灼く の俳句

灼く の俳句

灼く の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26126553/

灼く 補遺

「観入」を説きて熱砂に指を挿し 山口誓子
あしたよりわがすむ字の坂灼けし 山口誓子
あしたより天の灼けつゝ凌霄花 百合山羽公 春園
あはれこの雨乞地蔵灼けゐたる 大野林火 方円集 昭和五十三年
あをぎりの青の淋しさ灼けはじむ 岡本眸
いきものゝ人間にほひ岩灼くる 日野草城
いくそたび車窓をぎらぎら灼く川あり 篠原梵 年々去来の花 皿
いっぽんの街灼くる軍歌つらぬける 伊丹三樹彦
いつ戻る博労 車上で 馬灼けきり 伊丹三樹彦
うらがへる葛の葉飛騨も灼けそめぬ 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
えりの水灼けて荒鵜を近づけず 大野林火 海門 昭和十一年
おとしべの帰りゐて能登灼けゐたり 松崎鉄之介
おのれ吐く雲と灼けをり駒ケ嶽 加藤秋邨
おろおろと灼けたる墓に手を尽す 岡本眸
かたまり灼けし雲の純粋青が透き 加藤秋邨
かへりみる厦灼けて虚に充ちぬ 下村槐太 光背
かへりみる大厦灼けて虚に充ちぬ 下村槐太 天涯
きりぎりす灼熱の恋知らで老ゆ 上田五千石『田園』補遺
ぎじぎじと熱砂は口をねばらする 長谷川素逝 砲車
ぐすぐすと熱砂を踏めり旅の神 原裕 青垣
こくこくと牛乳飲む朝を雲灼くる 大野林火 早桃 太白集
こゑ灼々ひばりは天の雀なり 上田五千石『琥珀』補遺
しづかなる怒りの海よ砂も灼く 能村登四郎
ただ灼けて玄奘の道つづきけり 松崎鉄之介
つづく熱砂泥亀有棘線くぐる 橋閒石 無刻
はだか山灼くるを更に削ぎやまず 能村登四郎
はや熱砂といふべき果の海の艶 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
はらからと葬る一握の砂灼けたり 伊丹三樹彦
ひとつ積んでは灼け石の音母の声 秋元不死男
ひまはりかわれかひまはりかわれか灼く 三橋鷹女
ぼうたんや日は午にして地を灼かず 森澄雄
また痩せて帰郷 灼け墓原の中 伊丹三樹彦
み墓べの打出の字は甍灼く 山口誓子
み墓べは松ざわめけり里曲灼く 山口誓子
むらぎものおもひのかげる灼磧 佐藤鬼房
むんむんと灼くる熔岩越え越え渇す 伊丹三樹彦
めらめらと灼けつく島の水を飲む 上村占魚
よく灼くる屋根石冷めて暮れにけり 阿波野青畝
よしきりの鳴くこともまれ沼灼くる 山口青邨
われに無かりし青春海女の堅肉灼け 野澤節子 花季
カンナあの紅食ひなばいのち灼け死なん 三橋鷹女
キャムプ灼けキャムプの支柱灼けにけり 山口誓子
キール組む船台灼くに小旋風 松崎鉄之介
ゴビ沙漠夜雪なほ灼け羽摶つもの 加藤秋邨
ゴビ灘に灼け電柱を植ゑしのみ 鷹羽狩行
ゴビ灼けて電柱ひとつづつ尽きず 鷹羽狩行
ストーヴの蓋の羅馬字灼熱して 山口誓子
スラム灼け 跼む女の烈しき色 伊丹三樹彦
チップ材積みて天北灼けに入る 松崎鉄之介
テント灼け 囲われ魚に 気泡の華 伊丹三樹彦
バザール灼け炮羊肉(カオヤンロー)の煙と香に 松崎鉄之介
フラスコを焔が灼ける涅槃なり 永田耕衣
ポスト灼け女ひっそり返りけり 伊丹三樹彦
ヴェール揺れしが熱風の顔見えざりき 加藤秋邨
一*ちゅうの浜火のほかは灼くるのみ 上田五千石 森林
一塊の灼け石チムールが過ぎ猫が過ぐ 加藤秋邨
一握の熱砂を詩とす握りしめ 鷹羽狩行
一粒の僕に 天灼け 砂丘灼け 伊丹三樹彦
七月の国灼くる見ゆ妹が居は 山口誓子
乳房ヽ灼いて漁婦一生の影嘆く 秋元不死男
事務机遺れり灼けて港埠あり 山口誓子
今日きらめき灼熱しむかし「絹の道」 加藤秋邨
伏流の川鉄板の橋灼くる 右城暮石 天水
保護帽の虜で つつく弁当灼け 伊丹三樹彦
傷ついて倒る夏天の青く灼く 松崎鉄之介
八方の灼けてたゞ刻経つばかり 右城暮石 声と声
兵憩ふに戦車さらされただに灼く 伊丹三樹彦
再びの長崎鼻も巌灼く日 石塚友二 玉縄抄
凌霄花の灼土に花のおびたゞし 百合山羽公 春園
凌霄花の窓より灼くる街のみち 百合山羽公 春園
出で行きし機船は甲板灼けつゐむ 山口誓子
別れ蚊帳灼けたる石にひろげ干す 細見綾子 和語
午前九時巖すでに灼く刈茨 飯田龍太
原爆忌使徒のごとくに身灼きをり 小林康治 玄霜
厠の石灼く焦土より掘り起す 松崎鉄之介
厦灼けぬなにか憤しく灼けぬ 下村槐太 光背
向日葵の駅々は車輪灼けて過ぐ 三橋鷹女
向日葵は乱れ屋根石灼くるなり 松本たかし
咲く蓮に 頭擡げず 灼け寝釈迦 伊丹三樹彦
善光寺へ灼く塩の道右秋葉 松崎鉄之介
喪の家の使はぬ物干竿灼けて 岡本眸
喬き日に戦車かならず灼け転ぶ 三橋敏雄
噴煙の熱風に身を纏かれたり 橋本多佳子
地を灼く日そらのたゞ中に在りて炎ゆ 日野草城
地獄より熱風陽石(リンガ)隆隆と 佐藤鬼房
地表灼けひるがほ小さき花つけたり 三橋鷹女
坐祖のとき熱風の湾出口なし 佐藤鬼房
垂れし手に灼け石掴み貨車を神す 西東三鬼
塔灼けて蟻ものぼらず天の青 加藤秋邨
墓地灼けてはげしくにほふ女の身 伊丹三樹彦
墓頂の灼け かなしかなしと 水注ぐ 伊丹三樹彦
壁上路熱風涼風こもごも来る<八達嶺> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
夏日灼け死は鉛よりおもかりき 飯田蛇笏 白嶽
夏灼くる砲車とともにわれこそ征け 長谷川素逝 砲車
夕顔に舌灼くものを啜りおり 橋閒石 和栲
大仰な洲鴉と灼け峡くだる 角川源義
大兵を送り来し貨車灼けてならぶ 長谷川素逝 砲車
大尻の蟻や山に来髪灼かる 秋元不死男
大工掌で消す灼け砂に画きし図面 山口誓子
大陽光垂直に射おろして灼く 日野草城
天が炎え地が灼け風が死ににけり 相生垣瓜人 負暄
天なる日直に灼きつくるわが頸根 日野草城
天を灼く積乱雲の育つ峡 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
天灼けて縞梟を抱きをり 岡井省二 猩々
天草干場標の太竹灼けにけり 石田勝彦 雙杵
契る手も灼けっ放しの 双体神 伊丹三樹彦
子燕の戻らぬ軒の雲灼けぬ 橋閒石 雪
寝釈迦灼け どの木蔭にも番人見ず 伊丹三樹彦
少年皓歯 烈日を浴び 灼土を蹴り 伊丹三樹彦
少年銛を熱砂に刺してもう見えず 能村登四郎
山伏(やんぶし)を見ず最上川灼け磧 佐藤鬼房
山羊を追う団塊 つぎつぎ 長路灼け 伊丹三樹彦
山蝉に磧はいまだ灼けざれど 大野林火 海門 昭和十二年
山顛に入定窟の灼けざりし 阿波野青畝
岩代に桃・梨・林檎天灼けたり 松崎鉄之介
岩山の灼け襞もたず影もたず 鷹羽狩行
岩灼けてひとり息子の食器鳴る 飯田龍太
島山のことに陰陽石の灼け 鷹羽狩行
島灼くる屈みて祈る戦跡 上村占魚
崑崙の裾の灼くるに蜃気楼 松崎鉄之介
師の墓のすべなく灼けてゐたりけり 清崎敏郎
平然と日に灼け遊ぶ精薄児 右城暮石 句集外 昭和四十四年
幾条の畦灼けてきて灯る墓地 飴山實 おりいぶ
廈灼けぬなにか憤ろしく灼けぬ 下村槐太 天涯
御座をがみ灼くる石階の外にいまは 山口誓子
心太 城下は甍灼けっ放し 伊丹三樹彦
思索貧し海の熱風断続して 山口誓子
情強く熱砂駆けしむこの教師 山口誓子
憩ふ翼灼けて飛行機夏草に 日野草城
戦死者と邯鄲の灼くる野を過ぎゆく 加藤秋邨
捨鰈親ねめし眼の歪み灼けて 中村草田男
日りんの灼くる青炎春競馬 飯田蛇笏 家郷の霧
旧国歌灼く雲に死者わすらるる 飯田龍太
昆蟲のごとく自動車灼けゐたり 渡邊白泉
昇るまへの朝日真紅に雲を灼く 篠原梵 年々去来の花 中空
曼珠沙華日はじりじりと襟を灼く 橋本多佳子
月光のちりちり島の間を灼く 岸田稚魚 筍流し
有剌鉄線灼けて海月は夢のごとし 加藤秋邨
朝も汗瓦灼けわたりほのじろき 日野草城
朝より謝肉祭ゆゑ雲も灼く 石塚友二 光塵
朝門出の北京灼けそむ棗粥 松崎鉄之介
朝雲の灼けて乳牛に桐咲けり 飯田蛇笏 霊芝
朝顔のうつろひやすく灼け来けり 臼田亜郎 定本亜浪句集
木の葉髪ちりちり灼いて狂ひ出す 三橋鷹女
松の木の灼くる祠の前を掃く 廣瀬直人 帰路
松風の吹いてをれども灼けてをり 下村槐太 天涯
林火忌の朝より灼くる墓参道 松崎鉄之介
柔かく女豹がふみて岩灼くる 富安風生
梅天の一隅灼くる水夫の唄 橋閒石 無刻
梯子灼けっぱなし屋根師は屋根に消え 伊丹三樹彦
機関車の瘤灼け孤り野を走る 西東三鬼
死の塔を灼きて太陽老いざりき 加藤秋邨
死者に声ありや灼け石に耳を当て 加藤秋邨
殉教の丘の碑 手が生え 手が生え 灼け 伊丹三樹彦
殉教地寝墓濡れやすし灼けやすし 香西照雄 素心
殉死の日土塀の灼けしこと思ふ 阿波野青畝
母を恋ふ一瞬工夫宙に灼け 三橋鷹女
汝が痩躯荒磯にかげをしかと灼きぬ 大野林火 海門 昭和十四年
沖で肌灼くぼくに 浮上の 蟹の拍手 伊丹三樹彦
沙平ら天竜川の灼けつくす 阿波野青畝
沿線の昼顔灼けもせざりしよ 佐藤鬼房
波のたり大繋索に夏日灼く 飯田蛇笏 山響集
波灼きて東京港はかすみたり 大野林火 海門 昭和十四年
洋酒もて胃の腑灼きをり木瓜曇 石塚友二 曠日
洪水あとの石白く灼け鳥渡る 臼田亜郎 定本亜浪句集
浚渫機灼けつ廻りつ顔はたらく 秋元不死男
浜木綿や荒磯の天日人を灼き 下村槐太 天涯
浮巣見の舷灼けて来たりけり 清崎敏郎
海が打揚げしもの焚く熱砂の上 西東三鬼
海の家でこもる バンカア 鼻だけ灼き 伊丹三樹彦
海昇り来し太陽が熊野灼く 右城暮石 上下
海灼ける静かな正午船員帽 廣瀬直人 帰路
涼風熱風こもごもいたる白河原 福田蓼汀 秋風挽歌
渋民や石を拾へば灼けてをり 岡本眸
湖に突き出して木の灼け桟橋 右城暮石 上下
湯屋を出る白地に灼ける一車輛(浅草所見) 飯田龍太
漁夫の葬舟を熱砂に曳き上げて 津田清子 礼拝
潮の目や熟(じつ)と赤岩群の灼け 佐藤鬼房
潮垂りのトラック走り灼くる街路 伊丹三樹彦
潮灼けて舵輪を白く艫に曝す 山口誓子
濤を聴く一点の影砂に灼き 大野林火 早桃 太白集
瀾よせて灼くる療院ユッカ咲く 飯田蛇笏 心像
火の山の痂燻り砂礫灼く 富安風生
灼かれた 轢かれた 滑走路へ出た蛇 途端 伊丹三樹彦
灼きつくる日よりも蟻の膚くろし 長谷川素逝 暦日
灼くること拒みて水と白木槿 大野林火 方円集 昭和四十九年
灼くる中天上の雲天下の湖 富安風生
灼くる地に蜥蜴はおのれ出て灼くる 山口誓子
灼くる地を蹴飛ばして採る駱駝草 松崎鉄之介
灼くる坂肩張る影のまだ若し 松崎鉄之介
灼くる塀あれば毛沢東の檄 鷹羽狩行
灼くる嶺よし青年の肩見るごと 大野林火 雪華 昭和三十七年
灼くる日の蟻装朱船を見て泪す 山口誓子
灼くる正午索道宙にいこひをり 能村登四郎
灼くる河岸夜は月かげを青くせり 大野林火 冬青集 海門以後
灼くる流沙の果は天山雪白にて 加藤秋邨
灼くる海に一肘たふす転轍機 能村登四郎
灼くる海はろかにくらす土間昏き 大野林火 海門 昭和十四年
灼くる町歩む落魄と言はざるを得ず 山田みづえ 忘
灼くる葉を樹頭にしたり泉湧く 大野林火 青水輪 昭和二十五年
灼けし熔岩さまよふ原始人清子 津田清子
灼けし砂握り心中何を握る 加藤秋邨
灼けし貨車老兵の帽あたらしき 西東三鬼
灼けし道横切る猫の海見向かず 右城暮石 句集外 昭和三十一年
灼けすぎしものに秋明菊までも 後藤比奈夫
灼けたらむ電車来つゝあり遠に見ゆ 日野草城
灼けてえんえん蟻に太陽も若かりき 加藤秋邨
灼けてゐる「こどもの汽車」に子と桶られ 日野草城
灼けてゐる礁に耳つけ濤を聴く 篠原梵 年々去来の花 雨
灼けて不毛のまつただなかの野に坐る 佐藤鬼房
灼けて照る機雷の球に触るるべからず 渡邊白泉
灼けて縮れる樹間に肥えた鰻ども 佐藤鬼房
灼ける坂家鴨等のぼり来はかどらず 中村草田男
灼ける墓の辺氷片を片手に跳ぶ 飯田龍太
灼ける日の沖を怖れず船行けり 廣瀬直人 帰路
灼け下界遠くしづかに円形闘戯場(コロセウム) 山口誓子
灼け四体にて妖精の遠まなざし 佐藤鬼房
灼け土に働きものの蜂の穴 右城暮石 一芸
灼け寺院 巡る 氷菓を分ち合い 伊丹三樹彦
灼け岩に耳押しつけて水を出す 右城暮石 散歩圏
灼け岩蔭でだ 出遅れ海女の眼の血走り 伊丹三樹彦
灼け岸に亀らの足掻き 地獄絵売る 伊丹三樹彦
灼け巖の衣に手笛沁む開拓地 飯田龍太
灼け板子じゆんと水吸ふ沖膾 百合山羽公 樂土以後
灼け沙を握り心中何か握る 加藤秋邨
灼け浜に下り蝉声をわすれたり 大野林火 早桃 海風抄
灼け浜へ下り蝉声をわすれたり 大野林火 海門 昭和十四年
灼け浜を踏む中年の白肥り 右城暮石 句集外 昭和四十年
灼け灼けし日の果電車の灯もかがやか 中村草田男
灼け石に消す煙草火や赤く撥ね 大野林火 雪華 昭和三十四年
灼け石の伏流やむを得ざるべし 阿波野青畝
灼け砂に海鳥の羽を拾ひ挿す 阿波野青畝
灼け硝子に 映えて 媽祖帰りの額 伊丹三樹彦
灼け突堤女ばかりがハンケチ振る 伊丹三樹彦
灼け落つる花ありペンはむらさきに 永田耕衣
灼け賽の河原に一つ積んで去る 鷹羽狩行
灼け鉄路犬方角を失ひて 右城暮石 上下
灼け鍬に堆肥がにほふ原城趾 能村登四郎
灼け電柱かかる高嶺に番号もち 鷹羽狩行
灼け鼻をちぎりすてたるごとき文字 加藤秋邨
灼岩の潮さびて反り刃なす 佐藤鬼房
灼岩は男くさしといひにける 日野草城
灼沙に果てにしものの形ただし 加藤秋邨
灼熱し裸の砂丘横たはる 津田清子
灼石の影して開かぬニオベの戸 佐藤鬼房
灼砂をそこに盛り上げ防波杭 大野林火 冬雁 昭和二十一年
灼磧足の重くて輪廻見ゆ 佐藤鬼房
炎え足らで灼け足らで夏終りけり 相生垣瓜人 負暄
焼岳は夏日に灼けて立つけぶり 水原秋櫻子 新樹
煖炉灼く夫よタンゴを踊らうか 三橋鷹女
熊野灼く太平洋の照り返し 右城暮石 句集外 昭和五十年
熱砂に漁婦泣き「日本の巡査かお前らは」 古沢太穂 古沢太穂句集
熱砂の地跳ね跳ね母郷確かむる 上田五千石『琥珀』補遺
熱砂ばかりもし青蜥蜴失はば 橋本多佳子
熱砂ゆくなほ白靴を捨てきれず 野澤節子 花季
熱砂ゆくわが足あとの流人めき 鷹羽狩行
熱砂来て沖も左右も限りなし 西東三鬼
熱砂行く老婆のこゑもせずなれり 山口誓子
熱砂走るひびき少女の重さだけ 山口誓子
熱風に喪服の短衣脱ぐことなし 山口誓子
熱風に麦なびく麦の青はげしき 日野草城
熱風のボタ地帯過ぎ径はなし 加藤秋邨
熱風の中の愛宕の御符涼し 後藤比奈夫
熱風の街を人ゆかず嬰児泣き 加藤秋邨
熱風やしろく曝れける珊瑚砂 上村占魚
熱風や土より湧きし仏陀の顔 加藤秋邨
熱風や小声に売れる宝籤 百合山羽公 故園
熱風や征でゆく人に顔笑まれ 加藤秋邨
熱風や若者に岩砕かれて 佐藤鬼房
熱風や警笛たえずうしろより 橋閒石朱明
熱風裡子を叱したり悔いやまず 加藤秋邨
父母を抱き立秋のちまた灼くるごとし 角川源義
父祖の碑へ 濁み声呉れて 灼け鴉 伊丹三樹彦
物も乞わず腕紐む少女 灼け仏跡 伊丹三樹彦
瓜の馬日に灼かれたり島の盆 清崎敏郎
甘薯植ゑて島人灼くる雲にめげず 大野林火 海門 昭和十一年
甘藷植ゑて島人灼くる雲にめげず 大野林火 早桃 海風抄
生きてゐる妻と枝頭に灼ける桃と 中村草田男
田淵今日は本塁打なし灼くる雲 村山故郷
甲子園大球場の飛球灼く 阿波野青畝
甲府市は鳥居の中に天灼くる 山口青邨
男らの馳走に 椰子浜灼け 犬逃げ 伊丹三樹彦
畚枴灼けころげあり天草干す 阿波野青畝
目病むものあまた社頭の灼け木椅子 佐藤鬼房
眼を灼かむほどの火が欲し如月は 能村登四郎
瞳に灼けて鶴は白衣の兵となる 三橋鷹女
知性灼け敵屍を正視して怯まず 日野草城
石が灼け鉄が灼け硝子が灼けてゐる 日野草城
石ころとあか土と灼け弾痕焦げ 長谷川素逝 砲車
石を切り出す青々と田が灼けて 廣瀬直人 帰路
石泉の灼けて秋意を語らざる 阿波野青畝
石灼けし墓なぐさめて宗祗の忌 阿波野青畝
石灼けていよいよふかき石の襞 伊丹三樹彦
石灼けてゐるばかりなる天守跡 右城暮石 句集外 昭和四十八年
石英のひらめくケルン灼けにけり 阿波野青畝
砂の湖石の舟浮べすでに灼く 山口青邨
砂日傘ひらき頃なる砂の灼け 能村登四郎
砂礫灼けしんたるかなやゴビの天 加藤秋邨
磔刑のさまに原爆ドーム灼け 鷹羽狩行
磧石灼くるを積みて畑境 大野林火 冬雁 昭和二十一年
秋暑し熱砂にひたと葉つぱ草 杉田久女
積乱雲灼け少年の日去るらし(丹波の家にて二句) 細見綾子
積乱雲野に湧き野に湧き貨車灼くる 相馬遷子 山国
空灼くる何処かに蝉の天開け 松崎鉄之介
空灼けてゐねばハイビスカス萎む 後藤比奈夫
竹削ぎの耳の胡馬なし胡地灼くる 加藤秋邨
索道音のみ日本海灼けて黙す 能村登四郎
網刺しで群れて 各自の影灼けて 伊丹三樹彦
美しき怒りを解かず灼け孔雀 鷹羽狩行
翡翆の田川の行方里曲灼く 下村槐太 天涯
翼使うものら 光もつ 灼け熔岩原 伊丹三樹彦
老斑を月光に灼く端坐かな 飯島晴子
老若の甚六と灼礁の鴎 佐藤鬼房
肌桃色に灼くを主峯と一目に知る 大野林火 雪華 昭和三十六年
胸灼く酒雛といふもの我に会ふ 石川桂郎 含羞
腕組みの羅漢 転がされ 灼かれ 伊丹三樹彦
自由で少し不安で灼けし砂丘行く 津田清子 礼拝
自転車に遊び場とられ灼雀 岡本眸
舗装路に貝殻灼くる埋立地 上田五千石『田園』補遺
苦役無数の 頭大無数の 塚石灼け 伊丹三樹彦
苦桃のごときが叫ぶ灼け磧 佐藤鬼房
落花生と灼けたる土と一目見つ 加藤秋邨
蓬灼け雉子は卵生みおとす 松村蒼石 雪
蓮華八峰その近山の灼け鴉 佐藤鬼房
薬石を信ぜず野分雲灼くる 橋閒石 雪
蝉とんで火山灰地の灼けたる石 加藤秋邨
蟇出て大岩と熱砂のみ 飯田龍太
蟋蟀の足落しゆく石は灼け 加藤秋邨
製鋼煙棒状 社宅 朝から灼け 伊丹三樹彦
襟飾(タイ)緊めつゝ見るは灼けたつ屋根ばかり 日野草城
襤褸の荷は灼くるにまかせ樹下に眠る 伊丹三樹彦
西瓜の種灼土に吐き蔑みき 加藤秋邨
西行碑真葛ヶ原に灼け給ふ 亭午 星野麥丘人
触るれば墓灼けをり母よ何欲しき 岡本眸
詣るからに灼けつく石に水たてまつる 荻原井泉水
貝殻を灼きて潮の濃くなりぬ 大野林火 海門 昭和十四年
貨車に灼けしレール踰えきてなほ病む身 野澤節子 未明音
赤電話ごと灼け「私逢いたいの」 楠本憲吉 孤客
躓きし流木を杖熱砂行 鷹羽狩行
途灼けて松つらぬけり相逢はむ 伊丹三樹彦
遊びたき灼砂をふりかへり子は 日野草城
遊船に陽は青々と灼けにけり 飯田蛇笏 霊芝
避暑宿の縁先の下駄灼けてかなしや 大野林火 青水輪 昭和二十三年
避雷針灼け切つて立つ法隆寺 右城暮石 一芸
邪鬼彫るや晩夏の酒に喉を灼き 橋閒石 卯
郵便夫へ手を振つてゆく灼けたバス 飴山實 おりいぶ
針を灼く裸火久し久しの夏 三橋敏雄
針金の灼けきはまりつ誘蛾燈 阿波野青畝
鉄皮(てっぴ)削ぐ旋盤に風熱砂めく 佐藤鬼房
錆びるまで灼けてプールに鬼の番 平畑静塔
錨して灼くる帝都をまぢかくせり 大野林火 海門 昭和十四年
錫たえて久し無錫の土灼くる 松崎鉄之介
間みじかの胸灼く咳を憎み咳く 篠原梵 年々去来の花 雨
陵灼けて日本人のみな老いて 石田勝彦 秋興
陸車墓地灼けて宇品をまのあたり 松崎鉄之介
陽が灼けて熟れ麦の上に恋も消ゆ 飯田龍太
雉笛や灼け熔岩原の婆あらひ 角川源義
雨光り風光り麦灼けてけり 大野林火 海門 昭和十二年
雪山を灼く月光に馬睡る 飯田龍太
雪嶺見て灼鉄を打つ町通る 山口誓子
雲の峯灼け善人の乱杭歯 橋閒石 無刻
雲灼けて女に高き神への階 岡本眸
雲白し夜の畳の灼けのこる 松村蒼石 雪
電工はかなしからずや天(あめ)灼くに 三橋鷹女
電車来つ灼け耀りの軌条とゞろめき 日野草城
青上総海かけ灼くる鬼来迎 野澤節子 八朶集以後
青刈用唐黍台地灼けしづまる 佐藤鬼房
青銅のもつとも灼けて獅子の爪 鷹羽狩行
青銅の灼けて焚かずの大香炉 鷹羽狩行
青銅の鶴よりも灼け亀の甲 鷹羽狩行
顔かくす麺麭を抱きて灼けてをり 加藤秋邨
風紋灼け流砂に音のなかりけり 松崎鉄之介
飯煮ると灼けし磧に火を焚けり 山口誓子
饒舌の父子よ夏日野を灼くに 三橋鷹女
首塚も灼けて湖北へ蓮如道 松崎鉄之介
驢馬の耳ひたひた動く生きて灼けて 加藤秋邨
髪灼くる煙草を買ひに出しのみに 秋元不死男
鮎掛けのうしろの磧灼けまさり 松本たかし
鳥影や灼け積塔の御供饐うる 角川源義
鳴りだす第五灼けしづまれる石の塀 秋元不死男
鴨撃たる吾が生身灼き奔りしもの 橋本多佳子
鶴は病めり街路樹の葉の灼けて垂り 三橋鷹女
鷹翔り白骨は野に灼けんとす 加藤秋邨
麦秋の中やトーチカ残り灼く 大野林火 月魄集 昭和五十五年
麦穂だつ陽は鉄塔に灼けそめぬ 西島麦南 人音
黄土出て灼熱の世へ微笑佛 加藤秋邨
黄土灼け黄河近づきゐるごとし 加藤秋邨
黝く灼けわが影われに先んじゆく 篠原梵 年々去来の花 皿
龍舌蘭灼けたる地(つち)に葉を這す 橋本多佳子

以上
by 575fudemakase | 2016-08-21 17:00 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26126629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング