麻 

あけがたの雨に濡れたる麻を刈る 町田勝彦
いつせいに亀投身す麻嵐 鳥居美智子
かさこそと蝗浪うつ麻袋 細谷鳩舎
かな~や麻の丈はやきはまれり 高橋馬相 秋山越
かるかやのつめ込んである麻袋 水野恒彦
きりきりと麻緒匂はせ垣繕ふ 脇本千鶴子
くる度にこの家親し麻のれん 近藤いぬゐ
このあたり人素直也麻の畑 麻 正岡子規
この谷の麻(み)も蚕(こ)も滅ぶ青時雨 中戸川朝人 星辰
こゝらより川の名変り麻の花 上田花勢
さそり座のそばまで麻の花ざかり 藤田湘子
しのゝめや露の近江の麻畠 蕪村 夏之部 ■ 述懐
すはすはと夜は明易し麻畠 暁台
すぱりすぱり麻刈るわざの面白き 麻 正岡子規
ちからなや麻刈るあとの秋の風 越人 選集古今句集
なつかしき闇のにほひや麻畠 召波「春泥発句集」
ひとところ風鋭くて麻畠 原田喬
まつすぐに雨とほしをり麻畑 きくちつねこ「花晨」
もの思ふ終りに麻の葉波あり 岡井省二「明野」
やね葺きの額白しや麻頭巾 寿仙 俳諧撰集「有磯海」
やや暑し赤麻も丈となりにけり 鈴木しげを
ゆり出だすみどりの波や麻の風 広瀬惟然
ゆり出だす緑の波や麻の風 惟然「菊の香」
一宿して立去る君や麻頭巾 露月句集 石井露月
一日着て麻服に皺松の風 長谷川櫂 蓬莱
一本の竹麻一夏の花として 池田歌子
一本の麻の育ちて花こぼす 中田みづほ
一村は麻より低き家ばかり 露月句集 石井露月
三人とも麻の服着て見つめ合ふ 飯島晴子
三礼の僧がたたみぬ麻の座具 吉田紫乃
下京の一客となる麻衾 上野さち子
下野は風のそだてし麻の丈 三国あさ子
下野や麻刈りすみし魂迎へ 印旛 涌
人中や麻服の身をかたくなに 大石悦子 群萌
何か言ひかけ先に行く麻畑 福井啓子
例幣使街道麻を刈つてをり 西本一都 景色
俤は麻の背広を着て歩む 長谷川櫂 虚空
切る麻の影縮まりてよるべなき 大貫鬼山
刈り残す麻に二十日の月出づる 麻 正岡子規
刈麻に夕日さしこむ小庭かな 麻 正岡子規
刈麻やどの小娘の恋衣 麻 正岡子規
加賀城下麻ののれんに「あめ」の二字 近藤一鴻
十歩して夕焼さめし麻畠 野沢節子
卑弥呼失踪きりきり朝かぜ麻の葉 鈴木 明
友達は男ばかりや麻刈り女 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
口ずさむ鄙歌ありぬ麻畑 手塚 美佐
古町をつらぬく川や麻のれん 八木林之介 青霞集
向ひ山麻刈る音のとどきけり 及川貞 夕焼
吹き分けて麻の実すこしくれにけり 加藤楸邨
四五本をもろ手づかみに麻を抜く 倉田勝栄(けごん)
土曜日の白靴を抱き麻工女 西本一都 景色
墓参りのときのみに着る麻絣 細見綾子 黄 瀬
夏引その乱れや二十八天下 夏麻引く 正岡子規
夏近き近江の空や麻の雨 村上鬼城
夕ぐれの駅に降りたつ麻のひと 長谷川櫂 古志
夕暮やかならず麻の一嵐 麻 正岡子規
夕立や雀のさわぐ麻畠 麻 正岡子規
夜嵐の嬉しき麻の茂りかな 赤木格堂
夜明けつつ青麻畑の高さかな 草間時彦
大寺に麻の衣の僧一人 後藤夜半 底紅
大小の穴のまはりの麻袋 各務耐子
大麻や青煤笹を一と祓ひ 後藤夜半 底紅
妻の座の束縛もなし麻の帯 三好潤子
姫君の麻一つ身に紋寂びぬ 都筑智子
子を負うて志賀の里人麻を刈る 大場活刀
家照つてゐる六月の麻畑 岡井省二
寒天を冷やす平穏麻そよぐ 中山純子 沙 羅以後
山畑に麻の花澄む颱風季 有働亨 汐路
左沢百目木の茶屋の麻のれん 高岡智照
帰化びとの麻織神やもちの花 村田よう子
干麻に汗の笠抛げ縁昼寝 西本一都 景色
強もてにみがきかかりし麻の服 遠藤タミ子
形代に脱いで捨てけり麻袴 成美
形見て鰻焼く待つ麻のれん 石川桂郎 高蘆
御命講や紙子のうへの麻ばかま 奚魚 十 月 月別句集「韻塞」
戸隠の社家の軒にも麻の束 三宅まさる
折りて来し椿とりだす麻袋 長谷川櫂 古志
指し数ふ麻座布団の昼の席 北野平八
散らばりし麻坐布団に戻りけり 右城暮石 声と声
新酒問へばなしと答へて麻をうむ 寺田寅彦
日ざかりをしづかに麻の匂ひかな 大江丸「俳懺悔」
日の入りや麻刈るあとの通り雨 麻 正岡子規
明るくて向ふ透けたる麻畑 田川飛旅子 『花文字』
明易き人の出入や麻暖簾 前田普羅
星赤し人なき路の麻の花 芥川龍之介
星赤し人無き路の麻の丈 芥川龍之介 蕩々帖〔その一〕
晩年や夜明けの胸の麻ぶとん 西宇内(日矢)
暁の雲這ふ木曽の麻畠 奇峯
月の出の蕗茄であがる麻釜かな 吉田鴻司
朝市や漆一字の麻のれん 八井悦子
村覆ふ麻釜のけむり明易き 古賀まり子
杜涼し幣に結びし麻一筋 伊藤いと子
梯子掛けありて屋根にも麻を干す 富岡桐人「かつらぎ選集」
水広き麻の小村のわたしかな 高浜虚子
水明り焔明りの麻畠 広瀬直人
水浴びる子らよこんなに麻の花 金子皆子
浙江の潮観に行かず麻を刈る 森田峠 逆瀬川
淡海見ゆ近江今津の麻畠 森澄雄
渺々と麻刈るあとの雲の峰 麻 正岡子規
漁火すでに遠いひびきや麻畑 伊藤淳子
炎天に鹿沼麻緑蔭に鹿沼土 西本一都 景色
焼け岳にけむりのたてり麻を刈る 田中冬二 俳句拾遺
燕に麻の葉模様かぎりなし 西本一都 景色
父の日の贈物とて麻パジャマ 高澤良一 寒暑
狼の子をはやしけり麻の中 許六
玉三郎観に麻服の皺しやれて 平井さち子 鷹日和
現八の麻張り房州団扇かな 高澤良一 素抱
瓢亭の二字分たれて麻のれん 橋本美代子
痩せしまゝ勤めはじまる麻の服 林原耒井 蜩
白麻の日傘の陰にひそかにゐ 長谷川櫂 虚空
石垣を朝の日おりる麻畠 岡井省二
石鼎の麻着といふがかかりけり 山本洋子
神等去出の大麻の汁をしたたらせ 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
稲妻や裏葉萋たる麻畑 会津八一
素姓よき苧殻立掛け麻工房 浅野アツ子
紡ぐごと麻の葉流す流れけり 関戸靖子
索道の石炭落す麻畑 山口誓子
索道の石炭落す麻畠 山口誓子
老禰宜のかむさびませる麻袴 飯田立春
胸先に風遊ばする麻を着て 青野きみ
能面を神とし祭り麻を刈る 岸 霜蔭
萎えし手に足もて掛ける麻蒲団 中山勝仁
薄柿のにほひもかろし麻頭巾 浪化「浪化発句集」
蛇取りの麻の袋をひきずり来 森井章恵
蠅とり草年端もゆかず麻工女 西本一都 景色
行水に星生む麻の風湧けり 大竹孤悠
裸身に麻の匂ひやすまひ取 許六 七 月 月別句集「韻塞」
赤子に汽車見せて涼しむ麻畑 野澤節子 黄 炎
軍服に似し麻服や一教師 岩田由美 夏安
近江野や麻刈る雨の晴間かな 蕪村「夜半叟句集」
追分といふ別れあり麻暖簾 榎本好宏「三遠」
透き徹るようだ水牛に麻の花 金子皆子
郡家の東百五十歩の麻畠 廣江八重櫻
野火守りの麻かみしもを先だてて 吉田紫乃
野路かへる麻幹なゝめに抱きゐたり 田中午次郎
釣忍むかし産着の麻模様 辻 直美
釦かけ麻のしちめんどくさい肌着 高澤良一 暮津
銀河明りほのぼのと麻殻踏み出づる 金尾梅の門 古志の歌
閑職の皺もふやさぬ麻の服 中山フジ江 『富士南』
降りさうな風にかはりし麻暖簾 丸山しげる
雪山のあなた雪山麻を績む 文挟夫佐恵 雨 月
霊か馬か濃くなりにけり麻畑 阿部完市 鶏論
露けしや晩年麻のごとくにて 平井照敏 天上大風
青嶺垣麻八尺の丈そろふ 及川貞 夕焼
青蓼の厨も見えて麻暖簾 泉鏡花
風死せり伸び極まりし麻の丈 青木瓢子
馬の丈より高き麻刈られゆく 田川飛旅子 花文字
馬追の柱越えゆく麻袴 桂樟蹊子
鳴子引日に五匁の麻をうむ 寺田寅彦
鶴の寝屋で麻のふとんでねむりたし 阿部完市 春日朝歌
麻から売帰る足にて安く候 椎本才麿
麻がらの杖草履手向ん瓜の皮 洞雨 選集「板東太郎」
麻がらを門々売って歩きゐし 岡はる
麻すだれ厨房の脛葱トントン 西かつのり
麻だすきして晝寝児よ秋祭 富田木歩
麻づきん一夏の禅に参じけり 島田五空「裘」
麻につるゝ山家の雨の脚直し 麻 正岡子規
麻の中月の白さに送りけり 高浜虚子
麻の中雨すいすいと見ゆるかな 高浜虚子「虚子全集」
麻の中雨すい~と見ゆるかな 高浜虚子
麻の実や湖も眠たき日のあらむ 大木あまり 雲の塔
麻の実や繋がれて馬白かりき 星野麦丘人
麻の実を身近きものの如く見る 後藤夜半 底紅
麻の服風はまだらに吹くをおぼゆ 篠原梵
麻の皮楮を剥くと異ならず 森田峠 逆瀬川
麻の花マリリンいなくてつまらない 遠山郁好
麻の葉にゆるゆるとくる祝心 宇佐美魚目 天地存問
麻の葉に借銭書て流しけり 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
麻の葉のあからむすゑや雲の峰 中村史邦
麻の葉のきりこみふかく涼徹す 大野林火
麻の葉のきりこみ深く涼徹す 大野林火
麻の葉のほつれそめたる手毬かな 喜舟
麻の葉の軒端をなづる村家哉 寺田寅彦
麻の葉を立つ稲妻の方途なし 萩原麦草 麦嵐
麻の香のくるも涼しや寺の庭 立花北枝
麻はかぼそく花咲く煙草逞しや 滝春一
麻ひたすら其処より濁る沢の水 前田普羅
麻ひたす其処より濁る沢の水 前田普羅 春寒浅間山
麻むすや湯気もれそめし大甑 鈴鹿野風呂 浜木綿
麻を着て寒山寺僧眼施のみ 赤松[ケイ]子
麻を着て麻地の鞄形見めく 黒田杏子 花下草上
麻三反家五軒子供八九人 麻 正岡子規
麻二寸雀かくれの新樹かな 野径 俳諧撰集「藤の実」
麻刈ってまっすぐ空を倒しけり 岩間愛子
麻刈って谿さっぱりと水の音 及川貞 夕焼
麻刈つて渺たる月の渡しかな 飯田蛇笏「山廬集」
麻刈の吾にわからぬ言葉かな 麻 正岡子規
麻刈の毛脛濡らすよ夏の露 梅本塵山
麻刈や麻にかくれて刈りすゝむ 鈴鹿野風呂 浜木綿
麻刈られ土の軟弱日に晒す 野澤節子 黄 炎
麻刈りしあとを斜めに横切りぬ 草間時彦 櫻山
麻刈りてひらく山河の露しげし 堀口星眠
麻刈りて屏風に淋し山の影 麻 正岡子規
麻刈りて稲妻かかる遠嶺かな 橋本鶏二 年輪
麻刈りて蛇を截りたる男哉 酒葉月人
麻刈りて鳥海山に雲もなし 麻 正岡子規
麻刈りの麻の日かげに手を休む 宮津昭彦
麻刈りや白髪かしらのあらはるる 暁台「暁台句集」
麻刈るやのこす種麻小十本 鈴鹿野風呂 浜木綿
麻刈るや喇叭吹き過ぐ鹿沼馬車 小林臍斎
麻刈れば目に渺々と湖水かな 赤木格堂
麻咲いて坊主頭の子に朝日 小澤實
麻干して麓村とはよき名なり 高野素十「初鴉」
麻打ち洗う運河暗緑の旅なり 金子皆子
麻暖簾ずいと蔵まで通し土間 山田弥寿子(青樹)
麻暖簾吹き上りつゝ用なさず 新田千鶴子
麻月夜みちに川水溢れつつ 西村公鳳
麻服で拝す歴代王の墓 上田日差子「忘南」
麻服に皺蓄へてダンディズム 泉田秋硯「月に逢ふ」
麻服のおのが白さに眩み行く 篠原梵
麻服のすがしや帰路は歩きけり 目迫秩父
麻服のはじめは耳を澄ましけり 宮崎夕美
麻服の年尾師の来てよく喋る 坊城としあつ
麻服の皺つよく敵多かりし 菅原鬨也
麻服の皺に憂きこと秘めゐたり 小谷裕子(たかんな)
麻服の皺を豊かにパイプ喫ふ 山田真砂年
麻服の臀は皺をたくはへぬ 大石悦子 百花
麻服の風の乾きも他郷なる 橋本榮治「越在」
麻服を掛けさきほどの私かな 蓬田紀枝子
麻服を着せかけらるゝ手をとほす 滝井孝作
麻服を著せかけらるゝ手をとほす 滝井孝作 浮寝鳥
麻服涼しげ慇懃無礼の口髯も 赤城さかえ句集
麻村や家をへだつる水ぐるま 其角
麻殻をひたすらに折る仕度あり 綾部仁喜 寒木
麻甚平着し見ぬ父をなつかしみ 松村蒼石
麻畑に行々子鳴て黄昏るゝ 寺田寅彦
麻畑や頭へのぼる塵火の香 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
麻畠白黒映画とともに伸ぶ 攝津幸彦 鹿々集
麻畠金剛の嶮ここに尽く 福田蓼汀 山火
麻畠金剛の瞼こゝに尽く 福田蓼汀
麻紡ぐ工女に笹舟流す暇 西本一都 景色
麻臥して風筋とをす小家かな 斜嶺 芭蕉庵小文庫
麻茂り伏屋の軒を見せじとす 富安風生
麻袋新じやが入れて立ちあがる 石田京子(円)
麻袴歩幅に隙の無かりけり 脇本千鶴子(方円)
麻頭巾蓮見にまかる小船かな 召 波
黒髪を梳くごと麻を挽きにけり 鈴木貞雄(若葉)

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 13:47 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26153906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング