雷 の俳句

雷 の俳句

雷 その1 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26129795/

雷 その2 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26129803/


雷 補遺

あり地獄雷のとどろき近くなる 加藤秋邨
いかづちにさびしき昼寝覚めにけり 野見山朱鳥 愁絶
いかづちに少しの雨や西鵯忌 森澄雄
いかづちに松籟どつと乱れ落つ 川端茅舎
いかづちのはじめ親しげ伊豆泊り 鷹羽狩行
いかづちの下に沼刈衆昼寝 高野素十
いかづちの夜空を離らぬキャムプかな 山口誓子
いかづちの天に近づきつつ病めり 野見山朱鳥 幻日
いかづちの我が恋遠き藍浴衣 角川源義
いかづちの炎のいつくしき夜なりけり 小林康治 四季貧窮
いきいきと明日が来るなり夜の雷 藤田湘子 途上
うす雲の雷さへぎりて舞ひにけり 飯田蛇笏 春蘭
うつくしき眼と会ふ次の雷待つ間 西東三鬼
お産せし猫の驚く小雷 高田風人子
かきくもり雷鳴雹をたたきつけぬ 長谷川素逝 砲車
かげりなき月に雷火のあとしるき 上村占魚
かすかな雷雑魚寝たのしむ女生徒に 佐藤鬼房
かまきりの玻璃戸をのぼり雷うかがふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
かみなりの墓場もあらん見にゆかん 金子兜太
からまつのうつる泉に雷匂ふ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
きりぎりす雷後時経て声すめる 水原秋櫻子 蘆雁以後
こんなに小鳥が知らせに来るよ雷来るぞ 金子兜太
ごろごろと火嚢の中雷走る 上野泰 佐介
ずくずくに濡れ參じたり雷踏んで 石塚友二 光塵
だらだら梅雨とどめさす雷起りけり 能村登四郎
はしれ雷声はりあげて露語おしう 古沢太穂 三十代
はたた神「陰鬼」を撃ちて余すなし 相生垣瓜人 微茫集
はたた神むつかるにてもあるならむ 相生垣瓜人 明治草
はたた神七浦かけて響みけり 日野草城
はたた神今宵の月を玩ぶ 相生垣瓜人 明治草抄
はたた神咲きたる花を踏み越えし 相生垣瓜人 負暄
はたた神夜半の大山現れたまふ 阿波野青畝
はるかより雷霆脚を垂れて来る 山口青邨
ぱりぱりと雷蹼が生え出さう 佐藤鬼房
ひとそばえ微涼あらたに小いかづち 飯田蛇笏 春蘭
ひとそばへ微涼あらたに小いかづち 飯田蛇笏 心像
ふたたびは聞く心もてはたたがみ 稲畑汀子
まつすぐの雷火の柱揺れにけり 阿波野青畝
みづうみに雷気のわたる花藻かな 飯田龍太
みどり児を尻から抱いて日雷 能村登四郎
みどり翳す灯の下に読めば遠き雷 加藤秋邨
むきだしの岩になりたや雷雨浴び 佐藤鬼房
やや離る雷あなどりて夕仕度 岡本眸
よべ雷火浴びたる焼岳の赤く聳つ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
わが大き耳羽摶つがに夜の雷 藤田湘子 てんてん
わが箴言いぶせく暗く雷鳴す 佐藤鬼房
わが路次の小さき表札を雷わたる 三橋敏雄
ガラス器の罅またはしる日雷 能村登四郎
ガラス戸をしめても雷火たばしりて 阿波野青畝
グリンデルワルドの雷の大きかり 雨滴集 星野麥丘人
コンクリが固める湖岸黒い雷 飴山實 おりいぶ
テイータイム茶をのみに行く雷の下 石田波郷
ドラク口ア展京に来しとき雷至る 阿波野青畝
フリードリヒ・ニイチエのごとき雷雨かな 平井照敏
ブルドーザ山押し拓き雷気満つ 佐藤鬼房
プールの夜箱根足柄雷わたる 山口誓子
ミユンヘンの雷なつかしきものと聞く 稲畑汀子
一夜中一日中の阿蘇の雷 高野素十
一夜吹き荒れし雷雨もわが旅路 稲畑汀子
一山に警策くだる大雷雨 富安風生
一憂あり一雷雨あり我鬼忌の夜 村山故郷
一方に月さしかゝる雷雨かな 原石鼎 花影
一閃の雷火のなかに青胡桃 阿波野青畝
一雷のあとの雨音弔歌とも 林翔
一雷後おもふ日本の創深し 岸田稚魚 負け犬
一雷後の湿り香革命親しきごと 香西照雄 対話
一雷火仙石原に氾濫す 阿波野青畝
一雷雲せんなや充ちて充ちて充ちる 中村草田男
万博に鬼の夕立雷鎮む 平畑静塔
万緑や雷来て吃る御柱 角川源義
下駄はきて星を探しに雷後雨後 西東三鬼
丑三つの闇のやさしき雷のあと 飯田龍太
丘の校舎に雷落つ無傷の吾と海鳥 金子兜太
二三片烏雷雨にうたれ飛び 川端茅舎
井戸蓋に雷干や入峯村 岡井省二 鹿野
人うとき温泉宿にあらぶ雷雨かな 飯田蛇笏 山廬集
人形の熊野はなほ舞ふ雷のあと 山口青邨
人形の関役人に日かみなり 百合山羽公 樂土
人愚なり雷を恐れて蚊帳に伏す 正岡子規 蚊帳
今年竹弓のごときを雷雨打つ 細見綾子 存問
伊豆の夜を遠わたる雷妻癒えよ 金子兜太
低き雷主の血は血として若かりし 中村草田男
何故か帰る雷が時々照らす道 西東三鬼
例幣使街道かみなりに扈従され 平畑静塔
供華となす野草浸けあり夜の雷 岡本眸
停車場に雷を怖るゝ夜の人 河東碧梧桐
働きし汗の胸板雷にさらす 西東三鬼
兄ぶりの孫耳さとき小雷 及川貞 夕焼
光り鳴る雷わが家の真上にて 右城暮石 句集外 昭和四十六年
八月を里に出てくる山の雷 伊藤白潮
八雲立つ出雲は雷のおびただし 角川源義
初朝日雷電の名の神ありて 平畑静塔
初蛙聞きし宵大雷雨あり 村山故郷
初蝉や松を愛して雷死にし 西東三鬼
利根川と荒川の間雷遊ぶ 金子兜太
勤め路の軽雷轟と別れ去る 三橋敏雄
化粧すや雷はためくを一瞥して 山田みづえ 忘
北山の雷を封ぜよ御坊達 村上鬼城
北杜夫読む少年に雷近し 藤田湘子
北西を雷わたる眠らんか 金子兜太
半生に卯き母の聲けふの雷 三橋敏雄
半眼に牛は目ひらき雷の下 加藤秋邨
南国の雷鳴もまた弔ふか 鷹羽狩行
南谷へと雷炸裂の杉立てり 能村登四郎
卵すすり狂女笑へり雷遠し 角川源義
参籠の一日目より雷神 後藤比奈夫
向日葵の八方に雷たばしれり 石田波郷
向日葵や雷後渦ゆく神田川 水原秋櫻子 残鐘
吹浦の闇の匂へる激雷雨 佐藤鬼房
吹落す樫の古葉の雷雨かな 村上鬼城
吾が住める山塊雷の楔うつ 山口誓子
吾に遠く妻運ばるる雷の下 草間時彦 中年
味考えては男の厨梅雨の雷 古沢太穂 捲かるる鴎以後
唄きれぎれ裸の雲を雷照らす 西東三鬼
唐黍のみどり鮮し雷見舞 石田波郷
唐黍の雷気も絶えず太りけり 百合山羽公 樂土
喜雨亭に雷まばたくを仰ぎけり 山田みづえ 手甲
喜雨亭忌東の雷の忘れざる 百合山羽公 樂土以後
土間いちめん雷雨負ひきし桑ひろぐ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
坑口を出づるや否や雷唸る 阿波野青畝
城楼の風鐸に雷応へをり 上田五千石 天路
埓あらぬ牧草地帯雷雨くる 上田五千石『天路』補遺
塞外の大厦に泊す夜の雷 上田五千石 天路
塩ひさぐ婆の地べたに日雷 石橋秀野
塩壺の塩かきおとす遠き雷 岡本眸
塩田の黒砂光(て)らし音なき雷 西東三鬼
墨色の金うかべたり日雷 石田波郷
夏の果ての雷ひゞく砂上かな 鈴木真砂女 卯浪
夏めくや霽れ雷のひとつぎり 飯田蛇笏 山廬集
夏を惜しみ雷神空を駈けめぐる 林翔
夏旅や温泉山出てきく日雷 飯田蛇笏 山廬集
夏族や温泉山出てきく日雷 飯田蛇笏 霊芝
夏逝くや記憶に残る雷もなし 相馬遷子 山国
夕かっと映え雷雨前彼我黙り 伊丹三樹彦
夕ベ子を怒らせをれば雷雨来ぬ 三橋鷹女
夕刊の束投ぐ雷雨熄みし駅 右城暮石 上下
夕立あと未練呟く雷もあり 林翔
夜々の雷朝毎の靄黍そだつ 水原秋櫻子 餘生
夜の雲のみづ~しさや雷のあと 原石鼎 花影
夜の雷身辺に師の封書おく 桂信子 女身
夜の雷雨朝も降りつぐ月見草 水原秋櫻子 残鐘
夜の雷雨沼なす道に立ち憩ふ 相馬遷子 山国
夜の雷雨砲車に光りては消ゆる 長谷川素逝 砲車
夜の雷雨終焉黒部の水増さん 福田蓼汀 秋風挽歌
夜半の雷いのち賭けし句なほ選ぶ 大野林火 白幡南町 昭和三十年
大學はあり一村の雷に 古舘曹人 砂の音
大津絵の鬼の呟き遠き雷 林翔
大西瓜他郷の雷に鳴られをり 加藤秋邨
大雷雨ばり~芭蕉八つ裂きに 川端茅舎
大雷雨ひとりの蚊帳のなまぐさし 石塚友二 方寸虚実
大雷雨ぺんぺん草は立ち向ふ 藤田湘子 てんてん
大雷雨ラムネ飲みいるわれは男 赤尾兜子 歳華集
大雷雨去りよみがへる駅の時計 右城暮石 声と声
大雷雨悠然とゆく一人ありぬ 臼田亜郎 定本亜浪句集
大雷雨沛然と事忘れたり 岸田稚魚 紅葉山
大雷雨産屋の樹々を日々洗ひ 野見山朱鳥 曼珠沙華
大雷雨真夜に秋来るおもひかな 及川貞 夕焼
大雷雨芭蕉舷々相摩して 野見山朱鳥 曼珠沙華
大雷雨鬱王と会うあさの夢 赤尾兜子 歳華集
天上はかみなりぐせやきりぎりす 三橋鷹女
天雷よ来れ車雷に厭きにけり 相生垣瓜人 明治草
天駆けるものいかづちもわが胸も 野見山朱鳥 運命
天騒ぎ摩利支天岳に雷おこる 水原秋櫻子 秋苑
太古の空に爆ぜし雷火がやつて来た 金子兜太
奥山や雷雲いでて日のあたる 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
奥駈の行の最初に雷雨浴ぶ 津田清子
如露一つ傾け去りぬ雷神 石塚友二 磊[カイ]集
妹と寝て初かみなりに覚めにけり 日野草城
姫神の中腹に雷こもるらし 佐藤鬼房
媾曳に天の雷火の下急ぐ 野見山朱鳥 曼珠沙華
子雷太鼓しめらせはぐれたる 平畑静塔
孑孑の浮いて晴れたる雷雨かな 村上鬼城
客若し秋意ひらめく多摩の雷 水原秋櫻子 帰心
密葬や雷贈られて夜の崖 秋元不死男
富士裾野雷神落ちし火の柱 山口誓子
寒明けぬ一軽雷も聞かずして 相生垣瓜人 明治草
寝台の我をつんざく雷鼓かな 阿波野青畝
寝衣闇に着替へんと次の雷光待つ 伊丹三樹彦
寡婦の前一撃岩割る日雷 中村草田男
小湾の空路となりて雷頻り 上田五千石『田園』補遺
屋上の高き女体に雷光る 西東三鬼
山の湖にひびかひ雷のころがり来 高浜年尾
山の萩一斉に赤し雷わたる 三橋鷹女
山の雷わが墓に来てうちくだけ 西東三鬼
山一つ向ふの雷や明易き 村山故郷
山刀伐峠を越え来し夜の雷雨かな
山削る裸の唄に雷加はる 西東三鬼
山国の雷雨にはてし祭かな 松崎鉄之介
山家より雲たちのぼり雷はれぬ 水原秋櫻子 磐梯
山寺は 雷ねんごろに 沙羅の花 伊丹三樹彦
山揚にかみなりは須佐之男の声 平畑静塔
山桑に朝の雷雨が一束 佐藤鬼房
山祗の灯もまたたきて大雷雨 富安風生
山羊は角挙げ藻岩山上雷火立つ 林翔 和紙
山谷の忽ちひびく雷雨かな 日野草城
山距てゐし雷音の近づけり 右城暮石 天水
山門を入り雷鳴の濃紫陽花 廣瀬直人
山雷や毛野の青野に人も見えず 臼田亜郎 定本亜浪句集
岩藤や降らで過ぎにし山の雷 森澄雄
嶺かけて雷の礼砲降車口 鷹羽狩行
川蟹の踏まれて赤し雷さかる 角川源義
巣ごもりに雷おそれをり岩燕 水原秋櫻子 緑雲
左右の嶺のわが真上鳴る峡の雷 中村草田男
已みがたく雷の空飛ぶ白鷺よ 津田清子
帰らん哉夫よ南山を雷めぐるぞ 金子兜太
帽の露振つて雷雨の蒙古人 加藤秋邨
年甲斐もなき雷怖ぢや古男 日野草城
店番やならひの如く来る雷雨 及川貞 榧の實
庭の松小さし雷呼ぶこともあらじ 山口青邨
庭石に梅雨明けの雷ひゞきけり 桂信子 月光抄
建築主雷を頭上に工場建つ 細谷源二 鐵
復員の姿に雷雨衝き来る 山口青邨
忠魂碑の囲いは砲弾 日雷 伊丹三樹彦
快楽ともいま十呼吸一雷火 藤田湘子 てんてん
愛憎に夜青き雷閃一閃 伊丹三樹彦
愛痛きまで雷鳴の蒼樹なり 佐藤鬼房
戦争終りただ雷鳴の日なりけり 中村草田男
指切りて鮮血に雷雨沛然たり 松崎鉄之介
挿木つく芽のさみどりに雷嵐 右城暮石 句集外 昭和十五年
撫子に雷ふるふ小庭かな 正岡子規 撫子
撫肩の岩の据れる雷田 佐藤鬼房
敷網の上に一閃の雷火かな 清崎敏郎
旅人をおどろかす雷起りけり 山口青邨
日輪も転ぶ浅間の雷雨かな 中村草田男
日雷うしろめたさの門を出る 波多野爽波
日雷かろがろと石摶つたりけり 岸田稚魚 筍流し
日雷かろんぜられしぼんのくぼ 小林康治 四季貧窮
日雷泥鰌の夢を覚しけり 鈴木真砂女 居待月
日雷泥鰌の夢を覚ましけり 鈴木真砂女
日雷皮膚蒸しつづけ製茶工 飴山實 おりいぶ
昇降機しづかに雷の夜を昇る 西東三鬼
昨夜の雷一掃したる山日和 稲畑汀子
昼の雷夜の雷水巴忌なりけり 石田波郷
智照尼のうす墨ごろも雷涼し 阿波野青畝
暁の雷雨を蝉が鳴きとほす 右城暮石 句集外 昭和二十三年
暁の雷鳴二つ走り梅雨 右城暮石 句集外 昭和五十六年
暑き日やだしぬけことの火雷 村上鬼城
暑くるしく乱れ心地や雷を聴く 正岡子規 暑
月さして鳴き澄む蝉や雷のあと 水原秋櫻子 霜林
朝の雷昼の雷あり旅つづけ 高浜年尾
朝の雷老年工のゆく上に 西東三鬼
木の無花果食ふや天雷遠き間に 西東三鬼
本伏せし仰臥の臍に日雷 森澄雄
札所寺雷伴ひし走り梅雨(徳島) 細見綾子
来んとする雷雲を呼び誕生日 中村草田男
東京の雷ぐせに滞在す 稲畑汀子
板絵涼しそは風神か雷神か 上村占魚
枯松に雷雨けろりと去りし天 右城暮石 句集外 昭和三十三年
桑の実や奥多摩日々に小雷 飯田蛇笏 春蘭
梅雨あけの雷ぞときけり喪の妻は 石田波郷
梅雨の雷いま脳天を渡りくる 石川桂郎 四温
梅雨の雷ずしんとひとつ寺廊下 石田勝彦 百千
梅雨の雷ドア音なくしてひらく 加藤秋邨
梅雨の雷二つころげて宿に着く 稲畑汀子
梅雨の雷何か忘れゐし胸さわぐ 加藤秋邨
梅雨の雷去りてつめたき櫛をとる 鷲谷七菜子 黄炎
梅雨の雷姿くづせるままいつまで 岸田稚魚 負け犬
梅雨の雷子にタン壺をあてがはれ 石橋秀野
梅雨の雷想ひも遠くまろぶもの 林翔
梅雨の雷沖かけて埠頭荘厳す 小林康治 玄霜
梅雨の雷瓦落と来て後つゞくなし 石塚友二 光塵
梅雨の雷砲車の断目つひになし 加藤秋邨
梅雨の雷黒眼鏡のみ嗤いこけ 赤尾兜子 蛇
梅雨の雷黴くさき廊うちひびき 加藤秋邨
梅雨空に罅はしらせて雷一つ 相馬遷子 山河
棉シャツの着心地に居り遠き雷 岡本眸
棗より合歓あはれなり大雷雨 石田波郷
棟ゆがみ雷除けの鎌ぞひかりたる 水原秋櫻子 古鏡
棟梁や大臍もちて雷嫌ひ 日野草城
樫叢の繁に雷雲押し通る 右城暮石 句集外 昭和十七年
死ねと撃つ雷を喜び貯炭どち 小林康治 玄霜
残されし心は去らず梅雨の雷 稲畑汀子
水縄に雷ちかみつゝ糸とんぼ 飴山實
水繩に雷ちかみつゝ糸とんぼ 飴山實 辛酉小雪
水袋提げ山上の雷にあふ 佐藤鬼房
沈みゆく炭田地帯雷わたる 西東三鬼
河童忌の雷あそぶ夜空かな 村山故郷
泥炭の激しき流れ遠き雷 西東三鬼
洋皿に銀匙鳴りては雷起る 上田五千石『田園』補遺
洞然と雷聞きて未だ生きて 川端茅舎
浅間が叱し遠山応ふ日雷 中村草田男
浅間のみ雷雲中に呶々しつつ 中村草田男
海の上の雷音すでに月夜かな 村山故郷
海蝕の貝塚なりや激雷雨 佐藤鬼房
涼突風雷雲に白き雲生る 右城暮石 句集外 昭和十七年
深山寺雲井の月に雷過ぎぬ 飯田蛇笏 霊芝
湖の雷の尚殷々と 高野素十
湖を雷打つ午後の誕生日 有馬朗人 母国拾遺
湖畔亭にヘヤピンこぼれ雷匂ふ 西東三鬼
源氏よむ燭またたけり梅雨の雷 鷲谷七菜子 黄炎
激雷に剃りて女の頸つめたし 石川桂郎 含羞
激雷のあとや柱を噛む鼠 山口誓子
激雷のその後青し北の海 中村汀女
激雷の冷ますゆとうや傾けては 石川桂郎 高蘆
激雷の座にたへずペンを擱きて立つ 山口青邨
激雷の戦ふ国土なきまでに 山口誓子
激雷や北欧の海色失し 中村汀女
激雷を知らず目覚めし出雲寄り 赤尾兜子 玄玄
瀬音消えたちまち至る雷雨かな 稲畑汀子
火炎樹や留守の都の雷騒ぎ 角川源義
点滴の顔の一つや雷遠し 岸田稚魚 紅葉山
無雑なる雷鳴なれや聞くべかり 相生垣瓜人 明治草
煙突の煙現はれ雷雨去る 右城暮石 上下
煤の沖梅雨緑なる雷火立つ 小林康治 玄霜
燕の子眠し食ひたし雷起る 西東三鬼
犬が鎖曳きずる音し雷雨止む 右城暮石 虻峠
独奏や雷雨を厚き壁に絶ち 津田清子 礼拝
猫まじり悲鳴まじりの雷雨かな 平井照敏 猫町
玻璃窓の中の灯影雷雨かな 日野草城
琉璃に飛び来る油虫雷雨激し 右城暮石 句集外 昭和三十五年
瓜番が雷死の葬青とかげ 日野草城
畦塗るや軽雷耳にこゝろよく 西島麦南 人音
疲れ寝の妻の白脛雷火立つ 佐藤鬼房
病む妻の寝嵩恋ひをり雷恋ひをり 小林康治 玄霜
痕れ寝の妻の白脛雷火立つ 佐藤鬼房
発電所雷雨の中に灯れり 清崎敏郎
白日のいかづち近くなりにけり 川端茅舎
白砂に別雷(わけいかづち)の実梅かな 波多野爽波
白鳩に光をさまり雷近づく 中村草田男
百合うつり雷とどろけり熱帯魚 石田波郷
盆供流るる雷鳴の多摩河原 飯田龍太
相模野に月おきて雷さかりゆく 角川源義
真っ先に尾長孔雀の雷雨避く 右城暮石 上下
真夜の雷傲然とわれ書を去らず 加藤秋邨
真夜の雷吾子と坐りゐて聴きにける 加藤秋邨
睡る子の手足ひらきて雷の風 飯田龍太
睡蓮にぴりぴり雷の駆りけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
石の蟇雷雨に摶たれひかりだす 赤尾兜子 歳華集
碌山のひれ臥す像に日雷 松崎鉄之介
磐座に 建柱一本 日雷 伊丹三樹彦
神仏の島雷鳴を神鎮む 右城暮石 句集外 昭和四十五年
秋の田の大和を雷の鳴りわたる 下村槐太 天涯
秋雲をころがる音や小いかづち 飯田蛇笏 山廬集
稿の前雷打つて夜が湿りゆく 森澄雄
穂高岳雷雲の上に巖そびゆ 水原秋櫻子 秋苑
空(くう)掴む神将の手ぞ 日雷 伊丹三樹彦
空揚げの虎魚をめでよ雷のあと 水原秋櫻子 蘆雁以後
空腹に梅雨のかみなりひびくなり 日野草城
空蝉にしばらくありし雷神 齋藤玄 飛雪
空蝉に呆け雷とどきけり 下村槐太 光背
空雷くびれて胃を病む忍者ども 赤尾兜子 虚像
窓に雷光折れ黒人の血濃き女 三橋敏雄




竹動くこと一心に雷間近か 右城暮石 句集外 昭和十七年
竹落葉一トよせにせよ雷雨過ぐ 右城暮石 句集外 昭和十七年
箱庭にはげしき雷雨人馬消ゆ 山口青邨
簑蟲は孤獨で遠ざかりゆく雷 富澤赤黄男
粛殺に轟く雷が加はれり 相生垣瓜人 明治草
紅蓮白蓮咲き立つ雷雨の後の息 赤尾兜子 歳華集
紙のごと蹠かはく日雷 能村登四郎
紙芝居の柝や梅雨の雷二つ三つ 石橋秀野
紫の紐のごとくに雷火かな 阿波野青畝
羅針盤しづけし雷火たばしるに 橋本多佳子
美き人や雷おほどかに古風なる 中村草田男
美き雲にいかづちのゐるキャムプかな 山口誓子
美しくかみなりひびく草葉かな 永田耕衣
耳熱き女となりて雷ころがる 平井照敏 猫町
胡麻の花散らして雨も雷も去る 右城暮石 句集外 昭和十七年
脅迫とせずして雷を聞きにけり 相生垣瓜人 負暄
腑抜け寝に夜の雷わたる死ねとこそ 小林康治 玄霜
腿高きグレコは女白き雷 三橋敏雄
興るとき紺天冒す一雷雲 野澤節子 未明音
舟中に雷を怖れぬ女かな 尾崎放哉 大学時代
艮(うしとら)に怺へこらへて雷雨の木 佐藤鬼房
芙蓉咲くかみなりさまとお別れだ 金子兜太
花火百雷天も正気の天ならず 百合山羽公 寒雁
花菖蒲紫消ぬる雷雨かな 山口青邨
芽木林たまたま雷の雲垂りつ 臼田亜郎 定本亜浪句集
茶をたてるひたすらなりしはたたがみ 小林康治 四季貧窮
萱草に雷遠き日かげかな 正岡子規 萱草の花
落葉松の芽にどろどろと雷起る 木村蕪城 一位
葛切のギヤマン雷火奔りけり 水原秋櫻子 餘生
葛水や百雷臍を下りけり 内藤鳴雪
蔑めり激しからざる雷などを 山田みづえ 木語
薄墨の大幕雷太鼓鳴る 林翔
薔薇に雷ややありて虚を衝かれけり 下村槐太 天涯
薺打つ大瀬に雷のしまきつつ 飯田龍太
虎の皮欲しく端午の雷が鳴る 平畑静塔
蛍籠夜の軽雷が駆け過ぐる 山口誓子
蝶の羽のどつと流るゝ雷雨かな 川端茅舎
蟹が眼を立てて集る雷の下 西東三鬼
行水の雷臍を驚かす 正岡子規 行水
西明るし市電ひたすら雷雨衝く 右城暮石 声と声
親燕雷雨の中を餌を捕りに 山口誓子
話また旅のその日の雷のこと 星野立子
誕生日あかつきの雷顔の上に 西東三鬼
谷を打つ雷火に咲けりかざぐるま 水原秋櫻子 磐梯
谿二つ雷火立ちては相照す 水原秋櫻子 残鐘
豁然と雷雲ぞ截り仇し撃たむ 伊丹三樹彦
買うてさて雷太鼓誰に遣らむ 林翔 和紙
赤ん坊の蹠あつし雷の下 加藤秋邨
足摺りて雷も怒りし今日その日 山口誓子
足柄を雷公いまだ去り難し 阿波野青畝
足音のひたひた戻る雷のあと 廣瀬直人
路地の路地ひとかげあらず雷雨来る 三橋敏雄
踏みはづすことなく去りし子雷 鷹羽狩行
身を賭してはげむ一事や日雷 桂信子 草影
軍用車雷青き野に見たり忘れず 加藤秋邨
軽雷すヌードモデルと茶を喫めば 岸田稚魚 負け犬
軽雷の置き去る雨や鳳仙花 水原秋櫻子 餘生
軽雷の飽き足り難き音聞こゆ 相生垣瓜人 明治草
軽雷やこめかみ乾く市の中 能村登四郎
軽雷や星の来てゐし煙出し 加藤秋邨
軽雷や松を下り来る赤棟蛇 水原秋櫻子 残鐘
迅雷に裂かれし絆何とせむ 林翔
迅雷の身にしみし夜を父の夢 野澤節子 飛泉
迅雷やおそろしきまで草静か 原石鼎 花影
迅雷やとよむ一万二千峰 日野草城
迅雷やまたみどり児は睡るなる 中村汀女
迅雷や天つる蔓に色もなし 原石鼎 花影
迅雷や炎ひるまぬ椿炭 水原秋櫻子 晩華
近づく雷濤が若者さし上げる 西東三鬼
逃げ腰の念押しの音梅雨の雷 鷹羽狩行
遊佐(ゆざ)の夜の雷いくたびも嶺泛べ 佐藤鬼房
遠近に 雷神さわぐ 葛の花 伊丹三樹彦
遠黍の戦ぎおどろく雷嫌ひ 水原秋櫻子 蘆雁以後
酢を使ふ夕ベ雷雲育ちつつ 岡本眸
酸茎石別雷(わけいかづち)の乗りうつる(別雷は上加茂社の神) 平畑静塔
金山の雲のいかづちとよもせる 山口誓子
金華山軽雷北に鵜飼了ふ 飯田蛇笏 春蘭
金魚玉夜の軽雷に汗ばめり 大野林火 海門 昭和十二年
銅像は地平に赤き雷をみる 西東三鬼
閃々と雷火泥濘の道に燃ゆ 相馬遷子 山国
阻まれしビルの雷音頭にひびく 右城暮石 句集外 昭和二十八年
降つて来しより雷鳴の遠ざかる 稲畑汀子
雀翔ち雷雨終りにちかづけり 松村蒼石 雪
雑草は城の雑兵雷に 古舘曹人 砂の音
雨少し雷少し第一夜 高野素十
雨期明けの雷や乾きし音割るる 加藤秋邨
雨漏を掌に受けやがて雷興る 三橋敏雄
雲が呑むウィーンの森雷火立つ 林翔 和紙
雲上に亡き友満てり雷迫る 林翔
雲取へ雷去りし夜の荒太鼓 能村登四郎
雷いんで靄だつ月の杉襖 上村占魚
雷うすれ愛憎杳き地に灯る 伊丹三樹彦
雷うたば田に消えむ遠き田草取 小林康治 玄霜
雷うつ埠頭軽子歓喜の躍る形 小林康治 玄霜
雷が木を裂く高天原に似て 平畑静塔
雷くらし手ふれて黒き馬栓ひかる 水原秋櫻子 蘆刈
雷すぎしことばしづかに薔薇を撰る 石田波郷
雷とどろくやふくいくとして花のましろく 種田山頭火 草木塔
雷とどろ睡蓮は閉ぢ終んぬる 臼田亜郎 定本亜浪句集
雷とほく女ちかし硬き屋上に 西東三鬼
雷とほく鳴りゐたり妻が子を産む日 安住敦
雷と花帰りし兵にわが訊かず 西東三鬼
雷と雹その下にまだ蚕飼ふ 百合山羽公 寒雁
雷に呟く 干梅むしろの出し加減 伊丹三樹彦
雷に怯えて長き睫かな 日野草城
雷に魂消て青し蕃椒 正岡子規 青唐辛
雷のあとにのこる杉の香奥吉野 桂信子 初夏
雷のあとを淋しき踊哉 正岡子規 踊
雷のあと日影忘れて花葵 飯田蛇笏 山廬集
雷のごと大虻の過ぎにけり 上野泰 佐介
雷のとどろとどろと蟻の変 下村槐太 天涯
雷のなかなか去らず泥鰌樽 鈴木真砂女 夕螢
雷のみちがあるとか東には 飯島晴子
雷のみに了る日癖や莨畑 橋閒石 雪
雷の下キヤベツ抱きて走り出す 石田波郷
雷の下雪渓を馳せて膝ゆるむ 相馬遷子 山国
雷の十歩に落つる夏野哉 正岡子規 夏野
雷の声五月雨これに力得て 正岡子規 五月雨
雷の夜の乏しき本をいとしめり 細谷源二 砂金帯
雷の後古街道とて鍛冶の音 中村草田男
雷の後誰かのゐたるけはひあり 加藤秋邨
雷の晴れ倒れし酒旗に蚯蚓かな 飯田蛇笏 山廬集
雷の木々濡れて身震ふときしづけさ 右城暮石 句集外 昭和十七年
雷の梁塵こぼしくる長男なり 三橋敏雄
雷の臍にこたふる甚平かな 森澄雄
雷の落ちてけぶりぬ草の中 村上鬼城
雷の落ちて火になる途上かな 村上鬼城
雷の鳴りつゞきゐて今も雨期 高野素十
雷はげし男の子ぞ生ると告げ去りぬ 相馬遷子 山国
雷はげし鷺草の鷺かけちがひ 細見綾子 蘆雁
雷はれて大日岳ぞ野にのこる 水原秋櫻子 蓬壺
雷は横川に虚子は坂本に 高野素十
雷ひそか花活けてゐる女たち 飯田龍太
雷ひそむ山の気配や木々そよぐ 桂信子 草影
雷ひとつひびきをはりし石の中 加藤秋邨
雷ひびく底津岩根の底にまで 山口誓子
雷ひゞく毎に山々畳はる 山口誓子
雷やみし合歓の日南の旅人かな 飯田蛇笏 霊芝
雷やんで夕陽雲の下にあり 原石鼎 花影
雷や縁に相倚る瓜二つ 日野草城
雷をさそふ昼寝の鼾哉 正岡子規 昼寝
雷をまぢかに覚めてかしこまる 種田山頭火 草木塔
雷を湾に養ふ作家吾れ 山口誓子
雷を除ける御符とはこんなもの 後藤比奈夫
雷一度とどろく青嶺青照りに 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
雷一過青と金とに孔雀濡れ 中村草田男
雷二三お泊りらしや最晩年 永田耕衣 葱室
雷兆す米櫃の中なまぬるき 岡本眸
雷光の中の牛呼ぶ耶蘇名にて 平畑静塔
雷光を浴びし身細さ岬の旅 草間時彦 中年
雷去つてやさしき景の潦 山口誓子
雷去つて四葩に日あり水荷ふ 西島麦南 人音
雷去りし風と吹き入る蜻蛉あり 水原秋櫻子 蘆雁
雷去りて ひとら暗愚の白飯くへる 富澤赤黄男
雷去りぬ胸をしづかに濡らし拭く 石田波郷
雷去るやひとごゑ高き塀のうち 桂信子 月光抄
雷嗄れて青嶺ばかりの夕煙り 飯田龍太
雷嫌ひ宗達の絵も祓ひけり 水原秋櫻子 蘆雁
雷嫌ひ第二の顎は脂肪にて 香西照雄 素心
雷峯となす山口に注連を張り 平畑静塔
雷嶮し消ぬべき灯うち仰ぎ 及川貞 夕焼
雷後の日森は秘蔵の緑厚く 相馬遷子 山河
雷後また鳴る火祭の大太鼓 飯田龍太
雷怺ふ蟹のはさみに蟻はだかり 角川源義
雷怺ふ蟹の鋏をもぎ放つ 角川源義
雷恐がるミニスカートの膝頭 右城暮石 句集外 昭和四十五年
雷恐るる子を叱りゐて雷恐る 鷹羽狩行
雷打ちて灯絶えてありぬ蛾の羽音 及川貞 夕焼
雷撃つて電柱白磁飛ばしけり 川端茅舎
雷晴れて一樹の夕日蝉の声 正岡子規 蝉
雷晴れぬひそやかに落つる青き葉 種田山頭火 自画像 層雲集
雷晴れの出湯にあそべる童女たち 飯田龍太
雷晴れや日にのぞかるる椎の花 飯田蛇笏 山廬集
雷木とは松杉のことを云ふ 高野素十
雷来るや匂袋を匂はせて 星野麥丘人
雷果てし鶏舎豚舎の臭ひかな 鷹羽狩行
雷欲しき山上の沼碧・緑 佐藤鬼房
雷気あり息を殺せる木石や 相生垣瓜人 明治草
雷火たつあなたや心燃えつづけるか 岸田稚魚 負け犬
雷火とび喜雨の顔々かがやけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
雷火にも逆立つ馬の黒たてがみ 桂信子 新緑
雷火立つ一夜に織りし曼荼羅に 野見山朱鳥 幻日
雷神が落ちたるうつろ大夏木 阿波野青畝
雷神と女陰を祀り柿青し 金子兜太
雷神にいよいよ暗き五月闇 森澄雄
雷神に病む身横たへかねてあり 岡本眸
雷神に翫ばるる光華かな 相生垣瓜人 明治草
雷神の君臨せるに似たりけり 相生垣瓜人 明治草
雷神の照覧 沙羅の震えやまぬ 伊丹三樹彦
雷神の爪牙なるべし煌ける 相生垣瓜人 負暄
雷神は白皙にして耳秀づ 相生垣瓜人 明治草
雷神をのぞめる僕や富士登山 飯田蛇笏 霊芝
雷神太鼓護符を身につけ白法被 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
雷神迥かなり風伯先づ到る 日野草城
雷落ちしや美しき舌の先 西東三鬼
雷落ちて八十年を顧る 後藤夜半 底紅
雷落ちて大杉薫る青田かな 日野草城
雷落ちて火柱みせよ胸の上 石田波郷
雷落ちて青む夜駅に妻を待つ 佐藤鬼房
雷解けに水浸く田囲み合掌家 能村登四郎
雷起り門に激浪の衰ふる 山口誓子
雷轟き新人賞を荘厳に 山口青邨
雷近き石放りだす磧畑 廣瀬直人
雷近くなるくらやみの鏡かな 鷲谷七菜子 花寂び
雷近く林相翳を深うしぬ 臼田亜郎 定本亜浪句集
雷近し非常階段地にとゞく 上田五千石『田園』補遺
雷近づきつつある石の姿なり 岸田稚魚 筍流し
雷遠くして春の夜の訃に似たり 飯田龍太
雷遠くなり鶏犬の声おこる 臼田亜郎 定本亜浪句集
雷遠くほころびを縫ひゐたりけり 鈴木真砂女 生簀籠
雷遠く雨をこぼしてゐる草の葉 種田山頭火 草木塔
雷遠く雲照る樺に葛さけり 飯田蛇笏 春蘭
雷遠しおのが臥床は石に似て 鷲谷七菜子 黄炎
雷遠しこしかたの恋想ひ籠る 伊丹三樹彦
雷遠し大和の辻の土けむり 藤田湘子 てんてん
雷遠し恋の記憶に蟄(こも)れる日 伊丹三樹彦
雷遠し飢をいはざる顔はなく 赤尾兜子 稚年記
雷遠し鶏が群れ遊ぶとき 飯田龍太
雷除けの験なし雷の戻り来る 水原秋櫻子 蘆雁以後
雷除白髪の髷にさしつれて 富安風生
雷雨あと馬鈴薯露呈臍も二三 香西照雄 素心
雷雨すぎ正座の客に杉の箸 桂信子 新緑
雷雨の白き飛沫こもらす電話器愛す 赤尾兜子 蛇
雷雨やむ月に杣家のかけろ鳴く 飯田蛇笏 霊芝
雷雨中別なる降りになる音す 右城暮石 声と声
雷雨中燈のかたどれるビルディング 松崎鉄之介
雷雨乾く今日のベンチを老いて待つ 三橋敏雄
雷雨予報髭ふりやまぬ油蟲 上田五千石『田園』補遺
雷雨以後二三夜聞けり青葉木菟 村山故郷
雷雨去り聖歌しづかなりつづく 橋本多佳子
雷雨後の磧を赤毛馬とゆく 佐藤鬼房
雷雨後の風通りゐる麻衣 森澄雄
雷雨過ぎ大気冷たく空薔薇色 川端茅舎
雷雨過のいよいよ涼しモオツアルト 森澄雄
雷雲にいざなはれゐる風の葦 松村蒼石 雁
雷雲にまぎれて暮るる蝦夷鴉 飯田龍太
雷雲に変りはじめし雲の峰 右城暮石 散歩圏
雷雲に枝ぎざぎざのテレビ塔 山口誓子
雷雲に金の縁どり何ことほぐ 上田五千石『田園』補遺
雷雲のかたへの深空秋に入る 飯田龍太
雷雲のしもべとなりて往診す 平畑静塔
雷雲のたむろせる嶺を主座となす 篠原梵 年々去来の花 雨
雷雲の上飛ぶ機翼日当れり 右城暮石 天水
雷雲の潟の低山匂ひたつ 佐藤鬼房
雷雲の立ちのたしかさ悲報来 小林康治 四季貧窮
雷雲の足が遠嶺を又かくす 高浜年尾
雷雲の間に残光の空しばし 中村草田男
雷雲の高さ被告の妻として 平畑静塔
雷雲は四海より急山肌錆び 古舘曹人 能登の蛙
雷雲や少年立志の日もありし 角川源義
雷雲や鳥逃れつつ白さ増す 岡本眸
雷雲を待つや野茨のしづけさは 大野林火 青水輪 昭和二十四年
雷雲を育てて大き山坐る 松崎鉄之介
雷雲を脱ぐもかむるも八ケ岳 水原秋櫻子 殉教
雷雲を航きて玻璃一重の眠り 鷹羽狩行
雷雲を野に学生のオーケストラ 津田清子 礼拝
雷雲下國境山脈惨と伏す 相馬遷子 雪嶺
雷雲車窓の吾を明るくしこの午後果つ 金子兜太
雷電のふとせしところ昴あり 篠原梵 年々去来の花 雨
雷霆の走りしあとの朴の花 山口青邨
雷音の更けても止まず独歩の忌 村山故郷
雷音の転がり廻る青盆地 右城暮石 上下
雷音を今か今かと電車待つ 右城暮石 句集外 昭和二十四年
雷鳴が村を往来す青葡萄 廣瀬直人 帰路
雷鳴つて樹液疾走してゐたり 平井照敏
雷鳴つて碧きモーゼの五月の瞳 平井照敏 天上大風
雷鳴つて蚕の眠りは始まれり 前田普羅 飛騨紬
雷鳴に耐ゆ城壁に手をあてて 古舘曹人 砂の音
雷鳴に蝶の出てゐるときのあり 加藤秋邨
雷鳴のあと真紅なる汽罐開く 山口誓子
雷鳴のすれどひるまぬ風見鶏 阿波野青畝
雷鳴のまつただなかの石の面 鷲谷七菜子 游影
雷鳴のもとよりここは夜見のくに 佐藤鬼房
雷鳴のレール傅ひに燕翔くる 右城暮石 句集外 昭和二十五年
雷鳴の寺をとび出す夏つばめ 飯田龍太
雷鳴の明け方の湾水びたし 佐藤鬼房
雷鳴の檜山つらぬく盆供かな 飯田龍太
雷鳴の青嶺見てゐし老夫妻 飯田龍太
雷鳴やダンテの家は路地の奥 有馬朗人 知命
雷鳴や同ずる一鴉あらずして 相生垣瓜人 明治草抄
雷鳴や油煮え澄む平たき鍋 橋閒石 朱明
雷鳴や老眸まれに涼しくて 三橋鷹女
雷鳴を嫌ひし父の話など 稲畑汀子
雷鳴下匂ひはげしく百合俯向く 橋本多佳子
電柱に注ぎて雷雨滝なせり 右城暮石 句集外 昭和四十三年
電線に雀向き合ひ雷雨来る 右城暮石 句集外 昭和五十年
霊還る雷雨の屋根の雀かな 加藤秋邨
青山に雷とどろきて日明るし 村山故郷
青梅のあまたむしばみ雷去らぬ 楠本憲吉 隠花植物
青蘆の根のゆるみなき日雷 岡本眸
青銀杏雷禍をおのが過去として 岡本眸
音も無き苺をつぶす雷の下 石田波郷
音使ひ果たして雷の遠ざかる 鷹羽狩行
頂門に雷鳴白き世を見たり 鷲谷七菜子 天鼓
頭の芯を軽打しやまず日雷 伊藤白潮
食べ残す入院食や雷遠し 鈴木真砂女 紫木蓮
餓鬼の田に雷火立ちたるいさぎよし 水原秋櫻子 蓬壺
高原の秋めく日ざし小雷 星野立子
高原の雷おとろふる草明り 飯田蛇笏 心像
高原や雷を落として草の丈 原石鼎 花影
高雲の夕焼淡しや雷のあと 水原秋櫻子 蓬壺
髪刈りし父とその子に雷ひびく 三橋鷹女
鳴滝を宇多野に抜けし日雷 星野麥丘人
鳴瀧を宇多野に抜けし日雷 雨滴集 星野麥丘人
鷺翔けて雷遠ざかる翠微かな 飯田蛇笏 霊芝
鷺草の鷺立ちすくみ雷せまる 水原秋櫻子 蘆雁
麻負ひて里の乙女等雷一つ 星野立子
黎明の雷鳴りしづむ五百重山 飯田蛇笏 霊芝
黒雲を雷が裂く夜のをんな達 西東三鬼
鼾声雷ノ如シ蚊にくはれ居る酔倒れ 正岡子規 蚊

以上
by 575fudemakase | 2016-08-22 19:22 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26129821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング