星月夜 の俳句

星月夜 の俳句

星月夜 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153892/

星月夜 補遺

あかつきの道目醒めよと秋の星 飯田龍太
ありがたし湯の神蔵王星月夜 山口青邨
いくたびも仔狐の来る星月夜 山田みづえ まるめろ
いま鳴くは夜蝉ならずや星月夜 水原秋櫻子 蘆雁
え枯れは神慮なりけり星月夜 阿波野青畝
おほぞらや渦巻きそめし星月夜 高屋窓秋
おもひ侘ぶ小面とあり星月夜 佐藤鬼房
ことごとく出て相触れず星月夜 鷹羽狩行
これはまた天の花かな星月夜 鷹羽狩行
その蟇に手触れてかなし星月夜 水原秋櫻子 玄魚
ちちははの国に寝惜しみ星月夜(山形三句) 鷹羽狩行
ちよぼちよぼと黒きは村か星月夜 正岡子規 星月夜
つゆけくて倉のはざまの星月夜 伊丹三樹彦
ともし火の一つも見えず星月夜 正岡子規 星月夜
どの辻も胡弓流しの星月夜 野澤節子 存身
なんばんの葉の星明りかさといふ 長谷川素逝 村
はい松に古雪添へり星月夜 水原秋櫻子 蓬壺
またの汐枯れ樹肌撫づ淋し星月夜 種田山頭火 自画像 層雲集
みちのくの旅に星月夜を重ね 鷹羽狩行
ゆく秋の水音もなき星あかり(友人戦死の報) 飯田龍太
ゆさゆさと星座きしきしと星月夜 高屋窓秋
ゆさゆさと森ひしめくは星月夜 高屋窓秋
ゆさゆさと米さはさはと星月夜 高屋窓秋
わが暗渠時に音して星月夜 佐藤鬼房
サッタ王子を泣くほど思ふ星月夜 佐藤鬼房
マスト航く真ただ中の星月夜 野澤節子 八朶集以後
三井寺や湖水の上の星月夜 正岡子規 星月夜
三尺の庭へ出て見つ星月夜 正岡子規 星月夜
三輪山は玉と鎮みぬ星月夜 阿波野青畝
五芒星六芒星と星月夜 岡井省二 大日
井戸堀の星や見るらん秋の空 正岡子規 秋の空
人生の重きときあり星月夜 稲畑汀子
今宵よりいくさなし空は秋の星 村山故郷
今日わが家一人と気づく星月夜 稲畑汀子
何もなき畠をありく星月夜 正岡子規 星月夜
凩や眞砂をふらす星月夜 正岡子規 凩
別山を下り来る灯あり星月夜 水原秋櫻子 蓬壺
古庭に白菊白し星月夜 正岡子規 星月夜
吊したる箒に秋の星ちかく 波多野爽波
吾庭や椎の覆へる星月夜 河東碧梧桐
地震あとの崖もまた星月夜 岡井省二 大日
坂町の外れに住みて星月夜 高田風人子
墨磨つて水に色やる星月夜 上田五千石『琥珀』補遺
夕ぞらの色の中から秋の星 三橋敏雄
夜の秋の星ながれつぐ金華山 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
夜風ふと匂ふ潮の香星月夜 稲畑汀子
大佛か眞黒なるは星月夜 正岡子規 星月夜
大佛の眼光るや星月夜 正岡子規 星月夜
夫はものを羽織りて出でぬ星月夜 及川貞 夕焼
奈落なるアルペンルート星月夜 阿波野青畝
宮崎の端山奥山星月夜 松本たかし
富士の夜は俄かに凍つる星明り 村山故郷
寺高し窓をあくれば星月夜 正岡子規 星月夜
山畑の闇より湧いて秋の星 飯田龍太
島数を船尾に送り星月夜 上田五千石『天路』補遺
常臥しの今宵見上げて星月夜 森澄雄
干瓢をどうつきだしに星月夜 斎藤玄 雁道
思ひはぐるる星月夜森の心澄む 種田山頭火 自画像 層雲集
戸口迄送つて出れば星月夜 正岡子規 星月夜
押しあふてこぼるゝ空や星月夜 正岡子規 星月夜
掌の上の薬壷が星月夜 岡井省二 大日
星明り 睡蓮は閉じ 沙羅は散り 伊丹三樹彦
星明り夜涼きびしき雲寄せぬ 村山故郷
星映す海のべた凪星月夜 三橋敏雄
星月夜 別れの握手の温味を いま 伊丹三樹彦
星月夜おびえさめつゝ種痘うむ 石橋秀野
星月夜かぐろく鳴るは狐川 角川源義
星月夜こけし人待つ鬢長く 山口青邨
星月夜こころ漂ふ藻のごとし 飯田龍太
星月夜つめたき鼻の触れ合ひし 日野草城
星月夜とべば間に合ふ電車捨つ 上村占魚
星月夜ひとり五階に寐る夜哉 正岡子規 星月夜
星月夜ひとり五階の上に寐る 正岡子規 星月夜
星月夜われらは富士の蚤しらみ 平畑静塔
星月夜一つも星の飛ばぬかな 正岡子規 星月夜
星月夜今宵はかなく祈りけり 松村蒼石 雪
星月夜原の一本杉高し 正岡子規 星月夜
星月夜吾娘の未来を信じたく 稲畑汀子
星月夜回廊辿るには暗し 伊丹三樹彦
星月夜星を見に行く岡の茶屋 正岡子規 星月夜
星月夜狼火にあらぬ稲妻す 河東碧梧桐
星月夜白き市門のあらびあ海 角川源義
星月夜精霊をわがほとりにし 佐藤鬼房
星月夜薄身の富士となりて立つ 岸田稚魚 筍流し
星月夜青星を子の魂とせん 福田蓼汀 秋風挽歌
星月夜馬の油を身に塗つて 岡井省二 大日
春風や井戸は昔しの星月夜 正岡子規 春風
暗けれど渓の帯空星月夜 福田蓼汀 秋風挽歌
更けぬれば軍をおもうて星月夜 飯田蛇笏 白嶽
月蝕のけふにこそ見れ星月夜 正岡子規 星月夜
月隠す山高ければ星月夜 水原秋櫻子 緑雲
木に倚れは木の葉まばらに星月夜 正岡子規 星月夜
木に倚れば枝葉まばらに星月夜 正岡子規 星月夜
杉の穂に垂れて明るし秋の星 日野草城
杉の香の高尾の護符や星月夜 水原秋櫻子 餘生
柁取に海の名問ふや星月夜 正岡子規 星月夜
横町や萬燈は過きて星月夜 正岡子規 星月夜
樹々顫ひ蛾の飛ぶ綾に星あかり 高屋窓秋
次の間に牛の覚めゐる星月夜 伊藤白潮
此頃や樫の梢の星月夜 正岡子規 星月夜
水鉢の氷を碎く星月夜 正岡子規 氷
波のまや砂には金の星あかり 高屋窓秋
洪水の勢ひや空は星月夜 正岡子規 星月夜
流木の胴がかなしむ星月夜 津田清子
海老網にかゝる雑魚どち星月夜 鈴木真砂女 夏帯
海髪を踏む銑なりけり星月夜 阿波野青畝
湯畑が友の通ひ路星月夜 松崎鉄之介
漁師町手とどくばかり秋の星(能登ヘ) 細見綾子
火を焚きて火の粉は火の子星月夜 鷹羽狩行
火種借りて杉垣づたひ星月夜 渡邊水巴 白日
灯ともして鰤洗ふ人や星月夜 正岡子規 鰤
無伴奏チェロ麦秋の星月夜 日野草城
煮南瓜の大いに余り星月夜 波多野爽波
犬吠ゆる里は麓に星月夜 正岡子規 星月夜
犬吠ゆる麓は低し星月夜 正岡子規 星月夜
玻璃盞の相触れて鳴る星月夜 日野草城
瓦燈口あかき見ゆるや星月夜 河東碧梧桐
病室の窓の四角の星月夜 稲畑汀子
白樺もわが灯の中の星月夜 藤田湘子 途上
白露や原一ぱいの星月夜 正岡子規 星月夜
相語る星ちら~や星月夜 日野草城
砂塵失せゐし敦煌の星月夜 稲畑汀子
砂山をのぼりくだりや星月夜 日野草城
禪寺の門を出づれば星月夜 正岡子規 星月夜
秋の星わが禁煙の舌きよし 相馬遷子 雪嶺
秋の星厳しき真夜を夫は逝けり 桂信子 月光抄
秋の星子も関取も夢のなか 飯田龍太
秋の星遠くしづみぬ桑畑 飯田蛇笏 霊芝
稲秋の星を低くし湖の国 森澄雄
立枯れは喬木ばかり星月夜 阿波野青畝
背に浴ぶる光いかばかり星月夜 林翔
舟過る水の光や星月夜 正岡子規 星月夜
芭蕉庵大川かけて星月夜 山口青邨
芭蕉葉に水打つてより星月夜 森澄雄
若者みな去ににはかにねむき星月夜 中村草田男
苫一重外は渺々として星月夜 正岡子規 星月夜
草木映りて澪の長さや星月夜 渡邊水巴 白日
荷が触れて追越しゆけり星月夜 岡本眸
萬燈の過ぎ行くあとを星月夜 正岡子規 星月夜
薩?(さった)王子を泣くほど思ふ星月夜 佐藤鬼房
薬雑多に飲みすぎており星月夜 赤尾兜子 歳華集
行く秋の闇にもならず星月夜 正岡子規 星月夜
行止道の破屋や秋の星 佐藤鬼房
詠めばかの星もわがもの星月夜 鷹羽狩行
赤き灯の高く見えけり星月夜 正岡子規 星月夜
近江路や瀬田迄來ても星月夜 正岡子規 星月夜
野へ陣地大きくふくれ星月夜 松崎鉄之介
銭湯の煙薄々星月夜 高田風人子
鎌倉は井あり梅あり星月夜 正岡子規 星月夜
雪ながら氷る小道や星月夜 正岡子規 雪
雲あひの真砂の星や秋の空 飯田蛇笏 山廬集
電線なき電柱佇てる星月夜 右城暮石 句集外 昭和二十八年
青樓のともし火赤し星月夜 正岡子規 星月夜
風船もつ子をもたぬ子が撲つ星月夜 金子兜太
首出すや夜舟の窓の星月夜 正岡子規 星月夜
鯉はねて足もとゆらぐ星月夜 相馬遷子 雪嶺
鶴の羽をこほるゝ露や星月夜 正岡子規 星月夜
黒部川ひびくばかりや星月夜 阿波野青畝

星月夜 続補遺

あの砧あちら岩瀬か星月夜 支考
うまく眠る鷺や柳を星月夜 早野巴人
ものいはぬ神輿うつしや星月夜 田川鳳朗
初秋や水まさ白き星月夜 三宅嘯山
初雪や雪にもならで星月夜 早野巴人
山枯て狼の目や星月夜 除風
帆柱によこたふ露や星あかり 除風
年たつや家中の礼は星月夜 其角
御火焚や鎌倉山は星月夜 田川鳳朗
星月夜そらの高さよ大さよ 尚白
星月夜明日のあつさを含けり 蘆本
火燵出て古郷戀し星月夜 池西言水
灯籠の星月夜也冬木立 凉菟
田のすじに水鶏なく也星月夜 凉菟
秋くれぬ絵島が礒も星あかり 句空
竹の子や身の毛ぞよだつ星明り 桜井吏登
茶の花や径わけたる星月夜 亀世
鳥叫びや海へ吹込む星明り 田川鳳朗

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:02 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26153933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング