桐一葉 の俳句

桐一葉 の俳句

桐一葉 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153888/

桐一葉 補遺

あなかちに枯れるてもなし桐一葉 正岡子規 桐一葉
この奥は廃村とあり桐一葉 松崎鉄之介
しんとある鵜塚のほとり 桐一葉 伊丹三樹彦
その点、この時、桐一葉手をあげて己れを放つ 荻原井泉水
つくねんと坐し居れば桐の一葉落つ 正岡子規 桐一葉
ぬす人のはいつた朝や桐一葉 正岡子規 桐一葉
ひろがつたまゝで落るや桐一葉 正岡子規 桐一葉
もろ手垂れ遠に落つ一葉見る日あり 渡邊白泉
キヤフエーの裏にして工場の裏桐一葉 山口青邨
一葉ちるはじめもなくて桐林 正岡子規 桐一葉
一葉散るきのふが千秋楽の劇場の前 日野草城
一葉落ち実話といふが多すぎる 加藤秋邨
一葉落ち志またよび起す 赤尾兜子 玄玄
一葉落ち旅情愕く蝦夷の雨 林翔 和紙
一葉落つころげてからと鳴りにけり 岡井省二 五劫集
一葉落つ借りたる古書をふところに 石川桂郎 四温
一葉落つ古着屋町の日の匂 林翔 和紙
一葉落つ車馬織るごとき道の辺に 村山故郷
一通の桐一葉をば卒読す 相生垣瓜人 負暄
一雨は過ぎて靜かに桐一葉 正岡子規 桐一葉
乾かして焚つけにする桐一葉 日野草城
乾きたる砂のけうらや桐一葉 日野草城
井のそこに沈み入りけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
人聲や桐の葉がくれ灯のともる 正岡子規 桐一葉
介山の墓を探すに桐一葉 松崎鉄之介
会ふ人のありて上野に桐一葉 古舘曹人 樹下石上
吹かれやすき行旅のそびら一葉落つ 鷲谷七菜子 花寂び
地に落ちても水に落ちても桐一葉 山口青邨
塵取に押し込む桐の廣葉かな 正岡子規 桐一葉
夏痩の骨にひゞくや桐一葉 正岡子規 桐一葉
夜の湖の暗きを流れ桐一葉 波多野爽波
大内に秋の一葉や桐の紋 正岡子規 桐一葉
大空をあふちて桐の一葉かな 村上鬼城
子に尿さす桐の一葉落ちて来る 細見綾子
学堂に充つ*いごの声桐一葉 日野草城
密やかに投げ入れられし桐一葉 相生垣瓜人 負暄
床の軸は桐一葉唐子の若書よ 山口青邨
床の軸虚子桐一葉人の訃を 山口青邨
我に落ちて夕淋しき桐の一葉哉 正岡子規 桐一葉
我に落ちて淋しき桐の一葉かな 正岡子規 桐一葉
我膝に一葉落ちたる團扇哉 正岡子規 捨団扇
手応へのあるかろさかな桐一葉 鷹羽狩行
指揮棒の真綿ぐるみや桐一葉 波多野爽波
捕鼠器ひたし沈むる水や桐一葉 飯田蛇笏 山廬集
掃きすすむ塀の近くの桐一葉 上村占魚 球磨
掛物はこれ虚子の句の桐一葉 山口青邨
新吉に打ち落されし桐一葉 渡邊白泉
日の古びまぎれもなくて桐一葉 上田五千石『琥珀』補遺
早し遲し二木の桐の一葉哉 正岡子規 桐一葉
晝人なし棋盤に桐の影動く 正岡子規 桐一葉
曙や一葉浮いたる手水鉢 正岡子規 桐一葉
桐の木に家あらはるゝ小路哉 正岡子規 桐の秋
桐の木に葉もなき秋の半かな 正岡子規 桐の秋
桐の木に雀とまりて一葉かな 正岡子規 桐一葉
桐の葉のいまだ落ざる小庭哉 正岡子規 桐一葉
桐の葉の四五枚許り動きけり 正岡子規 桐一葉
桐の葉の落ちても居らず庭の芝 正岡子規 桐一葉
桐の葉を叩き落さん今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
桐も落ちず風そよめかす許り也 正岡子規 桐一葉
桐一ははしごの段にかゝりけり 正岡子規 桐一葉
桐一葉 化粧地蔵は格子扉籠め 伊丹三樹彦
桐一葉あたかも落つる虚子山廬 山口青邨
桐一葉いまだ梢の葉なりけり 平畑静塔
桐一葉いま己が穢を了らむと 飯島晴子
桐一葉さはりきし葉や揺れあへり 阿波野青畝
桐一葉のりて流水ゆるきかな 清崎敏郎
桐一葉ひとさし指はポケツトに 渡邊白泉
桐一葉一葉やついに不二の山 正岡子規 桐一葉
桐一葉一葉一葉の空仰ぎけり 種田山頭火 自画像 層雲集
桐一葉何をかいてもはぢきけり 正岡子規 桐一葉
桐一葉刻の翳りと受けとめし 上田五千石『天路』補遺
桐一葉咫尺すおとの真暗がり 飯田蛇笏 白嶽
桐一葉地にとどまらぬ風の中 稲畑汀子
桐一葉城址の水の乏しき井 上村占魚 鮎
桐一葉夕焼すでに地を離れ 岡本眸
桐一葉夜更けてひらく講のあり 飯田龍太
桐一葉尼の頭にかゝりけり 正岡子規 桐一葉
桐一葉影が来かけて人往にぬ 中村草田男
桐一葉影よりも音残しけり 鷲谷七菜子 游影
桐一葉心もとなきひゝき哉 正岡子規 桐一葉
桐一葉拾ふてもとる小供かな 正岡子規 桐一葉
桐一葉月光むせぶごとくなり 飯田蛇笏 春蘭
桐一葉板の間住みに拾ひ末て 中村草田男
桐一葉湯女病む閨は西日満つ 飯田蛇笏 山響集
桐一葉猫抜き足で過ぎしあと 村山故郷
桐一葉猿も夕日を惜しみをり 村山故郷
桐一葉知遇をたのむ芸ならず 上田五千石 天路
桐一葉笠にかぶるや石地藏 正岡子規 桐一葉
桐一葉菅江真澄の道に逢ふ 松崎鉄之介
桐一葉落ちても秋の未だ青し 正岡子規 桐一葉
桐一葉落ちて心に横たはる 渡邊白泉
桐一葉落ちて猫背を整しけり 岡本眸
桐一葉落て鳴きやむいとゞ哉 正岡子規 桐一葉
桐一葉谷の静寂を深めけり 稲畑汀子
桐一葉遥か遥かを知人過ぐ 中村草田男
桐一葉電柱きはやかに夜空 波多野爽波
桐一葉面をあげて落ちにけり 藤田湘子 てんてん
桐一葉音たゆみなき鍛冶の音 中村草田男
桐二木時をちがへて一葉かな 正岡子規 桐一葉
桐落ちて庵の障子の破れ哉 正岡子規 桐一葉
桐落ちて椶櫚緑なる小庭哉 正岡子規 桐一葉
業平は何とか見たる桐一葉 正岡子規 桐一葉
歯のゆるぎ易く老いたり桐一葉 阿波野青畝
物として拾ひし桐の一葉かな 藤田湘子 てんてん
白雲絢爛たる日や桐一葉 村山故郷
石上の梦をたゝくや桐一葉 正岡子規 桐一葉
稻妻にひらりと桐の一葉哉 正岡子規 稲妻
窓際の透きたる景や一葉落つ 桂信子 草影
老の胸驚き易く一葉落つ 富安風生
胃洗うて病院桐の秋濶し 飯田蛇笏 山廬集
落ちたるは蟲ばみし桐の一葉哉 正岡子規 桐一葉
落ちてから庭をはいれば桐一葉 正岡子規 桐一葉
落ちてから庭をはひけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
虚子の軸桐一葉掛け思ふこと 山口青邨
螺線(ねじ)まいて崖落つ時の一葉疾し 杉田久女
見てをればつひに落ちけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
軒ありく猫の一声桐一葉 村山故郷
軸は虚子の桐一葉甘藷ふかしをり 山口青邨
送火の灰の上なり桐一葉 正岡子規 送り火
週末の放課直前の一葉落つ 能村登四郎
重けれは落つるならひそ桐一葉 正岡子規 桐一葉
金持は悟りのわろし桐一葉 正岡子規 桐一葉
鎌きりを石にふせるや桐一葉 正岡子規 桐一葉
鎮魂の これ桐一葉 寝墓の上 伊丹三樹彦
陶工の背の老いやすき桐一葉 岡本眸
隣からそれて落ちけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
静かなる午前を了へぬ桐一葉 加藤秋邨
静かなる日の比叡かな桐一葉 村山故郷
風吹けばさかんに落つる桐一葉 日野草城
飼ひ犬に話かくれば一葉落つ 石川桂郎 高蘆

桐一葉 続補遺

かけて待伊与簾もかろし桐の秋 其角
けしからぬ桐の一葉や笙の声 其角
されば秋桐の一葉のめげる哉 杉風
たばこよりはかなき桐の一葉哉 支考
なにと見む桐の一葉に蝉の殻 加舎白雄
一葉散る咄ひとはちる風の上 嵐雪
一葉落いくらもおちて月夜かな 嵐雪
井の柳きのふを桐の一葉哉 其角
改名をせいろうふだや一葉散る 沢庄 百羽かき
文月の返しに落る一葉哉 千代尼
書ものもなくて捨けり桐一葉 田川鳳朗
桐の芽の遅し一葉の秋に似ず 鈴木道彦
桐の葉のさかひや見せて今日の秋 りん女
桐の葉の二日にふた葉落にけり 桜井梅室
桐の葉の心にちかし軒の秋 支考
桐の葉の楔ぬけてや今朝の秋 露川
桐一葉うらも表も青かりし 成田蒼虬
水無月の桐の一葉と思ふべし 野水
渡る瀬にあらしの桐の一葉哉 加舎白雄
秋きぬと目に見せる桐の一葉哉 中川乙由
菴の戸へ拾ひ入たり桐一葉 井上士朗
落ちて後風さわぐなり桐一葉 午心 発句類聚
褌の竿を落けり桐一葉 黒柳召波
鐘の声かねの声桐の一葉落つ 白雄 白雄句集
鰯百包みて桐の一葉かな 凉葉

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:05 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26153936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング