝく水鶏や夕旱 原石鼎 花影
これが湖の底の昔の家の礎である大旱 荻原井泉水
しかすがに汲めば匂ふよ旱肥 日野草城
しら~と明けて影濃し旱雲 前田普羅 普羅句集
すぐうしろに人歩きゐる旱かな 岸田稚魚
てらてらと百日紅の旱かな 正岡子規 百日紅
どの道も向うすぼみや旱空 三橋敏雄
ながらふはけむりのごとし旱人 斎藤玄 狩眼
ひきだしに剃刃くもる旱り星 飴山實 少長集
ひそやかに茗荷花咲く旱かな 日野草城
ひてりさへ瓜はやせたる顔もなし 正岡子規 旱
ひよろひよろと草の生ひたり旱池 清崎敏郎
みづうみを暗めて赤き旱月 上田五千石『天路』補遺
めしつぶの無垢なる白さ大旱 藤田湘子 神楽
わが批評立ち読み唸る梅雨旱 能村登四郎
デモの列に吾子はあらずや旱り梅雨 角川源義
ドロツプゾーン夜を白々と旱雲 岸田稚魚 負け犬
ドロツプゾーン旱埃の簷低し 岸田稚魚 負け犬
ネコのノミトリコイランカエ大旱 岡井省二 鯨と犀
フェニツクスの葉影幼なし旱星 佐藤鬼房
ボクサーが打たれたふれる旱の夜 有馬朗人 母国
メタンの泡 騒ぐ 旱の天はりつき 伊丹三樹彦
一屋を天守に尋むる梅雨旱 上田五千石『琥珀』補遺
一滴も水無し近江旱川 山口誓子
上弦の月さへ赤き旱かな 藤田湘子 てんてん
不忍の泥に蓮咲く旱かな 正岡子規 旱
並び寝や始発の過ぎし旱り空 角川源義
中天の旱気いちにち蜘蛛の糸 飯田龍太
二十日月の昏さ旱田匂ひ来る 村山故郷
二葉三葉ばかりの塵も旱萩 阿波野青畝
五月雨の旱のと菊の手入れかな 正岡子規 五月雨
亡霊のすべて面伏す旱り割れ 橋閒石 風景
仙人掌に声かけてをる旱星 岡井省二 大日
何度でも自動車とめぬ旱犬 中村草田男
倉の扉のひらき旱の闇は見ゆ 古舘曹人 砂の音
冷ゆるまなき旱の汗にあまんずる 野澤節子 未明音
分水嶺分ちてともに旱川 山口誓子
双眸を満たす青欲し大旱 鷲谷七菜子 銃身
口に乗る春歌や旱の狐立つ 斎藤玄 狩眼
吊橋に夫婦が揺れている旱り 飴山實 おりいぶ
向日葵の瞠る旱を彷徨す 野澤節子 未明音
回覧板お頼み中す旱かな 藤田湘子
困憊の眉間を旱牛も持つ 鷹羽狩行
図中に黒い虹立ち窓に旱り星 飴山實 おりいぶ
土屋(どをく)より人馬出で来て大旱 加藤秋邨
地の旱わが靴あとのさだめなし 野澤節子 未明音
地獄見て憤ろしも大旱 山口誓子
地面より水面低き旱かな 三橋敏雄
城壁を照らして上る旱月 廣瀬直人
墓の奥トランペット吹く旱梅雨 山口青邨
墓原や松風たかき旱り空 角川源義
夕虹の雨気にうとき早哉 正岡子規 旱
大旱の人声籠る草の家 角川源義
大旱の地下茎を断つ幼児の前 橋閒石 卯
大旱の夜のいちぢくの葉のにほふ 長谷川素逝 暦日
大旱の岩にかさりと蜻蛉交む 西東三鬼
大旱の岩起す梃子弓反りに 西東三鬼
大旱の崖の赤土ゑぐる仕事 西東三鬼
大旱の日がひむがしに日日出づる 三橋敏雄
大旱の星空に戸をあけて寝る 長谷川素逝 暦日
大旱の星空へ戸をあけて寝る 長谷川素逝 村
大旱の昼月のやや湿るのみ 大野林火 雪華 昭和三十九年
大旱の松の香電車棄てにけり 伊丹三樹彦
大旱の棺板そつて釘浮かす 細谷源二 砂金帯
大旱の淵は瀬を吸ひ止まざりき 川端茅舎
大旱の田に百姓の青不動 西東三鬼
大旱の畑や縮るゝ茄子ふぐり 石塚友二 光塵
大旱の硝子戸ありて蠅唸る 西東三鬼
大旱の空に湧くは白雲ばかり山川草木 荻原井泉水
大旱の空仏相の雲ひとつ 鷲谷七菜子 一盞
大旱の空罐なげし音なりき 加藤秋邨
大旱の葉裏葉裏が鬱と炎ゆ 佐藤鬼房
大旱の赤三日月の女憂し 西東三鬼
大旱の赤牛となり声となる 西東三鬼
大旱やおのれとからむ南瓜蔓 加藤秋邨
大旱やたぎつ地獄を生きの眼に 山口誓子
大旱やエンサイクロピディヤブリタニカ 橋閒石 微光
大旱や乾坤憎まれたる如し 野澤節子 未明音
大旱や反りて仏の思惟の指 上田五千石『森林』補遺
大旱や泥泉地獄ふつふつと 山口誓子
大旱や牛頭馬頭に逢ふ地獄村 山口誓子
大旱や緑を青む帚草 岡井省二 鹿野
大旱化粧ふに音のありにけり 岡本眸
大旱天智天皇の「秋の田」も 川端茅舎
大旱血を曳く蛭のしづみをり 飯田蛇笏 椿花集
大旱鈴蘭は実を結びゐる 木村蕪城 一位
大木に生れしままの旱星 廣瀬直人
大銀杏旱の砂を降らしけり 村山故郷
天地旱トラックの尾の赤き布 西東三鬼
天空のかくもしづかに大旱 鷲谷七菜子 游影
女立たせてゆまるや赤き旱星 西東三鬼
妻の痩眼に立ちそめぬ大旱 日野草城
子には読めて無縁なネオン旱の街 伊丹三樹彦
孑孑の泥にかくれし旱かな 正岡子規 孑孑
寺の屋根ばかり旱の市街かな 廣瀬直人
小さきラジオひとつの小屋の旱かな 石川桂郎 四温
尿の泡消えず旱天つゞきけり 右城暮石 句集外 昭和三十三年
山の手に錨立ち錆び旱久し 西東三鬼
山の膚艶ますばかり梅雨旱 相馬遷子 山国
山畑に巾着茄子の旱かな 村上鬼城
峡の田は旱を知らず水満てり 高浜年尾
峰の奇にい行き憚る旱雲 上田五千石『琥珀』補遺
島旱木々総ぐるみの緑で立つ 赤尾兜子 歳華集
巫女の掌に蚕神遊ぶや旱り熔岩 角川源義
干梅の紅見れば旱雲 河東碧梧桐
廃坑や旱の日負ひ祖母の跪坐 佐藤鬼房
悪猫がのそのそ通る大旱 日野草城
悪鬼ゐて地獄たぎらす大旱 山口誓子
憎む充感にごりて低き旱月 能村登四郎
手に持ちし灯の照しだす旱畑 廣瀬直人
掃苔や手をついて引く旱草 後藤夜半 底紅
旗柱抜きし穴あり市旱 中村草田男
日傘みな沼へ傾く芋旱 小林康治 玄霜
旱さへ瓜に痩せたるふりもなし 正岡子規 旱
旱して梨くさり落つ畠哉 正岡子規 梨
旱には涸るる瀧とよ涸れてをり 上村占魚
旱の月のいま火となつておちる 荻原井泉水
旱の月照らす百姓家の裏を 右城暮石 句集外 昭和三十年
旱り坂牛の図体登り切る 西東三鬼
旱り田が透き逆さまに蜘蛛ねむる 飴山實 おりいぶ
旱り田の濛々たるに折れ沈む 西東三鬼
旱り田を来ては水呑む棒立ちに 飴山實 おりいぶ
旱る峡牛の眸ばかりつややかに 飴山實 おりいぶ
旱乙女の憩ひ鉄路のひびく土手 鷹羽狩行
旱乙女の洗ひて白きたなごころ 鷹羽狩行
旱乙女の藁の紐つけ腰みだら 鷹羽狩行
旱天に星みえ疲労冴えてくる 金子兜太
旱天のかげるときなし大銀杏 村山故郷
旱天の冷えにのけぞる駒ケ嶽 飯田龍太
旱天の夜ぐもりに鳴く螽?かな 飯田蛇笏 春蘭
旱天の夜雲の白き盆の唄 森澄雄
旱天の忍返しに鳶の笛 飯田龍太
旱天の檻の狐を撃つ心 斎藤玄 狩眼
旱天の百姓何も持たず歩く 上野泰 春潮
旱天の降らすは砂のごとき雪 大野林火 方円集 昭和四十九年
旱天の風に重しと木の実揺れ 飯田龍太
旱天の馬走る道人歩む 山口青邨
旱天の鳥澄む松に山聳ゆ 飯田龍太
旱天の鴉胸より飛び出しか 西東三鬼
旱天やうつうつ通る青鴉 西東三鬼
旱川踰え明王の酒貰ふ 佐藤鬼房
旱星 なに言ひ渋る横顔ぞ 富澤赤黄男
旱星われを罵るすなはち妻 西東三鬼
旱星一語なき日もかき暮れて 楠本憲吉 孤客
旱星夜遊びの子を母叱る 大野林火 青水輪 昭和二十四年
旱星山山はみなせりあがり 三橋敏雄
旱星沼にはあらずわかれけり 西東三鬼
旱星眠れぬ者に身じろがず 大野林火 月魄集 距和五十七年
旱星輝く基地の夜半の冷え 中村汀女
旱星食器を鳴らす犬と石 秋元不死男
旱春の草根深深とあり睡たき 三橋敏雄
旱春の藁をかつげば 藁のにほひ 富澤赤黄男
旱春の鶴の背にある光の輪 富澤赤黄男
旱月小さき祖母の昔かな 廣瀬直人 帰路
旱木の根方あらはに土緊る 三橋敏雄
旱水に蛙群(あぐん)しいんと悼めるや 香西照雄
旱水に蛙群しいんと悼めるや 香西照雄 対話
旱水一条橋半ばきて真下なる 中村草田男
旱瀬ゆく鵜篝のいま獅子頭 鷹羽狩行
旱焼けしたる山葵の田の面見ゆ 阿波野青畝
旱牛角向けてより曲る角 鷹羽狩行
旱田にからむ捨花外しけり 香西照雄 対話
旱田に水牛の子の水牛色 中村汀女
旱田の干割れ青みどろも干割れ 山口誓子
旱田を走る汽車にて手を洗ふ 伊丹三樹彦
旱蜂片手払ひに農夫たり 野澤節子 未明音
旱雀桐もろともに吹かれをり 村山故郷
旱雲 かなしくも鋭き誰が叫び 富澤赤黄男
旱雲へ犬吼え石へ字を刻む 中村草田男
旱雲西瓜を切れば眞赤也 正岡子規 西瓜
旱魃の杜黒々と盆地帯 右城暮石 句集外 昭和三十三年
旱魃の舗実はふやけ靴のあと 杉田久女
旱魃の野の逆光を傴僂きたる 橋閒石 無刻
旱魃や子の傷を砥め口甘し 岸田稚魚
旱魃や子の傷を舐め口甘し 岸田稚魚 筍流し
旱魅にゆがめる花や真葛原 阿波野青畝
旱魅やねなしかづらの弱りをる 阿波野青畝
昇天寸前旱老婆の白日傘 森澄雄
春旱ここ城の羊歯さへ乾ぶ 伊丹三樹彦
春旱どの岩となく蔓からみ 廣瀬直人
春旱車輪空まはる美しや 加藤秋邨
昼旱鉄軌綯ひ交ふ陸橋下 石塚友二 方寸虚実
時計塔と旱の月と空きつ腹 加藤秋邨
曼珠沙華咲き絶ぬなり旱雲 河東碧梧桐
月も旱り鎖の端の犬放つ 西東三鬼
月照らす旱の村の丘ひとつ 廣瀬直人
朝夕瓜もみ食ふ旱かな 前田普羅 普羅句集
朝旱く騎馬の銅像に遭ひ怒る 三橋敏雄
枝ばなれさやさや冬の旱星 上田五千石『琥珀』補遺
梅雨旱肩落す者はすでに敗者 岸田稚魚 雁渡し
梨したゝか腐りて落つる旱哉 正岡子規 梨
樹の上に子がゐて地上大旱 能村登四郎
樽前に旱の雲のあるぞ憂き 山口青邨
櫛の歯の立木がくれの魂旱り 橋閒石 荒栲
正座して薪割る旱の一老婆 森澄雄
死ぬほどの位もなくて旱かな 藤田湘子
母死後の秋の旱の井戸覗く 伊藤白潮
水なくて泥に蓮咲く旱かな 正岡子規 蓮の花
水中の虫敏感に旱つづく 右城暮石 句集外 昭和二十六年
水尾涸て鮎の死だる旱哉 正岡子規 鮎
水草の泥に花咲く旱かな 正岡子規 水草の花
汽罐車の車輪からからと地の旱 山口誓子
泥亀の目がどこにある旱かな 阿波野青畝
流紋を刻みて旱磧なる 清崎敏郎
海賊の村に水汲む旱かな 正岡子規 旱
澄み切つて換毛の雉子旱気の土 飯田龍太
濃き髭を貯へ旱牛使ふ 鷹羽狩行
火炎樹の莢打ち鳴らす 旱魃史 伊丹三樹彦
照り照りて旱崩れず草の風 村山故郷
煽られし旱の紙片特急追ふ 伊丹三樹彦
爪とんで肌刺す嶺の旱星 飯田龍太
牛の眼に大旱の土平らなり 西東三鬼
犂(からすき)の反りの鋭き旱かな 鷹羽狩行
犬楠の木は石より堅し旱星 古舘曹人 樹下石上
瓜蠅旱天の暾を愉しめる 西島麦南 人音
畝遠く近く初秋の旱道 廣瀬直人 帰路
百姓の影大旱の田に倒る 西東三鬼
百日に九日すぎぬ旱墓 星野麥丘人
盆栽の旱の石も痩せて老父 香西照雄 対話
直なるもの大旱の地を抜けり 橋閒石 朱明
真白な塔の向ふの旱川 飯田龍太
眼をあげてみしが旱雲去らぬなり 野澤節子 未明音
石灰焼く灰をかぶりて地や旱魃 松崎鉄之介
砂糖嘗めて生きてゐよとや旱雲 加藤秋邨
碧空に山充満す旱川 飯田龍太
空は旱氾濫の黄河野をひかず 長谷川素逝 砲車
筆鋒を誰に向けんか旱星 上田五千石『天路』補遺
紅蓮に管絃ひゞく旱かな 日野草城
紫陽花の常くれなゐや大旱 相馬遷子 山河
翡翆の光りとびたる旱かな 原石鼎 花影
耳掻購い帰る東京の旱星 赤尾兜子 歳華集
聖水のほかは 旱の 木の聖堂 伊丹三樹彦
背かるるごとし旱の冬田圃 廣瀬直人 帰路
胎壁を潮うつ旱り野の蛇よ 橋閒石 風景
膝近く旅顔つらね旱り梅雨 角川源義
芋旱り機関車こぼす太き息 角川源義
芋虫の肥え太りたる旱かな 右城暮石 句集外 昭和五十年
花過ぎし二人静も旱の香 石田波郷
英世の地るつぼとなりし旱雲 原裕 青垣
萍の渋色旱る日頃かな 河東碧梧桐
虹のごと山夜明りす旱年 河東碧梧桐
蛇死して紐となりたる大旱 林翔
蜂の巣を見るや旱の簷端にて 山口誓子
蜂ふれて旱の水の照りにけり 大野林火 青水輪 昭和二十六年
蟹股はくらしの重み旱澤 佐藤鬼房
衿垢は生きゐるしるし旱梅雨 佐藤鬼房
角と眼は翳らず旱牛歩く 山口誓子
読みさしの江戸刑罰や旱星 佐藤鬼房
護符僅か減る香煙の旱川 佐藤鬼房
赤々と百日紅の旱かな 正岡子規 百日紅
赤き月はげ山登る旱かな 杉田久女
赤ン坊を尻から浸す海旱り 飴山實 おりいぶ
身のうちに水飯濁る旱かな 三橋敏雄
車窓より拳現われ旱魃田 金子兜太
遠鳴きの声は負け犬旱星 秋元不死男
野厠の旱肥汲む姐御かな 日野草城
野葡萄や旱の影す秋篠川 佐藤鬼房
金魚玉空傾けて大旱 石塚友二 光塵
鏡箔いたむ旱家裏の水を飲む 赤尾兜子 歳華集
雀よく干飯をたべて旱かな 渡邊水巴 白日
電車過ぐ汽車過ぐ旱川の上 山口誓子
青淵の上に御田の旱かな 川端茅舎
音立ててギブス乾けり旱星 岡本眸
飯食うて晝うつくしき旱かな 永田耕衣
首細き子がみる旱の貨車の群 金子兜太
高波の智恵子が浜や旱梅雨 角川源義
髪結ひが子を抱きはしる大旱 石田波郷
黍畑や大旱の雲衰へず 村山故郷

以上
by 575fudemakase | 2016-08-21 16:58 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26126619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング