雷 その2

雷 その2

祭の空ひかるばかりの雷すぎし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
積む本の言の葉の圧 日雷 西尾千佳子(青玄)
空き腹のかくも健やか日雷 亀割 潔
空海忌高野の雨の雷支へ 土田祈久男
空知野に走る雷火や植ゑ急ぐ 石塚友二
空腹(すきばら)に雷ひゞく夏野哉 小林一茶 (1763-1827)
空腹に雷ひゞく夏野哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
空蝉にしばらくありし雷神 齋藤玄 飛雪
空蝉に呆け雷とどきけり 下村槐太 光背
空谿に卯の花しろしはたたがみ 木津柳芽 白鷺抄
空谿に卯の花白しはたたがみ 柳芽
窓へ逃ぐロシヤ民謡昼の雷 高井北杜
立ち跼み豆蒔く少女雷遠し 三谷昭 獣身
立山に閃光ありし日雷 坂本ひろし(ホトトギス)
竜胆に冠着山よりの雷三日 久保龍 『火口の蝶』
端渓の硯の海に雷近し 阿部みどり女 『雪嶺』
竹の根の浮上がりきし日雷 小島健 木の実
竹伐やいかづち雲の嶺に生る 岸風三樓
竹煮草夜々の雷火のたばしれる 馬場移公子
筆太き蓮如名号日雷 山本洋子
篠の芽や古棺を蔵す雷神社 西本一都 景色
簗守るや奥嶺にこもる夜の雷 河北斜陽
粽蒸す火色鮮し雷のあと 山岸治子
紙燈籠雷のひかりにしらみけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
紙芝居の柝や梅雨の雷二つ三つ 『定本石橋秀野句文集』
縁側に椅子ありて雷かすかなり 原田喬
置く帽の藺草匂へり夜の雷 鍵和田[ゆう]子 浮標
美しくかみなりひびく草葉かな 永田耕衣 加古
美幌路の雷火しばらく楡に炎ゆ 堀口星眠 営巣期
胡麻の花雷後の暑さもどりきぬ 五十崎古郷句集
脳天に雷火くらひしその刹那 緒方句狂
脳天を走るいかづち子よ還れ 蛯名晶子
腑抜け寝に夜の雷わたる死ねとこそ 小林康治 玄霜
腹に据えかねるところをはたた神 高澤良一 石鏡
腿高きグレコは女白き雷 三橋敏雄 まぼろしの鱶
興るとき紺天冒す一雷雲 野澤節子 黄 瀬
艶やかに仔犬乳を吸ふ雷のあと 河野多希女 琴 恋
花どきやとりこぼしたる雷ひとつ 岸田稚魚 筍流し
花慈姑生駒に育つ子雷 田中英子
花火百雷天も正気の天ならず 百合山羽公 寒雁
花胡麻も末となりたる雷雨かな 高橋馬相 秋山越
花起しの雷といふらむすぐ終る 原子岱子
芽木林たまたま雷の雲垂りつ 臼田亞浪 定本亜浪句集
苧環の昏れゆく国へ雷わたる 和田悟朗
茄子植ゑてかみなり癖のつきにけり 藤岡筑邨
茶をたてるひたすらなりしはたたがみ 小林康治 四季貧窮
茶柱虫障子の月光雷のごと 加藤楸邨
草に寝て遠近わかぬ雷ききぬ 川島彷徨子 榛の木
草の中に鶯啼ける雷雨かな 白水郎句集 大場白水郎
草の中に鶯鳴ける雷雨かな 大場白水郎 散木集
草原に牛の袂便日雷 大木あまり 火球
荒尾根の雲へこだまの雷一過 河野南畦
荒鋤きの黒賞で雷の鳴り出せり 村越化石 山國抄
萱草に雷遠き日かげかな 萱草の花 正岡子規
落ちし雷を盥に伏せて鮓の石 夏目漱石 明治三十六年
落葉松に雷雲下りしまのあたり 龍胆 長谷川かな女
落葉松の芽にどろどろと雷起る 木村蕪城 一位
葛切のギヤマン雷火奔りけり 水原秋櫻子
葛水や百雷臍を下り行く 内藤鳴雪
蒟蒻の芽に力出て雷日ぐせ 大熊輝一 土の香
蓮の葉や雷雨の中に飜り 浅井啼魚
蔑めり激しからざる雷などを 山田みづえ 木語
薔薇に雷ややありて虚を衝かれけり 下村槐太 天涯
虫喰の木佛尊し日雷 山本洋子
蚊雷やなかば時計の刻む音 森鴎外
蚤とんで失せぬ雷火に村打たれ 宇佐美魚目 秋収冬蔵
蛙跳び権現雷を駆りにけり 河北斜陽
蛭降つて大台山中雷火立つ 平川 尭
蛸壺に一喝くれて海の雷 高澤良一 暮津
蜻蛉生れ雷迫る野を漂へり 中井眸史
蜻蛉群れ雷後の堂を明るくす 下村ひろし 西陲集
蝶の羽のどつと流るゝ雷雨かな 茅舎
蟹が眼を立てて集る雷の下 西東三鬼
行水の雷臍を驚かす 行水 正岡子規
行水や雷雨を催さず 福田井村
袈裟がけに神等去出の雷海を裂く 石原八束 『黒凍みの道』
襖絵の風神雷神夏近し 藤井寿江子
西明るし市電ひたすら雷雨衝く 右城暮石 声と声
言葉尻濁せるごとく雷了る 高澤良一 寒暑
訪れて雷雨の中に話しけり 楠目橙黄子 橙圃
誕生日あかつきの雷顔の上に 西東三鬼
谷川の瀬音のこりて雷雨去る 緒方氷果
谿二つ雷火立ちては相照す 秋櫻子
豚舎より小豚飛び出す日雷 根岸善雄
買うてさて雷太鼓誰に遣らむ 林翔 和紙
赤ん坊の蹠あつし雷の下 楸邨
赤米を噛めば来たりぬ日雷 原裕 『王城句帖』
跨線橋行き雷神の尾を見たり 大橋敦子
軽雷すヌードモデルと茶を喫めば 岸田稚魚
軽雷に始まり奥鬼怒ぶりの雨 高澤良一 素抱
軽雷のあとの遅日をもてあます 水原秋桜子
軽雷のとりとめもなくポップコーン 高澤良一 寒暑
軽雷の豹変ぶりにあきれ顔 高澤良一 随笑
軽雷の飛び入りもあり雨名月 高澤良一 随笑
軽雷やきのふ過ぎゐし誕生日 岸風三樓
軽雷や星の来てゐし煙出し 加藤楸邨
軽雷や松を下りくる赤楝蛇 水原秋櫻子「残鐘」
軽雷や水のまわりに水が立つ 永末恵子 発色
軽雷をものともせざり峡燕 高澤良一 素抱
轟くといふには遠き日雷 伊藤政美「天の森」
迅雷に一瞬木々の真青なり 長谷川かな女 雨 月
迅雷の三連発や雨呼べる 高澤良一 寒暑
迅雷の身にしみし夜を父の夢 野澤節子 遠い橋
迅雷やおそろしきまで草静か 原石鼎
迅雷や竈あふるゝ焔澄み 高橋馬相 秋山越
迅雷や草にひれふす草刈女 西山泊雲 泊雲句集
送火やいかづちなほもひそむ嶺 大岳水一路
途中より雷のまじれる蓮の雨 藤崎久を
連れてきし闇の破れてはたたがみ 湯川河南
連結手激雷の地にひたと伏す 金丸鐵蕉 『動輪』
遊牧の民棒立ちに日雷 宇咲冬男
達磨からもひとつ達磨日雷 田中美沙
達磨忌にこは一喝の雷の音 蝶夢
遠い雷埠頭にころがる赤い缶 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
遠山にいかづち籠る稲の花 佐々木 咲
遠近の森ことごとく雷火刺す 石田あき子 見舞籠
遺句集の手応へ一夜雷渡る 鍵和田[ゆう]子 未来図
酢を嗜む雷干や宵の雨 塩原井月
重ねたる高野泊りを雷の上 赤松[ケイ]子
野の燕雷火を浴びて啼きにけり 佐野良太 樫
野の風や蟷螂生る雷神 島田五空
野良帽に黄色いリボン日雷 影島智子
金剛山雷ぐせのつきゐたり 大島雄作
金華山軽雷北に鵜飼了ふ 飯田蛇笏 春蘭
釣り上げし鯰に雷火にはかなり 松本 幹雄
鉄線花蔓撥ねて雷来つつあり 石田あき子 見舞籠
鉢植の藤は実重に雷遠し 久米正雄 返り花
錆斧を抱くと那覇の日雷 橋本榮治 麦生
鍬先に走る雷気を猶耕す 久米正雄 返り花
長閑すぎて虚雷きくなり山の湖 大須賀乙字
閃々と雷火泥濘の道に燃ゆ 相馬遷子 山国
阿夫利嶺の俄かなる雷杉植ゑる 中拓夫 愛鷹
隣家麦を炒る香をやめず雷遠し 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
雀翔ち雷雨終りにちかづけり 松村蒼石 雪
雑草は城の雑兵雷に 古舘曹人 砂の音
雨すでに過ぎたる雷さわやかに 中村汀女
雨のうへ雷もあり寅彦忌 高澤良一 寒暑
雨ほしくかみなりぐせの天にらむ 高井北杜
雨乞へば遠くに雷の音幽か 馬場隆子
雨激し雷に力を得し如く 高椋竜生
雨連れて湖上を渡るはたた神 猪俣千代子 堆 朱
雪加鳴き雷後匂へる牧草地 斎藤道子
雲が呑むウィーンの森雷火立つ 林翔 和紙
雲の峰雷を封じて聳えけり 夏目漱石 明治三十六年
雲龍桜幹を雷火に裂かれ咲く 川村紫陽
雷(いかづち)に出し抜かれたる急ぎ道 高澤良一 素抱
雷(いかづち)は会津の方よそれっきり 高澤良一 素抱
雷あとの吹きしむ風も水辺かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
雷いんで靄だつ月の杉襖(上州吾妻山中二句) 上村占魚 『天上の宴』
雷いんで音一つづつよみがへる 上村占魚 『石の犬』
雷うたば田に消えむ遠き田草取 小林康治 玄霜
雷うつ埠頭軽子歓喜の躍る形 小林康治 玄霜
雷おこしなつかし新茶澄みてあり 土方花酔
雷が加勢の子供相撲かな 片山由美子 風待月
雷が西瓜に入れし縞模様 高澤良一 素抱
雷こんこん死びとの如き男の手 鈴木しづ子
雷さへも交りし雨に旅衣 成瀬正とし 星月夜
雷すぎしことばしづかに薔薇を撰る 石田波郷
雷すぎしプラム酒の瓶すかし見む 石田あき子 見舞籠
雷つもりつもりつもりて哀しさよ 久保田万太郎 流寓抄
雷とても敗者の如し去るときは 蔦三郎
雷とどろその夜わが家白らみけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
雷とどろ睡蓮は閉ぢ終んぬる 臼田亞浪 定本亜浪句集
雷とほし頭を垂るゝ八重桜 前田普羅 飛騨紬
雷と猫相性悪き鞍馬かな 大木あまり 火のいろに
雷と雹その下にまだ蚕飼ふ 百合山羽公 寒雁
雷にい行くうしろを断たれけり 高澤良一 暮津
雷に切り刻まれをり鋸山 高澤良一 寒暑
雷に小家は焼かれて瓜の花 蕪村
雷に小屋は焼かれて瓜の花 蕪村
雷に小屋は焼れて瓜の花 蕪村
雷に小屋は燒れて瓜の花 蕪村 夏之部
雷に怯えて長き睫(まつげ)かな 日野草城(1901-56)
雷に怯えて長き睫かな 日野草城
雷に腹這ひの身を起したる 石嶌岳
雷に茄子も一つこけにけり 涼菟
雷に魂消て青し蕃椒 青唐辛 正岡子規
雷のあとかまきり生ればらばらに 増田かこ
雷のあとを淋しき踊哉 踊 正岡子規
雷のあと夕焼はげしき野の病舎 古賀まり子 洗 禮
雷のあと日影忘れて花葵 飯田蛇笏 山廬集
雷のあと氷室のなかにゐる如し 高澤良一 随笑
雷のあと竹冴えて祖の魂を待つ 鶏二
雷のあと蝌蚪騒然と声もなし 榎本冬一郎 眼光
雷のあと誰かのゐたるけはひあり 加藤楸邨
雷のごと大虻の過ぎにけり 上野泰 佐介
雷のごろつく中を行々し 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
雷のしたキヤベツ抱きて走り出す 石田波郷
雷のとどろとどろと蟻の変 下村槐太 天涯
雷のなかなか去らず泥鰌樽 鈴木真砂女 夕螢
雷の一夜破れし芭蕉かな 会津八一
雷の一太刀浴びぬ相模灘 高澤良一 寒暑
雷の上にもんどり打ちし猪ならめ 行方克己 昆虫記
雷の下キャベツ抱きて走り出す 石田波郷
雷の下キヤベツ抱きて走り出す 石田波郷「雨覆」
雷の下恃むべくして何掴む 斎藤空華 空華句集
雷の下暗く潮寄る磯辺かな 尾崎迷堂 孤輪
雷の下雪渓を馳せて膝ゆるむ 相馬遷子 山國
雷の余韻の下の京都かな 五十嵐播水 播水句集
雷の十歩に落つる夏野哉 夏野 正岡子規
雷の四、五頭走る冷奴 坪内稔典
雷の夜いきいきと古き家 大井雅人 龍岡村
雷の夜のひとつ足りない頭数 鈴木きぬ絵
雷の夜の乏しき本をいとしめり 細谷源二 砂金帯
雷の夜の黒やわらかくミシンの首 大井雅人 龍岡村
雷の夜をまろび臥しつゝ独りなり 杉山岳陽
雷の尻すぼまりに海の方 高澤良一 寒暑
雷の居坐る日々の鳳仙花 坪内稔典
雷の崖ぎすに火の刻水の刻 齋藤愼爾
雷の後用なき母に声かくる 麻生 和子
雷の晴れ倒れし酒旗に蚯蚓かな 飯田蛇笏 山廬集
雷の村を覆へりまたたくま 角光雄
雷の来るの来ぬのと麦を刈る 原裕 投影
雷の楔を入るゝ相模灘 高澤良一 暮津
雷の止みてなほ雨降り続く 吉野長慎
雷の殷殷として夏の山 会津八一
雷の踏みわたりたる天やはらか 正木ゆう子 静かな水
雷の転げ落ちたる方頭魚 久保美智子
雷の近づいて来し箒草 岸本尚毅 舜
雷の遠く去りたる唐黍をもぐ 横山丁々
雷の間をはつしはつしと藪拓く 加藤知世子 花寂び
雷の陣や柱の下の誰 松根東洋城「渋柿句集」
雷の雨ころがし漬のらつきよう甕 中戸川朝人 残心
雷の雨と競ひて凄じき 高野冨士子
雷の雲踏み越えて夏野かな 会津八一
雷の霏霏とこまかく地に砕け 橋本鶏二
雷の音のひと夜遠くをわたりをり 草田男
雷の音雲のなかにてとどろきをり殺生石にあゆみ近づく 太田水穂
雷の駆け回りゐる京の空 長谷川櫂 蓬莱
雷はげし男の子ぞ生ると告げ去りぬ 相馬遷子 山国
雷は太古の響き青若葉 柴田奈美
雷は好き稲妻は嫌ひなり 高木晴子 花 季
雷ひそか花活けてゐる女たち 飯田龍太「遅速」
雷ひとつひびきをはりし石の中 加藤楸邨
雷まろびゆく音の土に身をおく シヤツと雑草 栗林一石路
雷も涼みに出たり海の上 尾崎紅葉
雷やみし合歓の日南の旅人かな 飯田蛇笏「山廬集」
雷や四方の樹海の子雷 佐藤念腹
雷や国の鎮の幾柱 野村喜舟 小石川
雷や濡れ震ひ居る牧の馬 東洋城千句
雷や猫かへり来る草の宿 村上鬼城
雷や玻璃戸の中の大花瓶 高濱年尾 年尾句集
雷や白浪立ちて浦渡舟 楠目橙黄子 橙圃
雷や縁に相寄る瓜二つ 草城
雷や葛城雲に隠れずに 尾崎迷堂 孤輪
雷や蒼々として大玉菜 楠目橙黄子 橙圃
雷や赫と日のさす桐の花 石井露月
雷や酢を打つて飯切りをれば 茨木和生 丹生
雷わたる万年筆の太古の黒 守谷茂泰
雷をさそふ昼寝の鼾哉 昼寝 正岡子規
雷を呼ぶ神杉鉾を研ぎ揃へ 愛須真青
雷を怖づことにも派手な女かな 山田弘子 こぶし坂
雷一切世の音攫ひ去りし闇 林昌華
雷一喝御七夜荒れのまぎれなし 岩城未知
雷一鼓摘果の足を踏み替ふる 西本一都 景色
雷二つ聞きすてて茶事半ばかな 青野きみ
雷休む間を太き雨垂直に 高井北杜
雷俄か雀ら来食む詩人の卓 加藤耕子
雷光が触れプラチナの川走る 佐藤美恵子
雷光にいくたび浮かび蟇交む 小島健 木の実
雷光に妙義走らす嶺と(いは)(妙義山二句) 河野南畦 『硝子の船』
雷光に木像ガルーダ眼を剥いて 高澤良一 寒暑
雷光の緑釉も浴び夜のシャワー 野中 亮介
雷光の軒に母の香毛布の香 飯田龍太
雷光や大き蓮葉を破る雨 和田祥子
雷光や天地創造かくもありし 奥田智久
雷光や目鼻ひらきて死者生者 三谷昭 獣身
雷光や蘇鉄の重さむきだしに 河野多希女 こころの鷹
雷公のもぐら叩きに遭ふごとし 高澤良一 寒暑
雷公の所持品太鼓古ぼけて 高澤良一 鳩信
雷去つて四葩に日あり水荷ふ 西島麦南 人音
雷去らぬ山家よ酒徒の忌を修す 高井北杜
雷去りし夕日夏日となりて落つ 石橋辰之助 山暦
雷去りて丸太積む貨車現れし 茨木和生 木の國
雷去りて巌壁せまるお花畑 斎藤道子
雷去りぬ濡れて刃物の生臭く 鍵和田[ゆう]子 未来図
雷去りぬ雷のにほひの戸をひらく 篠田悌二郎
雷去るやひとごゑ高き塀のうち 桂信子 黄 瀬
雷又雷尾根の新樹を震はせて 高澤良一 素抱
雷声を納むと絣括りけり 黒田杏子 花下草上
雷夕立関東大気不安定 高澤良一 素抱
雷嫌ひなりし鏡花の日の雷雨 黒田桜の園
雷嫌ひ宗達の絵も祓ひけり 水原秋櫻子
雷嫌ひ第二の顎は脂肪にて 香西照雄 素心
雷嶮し消ぬべき灯うち仰ぎ 及川貞 夕焼
雷後の日森は秘蔵の緑厚く 相馬遷子 山河
雷怖し黙つてゐても笑つても 遠藤梧逸
雷打ちし一幹のあり施餓鬼寺 矢野芳湖
雷打ちて灯絶えてありぬ蛾の羽音 及川貞 夕焼
雷摶てば雷渾身にみごもりぬ 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
雷晴れて一樹の夕日蝉の声 蝉 正岡子規
雷晴れや日にのぞかるる椎の花 飯田蛇笏 山廬集
雷暴れし夜闇新鮮いねがたし 野澤節子 花 季
雷来つつ芥焚く火の起ち上る 馬場移公子
雷果てて現にかへる顔と顔 高澤良一 随笑
雷止んで太平簫ひく凉かな 炭 太祇 太祇句選
雷浴びて我が荒魂は渚に一つ 折笠美秋 君なら蝶に
雷涼し一間暮らしの夜は書屋 皆吉爽雨
雷激しふと真向ひの肖像画 栗林千津
雷激し己恃めと岩の相 岡田貞峰
雷激し施錠をかたく母子の家 高橋良子
雷激し旅急ぐは老い急ぐなり(ジュネーヴ) 殿村菟絲子 『牡丹』
雷激し浴後の髪を梳きをれば 館岡沙緻
雷火あとそれも露けし一茶の地 山内山彦
雷火ありたり宮を焼き楠を裂き 村松紅花
雷火とび喜雨の顔々かがやけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
雷火とふ激しきものにあこがるる 西川五郎
雷火にも逆立つ馬の黒たてがみ 桂信子 黄 瀬
雷火立ち海へ落ちゆく馬柵の先 大森三保子
雷火立つたまゆら蛇気のただよへり 千代田葛彦
雷火立つゴツホのタッチさながらに 川口 淀村
雷火立つ肩の怒れる駒ヶ岳 原 柯城
雷火飛び墓中にストラヴィンスキー 馬場駿吉
雷烈し地下食堂を出し人に 高浜年尾
雷神に腰を据ゑたる鬼瓦 羽鳥たま江
雷神の喝に高層ビル竦む 稲畑廣太郎
雷神の塚より翔つは残り鷺 角川源義
雷神の太刀先杉をばらりずん 高澤良一 ぱらりとせ
雷神の怒るにまかせ静かに居 小口白湖
雷神の深紅の破風や梅花御供 奥田可児
雷神の爪あと杉にあきらかに 下村梅子
雷神はしいらの額狙い撃ち 阿保恭子
雷神は白皙にして耳秀づ 相生垣瓜人
雷神をのぞめる僕や富士登山 飯田蛇笏 霊芝
雷神を四方に放ちて比古荒るゝ 野村泊月
雷神降るその圏族の雹が降る 小澤 實
雷落ちて八十年を顧る 後藤夜半 底紅
雷落ちて大雨晴れたる牡丹かな 清原枴童 枴童句集
雷落ちて手枕はづす僧のあり 藤原如水
雷落ちて火伏の神を焼きにけり 浅見まき子
雷落ちて火柱みせよ胸の上 石田波郷(1913-69)
雷落ちて火柱見せよ胸の上 石田波郷「病鴈」
雷落ちて青む夜駅に妻を待つ 佐藤鬼房 海溝
雷蔵の墓を袈裟切り鵙のこゑ 高澤良一 随笑
雷裂けて全山震ふ吉野杉 桂信子 遠い橋
雷走りやすき安土の瓜畑 山本洋子
雷走りパンの片側くらくせり 岡田史乃
雷走り彼の森までを雨に逢はず 杉山岳陽 晩婚
雷走るとき見合はされ言もなし 杉山岳陽 晩婚
雷走る検査結果の速達便 菊地嘉江(帆船)
雷走る葉煙草の野や父の故郷 鍵和田[ゆう]子 未来図
雷近き松亭々と館かな 大峯あきら 宇宙塵
雷近くなりし庇の楢大樹 龍胆 長谷川かな女
雷近くなるくらやみの鏡かな 鷲谷七菜子 花寂び
雷近く林相翳を深うしぬ 臼田亞浪 定本亜浪句集
雷近づきつつある石の姿なり(龍安寺四句) 岸田稚魚 『筍流し』
雷近づけて簗掛けの男たち 庄司圭吾
雷迫り来る刈草の香のたかく 根岸善雄
雷迫り相摶ち揺るる鳳凰花 千代田葛彦 旅人木
雷逃ぐる悉く青ねこじやらし 清水径子
雷連れて白河越ゆる女かな 鍵和田釉子
雷連れて硯買へざる夫帰る 加藤知世子 花寂び
雷過ぎし一角碧し青胡桃 宮坂静生 雹
雷過ぎし眼下の疎林刃こぼれす 丸山嵐人
雷過ぎし蕊なほふるふ水芭蕉 渡邊千枝子
雷過ぎてポストの口はあたたかし 川崎展宏
雷過ぎて信濃迎へ火すぐ焔だつ 加藤知世子 花寂び
雷過ぎの虹いつまでも飛騨境 宮坂静生 春の鹿
雷遠き戸々の簾に西日かな 清原枴童 枴童句集
雷遠くなり鶏犬の声おこる 臼田亞浪 定本亜浪句集
雷遠くほころびを縫ひゐたりけり 鈴木真砂女 生簀籠
雷遠く雲照る樺に葛さけり 飯田蛇笏 春蘭
雷遠く青唐辛子あぶりけり 内藤吐天 鳴海抄
雷遠しまだまだ咲かぬ花にふれ 金田咲子 全身 以後
雷遠し大和の辻の土けむり 藤田湘子 てんてん
雷遠し氷片指をすべり落つ 柴田白葉女 遠い橋
雷遠し磔像へわれ一歩づつ 古賀まり子 緑の野以後
雷遠し聖堂に脱ぐ旅の靴 古賀まり子「源流」
雷遠し髪解きて夜は女の身 平間真木子「洙」
雷除けの札受く四万六千日 須賀允子
雷雨あと鍬切れのよく土起す 林火
雷雨あと馬鈴薯露呈臍も二三 香西照雄 素心
雷雨くる兆し異境の沓の音 対馬康子 愛国
雷雨すぎ正座の客に杉の箸 桂信子 黄 瀬
雷雨です。以上、西陣からでした 中原幸子
雷雨やむ月に杣家のかけろ鳴く 飯田蛇笏 霊芝
雷雨やむ鼻のつめたき幼児抱く 松村蒼石 春霰
雷雨中別なる降りになる音す 右城暮石 声と声
雷雨中駈けて林間学舎の子 中原一樹
雷雨去つて月夜となりし銀河かな 高橋馬相 秋山越
雷雨去りあさがほ蔓が太息す 松村蒼石
雷雨去り別の夕暮来たりけり 滝青佳
雷雨去り少女スターの写真見る 坪内稔典
雷雨待つ船みな錨投げにけり 水原秋桜子
雷雨後の森を駈けぬけボート乗りに 中山純子 茜
雷雨後の風通りゐる麻衣 森澄雄
雷雨日々じやがいも畑花ざかり 瀧春一
雷雨来ていきいきしたる女かな 山田弘子 懐
雷雨過ぎし校庭電車の灯がひろがる 桜井博道 海上
雷雲と待人どちら先に着く 山田弘子 螢川
雷雲にいざなはれゐる風の葦 松村蒼石 雁
雷雲に波郷を急かせ案じつゝ 杉山岳陽 晩婚
雷雲のたむろせる嶺を主座となす 篠原梵 雨
雷雲のひろごりしのみ立葵 大橋櫻坡子 雨月
雷雲の上げし拳の下のわれ 久米正雄 返り花
雷雲の上に臥しなほ撃ちあへり 片山桃史 北方兵團
雷雲の日にまみれ咲く浅むらさき 阿部みどり女
雷雲の立ちのたしかさ悲報来 小林康治 四季貧窮
雷雲の間に残光の空しばし 中村草田男
雷雲は四海より急山肌錆び 古舘曹人 能登の蛙
雷雲やシャツを括りし大漁旗 関口祥子
雷雲や少年立志の日もありし 角川源義 『口ダンの首』
雷雲や翳るにはやきお花畠 岡本まち子
雷雲や赤ん坊の髪ほうほうと 蓬田紀枝子
雷雲や轟々変る海の紺 加藤知世子 花寂び
雷雲をひたして湖心明かるみぬ 内田百間
雷雲を待つや野茨のしづけさは 林火
雷雲を生み山なみの力瘤 平井さち子 鷹日和
雷雲を裾に退け青妙義 関森勝夫
雷雲を野に学生のオーケストラ 津田清子 礼 拝
雷雲下国境山脈惨と伏す 相馬遷子
雷雲下國境山脈惨と伏す 相馬遷子 雪嶺
雷雲車窓の吾を明るくしこの午後果つ 金子兜太 少年/生長
雷電と血の兵が這ひゐたる壕 片山桃史 北方兵團
雷電のふとせしところ昴あり 篠原梵 雨
雷電の線にからまり黄泉を呼ぶ 和田悟朗 法隆寺伝承
雷音の転がり廻る青盆地 右城暮石 上下
雷颪す光芒とんで野川かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
雷駈ける風のあほちの敗荷かな 佐野良太 樫
雷鳴が渡りさびしき肋せり 林田紀音夫
雷鳴つて大峰山の戸開式 山田春生
雷鳴つて御蚕の眠りは始まれり 普羅
雷鳴つて碧きモーゼの五月の瞳 平井照敏 天上大風
雷鳴つて蚕の眠りは始まれり 前田普羅 飛騨紬
雷鳴にふと俤の重なりし 星野椿
雷鳴に尻照らされて隼人瓜 豊口陽子
雷鳴に尻照らされ隼人瓜 豊口陽子
雷鳴に怯えそれより茸は出ず 西山泊雲 泊雲
雷鳴に湯引きし魚の背きけり 今関幸代
雷鳴に火焔いよいよ青不動 狹川青史
雷鳴に耐ゆ城壁に手をあてて 古舘曹人 砂の音
雷鳴のたび青佐渡を濃くしたり 本宮哲郎
雷鳴のプールに誰か抜手きる 寺田京子
雷鳴の一夜のあとの紅蜀葵 井上雪
雷鳴の中の再会なりしかな 山田弘子 こぶし坂
雷鳴の吹き割りし木も花ざかり 宇佐美魚目 天地存問
雷鳴の擬音江戸村忍者劇 倉橋羊村
雷鳴の真只中で愛しあふ 仙田洋子(1962-)
雷鳴の間遠になればまたにくむ 仙田洋子 橋のあなたに
雷鳴やはらりと活けし縞芒 野澤節子 黄 炎
雷鳴やサティゐるうちに眠るべし 仙田洋子 橋のあなたに
雷鳴やダンテの家は路地の奥 有馬朗人 知命
雷鳴や同ずる一鴉あらずして 相生垣瓜人 明治草抄
雷鳴や少年の背の垂直に 原コウ子
雷鳴や山川草木宙より来 和田悟朗 法隆寺伝承
雷鳴や授業いつきに目覚めたる 宮口 征子
雷鳴や病んで白蛾のかげを忌む 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
雷鳴や脳病院に容赦なく 森田智子
雷鳴や駿河を攻むる甲斐の雲 いのうえかつこ
雷鳴りて大岳の神を送りけり 藤原たかを
雷鳴を二度とは聞かず祈り終ふ 長田等
雷鳴を柩の上にしてすすむ 丘本風彦
雷鴫足を取られる山仕事 篠田悦子
雹止みて天上雷を残しけり 大川千里
電話鳴るや雷雨過ぎたる窓の空 碧雲居句集 大谷碧雲居
露伴忌のいやにしづかな日雷 高澤良一 素抱
青々と持ちて雷や露の菊 河野静雲 閻魔
青柿やかみなり親爺の齢になり 高澤良一 素抱
青蘆の根のゆるみなき日雷 岡本眸
非のうちどころ無き雷を迎へたり 東野鷹志(陸)
韋駄天の日雷ゐて妙義聳つ 中戸川朝人「星辰」
韋駄天の雷に怯ゆる牧の牛 熊田鹿石
音といふ継子を連れて雷は 丸山嵐人
音もなき苺をつぶす雷の下 石田波郷「鶴の眼」
頂相のいかづちあたま畦火立つ 宮坂静生 春の鹿
頭を振りて竹はよろこぶ朝の雷 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
風癖のつきし畦草はたた神 平子 公一
風神も雷神も来よ宗達忌 本岡歌子
風神も雷神も連れ神等去る 黒谷星音
風神雷神筋肉の裂けて黴 大石雄鬼
飛騨山を雷轟きに指させる 鈴鹿野風呂 浜木綿
飛鳥仏に雷禍の記憶ありつべし 大橋敦子(雨月)
食積や屋根の隙行く昼の雷 角川源義
餓鬼岳は雷神の座や見えずとも 小澤實「瞬間」
馬陵城趾雷後日照のお繰り出し 阿部みどり女
駆けつけて雷火匂はす農俳人 近藤一鴻
驟雨避く寺に風神雷神図 榊原惇子
高千穂の斜への菜畑雷稚き 宮武寒々 朱卓
髪あかき女医に診られぬ日雷 大竹多可志
髪刈りし父とその子に雷ひびく 鷹女
鬼城の忌朝より雷の鳴りやまず 飛高隆夫
鬼無里村雷雲みだれ雹とべり 新井英子
鮎鮨やひとたび去りし雷戻り 石田あき子 見舞籠
鮑は身を皿に伸しゐて雷くるか 吉田ひで女
鯉の頭の盛りあがりたる日雷 鈴木鷹夫 春の門
鯉青き山陰の沼雷の峯 大井雅人 龍岡村
鰻田の端の泡立ち日雷 鈴木鷹夫 渚通り
鱧皮や夕餉半ばに雷迫り 村上光子
鳴り物のひとつ雷雲隠し持つ 中原道夫
鳴神の舞台も街も雷雨して 片岡我当
鵜の岩を鵜のはなれつぎ雷きざす 金尾梅の門
鷺翔けて雷遠ざかる翠微かな 飯田蛇笏 霊芝
麓人先生雷除をはや享けし 石田あき子 見舞籠
黎明の雷鳴りしづむ五百重山 飯田蛇笏 霊芝
黒人の濡れて歩める雷雨かな 林徹「群青」
黒塚の老杉雷を呼ぶごとし 石原八束
黒姫に雷ゐてささげ摘む在所 大峯あきら 鳥道
鼻濁音かみなりしぎと擦れちがう 山中葛子
鼾声雷ノ如シ蚊にくはれ居る酔倒れ 蚊 正岡子規

以上
by 575fudemakase | 2016-08-22 19:15 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26129803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング