桐一葉

桐一葉

あなかちに枯れるてもなし桐一葉 桐一葉 正岡子規
いたつきの身をつたひつつ一葉落つ 牧野春駒
かぞえきれない月日のなかの桐一葉 津沢マサ子 風のトルソー
しばらくはこらへてゐしが桐一葉 長谷川双魚 『ひとつとや』
そぎ竹のしのび返しや桐一葉 寺田寅彦
たばこよりはかなき桐の一葉かな 支考
つくねんと坐し居れば桐の一葉落つ 桐一葉 正岡子規
としどしや井桁の上に桐一葉 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
とし~や井桁の上に桐一葉 鈴木花蓑
ぬす人のはいつた朝や桐一葉 桐一葉 正岡子規
ひびきけり彼の人の持つ桐一葉 小檜山繁子
ひろがつたまゝで落るや桐一葉 桐一葉 正岡子規
まなうらに桐の一葉のひびき落つ 阿部みどり女
ゆつたりと時間をかけて一葉落つ 北光星
わが行手占ふ如く桐一葉 尾崎陽堂
セメントのもう固まりし桐一葉 内田美紗 誕生日
一葉ちるはじめもなくて桐林 桐一葉 正岡子規
一葉散る咄ひとはちる風の上 服部嵐雪
一葉落いくらもおちて月夜かな 服部嵐雪
一葉落ちおのれの鼻の見ゆるなり 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
一葉落ち一葉落ち桐の庵淋し 田中寒楼
一葉落ち大いなる音一つあり 徳永山冬子
一葉落ち大音響を頭の中に 村上喜代子 『雪降れ降れ』
一葉落ち実話といふが多すぎる 加藤楸邨
一葉落ち旅情愕く蝦夷の雨 林翔 和紙
一葉落ち机辺の影のぬぐはれつ 阿部ひろし
一葉落ち犬舎にはかに声おこる 小倉涌史
一葉落ち磴の踏み減り隠しけり 関森勝夫
一葉落ち空綻びてしまひけり 北見さとる
一葉落つその影を地に濃くしつつ 林翔
一葉落つわが体温を少し奪ひ 望月百代
一葉落つ乙子の庵の板庇 森 重夫
一葉落つ何か流るる身のほとり 鷲谷七菜子
一葉落つ借りたる古書をふところに 石川桂郎 四温
一葉落つ古着屋町の日の匂 林翔 和紙
一葉落つ変りし戦後五十年 秋山 一泉
一葉落つ夫婦にも似て姑看護り 安江緑翠 『枯野の家』
一葉落つ山を拓きてゴルフ場 長崎小夜子
一葉落つ憶良もきゝし鐘撞けば 亀山 恒子
一葉落つ日比谷に野外コンサート 宮川杵名男
一葉落つ絵描き広場の石畳 小原菁々子
一葉落つ落ちゐし一葉立ち上り 中戸川朝人 尋声
一葉落つ遠景不意に断つごとく 橋本榮治 麦生
一葉落つ音を大きく母の家 小林朱夏
一葉落てあとに穴あく秋の空 成美
一雨は過ぎて靜かに桐一葉 桐一葉 正岡子規
三日月の鎌や触れけん桐一葉 高田蝶衣(1886-1930)
上人の仰せにも似て桐一葉 鈴木鷹夫 春の門
乾坤にぷつと音して一葉落つ 富安風生
井のそこに沈み入りけり桐一葉 桐一葉 正岡子規
人ごゑにかたちくだけて桐一葉 魚目
人去て行灯きえて桐一葉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
人聲や桐の葉がくれ灯のともる 桐一葉 正岡子規
会ふ人のありて上野に桐一葉 古舘曹人 樹下石上
何もかも見ゆる月夜や桐一葉 岸本尚毅
倒立の少年の影桐一葉 西山逢美
傘の柄のあまりに細し桐一葉 篠原俊博
別離とは刻かけ癒えむ桐一葉 高橋良子
地に還るものに音なし一葉落つ 吉岡鳴石
地を打つに革の音して桐一葉 松瀬青々
坐して考曲げず崩さず桐一葉 岩城久治
城跡やひろびろとして一葉落つ 長尾光風
塵取に押し込む桐の廣葉かな 桐一葉 正岡子規
夏痩の骨にひゞくや桐一葉 正岡子規
夜の湖の暗きを流れ桐一葉 爽波
大内に秋の一葉や桐の紋 桐一葉 正岡子規
大空をあふちて桐の一葉かな 村上鬼城
客人(まろうど)として濡縁の桐一葉 手塚美佐 昔の香
客人として濡縁の桐一葉 手塚美佐
尾を曳きし鐘の音と散る桐一葉 源鬼彦
幼児の持つておもたき桐一葉 川崎展宏
広辞苑ひらいて厚き一葉落つ 遠藤梧逸
廓跡ありし入江や桐一葉 山本洋子
弦楽四重奏曲一葉落つる家 内山泉子
御園座の角の糸屋に一葉落つ 鈴木みや子
心にも落つる音して桐一葉 佐々木早月
忘れゐし空の胸より一葉落つ 手塚美佐 昔の香 以後
急にして桐の一葉や迅からず 尾崎迷堂 孤輪
我に落ちて夕淋しき桐の一葉哉 桐一葉 正岡子規
我に落ちて淋しき桐の一葉かな 桐一葉 正岡子規
我宿の淋しさおもへ桐一葉 芭蕉
我膝に一葉落ちたる團扇哉 捨団扇 正岡子規
指揮棒の真綿ぐるみや桐一葉 波多野爽波 『一筆』以後
捕鼠器ひたし沈むる水や桐一葉 飯田蛇笏 山廬集
掃きすすむ塀の近くの桐一葉 上村占魚 球磨
旅にゐし昨日ははるか桐一葉 上田日差子
早し遲し二木の桐の一葉哉 桐一葉 正岡子規
晝人なし棋盤に桐の影動く 桐一葉 正岡子規
晩節と言ふ語重たし桐一葉 冨田みのる
普請場や竹の矢来に桐一葉 寺田寅彦
普請場や足場の上に桐一葉 寺田寅彦
晴天の思はずこぼす桐一葉 小檜山繁子
曙や一葉浮いたる手水鉢 桐一葉 正岡子規
月明や落ちてひさしき桐一葉 金尾梅の門(1900-80)
松の下の桐の一葉やいづくより 尾崎迷堂 孤輪
柄を立てて少したゆたふ桐一葉 深見けん二 日月
桐の木に家あらはるゝ小路哉 桐の秋 正岡子規
桐の木に葉もなき秋の半かな 桐の秋 正岡子規
桐の木に雀とまりて一葉かな 桐一葉 正岡子規
桐の葉のいまだ落ざる小庭哉 桐一葉 正岡子規
桐の葉のすれあふ音の秋めきし 吉田 ひで
桐の葉の四五枚許り動きけり 桐一葉 正岡子規
桐の葉の落ちても居らず庭の芝 桐一葉 正岡子規
桐の葉を叩き落さん今朝の秋 今朝の秋 正岡子規
桐も落ちず風そよめかす許り也 桐一葉 正岡子規
桐一ははしごの段にかゝりけり 桐一葉 正岡子規
桐一葉あたかも落つる虚子山廬 山口青邨
桐一葉いまだ梢の葉なりけり 静塔
桐一葉うちはの如く拾ひあぐ 赤松子
桐一葉からんとしたる胸の中 小檜山繁子
桐一葉すとんと落ちてこちら向く 中戸川朝人 星辰
桐一葉すなはち蟻の踏みわたり 須原和男
桐一葉ひとつのいのちらしきもの 中島敏之
桐一葉ひとは小袖をうちかさね 猪俣千代子 秘 色
桐一葉ふと好日を怖れけり 豊長みのる
桐一葉やがていつもの山で暮れ 小菅久芳
桐一葉われに向つて影投げつ 中村汀女
桐一葉デイサービスのバス止まる 吉川康子
桐一葉一葉やついに不二の山 桐一葉 正岡子規
桐一葉下総に水ゆきわたり 黛執
桐一葉二葉とありて散らざりき 板垣鋭太郎
桐一葉何をかいてもはぢきけり 桐一葉 正岡子規
桐一葉入江かはらず寺はなく 田中裕明 花間一壺
桐一葉名刺代りに持ち歩く 比 古 姫
桐一葉咫尺すおとの真暗がり 飯田蛇笏
桐一葉城址の水の乏しき井 上村占魚 鮎
桐一葉夥しさとなりにけり 東洋城千句
桐一葉大坂城を想ひ出す 村野秋果
桐一葉大阪城の石垣に 芦川 巣洲
桐一葉太平洋を真近にす 佐川広治
桐一葉尼の頭にかゝりけり 桐一葉 正岡子規
桐一葉左千夫生家は闇保つ 鍵和田[ゆう]子 浮標
桐一葉影よりも音残しけり 鷲谷七菜子 花寂び 以後
桐一葉心の隅にひるがへる 下村非文
桐一葉心もとなきひゝき哉 桐一葉 正岡子規
桐一葉拾ふてもとる小供かな 桐一葉 正岡子規
桐一葉振り向く人もなかりけり 早乙女文子
桐一葉日当りながら落ちにけり 高濱虚子
桐一葉日當りながら落ちにけり 高浜 虚子
桐一葉晶子殺すに刃物はいらぬ 高澤晶子 純愛
桐一葉月光むせぶごとくなり 飯田蛇笏 春蘭
桐一葉月光噎ぶごとくなり 飯田蛇笏
桐一葉村に忌中のありにけり 森山吉登
桐一葉板の間住みに拾ひ来て 中村草田男
桐一葉枷を解かれしごとし舞ふ 川田さちえ
桐一葉水中の日のゆらめきぬ 豊長みのる
桐一葉源氏ゆかりの薬医門 的場敏子
桐一葉漂ひし身の月日かな 坂井とみ子
桐一葉物見遊山に日の照りぬ 鈴木鷹夫 春の門
桐一葉猿も夕日を惜しみけり 村山古郷
桐一葉白痴が牛をひいてゆく 大串章
桐一葉看とり帰りの足に舞ふ 増田 富子
桐一葉穴ぶつぶつとあいてをり 菱科光順
桐一葉空みれば空はるかなり 久保田万太郎 流寓抄
桐一葉笠にかぶるや石地藏 桐一葉 正岡子規
桐一葉緩急おのづからありぬ 茂恵一郎
桐一葉老人の香がわれにせり 鈴木鷹夫 風の祭
桐一葉落ちたり名物男の死 久保田万太郎 流寓抄以後
桐一葉落ちたる影を置きにけり 清崎敏郎
桐一葉落ちたる音を持たざりし 田辺夕陽斜
桐一葉落ちても秋の未だ青し 桐一葉 正岡子規
桐一葉落ちて天地液状なり 大口元通
桐一葉落ちて失せゆくうらおもて 山田弘子 懐
桐一葉落ちて心に横たはる 白泉
桐一葉落ちて忙しき日暮かな 太刀川虚無
桐一葉落ちて黄土に還りけり 稲畑廣太郎
桐一葉落て鳴きやむいとゞ哉 桐一葉 正岡子規
桐一葉薬の量を増やす日に 朝倉和江
桐一葉薬信じて日をつなぐ 相田ふみ子
桐一葉行手の道へ吹かれいづ 比叡 野村泊月
桐一葉表か裏か人の世も 土谷ミサヲ
桐一葉裏も表も青かりし 蒼[きう]
桐一葉言ひ足らざるに兄逝けり 影島智子
桐一葉谷の静寂を深めけり 稲畑汀子
桐一葉踏んで入りけり神谷バー 鈴木鷹夫 春の門
桐一葉遠くのものの見えはじむ 八牧美喜子
桐一葉遥かの父でありしかな 坂井三輪
桐一葉門川は夕兆しつつ 斎藤梅子
桐一葉雨の洗ひし石の上 藤本朋子
桐一葉電柱きはやかに夜空 波多野爽波 『湯呑』
桐一葉面をあげて落ちにけり 藤田湘子 てんてん
桐一葉音ひきずりて吹かれ来し 高橋玲子
桐一葉馬屋あり馬顔だせり 片岡紫々夫
桐一葉麦屋踊りの白だすき 前田時余
桐一葉麹の匂う蔵屋敷 下沢とも子
桐二木時をちがへて一葉かな 桐一葉 正岡子規
桐落ちて庵の障子の破れ哉 桐一葉 正岡子規
桐落ちて椶櫚緑なる小庭哉 桐一葉 正岡子規
業平は何とか見たる桐一葉 桐一葉 正岡子規
檻房の窓に落ちけり桐一葉 寺田寅彦
檻房や格子に落る桐一葉 寺田寅彦
水底の影も流れて桐一葉 小原啄葉
水鏡かの家にいまも桐一葉 宇佐美魚目 秋収冬蔵
永別のことば有耶無耶桐一葉 秋本高江
汁の味あだ塩辛し一葉落つ 久保田万太郎 流寓抄
消息のつたはりしごと一葉落つ 後藤夜半
渡る瀬にあらしの桐の一葉哉 加舎白雄
湖向うから曇りそめけり桐一葉 廣江八重櫻
湯の音のしてゐる桐の一葉かな 藤田あけ烏 赤松
物として拾ひし桐の一葉かな 藤田湘子 てんてん
病葉の一葉落ちけり厨裏 町田和子
白塗の門番小屋や桐一葉 寺田寅彦
着替えれば嵩高に落つ桐一葉 平井久美子
着流しでふらりと来たり桐一葉 久保田万太郎 流寓抄
石上の梦をたゝくや桐一葉 桐一葉 正岡子規
祈る掌はひたと一枚桐一葉 林昌華
稻妻にひらりと桐の一葉哉 稲妻 正岡子規
線香を干した所へ桐一葉 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
老いもまた未知との出合ひ桐一葉 富田昌宏
胃洗うて病院桐の秋濶し 飯田蛇笏 山廬集
胃洗ふて病院桐の秋濶し 飯田蛇笏
茶畑に隣の桐の一葉哉 寺田寅彦
落ちざまに裏返りたる桐一葉 松下 弘
落ちたるは蟲ばみし桐の一葉哉 桐一葉 正岡子規
落ちてから庭をはいれば桐一葉 桐一葉 正岡子規
落ちてから庭をはひけり桐一葉 桐一葉 正岡子規
薬師湯と名のみのこりし桐一葉 山本洋子
蜘の糸ちぎれて桐の一葉かな 几董
褌の竿を落ちけり桐一葉 黒柳召波 春泥句集
西向の解剖室や桐一葉 寺田寅彦
見てをればつひに落ちけり桐一葉 桐一葉 正岡子規
語らひの途切れに合はせ一葉落つ 高橋弘道
送火の灰の上なり桐一葉 送り火 正岡子規
重けれは落つるならひそ桐一葉 桐一葉 正岡子規
金持は悟りのわろし桐一葉 正岡子規
銀杏散る一葉一葉の確かなる 後藤栄生
鎌きりを石にふせるや桐一葉 桐一葉 正岡子規
門川の水に乗らむと桐一葉 斎藤夏風
隣からそれて落ちけり桐一葉 桐一葉 正岡子規
雑踏や桐の一葉に敲かれし 鈴木六林男 王国
雪国の苔の青さに一葉落つ 大島民郎
露地の中の大いなる桐一葉かな 龍岡晋
静かなる午前を了へぬ桐一葉 加藤秋邨 雪後の天
非常ベル寺にもありて桐一葉 皆吉司
音すなり筧の口の桐一葉 白雄
頓首と書き雅兄と書けば桐一葉 高柳重信
飼ひ犬に話かくれば一葉落つ 石川桂郎 高蘆
飽食の世に不器用な桐一葉 島田妙子
魚雷見て誰も無口や桐一葉 高妻津弥子

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 13:40 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26153888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング