あさ瓜や畏りたる姫の膝 我黒「類題発句集」
あのひとが欲しい炎天下の瓜よ 大西泰世 椿事
いざ子供昼顔咲きぬ瓜剥かん/いざ子供昼顔咲かば瓜剥かん 松尾芭蕉
いちにちを姉に徹して瓜を揉む 上田日差子
うりに瓜なすに茄子生る畏ろしき 唐木培水
うり一つだひて泣きやむ子供哉 瓜 正岡子規
うり一つとなりの畑てみのりけり 瓜 正岡子規
おしめただはや浅瓜かこれはこれは 広瀬惟然
お前達四人の魂へ四つの瓜 佐野良太 樫
きり~す此處は砂村瓜畠 泉鏡花
こころ見んと瓜に眉かくはし居かな 園女 俳諧撰集玉藻集
こと葉多く早瓜くるゝ女かな 蕪村 夏之部 ■ 畫賛
これもころり切られし跡や神田瓜 安昌 選集「板東太郎」
ころげ落ちては瓜蝿の逃げ上手 小林波留「天上」
ごろり寝の枕にしたる真瓜哉 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
さみどりの瓜苗運ぶ舟も見し 松本たかし
したたかに網もて遊ぶ瓜の蔓 高木順子
しばしばや人に雨月の瓜畠 飯田蛇笏 山廬集
しばらくは土にあづけて瓜の苗 三浦和加奈
しぶがみに瓜の匂ひや市明り 夕兆 俳諧撰集「有磯海」
すすみ出て瓜むく客の国咄 智月 俳諧撰集「藤の実」
すずしさや瓜ふむ闇の畦伝ひ 支考 俳諧撰集「有磯海」
たそがれや蹠はなれし瓜の種 加藤秋邨 怒濤
たちまちに海の消えたる瓜畑 綾部仁喜 樸簡
たわたわと瓜を抱へて逝きしかな 柿本多映
つと揚る詩吟や月の瓜小屋に 西山泊雲 泊雲句集
とぶなべに影ほのかなる瓜の虫 飯田蛇笏 春蘭
どれも真実 長瓜のつゆぬぐってる 松本恭子 二つのレモン
ならはしの塩茶飲みけり瓜の後 其角「桃の実」
ぬすびとに夜々の雨月や瓜畠 飯田蛇笏 山廬集
ぬすんだる瓜や乞食の魂まつり
ねんねこよりはみでる父子の瓜二つ 尾形不二子
はらばうて瓜むく軒のかげりかな 蓼太
ひてりさへ瓜はやせたる顔もなし 旱 正岡子規
ひとくゝる縄も有けり瓜作り 炭 太祇 太祇句選
ひとり居の仏と分かつ瓜一つ 中川志げ子(南風)
ひやし瓜沈めても又沈めても 瓜 正岡子規
ふるさとや瓜を食みつつ死にゆく処 鳴戸奈菜
むかしおもへひとつ畠の瓜茄子 向井去来
めざめゐてあたり瓜の香のこりゐる 中田剛 珠樹以後
ものの怪のよろこびそうな瓜畠 柿本多映
よき人を瓜生に見るや避暑の里 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
よくうれてゐると哈蜜瓜ささげ持ち 栗林満利子
わが命見つめて今日の瓜きざむ 河合正子
カンダタのごと瓜の苗よぢのぼる 高良満智子
フッホッと瓜の種吐く老の口 前田普羅
一本で足る瓜揉みや老いふたり 小坂部佳代
一生を謬てるごとく百姓の瓜畑腐り 橋本夢道 無禮なる妻抄
万里小路(までのこうぢ)瓜をかかへて女の童 筑紫磐井 野干
三枚の蓆の圍ひ瓜番屋 澤村芳翠
下女より妻を叱る瓜がころがり 河東碧梧桐
中々に忘れじ瓜の漬けかげん 大魯「蘆陰句選」
人も居らず瓜ひやしたる清水哉 清水 正岡子規
人死んで昨日のままに瓜浮かぶ 柿本多映
人見んと瓜に眉かく端居かな 斯波園女
仁丹を咬んで老人瓜売りに 石井哲夫
代官に妖て瓜喰ふ狐かな 高井几董
何もかも瓜まで小さく夢失せき 楸邨
何やらの花さきにけり瓜の皮 瓜 正岡子規
俯して見る瓜皮船早し青嵐 比叡 野村泊月
備中の海を見にゆく瓜畑 関戸靖子
兄弟が瓜と茄子の訴訟哉 瓜 正岡子規
兄弟やかいなを交す瓜畑 宇多喜代子
先生が瓜盗人でおはせしか 高濱虚子
児の頬や三つ四つつけし瓜の核 飯島風香
六宮ごもりのうらなりの瓜二つ 八木三日女 落葉期
兵ともに大將瓜をわかたれし 蕪村遺稿 夏
円き顔瓜実顔や松の内 高浜虚子
冬枯の八百屋に赤し何の瓜 冬枯 正岡子規
出羽薄墨めざめて人は瓜を噛む 澁谷道
初瓜の価きのふのむかし哉 高井几董
初瓜やまだこびりつく花の形 瓜 正岡子規
初瓜を届け初茄子もらひけり 金山幸雄
初瓜を引とらまいて寝た子哉 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
初真瓜四ツにわらん輪にやせむ 芭 蕉
別れ蚊や瓜割の井に立ちつくす 石川桂郎 高蘆
口の代で蠅おはせぬか瓜つくり 利合 六 月 月別句集「韻塞」
吹き寄せて瓜や鮑や夏料理 長谷川櫂 蓬莱
商ひの瓜食べて瓜売つてゐる 藤原さち
喃お僧初瓜一つめすまいか 瓜 正岡子規
四足の瓜も茄子も草の市 草市 正岡子規
国古りて夜明の瓜の青かりき 中川宋淵
国崎とは地の果て瓜に怒濤立つ 中野ただし
圧し漬けの瓜圧し緊る夜の秋 大熊輝一 土の香
地にならべ自由市場の太き瓜 岩崎照子
垣外ゆく瓜提燈のたづたづし 臼田亞浪 定本亜浪句集
垣破る瓜盗人は狐かな 瓜 正岡子規
基地苦離島苦にが瓜はとげの肌 沢木欣一
塩ふつて瓜匂ひたつ夕明り 千手和子
墓守の湖を見つつや瓜食める 関戸靖子
売れ残りゐし瓜苗をみな買はむ 下村 梅子
売れ残りをりし瓜苗みな買はむ 下村梅子
変なこと覚えてゐるよ瓜の種 高澤良一 素抱
夏かけて真瓜も見えずあつさ哉 向井去来
夏や戀八尾市瓜割三丁目 塚本邦雄 甘露
夏木にも瓜蠅とべり峠畑 飯田蛇笏 山廬集
夕づきつ暑さ洩れなし瓜の蟻 中島月笠 月笠句集
夜の殿や妹が垣根の瓜畠 重丸 選集「板東太郎」
夜遊びの神が長息瓜畑 ふけとしこ 伝言
夢で師の子は師と瓜二つ虎落笛 磯貝碧蹄館 握手
大きめの口あかあかと瓜提灯 高浜朋子
大掴み瓜漬の塩ふり馴れて 及川貞 夕焼
大正のをとこかなしむ瓜畑 石田勝彦
大瓜を五つ抱へて怺へをる 柿本多映
大空に散骨の灰瓜育つ 桑原三郎 晝夜 以後
天を曳く網に宿して瓜ひとつ 安井浩司 風餐
太子なし瓜ぶらぶらと天寿国 和田悟朗 法隆寺伝承
女将ある日やりきれなさの瓜揉んで 鈴木真砂女
妊りておちつく妻や瓜を揉む 槐太
妹瓜を揉むま独りの月夜かな 渡辺水巴 白日
姙りておちつく妻や瓜を揉む 下村槐太 光背
姫顔に生し立けむ瓜ばたけ 炭 太祇 太祇句選
子どもらよ昼顔咲きぬ瓜むかん 芭蕉「藤の実」
子ども等よ昼顔咲きぬ瓜むかん 芭蕉 俳諧撰集「藤の実」
子を叱るさまでもと思ふ瓜の宿 河東碧梧桐
子供等よ昼顔咲きぬ瓜剥かん 芭蕉
子宝やかぼちや太郎瓜次郎 中勘助
孝行な瓜番瓜を盗みけり 瓜 正岡子規
学校の敷地になりぬ瓜畑 瓜 正岡子規
宵瓜の狂をさざめけり人形は 臼田亞浪 定本亜浪句集
家ふるび流しに置ける瓜二つ 飛旅子
寂けさの七種瓜を剪りてのち 黒田杏子
寝莚にうたてき瓜の匂ひかな 浜田酒堂
封切らぬ文ふところに瓜きざむ 田畑美穂女
屈み買う瓜に他郷の地熱かな 丸山景子(草苑)
屈強の籠のころがる瓜番屋 若生彦太郎「ふくろふ」
山の井に瓜商人の小笹かな 信徳「孤松」
山へ延びる電線ばかり瓜食ふ子 細見綾子
山陰や身を養はん瓜畠 松尾芭蕉
干瓜の塩の乾きや日照草 松葉牡丹 正岡子規
干瓜の忘れてありぬ庭の石 すゞえ
干瓜や汐にながれしうつせ貝 暁台
干瓜や雨の日ぐらし鼻の先 尾崎紅葉
年輪の音と聞きつゝ瓜刻む 荒木水無子
床板の拭き艶瓜の重み据ゑん 成田千空 地霊
悪相の瓜を引出す蔓たぐり 大石悦子 百花
戀ろに丿貫(べちくわん)瓜の馳走かな 筑紫磐井 婆伽梵
戦さなか母を死なせき瓜にがし 籏こと
手拭に瓜三本をくゝりけり 瓜 正岡子規
手探りや葉蔭の瓜の月夜なる 西山泊雲 泊雲句集
押しあうて瓜くふ顔や蚊屋の裾 許六「正風彦根躰」
掬ひけり瓜喰ひしあとの水を手に 森鴎外
揉瓜のひとにぎりにて独りの餉 鷲谷七菜子
揉瓜や四十男の酒を妻 尾崎紅葉
敦煌の瓜めく月と眠りけり 鍵和田釉子
文月や野に瓜食めば火は流(くだ)れり 金子兜太 詩經國風
旭の新樹瓜つむ朝の閑を得て つじ加代子
旱さへ瓜に痩せたるふりもなし 旱 正岡子規
旱雲坐る善丁の瓜畑 築城百々平
昔思へひとつ畑の瓜茄子 去来「裸麦」
春愁の瓜實顔でありにけり 成瀬正とし
晩学にごろごろと白瓜のあり 藤田あけ烏 赤松
暁の富士瓜刻む音藁屋より 吉野義子
暑し暑し昼餉の瓜と醤油差し 川崎展宏
曲るだけ曲りし瓜の面白や 山田敏子
書斎には奏で聞こゆれ瓜きざむ 皆吉爽雨
書斎には奏で聞ゆれ瓜きざむ 皆吉爽雨
朝すゞに瓜くふ蟹を叩き逐ふ 高田蝶衣
朝の沖潮けむりして瓜の苗 大木あまり 雲の塔
朝夕瓜もみ食ふ旱かな 前田普羅
朝市へ峡の子が曳く瓜車 今井杏太郎
朝焼のすぐさめにけり瓜畠 大峯あきら「宇宙塵」
朝虹の葉むらをいづる瓜の蜂 石原舟月 山鵲
朝露によごれて涼し瓜の泥 芭蕉「笈日記」
朝露や撫でて涼しき瓜の土/朝露によごれて涼し瓜の土 松尾芭蕉
朽ち舟の舳先をつかむ瓜の蔓 伊藤敬子
李を沈め瓜を浮へて腹下すなくんば幸 尾崎紅葉
果舗の瓜匂ふ夜は曇り深けれ 原田種茅 径
柳行李片荷は涼し初真瓜 芭蕉「市の庵」
桟や身を観ずれば瓜の皮 一鉄 選集「板東太郎」
此村は帝国党や瓜茄子 瓜 正岡子規
残暑しばし手毎料れ瓜茄子 松尾芭蕉
比べてはならぬ幸せ瓜刻む 山本欣子
氈瓜の甲乙なんぞいふなかれ 星野麥丘人
気力せつなし瓜の種ひらべったし 池田澄子
水よりもわずかにすずし瓜の色 樗良「雪の声」
水よりもわづかに涼し瓜の色 樗良
水桶にうなづきあふや瓜茄子 蕪村「蕪村句集」
水桶に一夜越しけり忘れ瓜 小澤碧童 碧童句集
水清く瓜清き里に隠れけり 瓜 正岡子規
水清く瓜肥えし里に隠れけり 瓜 正岡子規
水飯にかはかぬ瓜のしづくかな 其角「いつを昔」
油断とはかの瓜番を襲ひし語 中原道夫
油虫かくまひ燈下の青瓜どち 香西照雄 対話
流れゆく瓜のお馬や水に月 三橋鷹女
浴衣着て瓜買ひに行く袖もがな 其角
海女たのし砂に腹這ひ瓜かぢる 鈴鹿野風呂 浜木綿
海女若し乳房かくして瓜噛る 中井大夢
涼しさに瓜ぬす人と話しけり 瓜 正岡子規
涼しさや瓜にかきたる稚児のかほ 筑紫磐井 野干
湖にひらきて瓜は日の花よ 粟飯原孝臣
湖渡り来る朝舟の瓜を待つ 高田蝶衣
満鮮の旅によろしも瓜トマト 鈴鹿野風呂 浜木綿
漬瓜や砂の上なる一と筵 長谷川かな女 雨 月
瀬しぶきに洗ひて盆の瓜なすび 鷲谷七菜子 天鼓
炎帝の百官として瓜・茄子 筑紫磐井 婆伽梵
無器用の又なく瓜も得剥かぬよ 尾崎紅葉
燭点し瓜番小屋に扉なし 町垣鳴海
父と子の清水黄色き瓜食ひて 細見綾子
父の好物知らず茄子の馬瓜の牛 田中英子
父母遠し朝餉にきざむ瓜の音 小山えりか
犀星に発句贈られて瓜の宿 三好達治 俳句拾遺
猛猛し瓜盗人にあらねども 中原道夫
猪汚れ瓜ん坊汚れてはをらず 森田峠 逆瀬川以後
玉祭夜更て瓜の匂ひかな 野梅
瓜*もぐ手朝の螢に這われけり 三谷昭 獣身
瓜きざむ不和に馴れたるリズムかな 殿村莵絲子 牡 丹
瓜きざむ女のひと世刻むごと 渡邊千枝子
瓜きざむ脳裡ぎつしり旅の日日 稲垣きくの 黄 瀬
瓜きざむ蓮如ゆかりの寺にして 大峯あきら 宇宙塵
瓜きざむ音に終りのなき如し 井沢正江 湖の伝説
瓜くれて瓜盗まれし話かな 瓜 正岡子規
瓜つけし馬も小諸の城下かな 飯田蛇笏 山廬集
瓜に爪あり爪に爪なし棲の昼 攝津幸彦 鹿々集
瓜に跼む僧に*うりばえ飛ぶしきり 河野静雲 閻魔
瓜ぬすむあやしや御身誰やらん 瓜 正岡子規
瓜の敷藁焚くさはやかな白煙 大熊輝一 土の香
瓜の疵老同人の病むことよ 百合山羽公 寒雁
瓜の皮むいたところや蓮台野 芭蕉
瓜の皮剥いたところや蓮台野 松尾芭蕉
瓜の皮夜も黄なり外寝する人に 山口青邨
瓜の種そこと云はれて顔撫づる 高澤良一 暮津
瓜の種噛みあてたりし世の暗さ 成田千空(萬緑)
瓜の種噛み当てたりし世の暗さ 成田千空 地霊
瓜の籠茄子の籠や市の雨 瓜 正岡子規
瓜の腸堆し月見草ひらく 龍胆 長谷川かな女
瓜の苗茄子の苗のくるゝ春 春の暮 正岡子規
瓜の蔓宙に途方に暮れてゐし 中村苑子「吟遊」
瓜の香にきつね嚏る月夜かな 白雄「白雄句集」
瓜の香にきつね嚏月夜かな 加舎白雄
瓜の香や駒のわたりの県主 蕪村「夜半叟句集」
瓜はめば憶良ならねど子等思ふ 松尾いはほ
瓜むいて芒の風に吹かれけり 一茶 ■文化五年戊辰(四十六歳)
瓜もちて川の童の顔をする 宇多喜代子
瓜もみて来る市の音快し 中村汀女
瓜もみのにほひちらちら蚊を見出づ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
瓜もみの加減も馴れて大暑かな 中村汀女
瓜もみも添乳もともに夕にほふ 百合山羽公
瓜もみや風に吹き散る花鰹 河原白朝「流燈」
瓜もむや灯影の末の涼しさに 増田龍雨 龍雨句集
瓜もんで妄執ひとにけどられず 稲垣きくの 黄 瀬
瓜わりの清水と申し観世音 鈴鹿野風呂 浜木綿
瓜を啖ふ大紺碧の穹の下 [え】 富澤赤黄男
瓜を売るたいくつな眼が動きゐる 西村和子 窓
瓜を売る地に一燭を立てにけり 黒田杏子 木の椅子
瓜を売る莚に抱きて脛高し 楠目橙黄子 橙圃
瓜を守る山ふところの灯なれかし 軽部烏頭子
瓜を揉み忘れゐしこと忘れしむ 金久美智子
瓜を揉む一晩泊る母の家 山崎千枝子
瓜を讃する聲大なれど食ひ残したり 高田蝶衣
瓜を食ひ戯れ言二三の濡るる唇 原子公平
瓜一ツだけば鳴きやむ赤子かな 瓜 正岡子規
瓜二つ泡え都を行く日あり 津沢マサ子 華蝕の海
瓜二つ重たさうなる禿かな 瓜 正岡子規
瓜作る君があれなと夕涼み 松尾芭蕉
瓜切てさびぬ劔の光かな 服部嵐雪
瓜刻む小気味よき音妻今日も 是永三葉
瓜刻む気兼ねの音の聞えくる 波多野爽波 鋪道の花
瓜刻む足もとに来て蟹可愛 富安風生
瓜割つて立ちのぼる香の目に見ゆる 宮津昭彦
瓜咲かす平家の裔の一重瞼 神蔵 器
瓜喰ふて旅の労れや野の茶店 瓜 正岡子規
瓜噛むや四方の緑に咽びつゝ 東洋城千句
瓜噛んで隣人のこえ好しとする 小宅容義
瓜売が青にまみれて直立す 九鬼あきゑ
瓜売の売り仕舞ひけり炎天下 小杉余子 余子句選
瓜売やけふせく水の身過川 曲言 選集「板東太郎」
瓜好きの僧正山を下りけり 瓜 正岡子規
瓜守れば父も唄ひぬ月の下 石田波郷
瓜小家の月にやおはす隠君子 蕪村「蕪村句集」
瓜小屋にひとり肌ぬぐ月夜哉 月夜 正岡子規
瓜小屋に人あるさまの草履哉 瓜 正岡子規
瓜小屋に伊勢物語哀れかな 村上鬼城
瓜小屋に音なきよるの蛍哉 蛍 正岡子規
瓜小屋の月にやおハす隱君子 蕪村 夏之部
瓜小屋の月に臑抱き男かな 西山泊雲 泊雲句集
瓜小屋や溝のせゝらぎ枕元 西山泊雲 泊雲句集
瓜小屋や莚屏風に二間あり 村上鬼城
瓜小屋をめぐりて月の小溝かな 西山泊雲 泊雲句集
瓜干しておきたる妻の留守を守る 荒木嵐子
瓜抱いて足柄の子の川あそび 下田稔
瓜持つてさしさはりなき人に蹤く 晴子
瓜持て片手にまねく子供哉 瓜 正岡子規
瓜揉みや名もなき民の五十年 日野草城
瓜揉むやふたりのための塩加減 黒田杏子
瓜揉むや道鏡を拝みきし手もて 滝本魚顔女 『絵踏』
瓜揉や佗び住む事も十五年 高橋淡路女 梶の葉
瓜揉や相透く縁のうすみどり 日野草城
瓜揉んでさしていのちの惜しからず 鈴木真砂女「居待月」
瓜揉んで待てど海路に日和なし 鈴木真砂女 夕螢
瓜揉んで降らずじまひの一日かな 片山由美子 天弓
瓜提げて土屋文明駅を出づ 加藤秋邨 沙漠の鶴
瓜提灯ともして母に従へり 長谷川深々
瓜枯れてきち~のとぶ西日かな 銀漢 吉岡禅寺洞
瓜泳ぐ昼寝の村の水汲み場 太秦女良夫
瓜漬もつましく食ぶるべかりけり 行方南魚
瓜漬や健気さはさて齢ゆかず 篠田悌二郎
瓜畑に水気失せたる生身魂 森 澄雄
瓜畑の夜眼にも荒れしちちろなく 金尾梅の門 古志の歌
瓜畑を展墓の人や湖は秋 飯田蛇笏 山廬集
瓜畑立山見ゆるところかな 大石悦子 百花
瓜畠のけものの跡や夜が明けて 中拓夫 愛鷹
瓜番といへど寝に行くだけのこと 渡辺芋城
瓜番とならばツルゲーネフ読まん 上田五千石「天路」
瓜番にゆく貸本をふところに 平松荻雨
瓜番に小さき月のあるばかり 清水径子「清水径子全句集」
瓜番に小さく月のあるばかり 清水径子
瓜番に月傾けし夜明かな 古橋恵花(玉藻)
瓜番に闇ふかぶかと土ほめく 田村木国
瓜番に闇ふか~と土ほめく 田村木国「山行」
瓜番のいとまにつくる藺笠かな 橋本鶏二 年輪
瓜番のゐるかのごとく灯ともれる 藤紫影
瓜番の二の腕に蛾のとまりたる 岸本尚毅 鶏頭
瓜番の写して居たる小経かな 河野静雲 閻魔
瓜番の出て来て道を教へけり 佐藤梧林
瓜番の少し大人になりにけり 星野高士「谷戸」
瓜番の瓜かかへ来し夜の離宮 堀口星眠 営巣期
瓜番の茣蓙一枚の褥かな 広沢米城
瓜番へ闇を飛び来し礫かな 守能断腸花
瓜番や軒に吊つたる小提灯 吉武月二郎句集
瓜番を化かしに来たる狐かな 瓜 正岡子規
瓜番舎そのままの稲城守となり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
瓜盗み来て泳ぎ食ふ乞食かな 比叡 野村泊月
瓜盗むこともわすれて涼みけり 瓜 正岡子規
瓜盗む人朧なり夕月夜 赤木格堂
瓜盗人どうしてゆつくり歩くのか 岡田史乃
瓜苗にもれなく杓をかたむくる 岩木躑躅
瓜苗に土寄せあるはもの淋し 下田稔
瓜苗に竹立てありぬ草の中 高濱虚子
瓜苗に竹立ててあり草の中 高浜虚子
瓜苗の十ほどとどく小島かな 山本 洋子
瓜苗も逆子も月に透きとほり 眞鍋呉夫
瓜苗やたたみてうすきかたみわけ 永田耕衣(1900-97)
瓜苗やたゝみてうすきかたみわけ 永田耕衣
瓜苗を買つてくれろと庭に来る 多田香也子
瓜苦く風に味噛む夕べかな 言水「稲莚」
瓜茄子どこを関屋の名残とも 瓜 正岡子規
瓜茄子の市立つ中に鍛冶の火も 青邨
瓜茄子命があらば三年目 瓜 正岡子規
瓜茄子食ひて女は倦むことなし 右城暮石 声と声
瓜蝿に寝息を立ててゐたりけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
瓜蝿の早や憑く苗を選りにけり 水口祭「かつらぎ選集」
瓜蠅に露照る朝の蔬菜園 西島麥南
瓜蠅も往くさ来るさの在所かな 廣江八重櫻
瓜蠅旱天の暾を愉しめる 西島麦南 人音
瓜貰ふ太陽の熱さめざるを 誓子
瓜買ふに笠の垂れ絹上げぬなし 筑紫磐井 野干
瓜踏んで瓜盗人の転けたりな 尾崎紅葉
瓜連や亡き貌凍てて白鳥翔つ 老川敏彦
瓜食うて山のやさしき吉備の闇 綾部仁喜 樸簡
瓜食うなら砂糖が巾を利かす世の 高澤良一 寒暑
瓜食つて女ひとりは所在なし 稲垣きくの 黄 瀬
瓜食ふやふるきならのなかにゐて 藤田初巳
瓜食ふや毛ふかき脛をくみあはせ 茂木利汀
瓜食へり抽出の銭念頭に 肥田埜勝美
瓜食べて種の大きな盆休 綾部仁喜 樸簡
瓜食むや旅の友二に遇ひもして 鈴木しげを
瓜食めばもの音遠き盆の昼 山上樹実雄
瓜食めば旅のつづきの我家なる 高橋睦郎
瓜食めば昼ありありと天の川 宇佐美魚目 秋収冬蔵
瓜馬もあそばむ墓原の月まろし 吉田鴻司
甘瓜やなほ歩かねば死ぬを得ず 永田耕衣 驢鳴集
生涯の手押車や瓜を売る 有馬朗人 天為
男手の瓜揉親子三人かな(病みて百日ちかし) 『定本石橋秀野句文集』
畦つたふ吾れを瓜番とがめ顔 山本三才
病院がわが家のごとし瓜刻み 石田あき子 見舞籠
白瓜や川が近くてをんなの子 斎藤夏風
白瓜や川が近くて女の子 斉藤夏風
白瓜を提げて越路の女衆 川崎展宏
盗人に出合ふ狐や瓜ばたけ 炭 太祇 太祇句選
盗人に出合ふ狐や瓜畑 太祇
真瓜抱くまなさきにきてやんますむ 金尾梅の門 古志の歌
祇園まつり家々青き瓜を供ふ 林火
秋さびし手毎にむけや瓜茄子 翁 七 月 月別句集「韻塞」
秋来ぬと音する今朝や刻み瓜 野坡
秋涼し手ごとにむけや瓜茄子 松尾芭蕉
秋涼し手毎にむけや瓜茄子 芭蕉
秋立つや瓜も茄子も老の數 立秋 正岡子規
空つかむ冬芽の瓜も雪を待つ 前田普羅 飛騨紬
竹に聞く雨一時やひやし瓜 琴二「はたせけり」
糠味噌に瓜と茄子の契かな 茄子 正岡子規
糠雨やいづこに住むも瓜刻む 殿村莵絲子
絵すだれを吊りて瓜番風流に 橋本鶏二 年輪
罪深く夜を寐ぬ蝿や瓜の皮 高井几董
美しきその姫瓜や后ざね 松尾芭蕉
羽子板市瓜実顔の世に遊ぶ 岡田貞峰
老耄のごとわがみどりはやと瓜 和知喜八
背くこと多くはあらず瓜の苗 橋本薫
胡涼や鷺鳴きわたる瓜ちぎり 金尾梅の門 古志の歌
膝元に水仙あふれ瓜木崎 中田てる代
自転車に肘つき瓜値決められし 宮武寒々 朱卓
舌端に追ひ廻さるる瓜の種 前田普羅
舳倉島ゆきの甲板瓜食ふ子 中山純子
花と実と一度に瓜の盛りかな 松尾芭蕉
花歯瓜まぶしや過読の厚瞼 鍵和田[ゆう]子 未来図
茄子にも瓜にもつかず時鳥 時鳥 正岡子規
茄子や瓜一つに流す送り盆 長谷川かな女
茅舎忌のげに掴み取る瓜のわた 安井浩司 霊果
茣蓙の下田水走れる瓜番屋 村上三良
茶屋に到り瓜喰はんと思ひつゝありく 瓜 正岡子規
荒海をまへに木挽や初真瓜 飴山實 辛酉小雪
荒畑に笑ひ転げて瓜なりし ふけとしこ 真鍮
荷車に踞して瓜食ふ男哉 松香
莚敷く村の芝居や瓜の皮 瓜 正岡子規
菜畠に残る暑さや瓜の苗 許六
葉がくれの枕さがせよ瓜ばたけ 蕪村 夏之部 ■ みちのくの吾友に草扉をたゝかれて
葉がくれの瓜と寝ころぶ子猫哉 一茶
葉がくれをこけ出て瓜の暑さ哉 向井去来
藁を得し瓜の巻手の静かなる 銀漢 吉岡禅寺洞
虫賣や籠の雫は瓜の露 露 正岡子規
行水や児がつかみをる瓜の蔓 桐明
街道にくだけし瓜や奈良格子 桂 信子
西国や渚の砂に瓜の苗 斎藤梅子
見ぬ方の御園の瓜の汗ふかん 秋色 俳諧撰集玉藻集
誌を了へて南部の路地に瓜トマト 斉藤夏風
越瓜(しろうり)や妣の国より風が吹く 穴井太 原郷樹林
越瓜やここにし安土セミナリオ 森澄雄「游方」
越瓜やむかしありける野弁当 山口紫甲「新山暦俳句歳時記」
越瓜やもの喰あきし魚の店 葛巾「新華摘」
越瓜や引き目鈎鼻絵図の顔 日暮ほうし
越瓜や雲立つ山を遠く置き 石川辛夷
足早き瓜盗人に驚きぬ 松藤夏山 夏山句集
身のしゞに越瓜を匍ふちゝろむし 飯田蛇笏
車ぎりにかたわ有けり東寺瓜 井原西鶴
車窓よりラジオ流して瓜摘花 高澤良一 寒暑
農夫の子宿して瓜をきざみをり 萩原麦草 麦嵐
逃げてゆく瓜盗人は女なり 村上朱楼
進み出て瓜むく客の国咄し 園女 俳諧撰集玉藻集
道々に瓜の皮ちるあつさ哉 正岡子規
遠い煙が白瓜抱いて昇るらん 安井浩司 密母集
遠きより友こそ来けり瓜むかん 召波
遠きより友こそ来けれ瓜むかん 召波「夏より」
遠近の野は招魂の瓜喰らひ 上田 玄
都にも瓜やなすびの花は候 寺田寅彦
酒盗人瓜盗人よ夏の闇 中田剛 珠樹以後
酒臭きわれは瓜なり朝ぐもり 三橋敏雄 長濤
酔ひふかく瓜はむの型はや猥り 竹中宏 句集未収録
鍵ひとつ恃むくらしの瓜をもむ 稲垣きくの 牡 丹
鐘氷る瓜生大原一乗寺 会津八一
関なりけり瓜庖丁も駒迎 黄吻 選集「板東太郎」
降り止む間なけれぬれつゝ瓜手入 及川貞 榧の實
陽炎に瓜十片を遺し征く 高橋馬相 秋山越
随き来るや甚平飛ばし瓜もぎに 松藤夏山 夏山句集
雀のこゑ老人が凍瓜を切る 松村蒼石 雪
雨風のあとの瓜笛立ち直る 広瀬峰雄
雷や縁に相寄る瓜二つ 草城
雷走りやすき安土の瓜畑 山本洋子
露もるや聖霊棚の瓜なすび サガ-荒雀 俳諧撰集「有磯海」
露涼し葉うらの瓜に朝日影 比叡 野村泊月
青瓜に疫痢の疫神のせ流せ 長谷川かな女 雨 月
青臭き蕃瓜たうべて刀自の健 久米正雄 返り花
青蝿やみそぎに流す瓜の皮 宗因「玉手箱」
音たてゝ清水あふれをり瓜をどる 及川貞 榧の實
音立てて清水あふれをり瓜をどる 及川貞
頬べたにあたなどしたる真瓜かな 一茶
頬べたにあてなどしたる真瓜哉 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
風呂敷の瓜に手を触れては老婆 山口誓子
食ひながら見廻る瓜の畠哉 黙籟
飯尾宗祗の煙あがる瓜の家 安井浩司 密母集
香のもの瓜茄子けふは白磁鉢 及川貞
馬となる器量の瓜を買ひにけり 永井良
魂く(来)とて姿なけれど瓜茄子 上島鬼貫
鳥海みぎ月山ひだり瓜歯切れ 澁谷道
鳴きやんで瓜をたべをり籠の虫 高橋淡路女 梶の葉
鶯菜蒔くはここ瓜蒔くはここ 井上史葉
麦藁を枕に瓜の昼寐かな 赤木格堂
麻がらの杖草履手向ん瓜の皮 洞雨 選集「板東太郎」

以上
by 575fudemakase | 2016-08-22 17:14 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26129486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

おしくらまんじゅう の俳句
at 2017-09-25 17:12
稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54

外部リンク

記事ランキング