夕立 の俳句

夕立 の俳句

夕立 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22813893/


夕立 の補遺1 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26077573/

夕立 の補遺2 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26077574/


夕立 続補遺

おもふことみな白雨に流しけり 夏目成美
しばしまで夕立雲に瓜の舟 知足
ふたゝびす夕立月のうしろより 露印
ゆふだちに呼いださるゝ柏哉 園女
ゆふだちのはるゝにつれて月夜かな 三浦樗良
ゆふだちの日をおさへたる響かな 三宅嘯山
ゆふだちの月に成ぬる鵜川かな 炭太祇
ゆふだちの道よりもなし日和山 千代尼
ゆふだちの長橋わたるをとこかな 桜井梅室
ゆふだちは絵に書風の林かな 越人
ゆふだちやいそがぬ人に松の月 完来
ゆふだちやきのふの坂を登らば滝 其角
ゆふだちやひし~とやむ鳥の声 李由
ゆふだちやまたあらためて百日紅 夏目成美
ゆふだちや上ミ澄ぬる桂川 三宅嘯山
ゆふだちや市の中ゆくさゝら波 黒柳召波
ゆふだちや烟逆だつ浅間山 三宅嘯山
ゆふだちや田も三巡りの神ならば 其角
ゆふだちや羽織ながるゝすみ田河 桜井梅室
ゆふだちや落馬もふせぐ旅の笠 炭太祇
ゆふだちや螽ちいさき草の原 其角
ゆふだちや願のわるき氷うり 成田蒼虬
ゆふだちや黒津の梢ふきかへし 井上士朗
ゆふだちをまつ江の鱸踊けり 三宅嘯山
ゆふだちを月のずぬける絵嶋哉 如行
ゆふだちを根から吹ぬくあらしかな 十丈
七夕は七ゆふだちの仕廻かな 李由
今切や白雨風の汐ざかひ 許六
君しばしさみだれの中の夕立ぞ 加舎白雄
君王のゆふだち誉る台かな 黒柳召波
夕立ぞやどろ~~とあの雲が 除風
夕立とはりあふて摺る芥子かな 木導
夕立におはるゝ鷺やひと田づゝ 桜井梅室
夕立にこまりて来ぬか火とり虫 正秀
夕立にすはや心の太山めく 松窓乙二
夕立につれたり山の木草売 松窓乙二
夕立にどの大名か一しぼり 傘下
夕立にはしり下るや竹の蟻 丈草
夕立にはづれて淋し曽禰の松 除風
夕立にひとり外みる女かな 其角
夕立にひとり外見る女かな 宝井其角
夕立にふみなかへしそ渡舟 千那
夕立にやけ石涼し浅間山 素堂
夕立に切崩しけり雲のみね 越人
夕立に動ぜぬ牛のまなこかな 木導
夕立に吹ちる物や竹の皮 沢雉
夕立に干傘ぬるゝ垣穂かな 傘下
夕立に幾人乳母の雨やどり 許六
夕立に涼しく成やむねの中 木導
夕立に独活の葉広き匂哉 其角
夕立に種ながしけり大根畠 許六
夕立に花散あとや爪の筆 夕兆
夕立に面もふらず神輿ぶね 諷竹
夕立に鴬あつく鳴音かな 其角
夕立のあとで暮るや斧のおと 成田蒼虬
夕立のはや流れよる海の音 助然
夕立の二三日めぐる梺かな 田川鳳朗
夕立の便もなしにあつさ哉 荻人
夕立の初手はさながら礫かな 朱拙
夕立の勢にかゝる咄かな 桃先
夕立の天窓にちかき湯殿哉 千川
夕立の山や目覚た枕もと 土芳
夕立の明る日淋し畠中 芙雀
夕立の晴行かたや揚灯炉 炭太祇
夕立の田畑にかゝる薬かな 正秀
夕立の葎の宿ぞいそがしき 鈴木道彦
夕立の跡柚の薫る日陰哉 立花北枝
夕立の追ひ来るさきも野原哉 正秀
夕立の雲もかゝらず留主の空 去来
夕立の雲や曽根太郎曽根次郎 許六
夕立の風や生姜の喰あはせ 素覧
夕立はあなたに涼し小柴垣 土芳
夕立は降くづしても日和哉 沙明
夕立は風をあらみのかたなかな 野水
夕立もしけにまはるや鴾の声 鈴木道彦
夕立やあがりをうくる油糟 西鶴
夕立やあらわれわたる日本橋 蓼太 蓼太句集三編
夕立やいたゞく桶もぬけるほど 建部巣兆
夕立やさは~わたるまつの音 助然
夕立やさらりと晴る芝の色 木導
夕立やしづめて通ル一かほり 野紅
夕立やしどろになりぬ滝の音 岱水
夕立やつかねて捨し藍の色 松窓乙二
夕立やふりそこなひて雲のみね 野坡
夕立や一棹岸へたらぬ舟 曉台
夕立や三かい四かいの松の中 木導
夕立や人みな鯉の眼ざし 土芳
夕立や内へ引入る書の窓 三宅嘯山
夕立や卒爾な雲の一とをり 千代尼
夕立や只一押に野べの灰 曉台
夕立や家ごし車の雨そゝぎ 夏目成美
夕立や家を廻りて啼家鴨 其角
夕立や家鴨呼とる小傘 三宅嘯山
夕立や扇にうけし下り蜘 炭太祇
夕立や染て筋引ク川のたけ 吏全
夕立や檜木の臭の一しきり 及肩
夕立や江戸は傘うりあしだ売り 大江丸 俳懺悔
夕立や法華かけ込あミだ堂 其角
夕立や洗ひ分ヶたる土の色 其角
夕立や流れ出たるむもれ水 加舎白雄
夕立や添乳をはなす喪屋の夢 野坡
夕立や猛く鳴来る竹林 三宅嘯山
夕立や田をみめぐりの神ならば 其角 五元集
夕立や竹田は今のからくり師 吾仲
夕立や笊の食の中柱 紫貞女
夕立や箕に干ス粮のしばしだに 宗波
夕立や紙漉隣麻つくる 野坡
夕立や美事に濡れて芝肴 午心 発句類聚
夕立や耳のそこなる鶏のこゑ 夏目成美
夕立や船さへ迯る雲のはぎ 杉風
夕立や莚まとひの都麦 上島鬼貫
夕立や西に晴れたる峯の松 白麻 新類題発句集
夕立や誓文たてゝかへる人 傘下
夕立や足もたまらぬ橋の反 桜井梅室
夕立や身なげにけがす御菩薩池 許六
夕立や遠目に馬もぬれ鼠 馬場存義
夕立や酔も涼しき夢ごゝろ 三宅嘯山
夕立や鉢巻したるわたし守 仙化
夕立や降そゝくれて蝉の声 游刀
夕立や隣在所は風吹て 上島鬼貫
夕立や静に歩行く筏さし 抱一 屠龍之技
夕立や風をゆり込軒の芦 曲翠
寝並んで遠夕立の評議哉 小林一茶
待わびし夕立そなへなかりけり 成田蒼虬
戸羽川や夕立ならば五月雨 蘆文
撫子をうつ夕立やさもあらき 杉風
柳みんよそに夕立あまり風 炭太祇
涼しさよ白雨ながら入日影 去来
灸すへて夕立雲のあゆみ哉 其角
照まけて夕立雲の崩れけり 猿雖
白雨におどり出けりところてん 許六
白雨になりそこないてあの雲が 路通
白雨にはさまれ行ぬ馬の上 如行
白雨にはしり下るや竹の蟻 内藤丈草
白雨に一足はやし旅籠町 此筋
白雨に借り帷子や妹が下 三宅嘯山
白雨に割ぬ葉もあり志名の蓮 言水
白雨に尾上の寺は袷かな 琴風
白雨に河追あぐる裸馬 正秀
白雨に湯漬乞はゞやうつの山 一笑(金沢)
白雨に立あふものや松の風 利牛
白雨に青葉が上の若葉かな 荊口
白雨のあまりに降てしづかなり 舎羅
白雨のこはげはなれつやまの上 昌房
白雨のさそひ出たる月夜かな 助然
白雨のすは来るおとよ森の上 炭太祇
白雨の降出すしほをぬかしたり りん女
白雨の隈しる蟻のいそぎかな 三井秋風
白雨の雷や関屋の板びさし 許六
白雨はあなたの空よ鷺の行 炭太祇
白雨はいづちに霽て滝の音 琴風
白雨もありたけ降れば元の空 嵐々 江左風流
白雨やおそらく降し早瀬川 一笑(金沢)
白雨やけしき見て立雀ども 尚白
白雨やこと鎮めたる使者の馬 炭太祇
白雨やその黒かりし駒のつや 介我
白雨やどの金持が死ぬる時 許六
白雨やながしあふたる山の肩 馬場存義
白雨やもりをとむれば鼠の子 其角
白雨やわづかに降て田の黒ミ 紫白女
白雨や中戻りして蝉の声 正秀
白雨や亭主と見えて鉄熊手 許六
白雨や内儀たま~物詣に 其角
白雨や塵も流て神ごゝろ 中川乙由
白雨や安居の沓の流れさる 夏目成美
白雨や屋根の小草の起あがり 一笑(金沢)
白雨や山伏里に入かゝる 万乎
白雨や戸さしにもどる艸の庵 炭太祇
白雨や打鉄床のいなびかり 越人
白雨や拍子もぬかず木々の露 山店
白雨や日の照る方は雲もなし 亀洞
白雨や昼寝の夢も流れ込 中川乙由
白雨や智恵さま~のかぶりもの 中川乙由
白雨や朝から溜て一こぼし 紫貞女
白雨や木の下露の片思ひ 路通
白雨や柿さん~に吹おとす 土芳
白雨や楽屋をかふる傀儡師 其角
白雨や水のいりたる貝の音 木導
白雨や水晶のずゝのきるゝ音 高井几董
白雨や水晶のずゞのきるゝ音 高井几董
白雨や猫の尾をふむ簀子椽 小春
白雨や膳最中の大書院 炭太祇
白雨や蓮の葉たゝく池の芦 苔蘇
白雨や蓮一枚の捨あたま 嵐蘭
白雨や野郎もぬるゝ舩遊び 許六
白雨や鐘きゝはづす日の夕 史邦
白雨や障子懸たる片びさし 嵐雪
白雨や鴈は八百糊弐文 芦角
白雨や鼠巣に死ぬ茶木原 曉台
白雨を蛙あふのく小屋根かな 一笑(金沢)
白雨来ていさかふ鶏の離れけり 三宅嘯山
白鷺や夕立ぬけて松のうへ 卯七
笠松や先白雨の迯所 桃隣
筑波から土用見舞の夕立かな 梁直 俳諧新選
紺屋町夕立するやかた境 源五一 江戸通り町
膳に箸置て夕立見とれけり 桜井梅室
芹の葉に溜てはこぼす夕立かな 桜井梅室
蔑すだれ白雨残る日影かな 乙訓
西吹や白雨せまる野路の人 露印
見つゝゆけば夕立きえぬ清見潟 曉台
身の上の夕立なれや池の鳰 成田蒼虬
風そひて夕立晴る野中かな 加舎白雄
馬塚や夕立過る草いきり 桃妖

以上
by 575fudemakase | 2016-08-22 00:21 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26127759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング