草市 の俳句

草市 の俳句

草市の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153880/

草市 補遺

いさゝかの草市たちし灯かな 渡邊水巴 白日
しかしかと賣れても行かず草の市 正岡子規 草市
その中を通りしばかり草の市 飴山實 花浴び
ならぶ橋一つほのめく盆の市 水原秋櫻子 緑雲
なんの絮灯籠売のゐしところ 飴山實 辛酉小雪
まぼろしを売ちらかすや草の市 田川鳳朗
先匂ふ真菰むしろや草の市 加舎白雄
哀見よ草売るばかり盆の市 由水 類題発句集
四足の瓜も茄子も草の市 正岡子規 草市
夕べ出てをとこも買ふや草の市 三橋鷹女
妻知らぬ孫を連れをり草の市 森澄雄
往き来見え草市の灯へ橋ひとつ 桂信子 新緑
日影して孔雀いろなる盆の市 飯田蛇笏 霊芝
暈召して月おとなしや草の市 日野草城
水かけしものに雨来る草の市 深見けん二
湯もどりの妻に逢ひけり草の市 日野草城
白き手に選る種々や草の市 日野草城
盆市の一夜をへだつ月の雨 飯田蛇笏 霊芝
草の値におどろく人も草の市 飴山實 花浴び
草の市より戻りたる頃ならん 清崎敏郎
草の市をとこをみなの出て買ふも 三橋鷹女
草の市價安くてあはれなり 正岡子規 草市
草市にして鶏頭は血ぬらるる 後藤比奈夫
草市につきし一荷は鶏頭花 高野素十
草市にねぎる心のあはれなり 正岡子規 草市
草市にもとめて軽きものばかり 稲畑汀子
草市に買ひたるもののどれも軽し 安住敦
草市のあとかたもなき月夜かな 渡邊水巴 白日
草市のあとや麻木に露の玉 正岡子規 草市
草市のくさぐさの中の蓮の花 山口青邨
草市のへへののもへじのランプかな 山口青邨
草市のものさはさはとひさがるる 上田五千石『琥珀』補遺
草市のものに音たて日照雨 鷹羽狩行
草市のゆきずりの人みな白く 佐藤鬼房
草市の中を葬禮通りけり 正岡子規 草市
草市の人妻の頬に白きもの 飯田蛇笏 霊芝
草市の夜風吹き行く袂かな 村山故郷
草市の残りのものに雨の粒 飴山實 花浴び
草市の灯青き雨となりにけり 村山故郷
草市の燈を白服に享けて過ぐ 大野林火 早桃 太白集
草市の立ちたるよべの塵すこし 後藤夜半 翠黛
草市の草しほみたる日向哉 正岡子規 草市
草市の草葉つめたく手に触りぬ 三橋鷹女
草市の蓮にたまる埃かな 正岡子規 草市
草市の通りはづれて湖に出し 森澄雄
草市へ行きしが雨にあひにけむ 水原秋櫻子 秋櫻子句集
草市もきのふとなりし雨匂ふ 大野林火 海門 昭和九年
草市やおくれ先だつ履の音 寥松 八朶園句纂
草市や人の身に置く朝の露 完来 発句類聚
草市や人まばらなる宵の雨 正岡子規 草市
草市や柳の下の燈籠店 正岡子規 草市
草市や湖のほとりのふたところ 石田勝彦 秋興以後
草市や燈籠白き夕まくれ 正岡子規 草市
草市や真菰匂ひし辻いづこ 水原秋櫻子 蘆雁
草市や着ものばかりの遠き世の 林翔 和紙
草市や軽羅をまとふ鄙乙女 相馬遷子 山国
草市や風にとらるる灯をならべ 水原秋櫻子 秋苑
草市をお花市とは美しき 高野素十
草市を過ぎ身の軽くなりにけり 鷹羽狩行
草市ノ草ノ匂ヒヤ廣小路 正岡子規 草市
草市ヤ雨ニ濡レタル蓮ノ花 正岡子規 草市
蓮の葉は頭にかぶれ草の市 石田勝彦 秋興
賣れ殘るものは露なり艸の市 正岡子規 草市
賣れ殘るもの露けしや草の市 正岡子規 草市
賣れ殘る菰は露なり草の市 正岡子規 草市
近々と人の顔ある草の市 岡本眸
逸伝に蓮の葉売の僧や有 千那
青りんご売はさびしや盆の市 三橋鷹女
香の分る肴の市や草の花 三宅嘯山

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:09 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26153949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング