瓜 の俳句

瓜 の俳句

瓜 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26129486/


瓜 補遺

うつつをれば瓜になるとよ湖の鳶 岡井省二 山色
うり一つだひて泣きやむ子供哉 正岡子規 瓜
うり一つとなりの畑てみのりけり 正岡子規 瓜
このごろは庖丁に慣れ瓜を揉む 石橋秀野
さみどりの瓜苗運ぶ舟も見し 松本たかし
しばしばや人に雨月の瓜畠 飯田蛇笏 山廬集
たそがれや蹠はなれし瓜の種 加藤秋邨
とぶなべに影ほのかなる瓜の蟲 飯田蛇笏 山響集
ぬすびとに夜々の雨月や瓜畠 飯田蛇笏 山廬集
ひてりさへ瓜はやせたる顔もなし 正岡子規 旱
ひやし瓜沈めても又沈めても 正岡子規 瓜
ふとん干場苦が瓜の蔓すがれ初め(平林寺) 細見綾子
むささびや谷戸に瓜掻き体当たり 百合山羽公 樂土以後
モンゴルの累累たる頭瓜の中 加藤秋邨
一屋の主となりて瓜の番 上田五千石『琥珀』補遺
一笊にして胡の瓜と越の瓜 上田五千石 琥珀
上割れる瓜の太芽の不揃ひや 阿波野青畝
乳呑子の枕も瓜も涼しけれ 橋閒石 微光
人も居らず瓜ひやしたる清水哉 正岡子規 清水
人影のさせば瓜蝿翅拡ぐ 右城暮石 句集外 昭和三十四年
仏壇に瓜のはしりと子のたより 飴山實 花浴び
何もかも瓜まで小さく夢失せき 加藤秋邨
何やらの花さきにけり瓜の皮 正岡子規 瓜
兄弟が瓜と茄子の訴訟哉 正岡子規 瓜
初瓜やまだこびりつく花の形 正岡子規 瓜
別れ蚊や瓜割の井に立ちつくす 石川桂郎 高蘆
前髪の唐子唐子が瓜をもち 山口青邨
口のはに海女いま食ひし瓜の種子 高野素十
哈密(ハミ)瓜切るモハモード氏の刀さばき 松崎鉄之介
喃お僧初瓜一つめすまいか 正岡子規 瓜
四足の瓜も茄子も草の市 正岡子規 草市
垣外ゆく瓜提燈のたづたづし 臼田亜郎 定本亜浪句集
垣破る瓜盗人は狐かな 正岡子規 瓜
夏木にも瓜蠅とべり峠畑 飯田蛇笏 山廬集
大川を瓜のながるゝ施餓鬼かな 百合山羽公 春園
大掴み瓜漬の塩ふり馴れて 及川貞 夕焼
大正のをとこかなしむ瓜畑 石田勝彦 百千
天気予報たまの外れや瓜きざむ 鈴木真砂女 紫木蓮
夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中川一碧樓
女将ある日やりきれなさの瓜揉んで 鈴木真砂女
妊りておちつく妻や瓜を揉む 下村槐太 光背
妹瓜を揉むま独りの月夜かな 渡邊水巴 白日
子の生れし家なり瓜を刻むかな 山口誓子
孝行な瓜番瓜を盗みけり 正岡子規 瓜
学校の敷地になりぬ瓜畑 正岡子規 瓜
宵瓜の狂をさざめけり人形は 臼田亜郎 定本亜浪句集
山へ延びる電線ばかり瓜食ふ子(故郷丹沢芦田村) 細見綾子
干瓜の塩の乾きや日照草 正岡子規 松葉牡丹
手拭に瓜三本をくゝりけり 正岡子規 瓜
揉瓜のひとにぎりにて独りの餉 鷲谷七菜子 黄炎
文月や野に瓜食めば火は流(くだ)れり 金子兜太
日に熱き瓜をくれたる隣びと 桂信子 花影
旱さへ瓜に痩せたるふりもなし 正岡子規 旱
時ながる昨日は瑠璃に今日は瓜に 加藤秋邨
時鳥切子囲ひは瓜の苗 岡井省二 鹿野
朝夕瓜もみ食ふ旱かな 前田普羅 普羅句集
末生の瓜揉むことも月夜かな 日野草城
梅雨のあめしづかに瓜の蔓の知恵 日野草城
此村は帝国党や瓜茄子 正岡子規 瓜
歯切よし秣切る音瓜切る音 中村草田男
氈(かも)瓜の甲乙なんぞいふなかれ 燕雀 星野麥丘人
水打つて石涼しさや瓜をもむ 杉田久女
水清く瓜清き里に隠れけり 正岡子規 瓜
水清く瓜肥えし里に隠れけり 正岡子規 瓜
油虫かくまひ燈下の青瓜どち 香西照雄 対話
流れゆく瓜のお馬や水に月 三橋鷹女
浅漬の瓜の青白噛むひびき 日野草城
浅漬の瓜断つ音や夏の靄 日野草城
海よりの風つのりけり瓜の蔓 中村苑子
涼しさに瓜ぬす人と話しけり 正岡子規 瓜
湖の日が瓜畑にあり歓ばむ 岡井省二 鹿野
瀬しぶきに洗ひて盆の瓜なすび 鷲谷七菜子 天鼓
火中にて瓜馬立てり川旅餓鬼 石川桂郎 高蘆
父と子の清水黄色き瓜食ひて 細見綾子
瓜うまきここ今伊勢といふところ 飯島晴子
瓜うりありくヨボの大きな瓜である 尾崎放哉 小浜時代
瓜くれて瓜盗まれし話かな 正岡子規 瓜
瓜すでにころがつてをり花ざかり 山口青邨
瓜すゝる天の河原に身を起し 飯島晴子
瓜つけし馬も小諸の城下かな 飯田蛇笏 山廬集
瓜ぬすむあやしや御身誰やらん 正岡子規 瓜
瓜の前物持ちかへぬ値切るらし 加藤秋邨
瓜の市ひとり母子を立ちて見る 加藤秋邨
瓜の市土牆傾くばかりなり 阿波野青畝
瓜の疵老同人の病むことよ 百合山羽公 寒雁
瓜の皮夜も黄なり外寝する人に 山口青邨
瓜の種笊にひつつき沖つ波 桂信子 花影
瓜の籠つけて驢馬ゆく市さして 山口青邨
瓜の籠茄子の籠や市の雨 正岡子規 瓜
瓜の荷をふりわけにして驢馬可愛 山口青邨
瓜はめば歯牙なき祖父の笑みかえる 金子兜太
瓜は馬に茄子は牛に南爪は何に 上田五千石『琥珀』補遺
瓜もみの酢の利き過ぎし月夜かな 日野草城
瓜もみや相透く縁のうすみどり 日野草城
瓜よりもわが乗るならば茄子の馬 後藤比奈夫
瓜を啖ふ大紺碧の穹の下 富澤赤黄男
瓜を食む人等愛親覚羅の裔 山口青邨
瓜一つ残暑の草を敷き伏せし 杉田久女
瓜一ツだけば鳴きやむ赤子かな 正岡子規 瓜
瓜主や使うて見する袖がらみ 村上鬼城
瓜二つ重たさうなる禿かな 正岡子規 瓜
瓜刻む妻夕月に見惚れたり 大野林火 早桃 太白集
瓜刻む気兼ねの音の聞えくる 波多野爽波 鋪道の花
瓜刻む足もとに来て蟹可愛 富安風生
瓜刻む音を昏しと聞きにけり 右城暮石 句集外 昭和二十七年
瓜咲くや一つになつて村の音 永田耕衣
瓜喰ふて旅の労れや野の茶店 正岡子規 瓜
瓜喰ふや胸つき出して双子海女 星野麥丘人
瓜喰む眼 この子らの明日 計り得ず 伊丹三樹彦
瓜垣のつぶれめでたき野分かな 河東碧梧桐
瓜好きの僧正山を下りけり 正岡子規 瓜
瓜好きの鬼子は露と答えける 橋閒石 卯
瓜小屋にひとり肌ぬぐ月夜哉 正岡子規 月夜
瓜小屋に人あるさまの草履哉 正岡子規 瓜
瓜小屋に伊勢物語哀れかな 村上鬼城
瓜小屋に音なきよるの蛍哉 正岡子規 蛍
瓜小屋や筵屏風に二タ間あり 村上鬼城
瓜小星や夕立晴れて二日月 村上鬼城
瓜抱いて 童女入門 達治の寺 伊丹三樹彦
瓜持つてさしさはりなき人に蹤く 飯島晴子
瓜持て片手にまねく子供哉 正岡子規 瓜
瓜揉みの指に充ちくる力かな 上田五千石『琥珀』補遺
瓜揉や名も無き民の五十年 日野草城
瓜揉んでさしていのちの惜しからず 鈴木真砂女 居待月
瓜揉んで待てど海路に日和なし 鈴木真砂女 夕螢
瓜揉んで淋しき膳をすゑにけり 石橋秀野
瓜提げて土屋文明駅を出づ 加藤秋邨
瓜漬や笑まひてをみな年古りず 上田五千石 天路
瓜畑に水気失せたる生身魂 森澄雄
瓜畑名残を蒸れ鳴く虫か寄せ蔓に 種田山頭火 自画像 層雲集
瓜畑死人にばかり腹が立つ 飯島晴子
瓜番が雷死の葬青とかげ 日野草城
瓜番とならばツルゲーネフ読まん 上田五千石 天路
瓜番は「あじや」驀進を見送りつ 山口青邨
瓜番を化かしに来たる狐かな 正岡子規 瓜
瓜番屋誰も居らねば近よらず 高浜年尾
瓜盗むこともわすれて涼みけり 正岡子規 瓜
瓜盗りし少年屈みつつ走る 山口誓子
瓜積んで朝舟著きぬ流れ山 河東碧梧桐
瓜舟も遡航下航のその中に 阿波野青畝
瓜苗に水やるさびしさなしとせず 上田五千石 天路
瓜苗の抛り出されし雨の軒 雨滴集 星野麥丘人
瓜苗やたたみてうすきかたみわけ 永田耕衣
瓜茄子どこを関屋の名残とも 正岡子規 瓜
瓜茄子の市立つ中に鍛冶の火も 山口青邨
瓜茄子も群霊のうち川施餓鬼 右城暮石 句集外 昭和四十六年
瓜茄子を植ゑて臨済禅寺かな 右城暮石 句集外 昭和五十五年
瓜茄子命があらば三年目 正岡子規 瓜
瓜茄子食ひて女は倦むことなし 右城暮石 声と声
瓜茹子上り框に置きゆけり(丹沢) 細見綾子
瓜蔓のほぐれ伸びゐる石の上 石橋秀野
瓜蝿の一匹捕へ他は逃げし 右城暮石 一芸
瓜蠅旱天の暾を愉しめる 西島麦南 人音
瓜貰ふ太陽の熱さめざるを 山口誓子
瓜買ふとウズベク語尽き出羽訛 加藤秋邨
瓜食うて我も上るや観音寺 河東碧梧桐
瓜馬のなきがらは足さしあげて 阿波野青畝
瓜馬や盲巫女口説に月出でぬ 角川源義
甘瓜やなほ歩かねば死ぬを得ず 永田耕衣
生涯の手押車や瓜を売る 有馬朗人 天為
男手の瓜揉親子三人かな 石橋秀野
畑には瓜もころがり虚子旧廬 山口青邨
白銀の瓜をかかへし百済の子 有馬朗人 耳順
盆果てし月に瓜馬足萎ゆる 角川源義
祗園まつり家々青き瓜を供ふ 大野林火 海門 昭和十四年
秋立つや瓜も茄子も老の數 正岡子規 立秋
糠味噌に瓜と茄子の契かな 正岡子規 茄子
翅拡ぐ間なし瓜蝿ころげ逃ぐ 右城暮石 散歩圏
舟と舟ぶつかる瓜の市場かな 阿波野青畝
芥子散るや瓜もむ時の夕風に 河東碧梧桐
花瓜や鱗乾きて烏蛇 日野草城
苗市の苗に瓜の区なすびの区 上田五千石 風景
茄子にも瓜にもつかず時鳥 正岡子規 時鳥
茶屋に到り瓜喰はんと思ひつゝありく 正岡子規 瓜
荒海をまへに木挽や初真瓜 飴山實 辛酉小雪
莚敷く村の芝居や瓜の皮 正岡子規 瓜
蒙古より来りし径や瓜を売る 加藤秋邨
虫賣や籠の雫は瓜の露 正岡子規 露
蛇瓜といふ名たづねて撫でては去る 加藤秋邨
蛇瓜のまことしやかに気味悪し 清崎敏郎
要塞と烟と瓜の蔓からまり 富澤赤黄男
見のしじに越瓜を匐ふちちろむし 飯田蛇笏 山響集
豊の色雀の瓜も漏らさざる 百合山羽公 樂土以後
越瓜やここにし安土セミナリオ 森澄雄
道々に瓜の皮ちるあつさ哉 正岡子規 暑
遠雷のままで終りし瓜を揉む 橋閒石 雪
酒臭きわれは瓜なり朝ぐもり 三橋敏雄
陋巷の灯に揉瓜の豊富なる 日野草城
降り止む間なけれぬれつゝ瓜手入 及川貞 榧の實
雁、金魚、瓜など絵天井涼し 岡井省二 夏炉
雷や縁に相倚る瓜二つ 日野草城
青梅雨の瓜青々と漬けあがり 鈴木真砂女 居待月
音たてゝ清水あふれをり瓜をどる 及川貞 榧の實
風呂敷の瓜に手を触れては老婆 山口誓子
香妃の墓詣り来し卓香り瓜 松崎鉄之介
驢馬の耳こもごも忙し瓜の市 阿波野青畝
黄いろの瓜黄いろの人参顔も黄いろ 加藤秋邨

以上
by 575fudemakase | 2016-08-22 17:55 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26129597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング